生後5か月のウェルシーへ

公開日: : 第四話 ウェルシー

9月14日で、ウェルシーは生後5か月になりました。

体重は

体重測定

16.5㎏

16.5kg

先月ちょっと下痢をしましたが、すくすく育っています。

生後5か月の近況

体力がついてきて、だいぶ歩けるようになってきました。

現在は、朝夕それぞれ30~40分のお散歩ですが、距離が増えてきました。

これから涼しくなっていくので、さらに時間と距離も伸ばせると思います。

静かな住宅街から、交通量の多い道路も少しずつ体験しています。

座る子犬

ウェルシーが家に来て3か月半くらい経ちました。

だいたいこの時期までに感じたその仔の印象が、一生変わらないその仔の持ち味のように、過去の経験から感じています。

ウェルシーはどんな仔でしょう?

パパが言うには、一言で言うと

お転婆でお調子者

とのことです。

確かに…。

今のところ見えているウェルシーの性格は

  • 好奇心が強く、楽しいことを見つけるのが大好き
  • ポジティブで明るく天真爛漫な一面がある
  • 褒められると尻尾をブンブン振り、調子に乗る
  • マイペースなところもあるので、知っているはずのおうちルールを無視することもある
  • 叱られてもへこたれない
  • その一方で怖がりな一面や慎重な一面もある
  • 勝気で、攻撃性あり

です。

多分、本質はこのままおとなになっていくのだろうと思います。

好奇心が旺盛で、ポジティブで、ちょっとくらいのことではへこたれないところは、強みとして伸ばしていけたらいいなと思います。

慎重さや怖がる一面も、悪くはないと思います。

あまりイケイケでも、生活しにくいこともありますからね。

極端に怖がりだったり、慎重すぎるということでもないので、いろいろな経験を積んでいくうちに、大丈夫と思えるようになりそうです。

マイペースと勝気はリンクするのでしょうか?

「自分がルール」みたいに思っているところがあり

それは違うよ。

こうして欲しいよ。

と伝えても、あまり気にかけてくれません。

そのときは従っても、すぐに元に戻ります。

そして「叱られてもへこたれない」という印象になり、「勝気だよなあ」と感じます。

ご機嫌が悪いときに、気に入らないことを言うと、胸を張り尻尾を上げて

何よ!!

という態度を取ります。

場合によっては

う~!!

も言いますし、歯も当ててきます(ガブガブ噛んだりはしませんが)

うわっ!女番長だわ!

と思いますが、ある意味自分をしっかり持っている仔なので、上手に伸ばせれば

この仔を信頼できる。

という安定感に繋がるかもしれません。

ここは未知数ですね。

課題は

今までの課題「甘噛み」と「吠え」は落ち着きを見せています。

お散歩の課題は、拾い食いです。

1.甘噛み

まだ歯を当ててきますし、成長と共に遊んでの興奮噛みだけではなく、自己主張で歯を当ててくるようにもなりました。

しかし、ガブガブ噛むわけではないので

人に何かをお願いするときは「歯を使わない」ということを教えれば解決すると思います。

具体的には

  • 噛ませない
  • 歯を当てられても応じない
  • 人が反応してくれたと犬に思わせない

などになります。

これはパパさんの課題です。

2.吠え

要求や主張の吠えは最近聞いていません。

警戒して一声吠える

というのが、この1か月の間に2回くらいありました。

別に何も怖いことは起こらなかった。

と思うと吠えなくなるようなので、様子を見ていきます。

3.拾い食い

ある程度、人の横で一定の速度で歩けるようになってきたので、これさえなければお散歩は3倍くらい楽になります。

散歩する子犬

結局、好奇心の強さと慎重さのダブルマインドで

これはなんだろう?

危ない?

面白そう?

もしくは

美味しいの?

パクリンチョ!

となってしまうんですよね。

木の枝などは

ガジガジするのが楽しい~♪

になってしまっています。

また、イライラすると余計に拾うこともわかってきました。

ウェルシーが何か拾うとついイラッとしてしまうので、そんなこちらの気持ちがウェルシーに伝わってしまい、ウェルシーもイライラして

パクッ!!

悪循環です。

人の方の修行が必要ですね。

その他

留守番は練習中です。

吠えないことが増えてきましたが、100%の安心感ではありません。

排泄は、家の中では問題無し。

外では指示でできますが、指示がなくてもしたければするという状況です。

これから少し難しいお年頃に入る予感です。

女番長の反抗期が怖い私です…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
秋のお彼岸前の巾着田
NEXT
おとなになったね 生後5か月の掃除機への反応

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    だいぶ大きくなりましたね~♪
    あれから特に大事なさそうで良かったです。
    それにしても…
    サナと違って、スラっとしてますね…
    サナ、訓練士さんや近所の方々みんなに「チョイおデブ(笑)。」って、言われてましたからね…(笑)。

    ここから1日2食になるまでの間が大事でしょうか。
    協会の方からご飯減量命令もらわないように(笑)。

    確かに、この頃までに確立された「自己」がベースとなって成長していきそうですね…
    でも、サナみたいに出征(笑)後に何かのキッカケ?大人になる?とかで、(訓練士さんが仰るには)「奇跡のような劇的な」(笑)変化もあるみたいですので…

    なので、何かというと、私すぐに「訓練士さんに丸投げ!」って言っちゃうんでしょうね(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      この兄弟姉妹、みんなスレンダーですね。
      痩せすぎず、太りすぎないように、体型管理に気を付けていきますね。

      「訓練士さんに丸投げ」私も好きです。
      パピーウォーカーが気付かない、あるいはまだ芽が出ておらず眠っている、その仔の潜在能力を引き出してくれる訓練士さんは、やっぱりプロですよね。

      わが家の場合は、今までは100%こちらの見立て通りだったので、たまには「奇跡の変化」を見てみたいですね♪

  2. 島根のはる より:

    ウイと比べつつ…すんごく参考になりました!
    症状?は同じ感じがしますが、10倍ぐらいウイが重症(笑)
    ウイは反抗期なのか、こうゆう性格なのか、もうわかんなくなってきましたよ~。
    自分の得になることはサッとやりますが、気に入らないコマンドには逆ギレ、感情表現はガブガブ、ワンワン!
    何より小石食いがひどすぎ(T_T)
    私もイラっとしないように、むきにならないように気をつけてますが(>_<)

    • gd.vol より:

      はるさん
      大物感漂うウイ君ですが、月齢的には反抗期かもしれませんね。
      コマンドに逆切れしたり、聞こえないふりをしたり、そんな時期に入ってきていますよね。
      私もウェルシーに対して
      そういう時期なんだな~。
      と思って、少しレベルを下げて、できるところを褒めていこうかな。
      と思っています。

      小石はさすがに拾っても食べないですよね?
      拾っても人が反応してくれないと思えば
      いつの間に拾わなくなったね。
      という感じになりそうな気がしますが、どうでしょうね?

      歯の生え変わり状況はいかがですか?
      ウェルシーは犬歯も全部生え変わり、奥歯もだいぶ生え変わってきました。
      毎日歯が抜ける日々が続いているのと、晴れたり雨だったりで、気温と気圧の変化が大きいのとで、不快感も強いのかもしれません。
      不快だと、何かに八つ当たりしちゃうんでしょうね。
      なるべく、ゆったり生活するように心掛けようと思います。

関連記事

犬と暮らす小さな幸せ

12月に入り、寒くなってきましたね。 いよいよ冬到来です。 朝の散歩が辛くなってきました

記事を読む

2018 ボランティアミーティング(勉強会&懇親会)に参加しました

3月4日、神奈川訓練センターで開催されたボランティアミーティングに参加しました。 毎年このミーティ

記事を読む

犬のしつけに「言い聞かせ」は有効か?

ウェルシーはお留守番が苦手です。 寂しくなって吠えてしまうんですよね。 今は眠ってから出かけたり

記事を読む

犬のわがままに適度に付き合う雨の日のお話

昨日のお話です。 朝のお散歩はパパと行かれましたが、お昼ごろから雨になりました。 お散歩に行けない

記事を読む

カートに乗る子犬

車でお出かけとホームセンターでカートを体験

盲導犬候補パピーは「車に乗るのが苦にならない」こともお勉強のひとつです。 月に一度のレクチャー

記事を読む

床に寝る子犬

病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のため動物病院に行ってきました。

記事を読む

犬の下痢は兆候があったらふやかしフードを与えて様子を見よう

少し前の話になりますが、8月29日の夜12時近く、ウェルシーはケージの中でツーをしてしまいました。

記事を読む

換毛期を乗り切る3つの対策

3月に入った頃からウェルシーの抜け毛が増えてきました。 ここのところ急に暖かくなり、ちょっとブ

記事を読む

座る子犬

新しい環境で落ち着けない子犬には楽しみながら社会化を!

盲導犬はユーザーさんと一緒にいろいろなところに出かけるので、パピーを連れていろいろな場所を体験させ、

記事を読む

散歩で落ち着かない犬の気持ちを考える 引っ張りを改善するには

お散歩に行くよ~。 と家を出ると、興奮で走り出したり、早足でタカタカ歩き出す仔はいませんか?

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑