7回目のパピーレクチャー

公開日: : 第三話 シオン, パピーレクチャー

10月9日は7回目のパピーレクチャーでした。

この日のレクチャーの内容は

  1. 障害物にチャレンジ
  2. 服を着せる、靴を履かせる
  3. 犬スラローム

でした。

1.障害物にチャレンジ

DSCF1628

写真が小さくて分かりにくいのですが、右の方にダンボールで作ったトンネル、手前に台車、その奥グレーチングに見立てたサークル、左にテーブルがあります。

トンネルをくぐったり、台車に乗ったり、グレーチング(サークル)の上を歩いたりテーブルに飛び乗ったり、いろいろなものを経験するのが目的です。

夫がリードを持ち、私がシオンを呼んだり誘導したりしたので、これしか写真が撮れませんでした。

台車を持っているのは、訓練士さんです。

CIMG3018

他の仔の番の時は待機の練習です。

待機中のサクラです。

DSCF1631

はしごを横にしたものもあり、ここも歩く練習をします。

DSCF1632

待機中のソレイユです。

いいこにDownで待機していますね。

これらの障害物ですが、犬達は何をすれば正解なのか分かっていないので

これ何?

という様子でしたが、みんなパピーウォーカーさんの誘導で上手に出来ました。

理解するとみんな出来るようになるのが早かったです。

CIMG3022

傘とか

CIMG3023

扇風機も体験しました。

シオンはちょっと距離をとり観察していましたが、やがて近くに来てくんくんして確認していました。

2.服を着せる、靴を履かせる

盲導犬になると、被毛の飛散を防ぐなどの目的でマナーコートという服を着たり、靴を履くこともあるので、レクチャーで体験です。

DSCF1640

マナーコート

DSCF1642

どちらもシオンが着用したところを、二度と見ることはないかもしれないので、ちょっと感動でした。

マナーコートがシオンにはちょっと大きかったのですが、可愛かったです。

靴も最初は

何だこれ?

という感じでぴょこぴょこ歩いていましたが、すぐに慣れてトコトコ歩いてくれました。

3.犬スラローム

コーンの代わりに犬と人が立ち、その間をジグザグと歩いていきます。

歩いている犬は他の犬に気を取られそちらへ行きたがるので、そこをComeで人の方に呼んで、ハンドラーに犬の気持ちを向けて一緒に歩くことが目標です。

Comeと呼んだら、犬が目を合わせてくれるまでしっかり呼びましょう。

というご指導でした。

DSCF1652

お尻しか写っていませんが歩いているのがシオンです。

いい感じで歩いていたのですが、ストレスを感じたのかリードカミカミが出てしまいました。

DSCF1653

シオンにはレベルが高い課題でした。

そして、担当訓練士さんへの片思いは続いているので、この日もその訓練士さんが他の仔と何かしていると焼きもちで吠えたり、興奮から吠えたりしました。

兄弟姉妹の中ではシオンが一番幼いな~。

DSCF1630

ちょっとヘコんだ私に訓練士さんは、シオンなりに成長していると言ってくださっているので、シオンのペースでゆっくり頑張っていきます。

頭も身体も使って、心地よく疲れたシオン。

CIMG3024

そんなところで寝るんかい?

関連記事→6回目のパピーレクチャー~シオンの片思い~

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
いたずらっこ卒業
NEXT
盲導犬ふれあいキャンペーンに参加しました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    サナ達も障害物チャレンジ、やりました♪

    「えっ⁉なになに♪」

    みたいな感じで楽しそうに「遊んで」ました(笑)。

    シオン君達、みんなバッチリでしたね。
    何より、落ち着いて待ってられるようになってくれれば、またひとつパピーウォーカーの役割が果たせたことになりますよね。

    マナーコート着たり、靴履いたりはなかったかな。
    これからも更に、いろいろな体験をさせてあげられるといいですね♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      障害物や服と靴体験はツムギのときはありませんでした。
      みんな理解すると得意そうに楽しそうに・・・遊びですよね。

      兄弟姉妹たち、みんな落ち着いてきた中、シオンが一番お子ちゃまでした。

      • サナ父ちゃん より:

        サナも兄妹の中で一番、幼かったです。
        盲導犬、厳しいかなぁ、とも私は思ったことがありました。

        でもやっぱり、そんな仔が一緒だと、毎日が楽しいですよね。

        へこむことはないかと。
        温かい目で見てあげて頂けたらと思います♪

        • gd.vol より:

          サナ父ちゃんさん
          前回のレクチャーでは、みんな似たり寄ったりだったのに、1か月でみんな成長して、取り残された感でちょっとヘコみました。

          でも、訓練士さんが
          シオンはシオンなりに成長している。
          と言ってくださるので、ゆっくり見守っていこうと思います。

関連記事

冬晴れの散歩

シオン地方の冬は晴天率が高いです。 晴れて乾燥して 山の向こうは雪なんだろうな~。

記事を読む

いたずらっこ卒業

最近夫が シオン、いいこになったな~。 とよく言っています。 どこがいいこ?

記事を読む

リーダーウォーク できない理由は?

シオン地方では、2月も終盤になってくると寒いながらも日差しが強くなってきます。 そして、春を感

記事を読む

世渡り上手?それとも? 他犬との接し方

お散歩中に他犬に出会うことがあります。 シオンは人も好きですが、やっぱり犬も好き。 この

記事を読む

生後8か月のシオンへ

暑かったり涼しかったり寒暖の差が大きい今日この頃ですが、ふと薫るこの香りは・・・。 秋ですね。

記事を読む

お部屋探検 

これは委託2日目の様子です。 ねんね起っきしてワンもしたし そうだ! お部屋を探検

記事を読む

甘噛みは叱っていいの?いけないの?

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。 ツムギ

記事を読む

2回目のパピーレクチャー

5月23日に2回目のレクチャーがありました。 車が苦手なツムギは、前回のレクチャーの往復は抱っ

記事を読む

8回目のパピーレクチャー

11月6日は8回目のパピーレクチャーでした。 レクチャーに関して、シオンには課題が2つあります

記事を読む

9回目のパピーレクチャー

12月11日 生後10か月齢になったS‐14胎の9回目のパピーレクチャーでした。 今回の

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑