甘噛みをしなくなったら安心して甘えられるようになったね

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

10月は朝晩は涼しくても、日中は夏のような日もありましたが、11月に入ってからめっきり寒さを感じるようになりました。

わんこも

夏の間はこうでした。

CIMG1395

爆睡中。

しかし最近は

CIMG3421

まあるくなるようになりました。

CIMG3422

パパにだけ甘噛みをするのがいつまでも治らなくて、訓練士さんに相談したりいろいろと対策をとってきましたが、夏ごろから甘噛みも減り、今はほとんどなくなりました。

「ほとんど」と言うのは、歯を当てることはあるからです。

甘えたいとき

ねーねー

と要求があるとき

ちょっとだけ歯を当ててきす。

もちろん、パパにだけ。

やっぱり、シオンは

自分の気持ちを表現するために口を使う。

というのはクセみたいなものなんだろうなあ・・・。

でも、このくらいなら可愛いものです。

一緒に生活していて困ることもありません。

シオンも

パパを噛まないぞ!

という自信ができたので、パパがいるときは真っ先にパパのお膝にいくようになりました。

夏までは

ママばっかり

ママばっかり

と寂しそうだったパパさん。

良かったね。

ある夜のこと

DSCF1754

ママ~♪

ブランケットかけてもらった~。

あったかくて気持ちいいなあ~。

おやすみ~。

コテッ

DSCF1755

なんて、贅沢な犬だ!

パパさんの幸せな季節がはじまったよ。

関連記事→人が強化してしまった子犬の甘噛み なおすには毅然とした態度と根気が必要

関連記事→甘噛みが激しかった子犬が穏やかな犬になりつつあるよ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後9か月のシオンへ
NEXT
秋冬の風物詩 ひなたぼっこする犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオン君9ヶ月おめでとうございます。
    随分落ち着いてきたんですね〜^^シオン君。
    ブランケットかけても気持ちよさそうに寝てるのはすごいです!
    口を使って表現するのもライリーはおんなじです^^
    そのライリーも甘噛み最近減ってきました。
    大人の階段を登るシオン君、穏やかで楽しい日々がシオン君の顔からもわかりますね〜。
    あったかそうで本当に贅沢に寝てますね〜♪

    • gd.vol より:

      mikoさん
      健康で日々の成長を感じられることは幸せですね。
      シオンはブランケットをかけても大丈夫でしたが、シャンプー後のタオルでふきふきのときは、タオルを噛みます。
      身体をゴシゴシされるのが嫌なのかしら?

      自分の気持ちを表現する方法はわんこなので、噛む、飛びつく、吠える、くらいしか知りませんものね。
      それを「やめて」と伝えていると、じっと見つめる、手を乗せてくる、座る、伏せる(他にもあるかな?)
      など、人が嫌がらない表現方法を、わんこ自身が考えて表現しますよね~。
      そうなると、おとなになってきたな~と感じますね。

      ライリー君も甘噛みが減ってきて良かったですね。
      お互いに成長が楽しみですね。

  2. サナ父ちゃん より:

    いい感じですね♪
    抱っこの数だけイイ仔になる(笑)。

    現役の盲導犬でも、この時期毎日、

    「抱っこ~♪」

    って甘えてきて、一度ひざに乗ったらなかなか動かない、ハウスに行ってくれないらしいです…

    サナのユーザーさんが教えてくださいました。

    抱っこはユーザーさんを幸せな気持ちにしてくれているようです。

    盲導犬くらぶの冊子にユーザーさんのコメントと、ユーザーさんとサナが写っている写真を見て、抱っこさせて良かったんだなぁ…

    そう思ってしまいました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      パパさんの腕の噛み傷が消えて、気付くとパパさんの膝に居るという、歴代パピーと同じ風景になってきました。

      甘えるのはいいけど、なかなかハウスに行ってくれないのは困ります~。
      でも、ハーネスをしていない時はユーザーさんの子供みたいな感じなので、そこがまた可愛いのでしょうね。

      くっついてくるけど、膝にはのぼらない。
      という仔もいて、こんなに抱っこ犬にしてしまっていいのだろうか?
      と思うこともあるのですが「いい」ことにします。
      だって
      抱っこの数だけいいこになる♪
      とサナ父ちゃんさんが言うんだもん(笑)

関連記事

カミカミするのか~? ビターアップルシューッするぞ!!

絶賛甘噛み中のウェルシーさん。 この仔、人の手や足以外にも家具や敷居へのカミカミが止まりません

記事を読む

子犬 不安な気持ちの表現それぞれ

お散歩デビューしたばかりのシオンは、人の足元にまとわりつき、靴ひもを引っ張ったり リー

記事を読む

1週間のお泊り会

シオンは12月4日から1週間「お泊り会」ということで訓練センターにお泊りになりました。 帰って

記事を読む

人が強化してしまった子犬の甘噛み なおすには毅然とした態度と根気が必要

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。 だんだん成長し、歯の生

記事を読む

ノーリードの犬に襲われるかと思ったよ

パピーウォーカーのみなさんは、パピーの排泄を済ませてからお散歩に出かけるかと思いますが、家やお庭など

記事を読む

お散歩の悩みはストレスが原因かも?

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。 なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

記事を読む

散歩が嫌いな子犬には気長にのんびり散歩に付き合おう

7月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は都合が合わず、今回は欠席でした。 来月か

記事を読む

掃除機にじゃれつく子犬

シオンは初めから掃除機を怖がらなかったので助かりました。 しかし、2~3日後には掃除機が面白い大き

記事を読む

犬に芸を教える必要は無いが楽しくコミュニケーション

ケイン家の皆さんと一緒に過ごした日、ランチをいただいたレストランで、シオンはケインパパさんに遊んでも

記事を読む

盲導犬パピー 排泄の悩みそれぞれ

5回目のレクチャーの日、ゲームの後に「排泄のお悩み」座談会をしました。 パピーを迎えた日から毎

記事を読む

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑