犬が散歩中に歩かなくなる理由と対策

公開日: : 第四話 ウェルシー, 散歩

お散歩中に愛犬が突然座り込み、一向に歩こうとしないときってありませんか?

家を出るときは、お散歩を楽しみにしていたのに・・・。

それまで楽しそうに歩いていたのに・・・。

犬が歩かなくなるのには理由がありますよね

さっきまで楽しそうに歩いていたのに、急に座り込んでしまい頑として動かなくなるので、びっくりしますし困りますよね。

犬が歩かなくなる理由は、身体の調子が悪いこともありますので、体調や痛いところがないかどうかなどは日頃から気を付けてあげなくてはいけませんよね。

体調が悪くないのに歩かないときは

  • その先で怖い経験をしたことがある
  • 散歩に距離や時間が長くて疲れている
  • 自己主張

などの理由が考えられます。

その先で怖い経験をしたことがある

その仔によっては一度でも怖い経験をしたことがあると

そっちへはもう行きたくない。

と思ってしまうことがあります。

難しいのは、人にとっては何でもないようなことを犬は「怖い」と感じることがあるということです。

たまたま会った小学生の集団下校が怖かったのかもしれませんし、風に吹かれて舞っていたビニール袋が怖かったのかもしれません。

毎回同じ場所で座り込むのであれば、何か怖いことがあったのかもしれません。

私の場合は、基本的には無理強いはせずその場所は回避します。

回避しているとずっと行かれないのでは?

と思うかもしれませんが、怖い思い出が甦ると足は出ませんし、お散歩そのものが楽しくなってしまうこともあります。

回避を続けて、様子を見ながら近くまで行ったり、逆ルートで歩くことを試みたりしているうちに、ある日突然歩けるようになることもあるので、根気よく、でも無理はしない。

そんな感じです。

今のところウェルシーは、怖い経験による歩行拒否はありません。

散歩の距離や時間が長くて疲れている

いつもと同じなのにな~。

と思っても、気温やその時の犬の体調などによって

疲れた~。

歩きたくない~。

と犬が感じるときがあります。

先日、散歩の途中にコンビニの駐車場で水飲み休憩をしました。

水を飲み終わって

さあ、行こうか。

と言ったら

行きたくありません~。

と伏せました。

KIMG0881

面白がってスマホで写真を撮ったりしていたら(ウェルシーはしばらく休憩できた)歩き出しました。

この日は意外と日差しが強くて暑かったんですよね。

ウェルシーもはあはあ言いながら、その後も頑張って歩いてくれていました。

しかし、ガード下を歩き出したら突然伏せました。

ひんやり日陰になっていましたからね。

暑い~。

もう、歩くの嫌です。

しばらくここで涼む~!!

KIMG0882

駄々をこねている犬を見て、通る人が笑って行きましたが、一緒に休憩ということにしました。

そのままウェルシーに任せておいたら

よし!行く!!

って自分から歩き出してくれました。

自己主張

くんくんしたかったのに!!

左に行きたいのに、どうして右って言うのよ!

みたいなこともあります。

そこでストライキされると根競べになりますが、ウェルシーの言いなりにならず

行くのはこっちだよ。

という態度をとりながら「忍」です。

でも、無理にリードを引張ることはしていません。

ウェルシーが折れて、来てくれたら「Good~♪」と褒めて、何事も無かったように歩きはじめます。

その繰り返しになりますが

どうしたら楽しくお散歩ができるのか?

だんだんと自分で考えるようになっていくと思います。

叱らないけれど、ウェルシーの言う通りにはしないよ。

という感じにしていますが、ビシッと叱った方が良いという仔もいるかもしれませんね。

家に帰りたくない

家に帰ればコテっと寝るくらい疲れているのに

家に帰りたくないよ~!

と動かなくなる仔もいました。

イズモです。

o0400030013141754110[1]

道路から玄関に入る階段で動かなくなるので

もう1回お散歩しようか。

と言って一緒に降りて少しだけ歩いて帰るとすんなり入ってくれました。

この仔の場合は儀式のようになっていましたね。

まとめのようなもの

今まではどの仔も根底に

わがままを言ってみたい。

という甘えのようなものがありました。

気持ちを受け止めてあげることで、だんだんお散歩拒否が治っていきました。

ウェルシーにも、心の成長を待ちながら根気よく対応していきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
テリトリー意識からの警戒吠え
NEXT
犬は汎化が苦手 同じ用途のものを別物と認識?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    ぷぷっ♪
    笑っちゃいけないけど、ウェルシーちゃんのお顔の可愛いこと♡
    こんな顔されちゃうと、つい言うこと聞いちゃいますよね(笑)
    ケインも『断固そっちには行かないです!』の時は同様に伏せて動きません。でも、乗せやすいので、上手いこと言って動かしてます(笑)
    楽しみながらうまく付き合っていきたいですね。

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ケイン君のストライキは、パパさんママさんの声掛けで動いてくれるので、きっと声をかけてほしいんだろうなあ。
      と感じています。
      すぐ動いてくれるし、素直ですよね。

      ウェルシーも声をかけたりすると動いてくれることもありますし、待っていてあげると動くこともあります。
      甘えもありそうなので、ゆったり付き合っていきますね。

  2. Lママ より:

    あらあらウェルシーちゃん、ストライキですか?(笑)
    犬にも何か理由があるんでしょうけど、困りますよね〜。
    エル夫は伏せたり座ったりはしませんが、一瞬動かないって事はあります。
    声掛けをしたり、体を触ったりすると気持ちが変わるみたいで、今のところすぐに歩いてくれます。
    今は、クン活と拾い食いに頭が痛いですね〜。
    成長の過程だと思いますが、だんだん、自己主張が強くなってるように思います。
    ダメとか、ノーって言われると、余計に反抗するような感じです。
    気持ちを受け止めて、心の成長を待つ、大切なことですね。
    私にはまだまだ忍耐と言う修行が足りないな〜。
    わんこを育ててるつもりが、反対に育てられてますね(笑)

    • gd.vol より:

      Lママさん
      クン活に拾い食いにストライキ。
      ウェルシーの方が上をいっているな(笑)

      NOばかりでも、お互いに辛くなりますよね。
      イラッとすることもありますが、寝顔は天使なので、頑張っていきましょうね♪
      お互いに犬と一緒に成長していきましょう。

  3. ツムギ母 より:

    ツムギは同じコースなのに反時計回りだと気に食わない?のかやる気ゼロで、座りこみまではしませんが、ノロノロ歩きをします。母としては原因不明。
    あと、『あと少しでお家だよ』の所でも、お散歩に満足してないとノロノロ歩き(^^) 自己主張してます。
    ウェルシーちゃんにも何か理由が
    あるんでしものね⁈
    ママさんはウェルシーちゃんを上手くコントロールされているので勉強になります。ワガママにならない程度で主権は人間。パピーには一番大切な事ですものね。
    日中は少し暑いですが、だいぶお散歩に適した季節になって来ましたね♪
    短い秋を楽しんで下さいね(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      ツムギは散歩拒否は無かったと思いますが、ノロノロ歩きはありました。
      (あと、犬を見ると伏せる これが面倒くさかった!)
      わが家ではツムギのドナドナ歩きと言っていましたが、母犬の系統がその傾向があるらしいです。

      ウェルシーの歩行拒否には、声をかけたり、待ってあげたり、今のところは自分から歩く気になるように持っていこうと思っています。

      ツムギ母さんも、ツムギと一緒に秋を楽しんでくださいね♪

  4. サナ父ちゃん より:

    サナも入所前にはお散歩コースの中で自分が行きたい所…浜辺、テトラポット、緑の多い公園、外飼いされているお友達ワンコの所、などたくさん出来たので、

    「こっちに行くの!」

    は凄かったです。
    カミさんとの散歩はそんな事なかった、との事でした…

    人見て態度、変えるんですよね~(笑)。

    仰るように根気強く接して理解させてあげる事がいいのかなぁ、と思います。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      わんこは楽しいことを探すのが大好きですものね。
      「楽しい」場所に行きたくなっちゃいますね。
      まだまだパピーなので、気持ちを満たしてあげながら、こちらのお願いも聞いてもらえるように、ゆっくり交渉?していきますね。

関連記事

盲導犬ユーザーとボランティアの方に送別会を開いていただきました

ウェルシーも、もうすぐ1歳の誕生日を迎えます。 1歳ということは・・・ そうです。

記事を読む

飼い主を見上げる子犬

子犬1歳現在のリーダーウォークの状況と散歩中のカムの練習

犬が飼い主から付かず離れず寄添って歩くことを「リーダーウォーク」と言います。 リードは張らず、軽く

記事を読む

座る子犬

新しい環境で落ち着けない子犬には楽しみながら社会化を!

盲導犬はユーザーさんと一緒にいろいろなところに出かけるので、パピーを連れていろいろな場所を体験させ、

記事を読む

預かり訓練後 成長と残りの時間を意識するパピーウォーカー

訓練センターへのお泊り(預かり訓練)が終わって家に帰ってきたウェルシー。 帰ってきた日は、やっ

記事を読む

突然ですがパピーウォーカーを卒業します そしてこれからのこと

2018年5月に、4頭目パピーのウェルシーを入所させ、次のパピー待ちのわが家でしたが、この度パピーウ

記事を読む

生後51日目の子犬がやってきた

わが家の4頭目のパピー、ウェルシー。 生後51日でやってきました。 生後54日でやってき

記事を読む

暑い~。舌を出す子犬

本格的に暑くなる前に!わんこの暑さ対策を始めよう

今年の冬は寒かったです。 お彼岸の頃も寒かったので 今年の春はなかなか暖かくならないのかな?

記事を読む

立ち止まる犬

犬の散歩の速度はどのくらい?まったり歩きで運動不足にならない?

犬と暮らすうえではお散歩は欠かせませんが、みなさんはどのくらいの速さで歩いていますか? うちは夫の

記事を読む

お散歩攻防戦 散歩のしつけは犬にとって魅力的な飼い主になることから 

ママ~。 早くお散歩に行こうよ~。 (いつもリードを咥えてくるわけではありません)

記事を読む

散歩する犬

犬の拾い食いは叱っても取り上げても直らない!しつけのポイントは?

子犬なら多かれ少なかれ拾い食いをすると思いますが、ラブラドールレトリバーは元来の食いしん坊な気質も

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑