生後6か月・犬もギャングエイジ?子犬の成長に寄り添っていこう

公開日: : 第一話 イズモ, 犬育て

ギャングエイジとは、小学3年~4年生あたりの子どもに表れる状況です。

今までは家が近いとか、親同士が仲良しだから、という関係で何となく友達になっていたのが、自分で友達を選んでいくような年代になっていきます。

家族とあまり口をきかなくなったり、親の言うことを素直に聞かなくなったりすることがあります。

幼児から子供へと成長する、子どもにとっては正常な発達段階ですが、親にとっては悪ガキ真っ盛りと感じるお年頃です。

犬的ギャングエイジ?

2013年12月

イズモは生後6か月になりました。

5か月を過ぎた頃から甘噛みはほとんどなくなりました。

要求して吠えるということもほとんどなくなり、吠えたいのを我慢してピーピー鼻を鳴らすことはありましたが、それほどひどいものではありませんでした。

一人でケージの中でくつろいでお留守番も出来るようになりました。

部屋ではトイレも完璧でした。

散歩中は指示が無い時にしてしまうことも多く、まだまだでしたけど。

だんだんお姉ちゃんになってきたなあ・・・

そんな風にホッとすると次の悩みが出てくるものですね。

この頃の子犬は人間の子供でいうと、小学校中学年くらいの感じでしょうか?

イズモも「犬的ギャングエイジ」みたいな感じになってきました。

子供としては一番面白い年齢でもあるのですが(嵐の思春期はまだ少し先ですし)なかなか大変な時期だったりします。

子犬の行動に苛立つ日々

イズモも聞き分けられるようになってきた一方で「自分」というものを意識するようになり、自己主張がでてくるようになりました。

成長してきたなあ、と思うのもつかの間、また違う悩みが出てきます。

5か月を過ぎる頃から散歩の時に引っ張るようになってきましたし、甘噛みしなくなって良かったと思っていると、今度は飛びつくようになりました。

嬉しくて飛びつく以外にも、要求して飛びついたり抗議の飛びつきもありました。

聞こえているけどコマンドを無視するということも出て来ました。

思うようにいかない子犬の態度に苛立つこともありました。

今までとは対応を変える必要があるなあ~。

成長を受け止める

ある日の遊びの出来事です。

イズモ、Down

o0400030013068266664[1]

Good

OK!パパと引っ張りっこしよう!

o0400030013096303195[1]o0400030013096303194[1]

OUT

やだ

o0400030013096303196[1]

コマンドは解っています。

おもちゃを抱え込み抵抗します。

もう少し遊んであげて「OUT」と言うとさっと離したりするんですよね。

この頃のイズモはこちらがダメと思っていることを解っていて、どこまで自分の要求が通るのか量っているようなところがありました。

ダメなのは解っているけど、お散歩のときは引っ張りたいの!

ダメなのは解っているけど、飛びついて気持を表現したいの!

自分の気持ちを主張したいお年頃なので

自分はこうしたいの!

というのを強く言って来るお年頃なのですね。

これも成長の証と思い、一旦「こうしたい」というイズモの気持ちを受け止めるようにしました。

家族の方針の一致と協力が大切

ちょっと反抗的に見える行動も可愛いものです。

可愛いけど、ここは甘やかせてはいけないポイントだと私は思いました。

イズモの主張を受け入れつつも、最終的には人の指示に従うように持って行って褒めて終わりたい。

そう思っていました。

イズモをつい甘やかせる夫と、甘えるのはOKだが甘やかすのはNGと思う私の間に隙間風が流れた時期でもありました。

犬を巡って意見が合わず、言い合うことも出てきました。

家族で対応が大きく違うと、犬は何が正しいのか分からなく混乱したり不安になるので、方針をすり合わせていくように夫婦が努力した日々でもありました。

まとめのようなもの

今まで以上に主体的でありたいという思いが強くなる時期なので、犬の主体性を大切にしてあげる時期だと思いました。

イズモはもう自分自身で考えたり、感じたりっていうことができるんだね。

と受け止めてあげてから、人の提案を促す。

人の指示に従わなくても、頭ごなしに叱ることは反発を招いたり、子犬自身の自信喪失にもつながるので、気を付けて接するように心掛けました。

ギャングエイジから思春期を過ごしていく日々の中でイズモから学ぶことが多く、イズモを育てているつもりになっていましたが、実は私達もイズモに育ててもらっていたのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
4回目のレクチャー
NEXT
癒しのひととき

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. そらら より:

    1. 無題
    そうですね

    日々私達が育てられてると思います。

    うちも生後7ヶ月前ぐらいからかなり手をやきました。

    夫婦でチョコのことで言い合うこともありました(⌒~⌒)

    いまでも時々ありますが、子供のいない我が家には勉強ですね
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    そららさん
    大変なこともありますが、全てが勉強になりますね。

    犬は人の言葉が話せないのに、人をよく観察していて理解しようと努力していますよね。

    私達は人の言葉を話せない代わりに、いろいろな行動でサインを送ってくるイズモの気持を理解する努力をもっとすべきでした。

    反省もありつつ、これからにつなげていきたいです。

    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. そらら より:

    3. 無題
    >gd.volさん
    ワタシも反省することばかりです

    ワタシがもっと…て。きっとチョコも違ったはず…

    もっと勉強しなきゃと思いますが、何を読んだら?誰がいうのがホント?て迷路にハマって抜け出せない毎日でした

    いまもですけど…
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  4. ドラっち より:

    4. こんばんは
    そうそう!子育てと同じで動物からも色んなこと学びますよね。えっ?と思うほど大人の観察をしていて、気を付けなきゃ思ってしまいます。しかし知らぬ間に変なとこが似てきちゃうんですよね(笑)
    http://ameblo.jp/doramotch/

  5. gd.vol より:

    5. Re:無題
    そららさん
    私も訓練士さんの言うようにやってもうまくいかないこともありましたし(やり方が下手だったのかもしれませんが)本を読んでもネットで見ても正反対の事が書いてあることもありましたし迷路でした。

    犬も性格はそれぞれ違うので、自分の仔をよく観察してその仔に合った伝え方を編み出すしかないのでしょうね。

    それもまた、犬と暮らす楽しみかもしれませんね。

    http://ameblo.jp/wan0824/

  6. gd.vol より:

    6. Re:こんばんは
    ドラっちさん
    子供はなぜか親の悪いところが似るって言いますよね(笑)
    犬も飼い主に似るって言いますし。。。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

ストライキ!夜だけはケージで寝るのを嫌がる犬

イズモはハウスが好きな仔で、昼間は部屋で寝ていても本格的に寝るときは自らケージに入って眠る仔でした。

記事を読む

花火や雷を怖がる犬 対策を考えてみた

先日、地元の夏祭りがありました。 小さなお祭りですが、夜店が出たり打ち上げ花火も上がります。

記事を読む

出発

2014年7月26日 いつもと同じ朝がやってきました。 いつもと同じようにイズモにワンツ

記事を読む

人から離れられない子犬に家はくつろげる場所だと教えよう

シオンが家に来て3週間ちょっと。 生活にはだんだん慣れてきたと思いますが、シオンはとっても寂しがり

記事を読む

子犬の社会化~来客~

回想ブログなので、あっという間に時が経ちます。 2014年になりました。 お正月にわが家に来客が

記事を読む

クレートで眠る犬

犬にも個性がある!性格や行動を理解して仲良く暮らそう

富士ハーネスに遊びに行ってきました。 富士ハーネスは、ウェルシーが生まれて生後約2か月までを過ごし、

記事を読む

子犬のいたずらによる誤飲に注意!

やられました。 子犬のいたずら、人の目があるときは油断しやすい 私達が食事をしている時、壁際でシ

記事を読む

伏せる犬

犬は家族の中で誰が一番好き?

愛犬は家族全員に対して同じ態度をとりますか? 家族の中で誰かは犬に好かれていて、誰かは嫌われている

記事を読む

CC犬イズモ

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを

記事を読む

子犬の初めてのお泊りはいつから?

犬との暮らしの中では、犬と一緒に旅行に行きたいと思うこともあるかもしれませんね。 子犬を迎えていつ

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑