4回目のパピーレクチャー

公開日: : 第二話 ツムギ, パピーレクチャー

7月12日、T-13胎とY-13胎の合同レクチャーでした。

レクチャーの内容は

  • 夢中作り 目標の確認

目標は

  • Downやお手などSit以外のことが出来るようにする。
  • 犬をSitさせその周りを1周する
  • リード付きでおもちゃの持って来いをする

どれか一つ出来るようにするです。

  • Comeを教える(リードの使い方、ゆるめてチョン)
  • 階段の昇降の練習

でした。

夢中作り

夢中作りは1頭ずつ行うので、他の仔がプレーをしているときは「待機時間」になります。

7家族のレクチャーで、ツムギは最後に呼ばれたので、他の仔が遊んでいるのをずっと待っているという状況になりました。

ツムギはずっとおとなしく待っていてくれたので、ほっとしました。

自分の番になったら、待っていた時間が長かったせいなのかめちゃくちゃハイテンションで、おもちゃを咥えるとブンブン首を振ってしまいました。

あちゃー!大丈夫かな?と思いましたが、メリハリよく上手に遊んでくれて、目標を一通りクリア出来ました。

  • Downやお手などSit以外のことをできるようにする

では、鼻チュー(手をグーにして、そこに鼻をタッチさせる)とお手ならぬ「あご」を披露したら会場が爆笑の渦になってしまいました。

いいねつむたん、笑いがとれたよ。

ツムギの写真が無いのですが「あご」はイズモも出来たので、こんな感じ~という写真を貼っておきます。

いつかツムギの「あご」も写真をUPしますね。

o0425031913118836927[1]

Y-13胎のパピー達もとても大きくなり、パピーウォーカーさんに集中できる時間が長くなってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パピーウォーカーさんに集中して遊ぶY-13胎のパピーです。

おもちゃのOUTが上手になりました。

Comeを教える(リードの使い方、ゆるめてチョン)

お散歩も慣れてくると、パピーが犬や猫など興味のある方にググ~っと引っ張って行くことがありますね。

それをリードで引っ張り返そうとしても、だんだん犬の力が強くなってくるので力負けしちゃいますね。

なので力で引っ張り返すのではなく、リードをゆるめてチョンと使いComeと呼んで、人のそばに来てもらう方法を練習しました。

最初に人が二人で一組になり、犬役の人がカラーを持ち「わ~~い!」と引っ張って行きます。

そのときハンドラー役の人が力で引っ張ったり、ゆるめてチョンと引いたりして、犬役の人は感じ方の違いを体験しました。

お手本を見せる訓練士さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リードに添えている左手でグイッと引っ張られるとものすごく不快です。

なんなんだよ(怒)という気分になります。

ゆるめてチョンの方は、あれ?っていう感じでハンドラー役の方に引っ張られて不快感がありませんでした。

人で体験した後、それぞれのパピーで練習しました。

リードの使い方は文章で説明するのは難しいです。

犬のお散歩でお悩みがある方は、プロに相談するといいと思います。

階段の昇降の練習

人の横で人と一緒に昇り降りをする練習をしました。

ツムギは最後の2~3段をタタタっと駆け上がるので、駆け上がらないように練習します。

パピーレクチャーには、いつも訓練犬が参加しています。

今回の訓練犬の様子をご紹介します。

まず黒ラブさん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パピー達がわちゃわちゃしている中をリラックスして見ています。

それから、こちらのイエローラブさん

DSCF9844

あれぇ?訓練士さんに甘えているよ~。

ではなく、これも訓練の一つだということです。

いろいろな姿勢を取ったり、いろいろなところを触られる練習です。

盲導犬のユーザーさんは、手で触って犬の身体に異常がないか確認します。

いろいろなところを触られても怖くないんだよという学習をしておくのは大切ですね。

触られることが平気だと、病院でも楽ですね。

パピーウォーカーも

「犬を抱っこして、いろいろなところを触る練習をしてください」

とお願いされています。

DSCF9843

どぉよ!このくつろいだ顔!!

可愛いですね。

でも、訓練士さんにしっかり指先を触られているんですよ。

あれ?

今回はツムギの写真が一枚も無かった!

盛りだくさんのレクチャーで、すっかり写真を撮り忘れました。

ブロガー失格?

無理やりこの一枚。

DSCF9847

家に帰り、疲れて爆睡中のツムギです。

お腹の毛がだいぶ生えてきましたよね~。

関連記事→3回目のパピーレクチャー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
贅沢なパピーウォーカー
NEXT
反抗期の入り口

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ワオンママ より:

    12日午前中ワオンの繁殖のお仕事で協会へ行っておりました。
    午後からつむたん達のレクチャーだったのですね。
    あー!残念!つむたんの鼻チュー&あご見たかったなー^ ^
    午前中はM胎の子たちがお勉強してましたね。
    みんなとても上手に階段を歩いてました。
    今年も猛暑になりそうですね。
    元気で乗り切りましょう(*^^*)

    • gd.vol より:

      ワオンママさん
      あ~!!
      残念!ニアミスだったのですね。
      もし、お時間を取れるときがありましたら
      またレクチャーにおいでくださいね。

      お互いに真っ黒なので、暑そうですよね。
      元気に過ごしましょうね。
      ワオン君、今度のお相手は誰かな~。
      富士ハーネスの子犬情報が楽しみです。

  2. サナ父ちゃん より:

    サナがレクチャー受けてた時も、訓練犬2頭が大人しく待機してました。

    休憩時間に2頭の側に、ニコニコしながら近づいて、しゃがんでよしよししたら、2頭とも思いっ切りパピーに戻ってしまいました(笑)。

    そのあと、訓練犬2頭と私が訓練士さんに怒られたのは言うまでもありません(笑)。

    それにしても、どの仔もレクチャー、グッドなんですね♪

    サナ、天然お気楽マイペース、な奴でしたので、レクチャーはあまり…でした(笑)。

    去年の富士のキャンドルナイトでは1010のキャンドルがあったと、他の方のブログで紹介されてましたが、今年の5月に富士のセンターで、カンナのPRデモ見てた時に説明された盲導犬の稼働…言い方良くないかもですけど、950頭、とのことでした。

    今、レクチャー受けてる仔達も含めて、訓練犬達の頑張りが盲導犬の在り方、将来に大きく影響を与えることになるのかな、ってふと思いました。

    ママさんもつむたんも、この先大変なことあるかもですが、お互いの信頼で乗り越えて頑張ってくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      盲導犬には、歩行と同じくらい待機は大切なお仕事ですね。
      こうやって、ストレスなく待つ練習をしていくのでしょうね。

      盲導犬の数はなかなか増えないですね。
      何しろ育成に手間暇お金がかかり
      その上、作出率が3~4割では効率が良いとは言い難く・・・。

      ボランティアも不足気味の現在、子犬の生産数を増やさず
      盲導犬の合格率を上げていくことが求められると
      素人ながら、個人的には感じます。

      全国の盲導犬協会では、試行錯誤しながら実働盲導犬数を
      増加させるよう努力していると思うので
      ボランティアの一人として、出来る限りの協力をしたいです。
      今はツムギを心身ともに健やかに育てることですよね。

  3. イーリィの父 より:

    ツムギちゃん、パピーレクチャーお疲れさまでした。
    車での神奈川訓練センター往復もそれなりに大変ですからね。ヘソ天で爆睡しちゃいますよね。

    訓練犬たち、リラックスしてますねえ。こうやってどこでもリラックスできるようになるんですね。
    今晩あたり、イーリィで実験してみようと思います(。-∀-)

    • gd.vol より:

      イーリィの父さん
      ツムギはレクチャーの度に成長している気がします。
      直接訓練士さんに教えてもらって学ぶことの他
      訓練犬を見たり、他の仔の様子を見たり
      いろいろな刺激を受けて吸収しているように感じます。
      普段の生活と違うことをいろいろとやるので
      頭も身体も疲れるのでしょうね。

      イーリィちゃんもお父さんに抱っこでナデナデされたら
      とてもリラックスしそうですね。

  4. 我が家もレクチャーでした~。
    そして訓練犬君もやっぱり待機の練習してました。
    あんなにパピーがわちゃわちゃしているので、本当にいい練習環境だなって思いました。(笑)
    富士宮はアジリティの練習でしたよー。
    リードの使い方って本当に大切ですねー、ウォル太、普通の階段はOKなんですが、高さのある階段は苦手なんですが、訓練士さんがちょちょいのちょい!とするとあっという間に登って降りられるようになりました。

    やっぱり訓練士さんってすごいなーと思いました。

    レクチャーに集中すると写真撮り忘れますよね。私毎回そうです(笑)

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      ブログ拝見しました。
      アジリティー、イズモ達の時と違うものがありますね。

      自分がプレーしちゃうと写真は撮れないので
      相方が撮ってくれないと、写真は残りませんね。
      そう言う私も「Comeを教える」の時は
      習得が早い夫のリードの使い方を見るのに必死で
      写真は全く撮れませんでしたケド。

      ウォルター君、コツがわかっちゃえば階段なんてへっちゃらですね。
      レクチャーしっかりできて、ウォルター君偉い!!

関連記事

悪魔心とノーリードの犬

ツムギと朝の散歩に行きました。 住宅地を歩いていると、前方にトイプードルと飼い主の女性が同じ進

記事を読む

秋の風と落ち葉のメロディー

北風が窓を叩いて、空気が冷たくなったなと感じるこの頃。 いつのまにか、風が木の葉の色をかえて、

記事を読む

おやつだよ~

月に一度のおやつ カルドメックチュアブルを与えました。 おやつだよと言われて、すっ飛

記事を読む

暖をとる犬

ツムギ、おとなしいなあと思ったら あれっ! ちゃっかり! ストーブの前を陣取り、く

記事を読む

他人の犬に勝手に触るな~!

お祭りの日、歩道に座って盆踊りを見ていました。 目の前をいろいろな人が通り過ぎますが、ツムギは

記事を読む

子犬の社会化 大王わさび農場

8月の最終週末、ツムギを連れて1泊旅行に行きました。 まだまだ残暑は厳しいと考えて旅行の計画を

記事を読む

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。 この日は空気が冷たかったの

記事を読む

新しいおもちゃのはずが・・・

  毎日ツムギとおもちゃを使って遊んでいますが、さすがに大型犬のパピーです。

記事を読む

これも反抗期? ワンツーの自己主張

盲導犬のトイレは、犬が勝手に排泄をしてしまうとユーザーさんが排泄物を片付けるのは難しいので、指示で排

記事を読む

君は誰? 子犬に傘を見せてみる

ツムギは見慣れないものにびっくりすることがあります。 この前は取り込んだ洗濯物をたくさん抱えて

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑