犬は汎化が苦手 同じ用途のものを別物と認識?

9月24日のレクチャーのときにW‐15胎のパピーたちは、クレートが大きいサイズのものに交換になりました。

ウェルシーが家に来た頃は、大きく見えたクレートも窮屈になっていました。

パピーの成長は本当に早いですね。

同じ用途なのに違う物?

家に大きいサイズのクレートを置いて、ウェルシーを呼んで

House

と言ってみました。

ウェルシーは私の方を見て

これは、ハウスじゃないもん!

と訴えます。

クレートを前にして、やや緊張したお顔のウェルシー。

笑えます。

CIMG7767

やっぱり君もか・・・。

これは、今までわが家に来たパピーの全て見られました。

気にしないでいきなり入れる仔もいるのかな?

ウェルシーに、もう一度

House

と言ってみましたが、警戒するのか入ってくれません。

小さいクレートも大きいクレートも、クレートはクレートじゃん!

と人は思うのですが、犬にとっては別の物に感じるのでしょうね。

犬は汎化が苦手といいます。

ごはんにしようか?

なかなか足が進まないウェルシーに

ごはんにしよう。

House

と言ってみました。

え?

ごはん?

私を見て、クレートを見て

ママ、今ごはんって言ったよね?

とでも言うようにもう一度私を見るので、クレートを指差しました。

ウェルシーはぴょん!と入り、座ってごはんを待ちます。

CIMG7782

Goodだね、ウェルシー♪

OK

CIMG7781

ごはんの威力ってすごいなあ(笑)

クレートで寝てみる

ウェルシーは、ごはんを食べて落ち着いたら眠くなってきたので、クレートで寝かせてみました。

House

と言ったら、今度は入ってくれましたよ。

おやすみ、ウェルシー。

CIMG7783

クレートの縦の長さが、ウェルシーの頭からお尻までと同じくらいですね。

横になってくつろいで眠ってくれました。

これで、大きいクレートも

ごはんを食べたり、のんびり眠ったりくつろげる場所なんだなあ。

同じだよね。

と理解してくれたでしょうか?

犬っておもしろいなあ。

しばらく、お部屋で使って慣れてもらってから、車での移動のときに使っていこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬が散歩中に歩かなくなる理由と対策
NEXT
嬉しいとき遊んでの飛びつき どう対処する?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. すず より:

    ハウスの前で、お耳くっつけてちょっぴり緊張気味のウェルシーちゃん、可愛いですね^^
    でももう、ちゃんと理解した様ですね。リラックスして眠れている♪

    犬は汎化が苦手なのですね。
    家の子も、お水のボウルを変えた時なかなか飲めなかったり、クッションを変えたら困った顔をするだけで使えず、私が丸くなって寝たり(笑)、クッションの上で抱っこしたりして教えたことがありました。

    話は変わりますが、昨日お散歩していたら小型犬を連れている方が「家にもラブがいるんだよ」と声を掛けてくださいました。
    盲導犬の引退犬なのだそうです。
    とても穏やかで、最初から小型犬と仲良くしてくれて、寄り添って寝たりもして凄く優しくていい子なんだ、と仰っていました。

    一年に一度、盲導犬協会へ連れていくそうですが、その時にPWさんもいらっしゃるそうです。
    そうするとワンちゃんが、もう大喜びで一目散にPWさんのところへ甘えに行くそうです。
    「俺の事なんて、全く眼中になくなっちゃうよー。育ての親っていうのは素晴らしいね。」と、それはそれは優しい表情でお話しされていて。

    ずっとずっと優しい人に包まれ続けているワンちゃんなのだなと、私まで嬉しくなってしまいました(*^^*)

    • gd.vol より:

      すずさん
      人から見ると「なんで?」と思うような変化を躊躇することがありますね。

      「今を生きる」犬ですが、思い出は心の引き出しに全部入っているので、PWのことを忘れてしまうことはないんですよね。
      でも、今の自分の居場所もちゃんと心得ています。
      引退後の人(犬)生も幸せな様子で、私も嬉しくなりました。

  2. サナ父ちゃん より:

    読んでて、「そうなんだぁ…!」素直に驚きました…

    サナが鈍感なのかなぁ…
    そんな素振りも見せたこと無かったような…

    なるほどですね~♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      素人考えですが、あまり細かいことが気にならない方が、盲導犬には向く気がします。

関連記事

ハウスで寝るなんてやだ! 夜鳴き大王

子犬が家にやってくると、最初は大抵夜鳴きしますよね? 今までは兄弟姉妹でくっついて寝ていたのに

記事を読む

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお散歩コースは 住宅街

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

お留守番

わんこは基本的にお留守番は苦手ですね。 寂しがり屋さんです。 しかし人と一緒に生活する以

記事を読む

ごはんとハウス

生後3か月を過ぎてきて、最近シオンはケージの扉を開けたままでも、ごはんが来るのを待てるようになりまし

記事を読む

おばあちゃんからのプレゼントなのかな?

歯を当てたり飛びついたりするくせに、パパにベッタリのウェルシー。 ちゃっかりパパの腕枕で寝てい

記事を読む

警戒心が強い犬の警戒を解く方法

わが家にお客さんが来ることになったので、滅多に使わない座布団を出しました。 ウェルシーは初めて

記事を読む

おとなになったね 生後5か月の掃除機への反応

パピーの掃除機への反応もそれぞれですね。 ウェルシーは初めての掃除機体験では、びっくりしてへた

記事を読む

ハウス

ハウスの躾け方は、委託前の事前レクチャーで教えていただきました。 初めのうちは犬を制御しやすい

記事を読む

シャンプー後に暴れる犬 苦手なタオルドライを克服

ウェルシーを洗濯・・・じゃなくてシャンプーしました。 シャンプーの頻度は、概ね月に一度にしてい

記事を読む

パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってき

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑