そういう仔だったのね!

2回目のレクチャーのとき、ただひとり「OUT」のコマンドでおもちゃを離すことができなかったイズモ。

他の仔がプレーしている間に、訓練士さんが個別レッスン(?)してくれました。

訓練士さんが「OUT」と言ったって、おもちゃを離さないです。

手で口を開けさせられて、離した瞬間に「OUT」

次は

ゼッテー取られないぜ!

と言わんばかりに、おもちゃをぎゅーっとかみしめています。

OUT

やだ!

次の瞬間

あ!

離した。

すご~い!

なんで~!!

鼻に息をフーっと吹きかけると、びっくりして離すんですよ。

え~!!訓練士さん!それって裏ワザですか。

もっと早く教えてよ!!

イズモがおもちゃを離した瞬間に「OUT」と言って、「OUT」はおもちゃを離すことだよと、根気よく教えていってください。

そう言われてもですね・・・意地になって噛みしめちゃうんですよね。

フーっですね。

やってみます。

o0400030013062172430[1]

うわさの?「イズモ耳」

耳がぴょんと横に開くんですよね。

 

レクチャーの翌日、奇跡が起こりました(←おおげさな!)

いつものように、イズモとおもちゃで遊んでいて「OUT」

左手はイズモの口を開けさせられるように構えました。

ところがイズモは、おもちゃをふっと離しました。

うそ?なんで~?

びっくりしたので、褒め忘れてしまいました。

そして次も、その次も「OUT」のコマンドでサッとおもちゃを離すではないですか!

すご~い!

イズモGood~!!

他の仔にとっては難なくできたことなのでしょうが、時間がかかっただけにとても嬉しかったです。

この頃のイズモは、まだ分離不安の状態が続いていましたが、おもちゃの「OUT」ができるようになったことで、私達とコミュニケーションを取って遊べるように進歩してきました。

それは、分離不安の軽減へつながったと思います。

パピーウォーカーのお仕事として、月に一度「パピーウォーカーの報告書」というレポートを提出します。

レポートを提出すると、それを読んだ訓練士さんが電話をかけてくださり、状況を確認したりアドバイスをしてくれて、パピーウォーキングをサポートしてくださいます。

もちろん私は、喜び全開で

おもちゃのOUTが(コマンドで)できるようになりました。

と書きました。

訓練士さんも電話で

良かったですね。

と言ってくださったので

レクチャーの次の日から急に出来るようになりました。

レクチャーの時に周りの兄弟たちを見て

やばっ!出来ないのあたしだけじゃん、これって恥ずかしいかも!

とでも思ったんですかね?

と冗談で言ったら、訓練士さんも笑いながら

それはあるかも~。

犬も周りの犬を見て、それを模倣するということもあるんですよ。

と言いました。

そうか!!イズモ!

キミはそういう仔だったのね。

この性格は、成長するにつれ周りの状況を見て「今はどうしたらいいのか考えて行動する」というように発展しました。

o0400030013063106134[1]

ママちゃ~ん。

あたしは、やれば出来る子ちゃんなんよ~。

これからどんどん進化するよ。

楽しみにしててね~。

関連記事→アウト・オッケー おもちゃで遊ぼう

関連記事→分離不安症~ビターアップル事件~

きっと、おもちゃのOUTにここまでかかる仔は滅多にいないのでしょう。

訓練士さんには、次のレクチャーでも、その次のレクチャーでも、その次の次のレクチャーでも

OUTが上手になりましたね。

と言われてしまいました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
2回目のレクチャー
NEXT
ごめんねイズモ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

お散歩デビュー

2回目のワクチン接種が終わって10日経った9月14日、アスファルトの上のみですが、お散歩が解禁になり

記事を読む

日課

あたしの日課はママと一緒にパパのお見送り。 パパ・・・。 お仕事に行っちゃうんで

記事を読む

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカーさんに委託されます。 ち

記事を読む

イライラするのはなぜ?

最近のシオン、あまりご機嫌が良くないです。 特に散歩のときが落ち着きがなくて、ちょっとした刺激

記事を読む

ねんね しつけ番外編

盲導犬のコマンドに「ねんね」などというものはありません(念のため) これは偶然覚えてしまったも

記事を読む

ちょっと怖いな 激しい雨と風の音

シオぴ~地方に台風がやってきました。 何しろ、8月の平均雨量以上の雨の量が1日で降りましたから

記事を読む

真夜中のツー事件

2013年11月 秋も深まる11月8日未明。 イズモのケージでカタカタという音が・・・

記事を読む

しつけ Wait 待て

今日は Wait 待て です。 「待て」が出来るようになると、生活のいろいろなシーンでラクです

記事を読む

正しい犬の叱り方? 犬に「あかんやろ~!」を伝えるのは難しい

古靴下を丸めて作ったおもちゃは齧っても、うっかり出しっぱなしにしたパパの靴下は齧らない。 ぬい

記事を読む

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑