犬の金属アレルギーの原因・治療・予防法

公開日: : 健康管理

知り合いのラブラドゥードゥルちゃんは、首の周りの毛が赤っぽくなっていました。

毛だけではなく、皮膚も赤くなり湿疹もできてしまい、金属アレルギーと診断されました。

その飼い主さんの友人のわんこは、口の周りが赤くなり湿疹もできて、やはり金属アレルギーと診断されたそうです。

犬にも金属アレルギーは起こる

私は金属によるアレルギーが犬にも起こることを初めて知りました。

そこで、犬の金属アレルギーについて調べてみました。

座る犬

犬の金属アレルギーの原因

ラブラドゥードゥルちゃんは、チェーンのついたカラーを使っていました。

カラーの金属の部分と皮膚との接触がアレルギーの原因、と飼い主さんは言っていました。

ハーフチェーンカラー

ウェルシーも協会のご指導のもと、ハーフチェーンカラーを使っています。

犬の身近にあるもので金属を使っているのものは主に、ステンレス製の食器、カラー、ハーネスなどの留め具金具です。

また、サークルやケージに使われている金属に反応することもあります。

金属アレルギーは、金や銀、チタンやジルコニウムなどの純度の高い金属では発生しにくく、合金やメッキ加工のもので引き起こしやすいです。

犬のカラーなどの留め具やDカン、チェーンなどは、錆び防止のためにメッキ加工をしてあることが多いので、犬のグッズは比較的金属アレルギーを起こしやすいものになります。

金属アレルギーは、金属から溶け出した「金属イオン」が皮膚などのたんぱく質と結合するとアレルゲンへ変化し、アレルギーが引き起こされます。

金属アレルギーの症状

犬が金属アレルギーを起こした場合はどんな症状が出るのでしょうか?

1.痒み

原因がカラーなら首の周り、食器であれば口の周り、などというように金属と接した部分に痒みが起こります。

2.湿疹

皮膚がアレルギー物質(金属イオン)に触れることによって炎症を起こし、湿疹ができます。

3.脱毛

皮膚が痒いので、犬はかきむしったり舐め壊したりして脱毛が起こります。

4.目やに、涙

目の周りに炎症が起こると、目やにや涙という症状が現れることもあります。

掻くことによって目の周りをひっかいてしまうと、結膜炎や角膜炎などを引き起こすこともあります。

5.外耳炎

耳の周囲に炎症が起こると、犬は耳のあたりをしきりに掻いたり、ブルブルと頭を振ったりします。

掻いたことで傷になったり、耳血腫を起こすこともあります。

耳介の皮膚と軟骨の間に内出血が起こり、腫れてしまうこともあります。

6.脂漏症

アレルギー症状が長引くと、皮膚がベタベタと脂っぽくなる、皮膚の角質化、フケの増加などが見られる「脂漏症」になることがあります。

皮膚の新陳代謝異常やホルモン分泌以上を起こすことにより、引き起こされる症状です。

7.その他

皮膚に金属が接触するだけではなく、何らかの理由でアレルゲンを体内に取り込んでしまった場合には、下痢や嘔吐が起こる場合もあり、気管支に炎症が起きて呼吸困難になることもあります。

金属アレルギーの治療

犬の皮膚のトラブルにはアレルギー以外にも様々な原因があり、素人が判断するのは難しいので、皮膚トラブルを見つけたら動物病院へ行くことが大切です。

金属アレルギーの治療としては、外用薬、薬用シャンプーなどがありますが、獣医さんの指示に従いましょう。

金属アレルギーを予防するには

アレルギーは食べ物だったり、花粉やハウスダストだったり、金属だったり、様々な物が原因で起こりますね。

特徴としては、かゆみや湿疹など皮膚のトラブルです。

犬は皮膚が毛に覆われているので気付きにくいため、犬が痒がっていないかなど、日々犬の様子を観察することが大切です。

初期の段階で動物病院に連れて行けば、ひどくなる前に適切な処置や指導を受けることができます。

金属アレルギーであることが分かったら、カラーや食器など、犬の身の回りから金属を遠ざけます。

フードを食べる犬

ウェルシーの食器はメラミン樹脂です。

割れるということに気をつければ陶器もいいですね。

プラスチックは傷になりやすいので衛生面でいまいちです。

日々の生活では

同じ金属に触れても、アレルギーを起こす犬も起こさない犬もいるので、なかなか予防は難しいのですが、普段の生活の中で免疫力を高めたり、皮膚のバリア機能を強化する取り組みすることが予防につながると言われています。

定期的なシャンプー、ブラッシング、適度な日光浴などを心掛け、日頃から皮膚の状態を気にかけ清潔を保ちます。

その仔に合った食餌の内容、日々のお散歩、生活リズムを整えることによって免疫機能が高まると言われています。

まとめのようなもの

金属アレルギーを起こした犬の症状は、痒み、湿疹、脱毛、脂漏症、嘔吐下痢、呼吸困難などがあります。

治療には薬剤や薬用シャンプーが用いられますが、治療には根気が必要で、治療も長期化しがちです。

犬の様子を日々気にかけ、皮膚トラブルを早く発見すること、甘く見ず早い段階で獣医さんの診断を受けることが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
うちの犬は幸せなのだろうか?と思ったら見直す5つのこと
NEXT
成犬のしつけは犬と仲良く暮らすことを目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

甘える犬

メス犬が発情出血の後に少量の出血!考えられる病気と対策は?

ウェルシーは、6月中旬から7月上旬にかけてシーズンが来ていました。 日本盲導犬協会ではメス犬のシー

記事を読む

立ち止まる犬

犬の足腰が弱くなる原因と足腰の鍛え方

この記事を書いている2020年8月は、ウェルシーは3歳4か月です。 子犬から成犬になりましたが、

記事を読む

梅雨時の犬の下痢や嘔吐と皮膚トラブルを予防しよう

シオン地方も梅雨入りしたらしいです。 梅雨入りして1週間くらい経ちますが、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

3回目のワクチン接種 耳のトラブルも気を付けてね

7月16日に3回目のワクチン接種のために動物病院に行ってきました。 本格的なお散歩がはじまるよ

記事を読む

目薬を入れる子犬

犬の目やにの色と病気のサイン

目やにの有無は飼い主さんが気付きやすい変化です。 しかし、目やにが出ていても必ずしも病気とは限りま

記事を読む

お手入れ苦手を克服できるかな?

ウェルシーはお手入れが全般に苦手です。 唯一得意(?)なのがシャンプーです。 水が好きな

記事を読む

泳ぐ犬

水遊びが好きな犬は水中毒に注意!最悪命を落とす

これからの季節、わんことの水遊びを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか? ウェルシーも泳げ

記事を読む

車内の犬

大型犬にできやすい「肘タコ」予防サポーターを女性用靴下で作ってみた

大型犬の飼い主の皆さん、愛犬の肘の部分に「タコ」ができたりしませんか? 肘タコは大型犬に多く、中型

記事を読む

犬の伸び「後ろ足編」

いつの頃からこうなったのか覚えていないのですが、イズモが腰と後足を伸ばす時の後足の恰好が面白いんです

記事を読む

朝散歩

ツムギの咳は、悪化もしない代わりに抜けきりません。 治りそうで治らない日々が続き、嫌な感じです

記事を読む

車内の犬
大型犬にできやすい「肘タコ」予防サポーターを女性用靴下で作ってみた

大型犬の飼い主の皆さん、愛犬の肘の部分に「タコ」ができたりしませんか

箱根神社本殿
犬連れ箱根|箱根神社は開運のパワースポット!お参りして運気を上げよう

ウェルシーだよ♪ 9月の下旬に、箱根に遊びに行ってきたよ。 箱根と言

大涌谷案内板
犬連れ箱根|大涌谷の大地獄は霧に阻まれ

ウェルシーだよ♪ 9月の下旬に、箱根に遊びに行ってきたよ。 箱根と言

鳥居
犬連れ箱根|駒形神社

ウェルシーだよ♪ 9月の下旬に、箱根に遊びに行ってきたよ。 箱根と言

箱根関所
犬連れ箱根|江戸時代の建物を復元!箱根関所を見に行こう

ウェルシーだよ♪ 9月の下旬に、箱根に遊びに行ってきたよ。 箱根と言

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑