犬に信頼されるには|母親のコミュニケーションをマネしよう

公開日: : 犬育て

前回の記事では、犬に信頼される飼い主さんになるためには、信号機みたいに分かりやすくて一貫した態度で接してあげるといいよね。

ということを書きました。

こちら→犬に信頼されるには|分かりやすく一貫した態度で接しよう

今回は犬の心にフォーカスしてみますね。

座る犬

母親のマネをするって何?

世の中のお母さんたちって、本当に素晴らしいコミュニケーション能力を持っている人が多いです。

犬にも心がありますから、やはり犬に信頼してもらうためには技術だけではなく、犬の心と人の心が繋がることが大切です。

お母さんたちのコミュニケーション能力は、犬育てにも参考になることが多いんですよ。

見ていきましょう。

1.話を聞く力

多くのお母さんたちは、子どもの話をよく聞いていますよね。

「聞く」ということは、コミュニケーションの最初のステップです。

相手の話をただ聞いていればいいというものではなく、表情、仕草、相槌の打ち方、体の動かし方、共感の仕方、話しかけやすい雰囲気など、お母さんたちを観察していると素晴らしいスキルを持っている人が多いです。

「聞く」というよりは「聴く」ですね。

犬は、人の言葉を話すことができませんから難しく感じますが、よく観察していると表情やボディーランゲージで気持ちを表現してきます。

少しでも犬の思いを読み取れるようになると、犬の方からコミュニケーションを取ろうとしてくれます。

話をロクに聞かない人よりも、聴いてくれる人の方が嬉しいのは犬も同じです。

2.洞察力と心配り

これは、人の言葉を話すことができない犬に対しては、特に重要かもしれません。

お母さんたちは、子どもの様子が普段と違うと

どうしたの?

と声をかけていますよね。

変化に敏感で「声をかける」という心配りをする能力を持っています。

目に見えない感覚とか、声になっていない気持ちを感じ取る能力があっても「声をかける」という心配りが無いと相手には伝わりません。

洞察力と心配りは、セットになってこそ効果を発揮します。

犬も同じで

散歩中に苦手な犬がやってきた。

うちのこ、嫌だと思っている。

道を変えよう。

とか

抱っこして欲しいと思っている。

遊んで欲しいと思っている。

という犬の気持ちを察して、可能な限り寄り添ってあげるようにします。

犬の気持ちを満たしてあげることで、犬も心が安定して聞き分けが良くなっていきます。

3.笑顔

コミュニケーションには笑顔が大切です。

笑顔の犬

笑顔の人には心を開きやすいですよね。

笑顔の多い人は好感度が高く、周りの人も笑顔にします。

犬も人の表情を理解することができるので、笑顔で接してくれる人に心を開きやすいのです。

但し、心からの笑顔でないと笑顔を信頼してくれませんからご注意を!

4.承認力

小さなことでも子どもを褒めてあげるお母さんは、多いのではないでしょうか?

あなたがいるだけで幸せよ。

なんて言ってくれたりしますね。

誰にでも「自分を認めて欲しい」という気持ちがあります。

犬も同じで、小さなことでも褒めてあげることで、飼い主さんへの信頼は高まります。

少しレベルは高くなりますが

犬がやろうと思ったときに褒めてあげる。

これを意識承認と言いますが、これも犬には

自分のしようとしていることが肯定された。

という経験になっていき、自信につながっていきます。

5.無償の愛

子どもが一人前になるまでには20年という月日がかかりますし、2000万円前後のお金がかかると言われています。

親は子どもに対して

この子にこれだけの時間と費用を投資して、どのくらいのリターンを得られるか?

なんて考えませんよね。

何の見返りを求めずに子育てをするのが「親」です。

犬も同じで

一緒にいてくれるだけで幸せ!

な存在です。

惜しみない愛情で接してあげましょう。

まとめのようなもの

母親のコミュニケーション能力をマネしよう。

という記事ですが

一般的な母親が持つコミュニケーション能力は犬育ての参考になる。

ということでご理解くださいね。

根底には、無償の愛が溢れています。

犬は人間の子どもに負けないくらいの豊かな心を持っています。

なので、本物の愛情は必ず伝わります。

私たちはウェルシーに信頼してもらえているかな?

ありったけの愛情を注いで仲良く暮らし、一緒に成長していきたいです。

(写真は1枚目ウェルシー、2枚目シオンです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬に信頼されるには|分かりやすく一貫した態度で接しよう
NEXT
犬のマーキングの意味と盲導犬がマーキングをしない理由

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

ボールを咥えて座り込む子犬

反抗期かな?コマンドを無視する子犬

生後6か月を過ぎた頃からでしょうか? ふと気づくと、イズモはコマンドを無視することがありました。

記事を読む

「動画」ごはんだよ~!犬が最初に覚える言葉は?

以前の記事にツムギはごはんの時に吠えるなんて書いていますけど、つむたんの名誉のために言います。 今

記事を読む

犬が飼い主をじっと見つめてくるのは気持ちを伝えたいから

犬は人をじっと見つめて、何かを伝えたいように見えるときがありますね。 いろいろな場合がありますが、

記事を読む

抱っこされて眠る子犬

子犬生後7か月 自我に目覚める季節 反抗期とも言う

この時期の特徴ともいえる「反抗期」ですが、ツムギの「反抗期」は今のところ想定の範囲内で、それほど大変

記事を読む

犬は優しく撫でてもらうのが好き 子供との触れ合い

公園に河津桜の花を見に行った私達ですが、公園にはたくさんの人が訪れていました。 家族連れもたく

記事を読む

抱っこされる子犬

犬を褒めても喜ばない?犬が喜ぶ褒め方を考えよう

盲導犬協会での犬育て、そして訓練は「犬を楽しませること」から始まります。 訓練士さんは とにかく

記事を読む

反則ギリギリ?お散歩デビュー前にリードに慣れる練習

慎重な性格のツムギさん。 知らないものに対して、ものすご~く警戒します。 ゆ~くり寄って行って、

記事を読む

犬に「言い聞かせ」を続けてみます

以前、なかなかお留守番ができるようにならないウェルシーに「言い聞かせる」という方法をとってみようかな

記事を読む

あおむけ抱っこ

訓練センターからは「あおむけ抱っこ」をたくさんしてくださいね。 とお願いされています。 あおむけ

記事を読む

子犬から大人の犬へ 今が頑張り時

9月1日の眼科検診の日に、イージーウォークハーネスをお借りしました。 ママ、あたしお洒

記事を読む

散歩する犬
盲導犬は信号が分からない!交差点を渡るのは大変なのです

ウェルシーは、交差点では自分の前を横方向に通過する車があると、交差点

コスモスと犬
犬が吠えるのは迷惑?飼い主の考え方を変えれば犬も人も楽になる

犬の祖先は狼と考えられています。 人が狼を家畜化(馴化)し、生まれて

散歩する犬
愛犬との別れを考えてみた!元パピーウォーカーの私が家庭犬の飼い主さんに思うこと

私たちは2013年にパピーウォーカーになりました。 そして4頭のパピ

花手水11
犬連れ行田花手水Week|街中に映える美しすぎる花たち

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の行田市(ぎょうだし)で、色とりどりの花手水

あじさいと犬
飼主に従わない!自己主張が強い子犬のしつけに悩んでいます

私の知り合いで愛犬の自己主張が強くて困っているという人がいます。

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑