うちの犬は幸せなのだろうか?と思ったら見直す5つのこと

公開日: : 犬育て

うちの犬は幸せだと感じているのだろうか?

と思うことはありませんか?

「幸せ」の正解は一つではありませんが、犬も人も幸せに暮らしたいと願うのは飼い主さんなら当然のことだと思います。

散歩する犬

犬にとっての幸せって何だろう?

約50年前にイギリスで生まれた「アニマル・ウェルフェア(Animal Welfare)」は

  1. 飢えと渇きからの自由。
  2. 痛みやケガ、病気からの自由。
  3. 不快からの自由。
  4. 恐れや不安からの自由。
  5. 動物としての基本的な行動、自然な行動がとれる自由。

という5つの自由が動物にも保証されるべきであるという理念の基に成り立っています。

「5つの自由」の内容は、私にも理解できるもので難しいものではありません。

しかし、実行するのは難しいなと思うものはありませんか?

一緒に見ていきましょう♪

1.飢えと渇きからの自由

その仔に合った食べ物を与え、新鮮なお水を自由に飲める環境を整えます。

難しいことではありませんよね?

しかし

愛犬にねだられてついついおやつをあげすぎていないか?

人の食べ物で味が濃かったり、犬には不適切なものをお裾分けしていないか?

と考えると、どうでしょうか?

飢えていなければそれでいい、というものではないことに気付きますね。

2.痛みやケガ、病気からの自由

おやつを与えすぎたり、犬にとってあまり良くない食べ物を与え続けてしまうことによって、肥満になったり病気になったりすることもあるかもしれません。

病気やケガは防げないものもありますが、飼い主さんが防げるものもあります。

犬の状態を毎日観察して、全力で気を付けて早期に対処してあげたり、防げるものは防いであげたいですよね。

3.不快からの自由

犬が生活しやすい環境を整えたり、温度や湿度に気を配ったりしますが、犬と人では不快だと思うポイントが違う場合がありますね。

快適な室温も犬と人は多少違いますし、人が心地いいと感じる香りが犬は苦手だったり、人が楽しむ音楽が苦手だったり、ということもあります。

くつろぐ犬

人にとっては当たり前の、撫でる、ハグ、という愛情表現も、犬によっては不快と感じる仔もいます(犬は優しいのでけっこう我慢してくれています)。

自分が可愛がりたい、愛情を表現したいという態度は、相手の気持ちを考えておらず、実は身勝手なんですよね。

犬が「撫でて~」と寄ってくるときに撫でてあげるくらいが丁度いいのだと分かってはいるのですが、私もついやってしまいます。

犬からの愛情表現や要求(吠え、飛びつき、甘噛みなど)に対しては

やめてください。

とお願いしているのですから「人間としては当然の表現」も愛犬が不快に感じるのであれば、遠慮してあげなくては不公平ですよね。

お互いに「ここまではいいよね」というラインが作れるといいですね。

4.恐れや不安からの自由

その仔が怖がるものや不安に感じるものを避けてあげたり、少しずつ慣れていけるようにサポートしてあげたいですね。

雷などは避けられないし、どうしても慣れられない仔もいます。

恐れや不安から解放してあげられないとしても

嫌だね。

怖いよね。

と共感してあげて

一緒にいるから大丈夫だよ。

と伝えてあげたいです。

5.動物としての基本的な行動、自然な行動がとれる自由

人の社会は犬にとっては異文化な世界です。

人にとっては当たり前のことでも、犬にとっては当たり前ではないということを頭に置きつつ、しつけという形で人の社会で暮らしていくマナーを教え、周囲に迷惑をかけないよう配慮することが必要です。

家族の一員ではありますが犬は犬なので、愛犬を犬として尊重していく姿勢も大切ですね。

飼い主さんとコミュニケーションを取りたい、甘えたい、お散歩に行きたい、ひとりでのんびりしたいなど(他にもありますが)犬が人に求めるものは、最大限に満たしてあげたいと思っています。

犬が人の社会の中で幸せに暮らしていくためには

  • 犬が幸せであること。
  • 人も幸せであること。
  • 周囲に迷惑をかけないこと。

大きく3つのことを意識していきたいです。

まとめのようなもの

アニマル・ウェルフェア(Animal Welfare)の5つの理念をもとに、犬の幸せについて考えてみました。

10軒の犬と暮らす家庭があれば、10通りの幸せがあると思います。

幸せの形はそれぞれですが、犬の体の状態や心の状態を常に気にかけてあげることで、愛犬にとって今はどうしてあげることが最良なのか、考えることができると思います。

私たちもウェルシーがいつもキラキラ輝いた瞳で私たちを見つめてくれて、穏やかにくつろいで生活できるように心がけていこうと思います。

犬が幸せそうだと、人も幸せな気持ちになりますよね♪

うちのこ、幸せかな?

と思った方はこちらの記事もどうぞ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬が飼い主にマウンティングする理由は愛情表現?
NEXT
犬の金属アレルギーの原因・治療・予防法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. 杉山不二子 より:

    いつも楽しみに遊びに来ています繁殖犬引退のエルザママです。

    沢山の心地良く生活するヒントを頂いています、感謝しています。

    今回のは、エルザが引退して穏やかな生活を日々一緒に過ごすのはどうしたら良いのか、また私たちをこんなに幸せにしてくれるエルザに感謝をしているのですが、
    読んでいて共感出来るなぁと思いメールしました

    本当に毎日エルザのお陰で、何気ない時間が幸せにです
    犬って凄いですね

    これからも宜しくお願いします
    コロナでぎすぎすしていますが
    穏やかに過ごされますよう祈っています

    • gd.vol より:

      杉山不二子さん
      エルザママさん、共感していただけて嬉しいです。
      わんこがいてくれるだけで、何気ない平凡な毎日が彩り豊かに感じられますね。
      コロナでぎすぎすしがちな日々も、犬がそばにいてくれるだけで優しい気持ちになれます。
      日々感謝ですね。

      出産、育児とたくさん頑張ってくれたエルサちゃんとご家族の皆さんが、楽しく穏やかな毎日を過ごされますように。
      こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

関連記事

夜寝るときにケージに入るのを拒否!排泄も拒否する犬

夜、人が寝る前にシオンに最後の排泄をさせるのですが、ちょっと前まで仰向けになって駄々をこねていました

記事を読む

要求吠えを飼い主が誘発している

子犬は自分の気持ちを、吠える、噛むなどの方法でしか表現する方法を知りません。 要求して吠えないこと

記事を読む

「動画」ごはんだよ~!犬が最初に覚える言葉は?

以前の記事にツムギはごはんの時に吠えるなんて書いていますけど、つむたんの名誉のために言います。 今

記事を読む

生後6か月・犬もギャングエイジ?子犬の成長に寄り添っていこう

ギャングエイジとは、小学3年~4年生あたりの子どもに表れる状況です。 今までは家が近いとか、親同士

記事を読む

駄々をこねる犬 おうちに帰りたくないよぉ

犬にも「感情」があるので、人の指示に対して「嫌だ」と思うことがありますよね。 「嫌」の表現の方法は

記事を読む

ハウスなんてやだもん!毎晩駄々をこねる犬

今のところ、わが家に来たパピーはみんな夜寝るときにケージに入るのを拒みます。 人も寝てしまう夜はや

記事を読む

散歩する犬

犬のごはんや散歩の時間は決めた方がいいの?決めない方がいいの?

犬の食餌や散歩の時間は 規則正しい派 バラバラ派 いろいろな人がいるかもしれませんね。 犬のご

記事を読む

犬への指示語は日本語?英語?結論はこうだ!

愛犬に指示を出す時は日本語ですか? それとも英語ですか? 犬にとってはどちらが良いのでしょう?

記事を読む

ペンギンの置物に興味を示す犬

フレンドリー過ぎる犬の気質を長所だと思うことにした

一般にラブラドールやゴールデンなどは、人懐こい仔が多いと思います。 ただでさえ人懐こい犬種なのに、

記事を読む

子犬から大人の犬へ 今が頑張り時

9月1日の眼科検診の日に、イージーウォークハーネスをお借りしました。 ママ、あたしお洒

記事を読む

ねえ、お散歩いいく?
【ドッグライフコート】お手入れ簡単!愛犬が滑りにくいフローリングが実現

住宅の床にはフローリングが使われていることが多いですが、犬にとっては

日向ぼっこする犬
犬は反省する?反省させるよりも褒めて伸ばすことにしています

犬と暮らすうえでは、犬が人社会の中で楽しく暮らせるように、安全に生活

姫の井戸
犬連れ武田神社|勝運にご利益あり!武田信玄公を祀る神社

ウェルシーだよ♪ 山梨県甲府市にある舞鶴城公園に連れて行ってもらった

舞鶴城公園案内板
犬連れ舞鶴城公園(甲府城址)天守台からの眺めを楽しもう

ウェルシーだよ♪ 山梨県甲府市にある舞鶴城公園に連れて行ってもらった

駿河湾
犬連れ三保の松原|松・海・富士山!景色を楽しみながらのんびり歩こう

ウェルシーだよ♪ 羽衣伝説で有名な、静岡県の三保の松原をお散歩してき

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑