甘噛みを叱ったら子犬に嫌われた?「飼い主さん大好き」を取り戻すには

公開日: : 第三話 シオン, 甘噛み 噛み

この夏、シオンはパパのお膝にほとんど行きませんでした。

暑いのにもかかわらず、私の膝には来ていたんですよ。

ヘソ天で寝る子犬

私の膝でヘソ天になり、ぐっすり眠るシオン。

甘噛みを叱って嫌われたの?

7月の終り頃、一向にパパへのカミカミをやめられないシオンのことを、訓練士さんに相談しました。

もうすぐ6か月齢という頃で、2~3か月齢の子犬の甘噛みのように無邪気なものではなく、噛むことで人の気を引こうとか、自分の要求を通そうというような意図があります。

さすがに

こうしたいって言ってんだろ!

ガブ!!

には

NO!

を教えなければいけませんよね。

急務です。

夫にも危機感があったのでしょうね。

訓練士さんからは

シオンが噛んできたら「NO」と言ってカラーを掴んでそれ以上動けなくする。

というご指導をいただきました。

甘噛み攻防戦

夫は訓練士さんから習った方法で、甘噛み対策に取り組んできました。

シオンも

勝手が違うぞ!

と思い、カラーを掴まれて噛むことをやめた後に、パパをペロペロとなだめに来たり

どのくらい噛んだら叱られるのかな~。

と様子見噛みをしたり、パパの対応を

朝は?

夜は?

などいろいろと試していました。

しばらく噛まない日が続いたと思うと、またちょっと噛んでみたり…。

抱っこ~。

と膝に来て甘えてから、カプっと噛んでみたり…。

甘えればパパは許してくれるはず。

と思っているのか?

パパの油断を狙っているのか?

嫌われた?犬が来なくなっちゃった!

こんな時、一貫した態度を示さないとすぐにシオンのペースになってしまいますからね。

人を試すという行動…。

なかなかアタマのいい仔です。

隙あらば自分が優位に立とうという意図が見えるので良し悪しなのですが、その賢さをいい方向に伸ばしてあげたいです。

シオンに噛むことを許さないように、毅然と対応するように、負けそうになりながらも夫も頑張りました。

そうしたら、シオンはパパのお膝に行かなくなってしまったんですよね。

犬に甘えたいパパさん。

これは寂しいです。

私の膝には来るので、しばらくの間は

ママばっかり

ママばっかり

とひがんでいました(笑)

子犬なりに考えている

でもね

パパのお膝にもちょっとだけ行ったりはしていたんですよ。

さっき書いたようにシオンは頭のいい仔です。

パパの膝に行くと、噛みたくなっちゃう。

噛むとカラーを掴まれる(叱られる)

叱られないようにするのにはどうしたらいいのか、一生懸命考えていたのだと思います。

そのせいかパパの膝に顎を乗せても表情は硬く、完全にリラックスはしていないんですよね。

膝に顎を乗せる子犬

でも、シオンもパパのことが大好き。

パパのお膝には行きたいと思っているのです。

パパちゃん

寂しいかもしれないけど、これはいい傾向だと思うよ。

そのうちにまたしっかり膝に来るようになるって…。

ぼく噛まない!自信がついた子犬

遠慮がちにパパの膝に顎を乗せたり、少しだけ甘えてみたりしながら、シオンは最近パパの膝に来ることも増えてきました。

じゃ~ん!!

抱っこされる犬

もう!

パパったら、シオンの首を抱きしめちゃってぇ(笑)

甘えたい子犬

シオンもパパを噛まなくなりました。

噛まないぞ!

と思えるようになったので、膝に来るようになったのだと思います。

しかし

まだ、歯を当てることはあります。

ここはひとえにパパさんが

歯を当てるくらいならまいっか。

と思わず、しっかり「NO」なんだよ。

と伝えられるかどうかにかかっていると思います。

ここは鬼パピにならないと、今までの努力は水泡に帰しますからねっ!

お散歩も、パパへのカミカミも、ようやくいい方向に向かいだしました。

もう一息

今が大切な時ですね。

まとめのようなもの

家族の一員として暮らしていく犬には

人の気を引くために「歯」を使ってはいけない。

ことを、しっかり教えなくてはなりません。

それには根気も必要です。

やりたいことをさせてくれない飼い主を避けたり、そばに来なくなってしまったりして

自分、犬に嫌われた?

と寂しくなるかもしれませんが、犬と良い関係を作っていくためには心を鬼にして一貫性のある態度を取ることが必要なのだな、と思いました。

シオンが完全に歯を当てなくなるまで、パパ、頑張ってね。

その先には、シオンとの楽しい時間が訪れるはずです。

スポンサードリンク
PREV
子犬が不安を感じているときの表現それぞれ
NEXT
生後7か月のシオンへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    あ〜よかったぁ〜
    シオンくん、パパさんのお膝に戻ってきたんですね。
    パパさんにカプしちゃいけないんだ、やめようって自分から思えるようになったのね。
    甘噛み対策が功を奏してきて、本当によかったです。
    ここから、またパパさんとの絆がいっそう深まりそう。
    パパさんもママさんもシオンくんも、これで一安心ですね(^^)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      犬が膝に来てくれないと、寂しくて仕方がないパパさんです。

      まだ一安心まではいきませんが、明かりが見えてきました。
      ここが大事なところなので、根気よく頑張ってシオンと楽しい秋を迎えたいです。

  2. コスモママ より:

    こんにちは^_^
    シオぴー、8月はてんこ盛りの体験をしてますね。
    また一回り成長してすご〜くやればできる子にみえますよー⁉︎
    お散歩もあまり好きじゃないパピーちゃん、まだ帰りたくなーいもっと!とリードを咥えて先頭にたつ子と其々です。のんびり行きましょう。カミカミは時には鬼ぱぴ
    になるのは仕方ないですね。
    パパさんシオピーのためにがんばってくださいね。
    パパちゃんママちゃんのお膝で抱っこされてるシオピーを見てるととても幸せ気分になります
    *\(^o^)/*
    9月に入ると少し過ごしやすくなって、お散歩もタッタカ歩くようになるかもしれないですよ!

    • gd.vol より:

      コスモママさん
      こんにちは。
      やれば出来る仔=やりたくないから、やらなくていいじゃん!
      にならないように、頑張っていきたいです。
      何しろこの仔、無駄に頭いいので翻弄されます(汗)

      そうは言ってもまだ子犬。
      たくさん甘えさせて、心を育んであげたいです。

      お散歩は、確かに「暑い」ということもシオンにとってストレスになっているかもしれませんね。
      焦らずゆっくりやっていきますね!

  3. くるみ より:

    そうなんですよね

    頭いいんです

    きちんと、相手のこと見てるんですよね

    我が家も、私が叱っても、ごめんねペロペロすればいいと思ってるんです。だからお父さんに叱られても、私にペロペロ…オイオイ!違うだろう

    お父さんは、すぐ許してくれるから、お母さんに謝っておけばいいや!と。見極めてるんですよね

    • gd.vol より:

      くるみさん
      チョコちゃん
      ペロペロすればいいと思っているでしょ!
      とペロペロしても、そこに悪意が無く、甘え上手な感じがとても可愛いです。
      もう!
      と思っても憎めないですよね♪

  4. サナ父ちゃん より:

    あと、もうちょいですね♪
    焦らずゆっくり。
    頑張れ!
    パパさん、ママさん‼

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      山登りは八合目からがキツイぞ(笑)
      焦らずゆっくり、ほんとそうですね。
      のんびり頑張っていきますね。

  5. イッパイアッテナ より:

    パパさんの気持ちになって考えるとホロリとしてしまいます。
    「ママばっかり」の日々をよく耐え、頑張ってこられたと思います。
    私もこちらを参考に抱っこ犬を作っているのですが、4か月になる少し前に真菌がおでこに感染してしまい、治療のために抱っこで消毒やら塗り薬やらをする毎日で、すっかり警戒するようになってしまいました。
    今は治療も終わり、また少しずつ自分から乗ってくるようになってきたところです。
    それでも耳洗浄や狼爪切りなどで不信感を与えてしまったり……。
    抱っこ犬の育成も難しいものだと感じています。
    揺るぎない信頼関係ができるのは、まだまだ先の話です。

    • gd.vol より:

      イッパイアッテナさん
      今までのパピーはみんなパパっ子だったので、夫の寂しさは格別だったと思います。
      ようやく夫の幸せな日々が復活ですね。

      ジグ君、おでこは綺麗になりましたか?
      トラブルがあると心配ですよね。
      薬を塗ったり、爪切りや耳掃除などのお手入れは嫌がる仔も多いですし、なかなか大変ですよね。
      嫌がられても治療はしっかりやらなければなりませんが、お手入れは完璧でなくても大丈夫なので、少しずつがいいですよね。

      片耳拭いたらお終い。
      爪も1本切ったらお終い。
      そんな感じで少しずつ慣れていってもらえれば上出来ですよね。
      終わったら好きなおもちゃで遊んであげるとかね♪

      パピーウォーカーの私は1年ですが、イッパイアッテナさんとジグ君のお付き合いはずっと続きます。
      信頼関係はずっとずっと築いていけますものね。

      またお膝に来るようになっているということなので、のんびり楽しんでいきましょうね♪

関連記事

膝に乗る犬 犬が乗りたがるのか? 人が乗せたいのか?

朝のほんのひと時、シオンとパパのラブラブタイム. ど~よ? この格好。 だ

記事を読む

留守番上手な子犬に育てるしつけともう1つの大切なこと

基本的に犬は留守番が苦手ですが、子犬ならなおさらですね。 一人になるのは寂しいので、シオンは留守番

記事を読む

抱っこでおもちゃをかじる子犬

しばらく続く甘噛み攻防戦

ウェルシーは、現在生後2か月半すぎ。 7月14日で丸3か月になります。 カミカミは最初からありま

記事を読む

お散歩の悩みはストレスが原因かも?

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。 なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

記事を読む

子犬用から成犬用へドッグフードの切り替え

身体の成長が落ち着いてくる生後7か月頃から フードを子犬用から成犬用へ。 そして

記事を読む

河津桜の散歩道

まだまだ風が冷たく、寒い日も多いシオン地方ですが、週末はご褒美のようにポカポカの春の陽気になりました

記事を読む

飛びつきとお出迎え

パパが帰宅すると玄関へお出迎え。 これもわが家のパピーたちの日課です。 小さい頃は

記事を読む

【面会】パピーウォーカー最後の日|たくさんのありがとうを伝えたくて

日本盲導犬協会では、パピーの入所後、キャリアチェンジまたはTP2通過時にパピーウォーカーとの面会があ

記事を読む

お友達かな? ヤモリと対面

この記事には爬虫類の画像があります。 苦手な方はご注意くださいね。 シオン~。 何

記事を読む

生後5か月のシオンへ

7月1日でシオンは生後5か月齢になりました。 体重は16.3㎏になりました。 委託される

記事を読む

野鳥の森入り口
犬連れ軽井沢|星のエリア「野鳥の森」で避暑そして自然を満喫

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ まだ

下りの段差
盲導犬PR犬が盲導犬について少しお話しするよ

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ あた

スロープデッキ
おだわら諏訪野原公園|犬の散歩と子どもとのお出かけに最高!

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ おだ

アルカディア広場
小田原フラワーガーデン|犬連れで1年を通して楽しめる植物公園

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 神奈

ピンク色の藤
犬連れふじの咲く丘~庚申山総合公園散策|群馬県の春を満喫しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 群馬

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑