犬が家族によって態度を変えるのはなぜ?私は犬にバカにされているの?

公開日: : 犬育て

犬が人によって態度を変える。

というのは多くの飼い主さんが経験しているのではないでしょうか?

家族以外と家族で態度が違うのはある意味当たり前ですが、家族の中でも犬が人によって態度を変えるのはなぜでしょう?

撫でられる犬

犬が家族によって態度を変えるわけ

お父さんの言うことはよく聞くのに、私の言うことはちっとも聞かない。

私は下に見られているのかしら?

というようなお話を聞くことがあります。

  • 犬は群れで生活する習性があるので、家族を群れとみなし順位付けをする。

という考え方もありますし

  • 犬は人には順位付けはしない。

という考え方もあります。

私は専門家ではないので、どちらが正しいのかわ分かりませんが、犬と生活をしている実感としては

犬は家族によって態度を変えることはあるが、上下関係をつけたり人を馬鹿にするというわけではない。

と感じています。

では、なぜ犬は家族によって態度を変えるのでしょうか?

原因は人側の対応

例えば、お父さんはお座りしないとごはんをあげない。

お母さんは、お座りしなくてもごはんをくれる。

むしろ、催促して吠えると

お腹空いたの?

はいはい。

と早くごはんを出してくれる。

ということであれば、当然ながら犬は、お父さんとお母さんによって態度を変えます。

犬は物事を善悪ではなく、損得(快か不快か)で考えるので

この人には、こうすると自分にとっていいことがある。

と学習します。

お父さんには座ってごはんを待つのに、私のときは吠えて催促するなんて、私を下に見ているのかしら?

と思ってしまうかもしれませんが、犬は別に上とか下とか考えているわけではなく、二人の態度の違いから

  • お父さんは、座るとごはんをくれる。
  • お母さんには、吠えた方が早くごはんをもらえる♪

と学習して行動しているのです。

撫でられる犬

わが家ではパピーウォーカーだった頃、必ず夫だけが子犬の甘噛みの被害に遭いました。

これは、私から言わせると噛ませているから噛むのであって、子犬が甘えて噛むのを夫は「可愛い」と思っていて、ちょっとだけ許していることに原因があったと思っています。

パピーの中には、可愛いでは済まないくらいガブガブ噛むようになり、対応に苦労した経験もあります。

でも、パピーはパパを下に見ているわけではなく、自分の気持ちを表現するのに「噛む」という行動がパパには有効だと学習しただけです。

関連記事→人が強化してしまう子犬の甘噛み

家族で一貫して同じ対応を取るようにすると、こういった差は小さくなりますが、性格の違い、接する時間の差などはどうしてもあるので、犬の対応にちょっとした差は出てきます。

犬が家族全員の言うことを聞けるのであれば、ちょっとした差は許容範囲だと個人的には思います。

リーダーシップは大事

犬が人に対して上下関係をつけるのか、つけないのか?

ということは別にして、結局犬は自分に得になる行動をとる生き物です。

なので、噛んだり吠えたりして自分にとって嫌なことが去ったり、主張が通るなど得になると学習すると、人にとっての「問題行動」が増えてきます。

  • そんなことをしてもお得なことは無いよ♪

ということを教え

  • 人の社会で楽しく暮らしていくためには、こうしていこうね♪

と、人がリーダーシップをとることは大切になります。

具体的な方法については、しつけのカテゴリーに訓練士さんのご指導の下にわが家で採用した方法をご紹介していますが、うちのこに合う方法を探していくのは飼い主さんの努力になります。

まとめのようなもの

犬が家族の中でも、人によって態度を変える理由を考えてみました。

犬は人を頼って生きているので

  • どうしたら家族から自分にとってお得(快適)なことを引き出せるか。
  • どうしたら嫌なことを遠ざけられるのか。

日々考えているのだと思います。

家族に上下関係をつける。

という考え方もありますが、私自身は

犬に下に見られてはいかん!

と気を張って生活するのは疲れますし、到底できないことなので、ぶっちゃけそこはスルーしています。

その代わり

  • 夫婦でいつでも一貫した態度で接する。
  • 犬の心を満たしてあげる。

ことを心掛けるようにしています。

もちろん、二人の性格の違いもありますし、こちらにも感情があるのでいつもうまくできるわけではありません。

多少うまくいかないことはあっても犬には

人と一緒に暮らすのは楽しいよね♪

と伝えていこうと思っています。

(写真は2枚ともウェルシーです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
委託終了式|盲導犬パピー2回目の別れ
NEXT
あなたの子犬がトイレを覚えられない理由!室内犬のトイレのしつけのコツはたった1つ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    ワンコは本当に人の行動をよ〜く観察してますよね〜!
    どうしたら、自分にとって良いことが起こるかというのを心得ているから、ワンコの行動は人間側の行動パターン次第なのでしょうね。
    そこを心に置いておくと、お互いに心地良い関係が築けそうに思います。

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      私は、犬は人の言葉を話せないので、犬のボディランゲージや表情などを観察するように心がけているつもりです。
      しかし、観察力ははるかに犬の方が上ですね。
      わんこたちは人の行動をよく観察していて、どうしたら自分にとって良いことが起こるのか日々考えているので、人もそこに心を置いていくと良い関係を築いて行けそうですよね。
      ウェルシーと、もっともっと仲良くなれるよう、頑張っていきます♪

関連記事

散歩する犬

犬に触ると嫌がる?犬に優しい触り方を子供に教えてあげよう

ウェルシーは人が大好きです。 子供も大好きなのですが、人に対しては嬉しさが先行して興奮してしまい、

記事を読む

伏せておもちゃを噛む子犬

生後5か月の子犬|反抗期に入ってきたかな?

反抗期って一般的に使われる言葉ですが、上から目線ですよね。 わんこにも人間の子供と同じように、自我

記事を読む

【動画】子犬生後4か月・ごはんを落ち着いて待てるようになったね。

子犬は日々成長しています。 いつの間にか落ち着いてごはんが来るのを待てるようになったツムギです。

記事を読む

ケージに伏せる犬

犬は人の気持ちが分かるよね

犬は何でも分かっていると思うときがありますよね。 人の言葉を話すことはできませんが、人をよく観察し

記事を読む

ハウスなんてやだもん!毎晩駄々をこねる犬

今のところ、わが家に来たパピーはみんな夜寝るときにケージに入るのを拒みます。 人も寝てしまう夜はや

記事を読む

クレートで眠る犬

犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

富士ハーネスに遊びに行ってきました。 富士ハーネスは、ウェルシーが生まれて生後約2か月までを過ごし、

記事を読む

お散歩の悩みはストレスが原因かも?

シオンのお散歩の悩みはいろいろとあります。 なかなか治らないのですが、改善傾向にはあります。

記事を読む

お散歩楽しいね

犬にも思春期がある?思春期の特徴と子犬への接し方

犬の思春期は、生後6か月から9か月頃なのだそうです。 初めて犬を育ててみて 犬も人間も成長過程は

記事を読む

散歩する犬

愛犬との別れを考えてみた!元パピーウォーカーの私が家庭犬の飼い主さんに思うこと

私たちは2013年にパピーウォーカーになりました。 そして4頭のパピーを育て、4頭目パピーのウェル

記事を読む

隙間は好き間?犬が狭い場所を好むのはなぜ?

犬が狭い場所に入っていることはありませんか? ツムギはちょっとした隙間に入るのが好きです。 広い

記事を読む

ラベンダーと犬
犬連れたんばらラベンダーパーク|高原のお花畑をお散歩

ウェルシーだよ♪ 群馬県にある「たんばらラベンダーパーク」に連れて行

ひまわり畑
夏の絶景を楽しもう!日照時間日本一!犬連れ明野のひまわり畑

ウェルシーだよ♪ 夏の花と言えばひまわりを思い浮かべる人も多いかな?

車内に座る犬
犬の老化の始まりを感じるのはいつ?

私たちはパピーウォーカーだったので、いつも家にいるのは子犬で おとな

犬に食器台が必要な理由と正しい食器台の高さや選び方

「犬食い」という言葉がありますね。 これはテーブルに顔を近づけて、食

犬のブラッシング
爪切りや耳掃除が苦手な犬を叱ってまでお手入れをやるべき?

犬との生活の中では、シャンプー、爪切り、耳掃除、歯磨き、肛門腺絞りな

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑