生後11か月のウェルシーへ

公開日: : 第四話 ウェルシー

3月14日でウェルシーは生後11か月になりました。

体重は

21.8㎏

ありゃ!

減ってる。

一番多かったときが22.5㎏で、22.2㎏~22.3㎏ののことが多かったです。

元気ですし、身体を触っても骨が浮いている訳でもないので、大丈夫だと思いますが、レクチャーの日に訓練士さんに確認してもらおうと思います。

生後11か月の近況

ウェルシーの課題である新しい環境や音。

訓練士さんは

人が関与してあげることで受け入れていく力は持っている。

と言ってくださるので、いろいろな体験をさせることを重要視しています。

まだまだびっくりしちゃうこともありますが、人の声は聞こえてくれるので「Sit」と言って座らせると、頭が冷静になれることが多いです。

慣れない足場でも、自分でくんくんして確認しながら「大丈夫」と感じて歩けるようになってきたことは進歩だと思います。

訓練士さんが言うには、ウェルシーは頑張り屋さんだそうなので、ウェルシーのペースを尊重しながら、励ましたり

パパやママと一緒なら大丈夫だよね。

と安心させたりしながら、少しずつレベルアップさせていくのがいいかなと思います。

新しい環境や音に対して、これが得意になることは無いと思いますが、過剰に怖がらなくなるところを目指していきたいです。

初心者向きの犬?

私はウェルシーを迎えた頃

犬を育てるのが初めての人でも育てやすい仔かな?

と思いました。

子犬らしく甘噛みはありましたが、ほとんどが興奮や遊んでの甘噛みで、気難しさはありません。

明るくてイケイケですが、慎重な(当時は怖がりではなく慎重だと思っていた)ところもあって、イケイケ過ぎないところがちょうどいいかな?

と思っていましたが、生活してみると思っていた以上に怖がりでした(苦笑)

この怖がりの部分は、初めての人だと読み取るのが少し大変かもしれません。

例えばお散歩デビューの頃、ぴょんこぴょんこ走っていたのも、楽しいからではなく不安だからですし、階段をタタタ~っと昇ってしまっていたのも怖いからです。

人から見ると楽しそうに見えてしまうので(実際、楽しくてこういう感じの表現をする仔もいます)やはり犬育ては深いなあと思います。

1頭1頭違うので、いつも新鮮な気持ちでパピーと向かい合うことになりますね。

明るい犬

ウェルシーの魅力は、何といってもその明るさです。

楽しいことが大好きで、人と一緒に遊んだり何かするのをとても喜んでくれます。

人に対する期待が高くて

ねえ、何する?

次は何する?

と目をキラキラさせてくるので、人も一緒に遊んだり何かを教えたりするのが楽しいですね。

へこたれない犬

明るくて前向きなので、多少嫌なことがあってもめげないところも、いいところかもです。

叱ることで何かをやめさせよう。

という手が通じないところは困ったものですが、叱らず

こうして欲しいんだけど

と提案していくと、聞き入れてくれる素直さも持っているので、あまり困らないかな?

あ、ここは成長した部分ですね。

小さい頃は、何か提案しても気に入らないと

何よ!ウ~!!

とか、言っていました。

女番長もいつの間に、いい娘になってきましたね。

まだ入所の日程は知らされていませんが、ウェルシーと暮らせるのもあと2か月あるかどうか?というところだと思います。

楽しい時間をたくさん過ごしていきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
音に敏感な犬への対処法
NEXT
換毛期を乗り切る3つの対策

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ウェルシーちゃん、立派になりましたね…
    でも、もうちょい宝物を持たせてあげて送り出してあげたいですよね…

    パパさんママさん、ウェルシーちゃんの為にももう少しいろいろ勉強させてあげてくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ありがとうございます。
      私達ももう少しウェルシーからプレゼントをもらって
      そして元気に送り出してあげたいですね♪

関連記事

散歩中に他犬を伏せ状態で待つ犬の気持ち

いつ頃からでしょうか? 夫がウェルシーと散歩中に、他犬が前から来ると伏せて動かなくなる。 と言っ

記事を読む

旅立ちは雨 委託修了式

5月13日はW‐15胎の委託修了式でした。 朝からどんよりと曇り、天気予報通り雨もちらついてき

記事を読む

2017 キャンドルナイト 富士ハーネス

12月16日 個別レクチャーをしていただいた後、キャンドルナイトに参加しました。 私達はレクチャ

記事を読む

カートに乗る子犬

車でお出かけとホームセンターでカートを体験

盲導犬候補パピーは「車に乗るのが苦にならない」こともお勉強のひとつです。 月に一度のレクチャー

記事を読む

委託直後のトイレトレーニング状況

富士ハーネスでは生まれたパピーに、訓練士さんやスタッフのみなさんが排泄のしつけも導入してくださいます

記事を読む

委託5日目の抱っこでお散歩

日本盲導犬協会では、1回目のワクチンを接種してからパピーウォーカーに委託になります。 2回目の

記事を読む

犬の散歩の時間と回数はどのくらいがいいの?

生後7か月齢のウェルシーは、身体は成犬に近づいています。 1回の散歩は40分~60分くらいで、1日

記事を読む

電話に焼きもちをやく犬

犬の心は人間に劣らないくらい豊かですよね。 喜怒哀楽をいろいろな表現方法で表してくれます。

記事を読む

お散歩攻防戦 散歩のしつけは犬にとって魅力的な飼い主になることから 

ママ~。 早くお散歩に行こうよ~。 (いつもリードを咥えてくるわけではありません)

記事を読む

成犬用フードに切り替えて3回食から2回食になった日

ウェルシーは、7か月齢から少しずつ子犬用のフードから成犬用のフードに切り替えていました。 そして、

記事を読む

パピーウォーキング終了式
委託終了式|盲導犬パピー2回目の別れ

2021年1月17日に、富士ハーネスと仙台訓練センターにて、ウェルシ

ボールを持って走る犬
【動画】犬の「持ってこい」の教え方は?犬と楽しく遊ぼう

持って来い遊びは、飼主さんがボールなどを投げて持ってきてもらう遊びで

伏せる犬
大きな声では言えないけれど私は犬が嫌いなんです

わが家では置き薬を利用しています。 置き薬というのは、販売業者が直接

ボール遊びをする犬
ラブラドールレトリバー3歳9か月|もう若いって言えないわ!

2021年を迎えました。 明けましておめでとうございます。 ウェルシ

ホームセンターのカートに乗る犬
犬の飼い主はなぜホームセンターに犬を連れて行きたがるの?

タイトルは、私の友人の疑問です。 これは、非難しているわけではなく

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑