吠える~!寝ぼけながらの警戒吠えって何それ?

公開日: : 第四話 ウェルシー, 吠え

ウェルシーは委託当初から吠える仔でした。

と言っても、たくさん吠えるわけではなく

わん!

と一声だけ吠えるんです。

要求吠え、そして警戒吠え。

お留守番は寂しいよ~!!

と吠えるのだけはたくさん吠えました。

2時間吠え続けたこともあったっけ・・・。

今は、お留守番も吠えなくなりましたし、要求して吠えるのも無くなりました。

しかし、警戒吠えだけが卒業できそうで卒業できないんですよね。

これがやっぱり一番難しいですね~。

寝言じゃないよ。眠っているのに吠える?

ウェルシーの警戒吠えは

家の中に怪しい奴が入ってくるかも?

とウェルシーが勝手に感じたとき、そして「音」に反応して吠えます。

人が来ると必ず吠えるとか、ピンポンで吠えるというものでもなく、あくまでもウェルシーの主観なので吠えを予測しにくいんですよね。

そして10月は吠えることが無かったので、そろそろ卒業できるかな?

と思ったのですが、11月に入って既に何回か吠えました。

しかも、全部眠っているときなんです。

なんじゃそれ?

ですよね。

吠えるのはこんなとき

ある日、窓辺ですやすや寝ていると、突然

わん!

家の外で、ガラガラと旅行用のスーツケースを引いて歩くような音が聞こえました。

あれに反応したのか?

と思うと、次の瞬間

あれ、寝てる・・・。

寝ぼけてたんかい!

しかし、吠える声は寝言ではなく普通に吠え声でしたから、やはりその聞き慣れない音に反応したのでしょうね。

ある日は、私の膝の上で寝ていて突然

わん!

庭で、かすかにカサッと音がしました。

猫?

私がほとんど気付かないような小さな音に反応して吠えました。

その時は少し頭を上げましたが、またすぐに夢の中。

何事も無かったかのように寝ていました。

別の日は、やっぱり私の膝で寝ていて、お隣さんが雨戸を閉める音に反応して

わん!

そして、再びすやすや・・・。

もう!

雨戸の音なんて、毎日聞いている音じゃん!

怖い思いはしていないはずなんだけどなあ

家に来てからずっと、ウェルシーなりに「怪しい」と感じて吠えて、何かが起こったということはありません。

  • 怪しいと思って吠えたけど、怖いことは何も起こらなかった。
  • 気になる音が聞こえても何も起こらないんだね。

という経験になっていると思うのですが、つい吠えちゃうんですね。

条件反射みたいなものなのでしょうか?

警戒吠えが困るというわけじゃないけど・・・

たくさん吠えるわけでもないし、また寝てしまうので、いきなりの

わん!

にこちらがびっくりするだけです。

外で他犬や人に吠えるわけでもないので、困るというほどでもないのですが、どうしたものでしょう?

これもウェルシーの個性として考え、成り行きに任せるしかないのでしょうか?

ウェルシーがうちの仔だったら

何か聞こえた?

何も来ないね。

大丈夫だね♪

教えてくれてありがとね。

という範囲なのですが、嫁に出す仔だと思うと、治るものなら治って欲しいと思ってしまうんですよね~。

そして、少なくともネガティブな気持ちで吠えるわけですから

あの音なんだ?

と思っても

何も怖いことは起こらないので大丈夫だよね♪

と理解できて、ウェルシーも気持ちが楽になるといいなあと思っています。

<追記>

ウェルシーは入所後、繁殖犬になり、再びわが家の家族になりました。

今もこの寝ながらの警戒吠えは治りません。

訓練士さんからは

問題になるような吠えではありません。

ということなので、ウェルシーの個性と受け止めることにしました。

吠えはゼロにはなりませんが、が安心してくつろいでいると吠えることは少ないので、お気に入りのマットを用意し、穏やかに暮らせるようにしています。

吠えても人は反応せず、犬も人ものんびり暮らしていこうと思っています。

些細な音で一声吠えるくせに、雷やサイレンには吠えず、緊急地震警報が鳴り響いても

なあに?

という感じなのが面白いです。

関連記事→もはやマンガだ!警戒吠えさえも笑いに変える犬

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
生後7か月のウェルシーへ
NEXT
犬連れ桜山公園散策|冬に咲く桜と紅葉を楽しむ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    吠えるのをどうにかする、というのは難しいですよね…
    怒ったり注意したりは良策てはないようにも思いますし…

    時間の経過の中でウェルシーちゃんが

    吠えなくていいんだ~♪

    というものを理解してもらうことと、あとは

    吠えるのを止めたら褒められる、吠えるの我慢出来たら褒められるんだ~♪

    と理解させてあげられるように上手く褒めてあげる事でしょうか…

    訓練士さんはこの件について、何て仰ってます?(汗)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      要求吠えの場合は「無視」吠えても願いは叶わないと伝える。
      その仔によっては「叱る」でやめることも多いです。
      ウェルシーの吠えは一声なので、タイミングが難しいのですが、要求吠えについては、うまく叱るチャンスに恵まれ、治りました。

      しかし、警戒吠えは本当に難しいです。
      「怖い」という感情は「命の危機感」と直結しているので、理屈じゃないところがあるんですよね。
      叱るは最下策ですよね~。

      アプローチとしては
      怖いことは何も起こらない→吠える必要はないんだね。
      吠えなかったら褒められる、いいことがある。
      で正解だと思うのですが、吠えるのは一声で、音に反応することまでは分かるのですが、いつ吠えるのか全く読めません。
      吠えてしまった後で、何かアプローチしたところで、終わってしまったことについて犬は何も感じてくれません。
      アプローチするのなら
      今まさに吠えようとしたとき
      になります。
      ウェルシーは「音」に反応するので、耳がピクッとなる瞬間があります。
      耳がピクッとしたからと言って必ず吠えるわけではありませんが、なるべく耳ピクの瞬間を捉えて吠える前に撫でたり、おもちゃを渡すようにしているのですが、とにかく吠える前兆を見極めるのが非常に困難です。
      頑張るしかありませんが・・・。

      警戒吠えをやめられるかどうかは、ウェルシーが「怖くない」と理解できるかどうかです。
      最初に書いたように、怖いという気持ちは命の危機に直結するので、怖いと感じるものを「怖くないと思え!」というのは無理な話で、その仔が「怖い物は怖い」と思う仔だと治すのは難しいです。

  2. ツムギ母 より:

    そもそもウェルシーちゃんが何に反応するかが予測不可だから、とても難しい問題ですね〜(;´д`)
    パパとママがいるから安心♪
    これはもうウェルシーちゃんは理解していると思われるので、尚更難しい!

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      最近、なぜか寝ている時に音に反応して吠えることがありますね。
      同じ音でも、反応しないこともありますし、予測がつきにくいです。
      警戒して吠えるのは家の中限定なので
      あたしが家を守らなくちゃと思っている?
      パパとママがいるから安心♪
      と思ってくれていないのかも~(涙)

  3. すず より:

    お留守番もしっかりできるようになり、要求吠えも無くなったとの事。パパさんママさんの上手な誘導と、ウェルシーちゃんの心の成長が、とても良い方向へ結びついていますね。

    眠っている時は無防備なので、本能として警戒心が強く働くのかもしれませんね。同時に、起きている時なら理性で「吠えなくても大丈夫なんだ」と思えるけれど、パピママさんの書かれているように、寝ぼけているので、条件反射で思わず吠えてしまっているような状態かもしれませんね。
    夢を見ていて、その夢と物音とが丁度リンクしたときなんかに、思わず声がでちゃうのかな。
    すごくはっきりとした寝言的な^^

    起きている時の警戒吠えがなくなったという事は、ウェルシーちゃん自身は、物や音に関して「大丈夫」という理解はできているような感じですよね。寝ている時の吠えも一声だけだし、少しずつ減ってくるような気がします。
    でも、寝ぼけとか夢とかだったら、完全になくすのは難しいかな(笑)。
    ちなみに私は先日、夢を見ながら大声で返事をして、自分の声に驚いて目が覚めました^^;;

    ウェルシーちゃん、ぐっすり眠ってね。
    パパママの温かなお膝で、安心して眠ってね。

    • gd.vol より:

      すずさん
      寝ている時の警戒吠えについては、夫がすずさんと同じように言っていました。
      完全に無くならなくても、家庭生活に支障はない範囲だとは思うので、様子を見ていきたいと思います。

      自分の声に驚いて目が覚めるって、ありますよね。
      ウェルシーもそんな感じなのかな?

関連記事

盲導犬パピー ショッピングモールを闊歩する?

ある日の休日、ウェルシーと一緒にショッピングモールに出かけました。 ここは、屋根付きの通路と店

記事を読む

遊んでの興奮甘噛み|黄色い声を上げて子犬を触りたがる人をどう撃退する?

まだぎりぎり8月なのですが、早朝など涼しい時間帯があります。 出勤前のパパに甘えるウェルシー。

記事を読む

W-15胎 4回目のパピーレクチャー

9月24日は4回目のパピーレクチャーでした。 今回は、3家族でのレクチャーでした。 それ

記事を読む

W-15胎 7回目のパピーレクチャー

1月21日はW-15胎とD-16胎の合同レクチャーでした。 W‐15胎は4月14日生まれ。

記事を読む

床に寝る子犬

病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のため動物病院に行ってきました。

記事を読む

預かり訓練後 成長と残りの時間を意識するパピーウォーカー

訓練センターへのお泊り(預かり訓練)が終わって家に帰ってきたウェルシー。 帰ってきた日は、やっ

記事を読む

みごとな脱ぎっぷり 換毛期真最中

脱いでいるのは、わんこですよ。 ここのところ、急に気温が上がってきたからなのでしょうか?

記事を読む

委託4日目に掃除機を体験してみました

掃除機を怖がる仔は多いようなので、少し家に慣れてきた委託から4日目に掃除機を体験させてみました。

記事を読む

甘えん坊で焼きもちやきの犬

わが家でお預かりしたパピーたち みんなパパっ仔になるのですが、ウェルシーもパパが大好きです。

記事を読む

盲導犬ユーザーの講演と子犬が1歳になるまでにしつけておきたい10のこと

知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」駒沢公園教室で

記事を読む

母犬と子犬
母犬の子育て|子犬の叱り方も犬それぞれ

ウェルシーの3回目の出産のお相手は、凍結精液人工授精のエリオットと自

子犬たち
凍結精液による人工授精と自然交配で子犬が生まれました

日本盲導犬協会では、ボランティアの自宅出産も可能ですが、富士ハーネス

抱っこでお散歩
犬は社会の一員!愛されわんこに育てるために心がけていること

近年では、犬はペットではなく家族の一員と考える飼い主さんが増えてきま

箭弓神社社殿
野球関係者に大人気!ギネスの御朱印も!箭弓稲荷神社

ワールドベースボールクラシック(WBC)で、大活躍したヌートバー選手

眠る子犬たち
盲導犬繁殖犬に選ばれるのはどんな犬?

繁殖犬飼育ボランティアのわが家でお預かりしている盲導犬繁殖犬ウェルシ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑