他犬の模倣(マネ)をして学習する子犬

公開日: : 第一話 イズモ, 子犬との遊び方

私の教え方が下手だったため、なかなかおもちゃのアウトが覚えられなかったイズモですが、兄弟犬のマネをして、あっさりできるようになったお話です。

犬も模倣して覚える?

2回目のレクチャーのとき、ただひとり「OUT」のコマンドでおもちゃを離すことができなかったイズモ。

個別レッスンを受ける

他の仔がプレーしている間に、訓練士さんが個別レッスンをしてくれました。

訓練士さんが「OUT」と言ったって、おもちゃを離さないです。

手で口を開けさせられて、離した瞬間に「OUT」

次は

ゼッテー取られないぜ!

と言わんばかりに、おもちゃをぎゅーっとかみしめています。

OUT

やだ!

次の瞬間

あ!

離した。

すご~い!

なんで~!!

鼻に息をフーっと吹きかけると、びっくりして離すんですよ。

え~!!

訓練士さん!

それって裏ワザですか。

もっと早く教えてよ!!

イズモがおもちゃを離した瞬間に「OUT」と言って、「OUT」はおもちゃを離すことだよと、根気よく教えていってください。

そう言われてもですね・・・意地になって噛みしめちゃうんですよね。

フーっですね。

やってみます。

子犬

うわさの?「イズモ耳」

耳がぴょんと横に開くんですよね。

うそ?こんなにアッサリできるなんて!

レクチャーの翌日、奇跡が起こりました(←おおげさな!)

いつものように、イズモとおもちゃで遊んでいて「OUT」

左手はイズモの口を開けさせられるように構えました。

ところがイズモは、おもちゃをふっと離しました。

うそ?

なんで~?

びっくりしたので、褒め忘れてしまいました。

そして次も、その次も「OUT」のコマンドでサッとおもちゃを離すではないですか!

すご~い!

イズモGood~!!

他の仔にとっては難なくできたことなのでしょうが、時間がかかっただけにとても嬉しかったです。

この頃のイズモは、まだ分離不安の状態が続いていましたが、おもちゃの「OUT」ができるようになったことで、私達とコミュニケーションを取って遊べるように進歩してきました。

それは、分離不安の軽減へつながったと思います。

関連記事→分離不安症~ビターアップル事件~

褒められる兄弟のマネをしたらしい

パピーウォーカーのお仕事として、月に一度「パピーウォーカーの報告書」というレポートを提出します。

レポートを提出すると、それを読んだ訓練士さんが電話をかけてくださり、状況を確認したりアドバイスをしてくれて、パピーウォーキングをサポートしてくださいます。

もちろん私は、喜び全開で

おもちゃのOUTが(コマンドで)できるようになりました。

と書きました。

訓練士さんも電話で

良かったですね。

と言ってくださったので

レクチャーの次の日から急に出来るようになりました。

レクチャーの時に周りの兄弟たちを見て

やばっ!

出来ないのあたしだけじゃん、これって恥ずかしいかも!

とでも思ったんですかね?

と冗談で言ったら、訓練士さんも笑いながら

それはあるかも~。

犬も周りの犬を見て、それを模倣するということもあるんですよ。

と言いました。

そうか!!

イズモ!

キミはそういう仔だったのね。

その後も

落ち着いて伏せていて褒められる先輩パピーを見て、自分も落ち着いて伏せる。

他のパピーの様子を見て「もってこい」を覚える。

など、何回か模倣学習と思われるものが見られました。

そして、成長するにつれ周りの状況を見て「今はどうしたらいいのか考えて行動する」というように発展しました。

座る子犬

ママちゃ~ん。

あたしは、やれば出来る子ちゃんなんよ~。

これからどんどん進化するよ。

楽しみにしててね~。

きっと、おもちゃのOUTにここまでかかる仔は滅多にいないのでしょう。

訓練士さんには、次のレクチャーでも、その次のレクチャーでも、その次の次のレクチャーでも

OUTが上手になりましたね。

と言われてしまいました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
2回目のレクチャー
NEXT
子犬の下痢と嘔吐 ごめんねイズモ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

8回目のレクチャー

2014年4月20日 8回目のレクチャーでした。 今回はイズモ達の母犬アリスちゃん一家も参加してく

記事を読む

サッカーボールをくわえる犬

ゴープロで走りまわる犬を撮ってみました

みなさん 明けましておめでとう♪ ウェルシーだよ♪ みんな、お正月を楽しんでいる? あたしは

記事を読む

お散歩は引っ張らないで歩こう!引っ張り改善の対策

イズモは、生後5か月頃からお散歩の引っ張りが目立つようになりました。 この記事は2014年1月(生

記事を読む

4回目のレクチャー

2013年12月15日 河口湖を後にしてレクチャーに出席するため富士ハーネスに向かいました。 イズモ

記事を読む

犬に芸を教えてみた!お手ができるならハイタッチもできる?

生後7か月、1月の終わり頃、訓練士さんが家庭訪問に来てくれました。 イズモは訓練士さんに「遊ぼう、

記事を読む

盲導犬パピー入所間近!パピーウォーカー最後のあれこれ

2014年7月中旬。 イズモの入所があと2週間後に迫りました。 入所前の医療やお手入れなど シャン

記事を読む

3回目のレクチャー

2013年11月 17日は3回目のレクチャーでした。 この日は5か月ほど年上のB12胎のお兄さん

記事を読む

犬が頭を使って遊べる室内遊び|おもちゃ探しゲーム

わが家に来るパピーは、みんなやらされるゲーム。 それは おもちゃ探しゲーム! シオンもルールを

記事を読む

眠り

2014年7月24日の夜 イズモの寝姿があまりにも可愛かったので写真を撮ってみました。

記事を読む

ボールを咥えて座り込む子犬

反抗期かな?コマンドを無視する子犬

生後6か月を過ぎた頃からでしょうか? ふと気づくと、イズモはコマンドを無視することがありました。

記事を読む

散歩する犬
盲導犬は信号が分からない!交差点を渡るのは大変なのです

ウェルシーは、交差点では自分の前を横方向に通過する車があると、交差点

コスモスと犬
犬が吠えるのは迷惑?飼い主の考え方を変えれば犬も人も楽になる

犬の祖先は狼と考えられています。 人が狼を家畜化(馴化)し、生まれて

散歩する犬
愛犬との別れを考えてみた!元パピーウォーカーの私が家庭犬の飼い主さんに思うこと

私たちは2013年にパピーウォーカーになりました。 そして4頭のパピ

花手水11
犬連れ行田花手水Week|街中に映える美しすぎる花たち

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の行田市(ぎょうだし)で、色とりどりの花手水

あじさいと犬
飼主に従わない!自己主張が強い子犬のしつけに悩んでいます

私の知り合いで愛犬の自己主張が強くて困っているという人がいます。

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑