甘噛みをしなくなったら安心して甘えられるようになったね

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

10月は朝晩は涼しくても、日中は夏のような日もありましたが、11月に入ってからめっきり寒さを感じるようになりました。

わんこも

夏の間はこうでした。

CIMG1395

爆睡中。

しかし最近は

CIMG3421

まあるくなるようになりました。

CIMG3422

パパにだけ甘噛みをするのがいつまでも治らなくて、訓練士さんに相談したりいろいろと対策をとってきましたが、夏ごろから甘噛みも減り、今はほとんどなくなりました。

「ほとんど」と言うのは、歯を当てることはあるからです。

甘えたいとき

ねーねー

と要求があるとき

ちょっとだけ歯を当ててきす。

もちろん、パパにだけ。

やっぱり、シオンは

自分の気持ちを表現するために口を使う。

というのはクセみたいなものなんだろうなあ・・・。

でも、このくらいなら可愛いものです。

一緒に生活していて困ることもありません。

シオンも

パパを噛まないぞ!

という自信ができたので、パパがいるときは真っ先にパパのお膝にいくようになりました。

夏までは

ママばっかり

ママばっかり

と寂しそうだったパパさん。

良かったね。

ある夜のこと

DSCF1754

ママ~♪

ブランケットかけてもらった~。

あったかくて気持ちいいなあ~。

おやすみ~。

コテッ

DSCF1755

なんて、贅沢な犬だ!

パパさんの幸せな季節がはじまったよ。

関連記事→人が強化してしまった子犬の甘噛み なおすには毅然とした態度と根気が必要

関連記事→甘噛みが激しかった子犬が穏やかな犬になりつつあるよ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後9か月のシオンへ
NEXT
秋冬の風物詩 ひなたぼっこする犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    シオン君9ヶ月おめでとうございます。
    随分落ち着いてきたんですね〜^^シオン君。
    ブランケットかけても気持ちよさそうに寝てるのはすごいです!
    口を使って表現するのもライリーはおんなじです^^
    そのライリーも甘噛み最近減ってきました。
    大人の階段を登るシオン君、穏やかで楽しい日々がシオン君の顔からもわかりますね〜。
    あったかそうで本当に贅沢に寝てますね〜♪

    • gd.vol より:

      mikoさん
      健康で日々の成長を感じられることは幸せですね。
      シオンはブランケットをかけても大丈夫でしたが、シャンプー後のタオルでふきふきのときは、タオルを噛みます。
      身体をゴシゴシされるのが嫌なのかしら?

      自分の気持ちを表現する方法はわんこなので、噛む、飛びつく、吠える、くらいしか知りませんものね。
      それを「やめて」と伝えていると、じっと見つめる、手を乗せてくる、座る、伏せる(他にもあるかな?)
      など、人が嫌がらない表現方法を、わんこ自身が考えて表現しますよね~。
      そうなると、おとなになってきたな~と感じますね。

      ライリー君も甘噛みが減ってきて良かったですね。
      お互いに成長が楽しみですね。

  2. サナ父ちゃん より:

    いい感じですね♪
    抱っこの数だけイイ仔になる(笑)。

    現役の盲導犬でも、この時期毎日、

    「抱っこ~♪」

    って甘えてきて、一度ひざに乗ったらなかなか動かない、ハウスに行ってくれないらしいです…

    サナのユーザーさんが教えてくださいました。

    抱っこはユーザーさんを幸せな気持ちにしてくれているようです。

    盲導犬くらぶの冊子にユーザーさんのコメントと、ユーザーさんとサナが写っている写真を見て、抱っこさせて良かったんだなぁ…

    そう思ってしまいました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      パパさんの腕の噛み傷が消えて、気付くとパパさんの膝に居るという、歴代パピーと同じ風景になってきました。

      甘えるのはいいけど、なかなかハウスに行ってくれないのは困ります~。
      でも、ハーネスをしていない時はユーザーさんの子供みたいな感じなので、そこがまた可愛いのでしょうね。

      くっついてくるけど、膝にはのぼらない。
      という仔もいて、こんなに抱っこ犬にしてしまっていいのだろうか?
      と思うこともあるのですが「いい」ことにします。
      だって
      抱っこの数だけいいこになる♪
      とサナ父ちゃんさんが言うんだもん(笑)

関連記事

パピー委託式 縁は異なもの味なもの

2016年3月26日 S‐14胎の委託式が行われました。 私達にとって3頭目のパピーウォ

記事を読む

S-14胎5回目のパピーレクチャー

8月20日は5回目のパピーレクチャーでした。 シオン家は4回目のパピーレクチャーを欠席したので

記事を読む

梅雨時の犬の下痢や嘔吐と皮膚トラブルを予防しよう

シオン地方も梅雨入りしたらしいです。 梅雨入りして1週間くらい経ちますが、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

2016 ボランティア夏祭り 富士ハーネス

7月30日に富士ハーネスで開催されたボランティア夏祭りに参加しました。 最初に、中庭にてPR犬と訓

記事を読む

ごはんタイムにできる子犬のしつけ

毎日のごはんはわんこの楽しみですね。 ごはんは毎日のことなので、その都度犬にいろいろなしつけをする

記事を読む

要求があるとじっと見つめてくる犬の視線が痛いです

シオンは何かお願いがあるときは、人の顔をじ~っと見つめてきます。 小さい頃は「要求吠え」というワザ

記事を読む

パピーウォーカーの一番長い日 委託修了式

3月12日、シオンたちS‐14胎がパピーウォーカーのおうちを卒業して、訓練センターに入学する日です。

記事を読む

ハウスなんてやだもん!毎晩駄々をこねる犬

今のところ、わが家に来たパピーはみんな夜寝るときにケージに入るのを拒みます。 人も寝てしまう夜はや

記事を読む

お日様最強 飼い主より日向ぼっこが好き?

1月も半ばになり、いよいよ冬将軍も力を増してきましたね。 日本海側や北海道では雪が降っていると

記事を読む

【面会】パピーウォーカー最後の日|たくさんのありがとうを伝えたくて

日本盲導犬協会では、パピーの入所後、キャリアチェンジまたはTP2通過時にパピーウォーカーとの面会があ

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑