お別れ

公開日: : 第一話 イズモ

2014年7月27日

富士ハーネスへ向かって宿を出発しました。

しばらく車で走ると隣で「うっ・・・うっ・・・」と夫のうめき声が・・・。

そして「わ~ん」と言って泣いているじゃないですか!!

こらこら!!危ないから車を停めて。

大丈夫か?パパちゃん。

気持を落ち着けて、再出発です(手間のかかるやっちゃな~)

無事に富士ハーネスに着きました。

 

13時からパピーウォーキング修了式が始まりました。

センター長からのお話や、入所後の犬たちの生活について、訓練についてなどの説明がありました。

そして各パピーウォーカーから一言。

みなさんのパピーへの愛情がひしひしと伝わってきます。

o0400030013149029223[1]

いつもの場所で、レクチャーだと思っていたらしいイズモは、人間の話ばかりなので退屈になって寝てしまいました。

兄弟姉妹犬も、ほとんどみんな伏せたり寝たりしていました。

退屈だもんね。

o0400030013149029222[1]

センター長さんから家族ごとに「パピーウォーキング修了証」をいただきました。

o0400030013149029221[1]

式が終わると外へ出て、訓練士さんが1頭1頭にそれぞれハーネスを着けてくれました。

今日から「訓練犬イズモ」になりました。

o0400030013149030536[1]

パパちゃん、ハーネスの持ち手を上げてくれれば良かったね。

ハーネスがイズモと保護色になっちゃった。

かっこいいね。

イズモ。

と言おうと思ったら、イズモさん!

この感動の場面で何くつろいでいるんですか!!

o0400030013149062240[1]

訓練士さんが集合写真、それから家族ごとに写真を撮ってくれました。

パピーウォーカーは、自分が育てたパピーがもし盲導犬になっても、ハーネスを着けてお仕事をしている姿を見ることはなかなか出来ないことなので、協会の配慮がとても嬉しかったです。

o0400030013149030537[1]

イズモ、最高の笑顔で最高にかっこいいよ。

パパとママへの一番のプレゼントだね。

写真撮影も終わり部屋へ戻ると、いよいよ訓練士さんの手でリードとカラーが外され、訓練センターのものに付け替えられます。

わが家のイズモが、日本盲導犬協会のイズモに戻った瞬間です。

訓練士さんは

長い間大切に育ててくださり、ありがとうございました。

と言ってくださいました。

犬育て初心者の私達が、無事にこの日を迎えることができたのは、訓練士さんのサポートのお蔭です。

本当に楽しい時間をいただけたことを感謝しています。

初めてのことに挑戦し、ひとつ自信にもなりました。

o0400030013149030538[1]

最後に母犬のアリスちゃんに甘えるイズモ。

おか~たん!

イズモ、もうパピーじゃないんだよ。

o0400030013149031833[1]

では、お預かりします。

と訓練士さんが言い

イズモ

と声をかけるとイズモは訓練士さんを見上げ、訓練士さんと一緒にさっと歩きはじめました。

もう、こちらは見ません。

o0400030013149031832[1]

前だけを見て、尻尾をピンと立てて、堂々とした足取りでしっかりと歩いて行きます。

o0400030013149040300[1]

母犬アリス

イズモ、元気でね。

o0400030013149040301[1]

父犬ラルゴ

みんな元気でな。

o0400030013149031831[1]

スタッフの皆さんに拍手で見送られて行きます。

イズモ・・・。

行っちゃう・・・。

o0400030013149032485[1]

建物を出て犬舎に向かう途中で、イズモは一度だけ振り向きました。

距離もありましたし、犬の視力で私達の顔を判別できたとは思いませんが

パパ、ママ、あたしは大丈夫よ。

そう言ってくれたように感じました。

残念ながら振り向いた時の写真はありません。

やはり自分の目で見てしまうんですよね。

イズモ~!!

呼びたくなるのを我慢して、見えなくなるまで見送りました。

それが訓練士さんとイズモへの礼儀だから。

イズモ・・・行っちゃったね。

あなたの笑顔が最高だったから、パパとママも最高の笑顔で見送れたよ。

あなたの門出の日だもんね。

でも

帰りの車の中で、私はちょっとだけ泣きました。

だって

がらんとしたトランクルームが、あまりにも広すぎるから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
出発
NEXT
キャリアチェンジ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. イザベルマミー より:

    1. はぁ・・・
    最初のパパのくだりは大爆笑でした。ごめんなさい。パパさんのキャラを知っているので、絶対にそうだと思っていました。
    ・・・という私も全くパパさんとキャラ一緒なのでおいおい泣いていましたけど(笑)

    落ち着いてこうやってみると、
    あー、イズモはSさんが連れて行ったんだーと気付いた私。
    犬によって連れて行く人が決まっていたんですね。
    イザベルはTさんでした。
    リードを渡す瞬間は辛かったなぁ・・

    私は名前を呼びました。。。というのも、
    以前訓練士さんが、PWさんが最後に名前を読んでも何故か降りむかないんですと
    おっしゃっていて、
    それが本当か??と思ったからというのもあり
    イザベルーと呼びましたが

    振り向かなかったですね。やっぱり。

    我が家にくるステイちゃんにはそういうこと絶対にしないけど、パピーはやっぱり関わり方が違うので、最後に名前を呼ぶPWさんも多い見たいですね。
    でも、みんななんで振り向かない??と思ったら、
    イズモ、よんでないのにちら見したんですね~。イズモらしい♪

    PWって本当に本当に奥が深く、そして楽しく寂しい、だけど素敵な経験ですよね。
    またやりたいと思えるのは、やっぱり協会の方々が素晴らしいからなんだと思います。

    私もまた育ててみたいなーと思っています。
    今度はもっと上手に出来るかな?と思ったり。(そんなことなく、やっぱり悪戦苦闘しそうですけど)

    イズモパパママとも仲良くして頂いて、本当に楽しいPWでした。ありがとうございます。
    また一緒にやりたいです~!!

    http://wankoiiko.exblog.jp/

  2. ドラっち より:

    2. 頑張ったね!
    そりゃパパも
    泣くわなぁ
    今まで色んなことと格闘
    し大切に育てたこと
    パパとママに
    拍手したいです

    何だか~
    あっという間でしたね。
    今思うと私ももっと
    触れておけば……(笑)
    なんて思いました。

    息子には毎度
    イズモちゃんの
    写真を見せてるんですよ。覚えてるから
    喜びますよ
    http://ameblo.jp/doramotch/

  3. スピカ より:

    3. ありがとうございます。
    イズモちゃん、イズモママ、イズモパパに
    心からの感謝を伝えたいです。

    ランボーロッキーの犬育ての、大きな心の糧になると思っています。

    ずっとずっと前から興味があったパピーウォーカーというボランティア。ブログで、という出逢いがあり、盲導犬のこと、パピーウォーカーのことを少しでも知ることができたかな。

    春が来て、あたたかくなったら、ロッキーランボー家族みんなで、富士ハーネスに見学に行きます。(*^_^*)

    イズモパパがうわーんと泣いちゃったの、読んでいて私まで泣いてしまいました、それもオイオイと…おいおい(-_-;)

    違う別れですが、先代犬が天国に行く瞬間大声で泣いたことを覚えています。

    でも、その時だけ。すっきりと晴れ晴れとした気持ちで見送ったのもよい思い出です。

    犬育て経験者、初心者ということに関係なく、必然的な出逢いではないかな、導かれているのではないかな、そう思えてなりません。
    思わぬことで、とか偶然じゃなく、必然なんだと思いました。(*^_^*)
    イズモちゃん、きっと日々楽しく元気に過ごしていますね!
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  4. くるみ より:

    4. 無題
    パパさん、ママさん
    なんと言ったらいいか…最初からパパさんの気持ちを思うと読みながら泣いてしまいました。

    イズモはきっと最後に振り向いた時、パパとママにありがとう。幸せだったよ…と伝えたかったのだと思います。

    涙が止まらなくて…
    胸がいっぱいです
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  5. インディーPW より:

    5. 無題
    パパさんやはり泣いていたんですね。

    レクチャーでの接し方、ブログを見ていると父と娘のようでしたから・・・

    可愛いイズモ目に入れても痛くない程愛しちゃったんですね♥

    パピーウォーカーは視覚障害者を支援する為のボランティアで仔犬の里親ボランティアではないと分かっていてもやはり別れは寂しいですね。

    私、記念写真撮影の後インディーを抱きしめた時泣いちゃいました。

    イズモ パパさん ママさんお疲れ様でした。
    またお会いしたいです。

    http://ameblo.jp/ichandog/

  6. gd.vol より:

    6. Re:はぁ・・・
    イザベルマミーさん
    夫は式が始まったら吹っ切れたそうです。
    写真は全て夫が撮ってくれました。

    イズモは感受性が強い仔なので、名前を呼ぶのはちょっと・・・。
    振り向かせたいとも思いませんでしたしね。
    パピーウォーカーさんがその仔の個性を一番よく解っているので
    そのおうちらしく見送ればいいと思いますよ。

    イズモはチラ見ではなく、一度だけしっかり振り向きました。
    振り向いたのはイズモらしいですか?
    イズモも協会っ仔らしく振り向かないと思ったんですけど、なぜか振り向いてしまいました。

    本当に楽しかったですね。
    イザベル家とも楽しい時間を過ごせました。
    いいご縁でしね。ありがとうございます。
    またお会いしましょう。

    http://ameblo.jp/wan0824/

  7. gd.vol より:

    7. Re:頑張ったね!
    ドラっちさん
    他人の子が大きくなるのは早いです(笑)

    お別れは寂しさもありますが、達成感も格別です。
    夫は行くとき、私は帰りに少し泣きましたがそれきりです。
    やり遂げた満足感で心は青空なんですよ~。

    子育てよりは格段に短いですが、良い経験になりました。
    イズモを可愛がってくれてありがとうございました。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  8. gd.vol より:

    8. Re:ありがとうございます。
    スピカさん
    こちらこそありがとうございます。
    ここにスピカさんと良いご縁を結ぶことができて感謝しています。
    これも導かれているのかもしれませんね。

    わが家がパピーウォーカーを再開するのは年度明け以降になると思います。
    2頭目の余裕で?リアルタイムでブログが書けたらいいのですが・・・。
    またお付き合いくださいね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  9. gd.vol より:

    9. Re:無題
    くるみさん
    イズモは「ありがとう」と伝えてくれたのかもしれませんね。

    お別れは寂しいですが、イズモは同じ空の下で元気に暮らしているので悲しくはありませんよ。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  10. gd.vol より:

    10. Re:無題
    インディーPWさん
    パパさん!ここでも泣いただろうとバレていますね。
    そうです。あれを溺愛と言わずして何と言いましょう!!
    でもね、それがあるからみんな人が好きで人を信頼する仔に育つんですよね。

    毎回のレクチャー、楽しかったです。
    インディー家とも良いご縁をいただきありがとうございました。
    またお会いしましょう。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  11. ぢゃい より:

    11. 号泣しちゃいますよぉ
    イズモパパさんの気持ち、わかります。
    私は入所式後に家に入る時、彼女のいないことがおしよせ大号泣しました。
    我が家も、人生初の犬と一緒に暮らす生活がパピーウォーカーで、はじめは反対していたおとうもすぐに、とりこになり入所式帰宅後、つまんないとつぶやいたほどです。

    経験したからこそ共感できること、たくさんありました。今回のコメントの中にパピーの里親ボランティアではないという言葉に、意識を整えさせていただいた気がします。
    頭でわかっても心が落ち着くまでは今しばらく、彼女の余韻にひたりたいと思います。

    残念ながら、ブログはやってないんです…読者専門で…
    次回のパピーウォーカーブログ、楽しみに待ってますねぇ

  12. カノンのPWです♪ より:

    12. 爽やかな…☆
    今日一日*何度も何度も 読み返し… その度に 同じように涙が溢れ… 胸がぐっと熱くなっていました☆

    でも*不思議に 爽やかな気持ちを感じています(*´∇`*)

    いつかの ママ様の日記にあったでしょうか…

    寂しいけれど 悲しくはないと…★ 私も いつも同じように感じていました。

    それは*これから先 イズモちゃんには 必ず幸せになれる道があると 信じて 送り出せるからではないでしょうか。

    いつか もう一度逢えるその日まで 元気でね…イズモちゃん♪

    いつでも 何処にいても イズモちゃんの幸せを祈っていますね☆

    ママ様 パパ様 blogを通して温かいお人柄を感じていました~(´∇`)

    私は 神奈川所属ですが 同じPWとして とても尊敬します☆

    是非*またパピーちゃんをお迎えになって下さいね m(__)m

    そして ご縁がありましたら いつか お逢いしてみたいなぁ と感じています♪

  13. gd.vol より:

    13. Re:号泣しちゃいますよぉ
    ぢゃいさん
    パピーウォーカーをやってみて初めて知る気持ちがありましたよね。

    「パピーの里親ボランティアではない」
    理性と感情のかい離に心が揺れるところですよね。

    パピーがいたからこそ出会えた自分の心を大切に、お互いに余韻に浸りましょうね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  14. gd.vol より:

    14. Re:爽やかな…☆
    カノンのPWさん
    ご縁がありましたね!!
    お会いできて嬉しかったです。
    いただくコメントから想像していた通りの、優しく温かく素敵な方でした。

    カノンちゃんは、富士山のふもとで楽しく訓練をしています。

    毎日楽しく幸せに・・・
    それだけを願いますよね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  15. イーリィの父 より:

    15. ご入所おめでとうございます!
    やっぱりイズモちゃんのいないトランクルームは広すぎましたか。
    そのかわり、ぽっかり感でいっぱいだったろうと思います。

    イズモちゃんの高々と上がったしっぽが、元気いっぱいなのが印象的です。
    きっと、そのしっぽの通り、楽しく元気に訓練中だと思います。

    とにかく、パピーウォーキングお疲れさまでした。
    そして、ご入所おめでとうございます!

  16. gd.vol より:

    16. Re:ご入所おめでとうございます!
    イーリィの父さん
    きゃはは!!
    うまいこと言いますね!!

    ぽっかり感を脱して、ブログの中に思い出を全部詰め込みました。
    おパンパンです!
    http://ameblo.jp/wan0824/

  17. MakeTube より:

    17. また訪問させて頂きました☆
    初コメント失礼します☆ついつい購読させて頂きました☆これから更新楽しみに待ってます(・ω<)* 私のBLOGは、メイク動画を中心に毎日記事をアップします!!! ぜひ遊びに来てね~!!!!
    http://ameblo.jp/maketube143/

関連記事

写真館にて

ただの親バカの記録です。 興味のある方だけご覧になって笑ってくださいね。  

記事を読む

キャリアチェンジ

私達を笑わせて楽しませてくれた盲導犬候補パピーのイズモが、この夏私達の元を巣立ってから3か月後、TP

記事を読む

パピーウォーカー 育てたパピーと久しぶりの再会 キャンドルナイトのサプライズ

キャンドルナイト2日目。 PR犬アッサム君の卒業式に参加した後、ラウンジでランチをいただいてい

記事を読む

お散歩 引っ張りたいの!

2013年11月 お散歩デビューした頃のイズモは順調に歩いてくれました。 落ちているもの

記事を読む

お散歩 横断歩道を渡ろう

2013年12月 ママ~パパとお散歩に行ってきま~す。 今日も元気なイズモ耳。 絶

記事を読む

ようこそイズモ

2013年8月24日 盲導犬の候補犬パピーの委託式でした。 今回は兄弟犬7頭なので、それ

記事を読む

出発

2014年7月26日 いつもと同じ朝がやってきました。 いつもと同じようにイズモにワンツ

記事を読む

ピンポンハウス

イズモがお散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまった生後8か月頃。 その頃から来客に向かっ

記事を読む

小さな猛獣

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く

記事を読む

要求お手

犬が吠える理由の一つに要求吠えがありますね。 ごはん~ ケージから出して~ お散歩

記事を読む

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえマ

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑