犬の金属アレルギーの原因・治療・予防法

公開日: : 健康管理

知り合いのラブラドゥードゥルちゃんは、首の周りの毛が赤っぽくなっていました。

毛だけではなく、皮膚も赤くなり湿疹もできてしまい、金属アレルギーと診断されました。

その飼い主さんの友人のわんこは、口の周りが赤くなり湿疹もできて、やはり金属アレルギーと診断されたそうです。

犬にも金属アレルギーは起こる

私は金属によるアレルギーが犬にも起こることを初めて知りました。

そこで、犬の金属アレルギーについて調べてみました。

座る犬

犬の金属アレルギーの原因

ラブラドゥードゥルちゃんは、チェーンのついたカラーを使っていました。

カラーの金属の部分と皮膚との接触がアレルギーの原因、と飼い主さんは言っていました。

ハーフチェーンカラー

ウェルシーも協会のご指導のもと、ハーフチェーンカラーを使っています。

犬の身近にあるもので金属を使っているのものは主に、ステンレス製の食器、カラー、ハーネスなどの留め具金具です。

また、サークルやケージに使われている金属に反応することもあります。

金属アレルギーは、金や銀、チタンやジルコニウムなどの純度の高い金属では発生しにくく、合金やメッキ加工のもので引き起こしやすいです。

犬のカラーなどの留め具やDカン、チェーンなどは、錆び防止のためにメッキ加工をしてあることが多いので、犬のグッズは比較的金属アレルギーを起こしやすいものになります。

金属アレルギーは、金属から溶け出した「金属イオン」が皮膚などのたんぱく質と結合するとアレルゲンへ変化し、アレルギーが引き起こされます。

金属アレルギーの症状

犬が金属アレルギーを起こした場合はどんな症状が出るのでしょうか?

1.痒み

原因がカラーなら首の周り、食器であれば口の周り、などというように金属と接した部分に痒みが起こります。

2.湿疹

皮膚がアレルギー物質(金属イオン)に触れることによって炎症を起こし、湿疹ができます。

3.脱毛

皮膚が痒いので、犬はかきむしったり舐め壊したりして脱毛が起こります。

4.目やに、涙

目の周りに炎症が起こると、目やにや涙という症状が現れることもあります。

掻くことによって目の周りをひっかいてしまうと、結膜炎や角膜炎などを引き起こすこともあります。

5.外耳炎

耳の周囲に炎症が起こると、犬は耳のあたりをしきりに掻いたり、ブルブルと頭を振ったりします。

掻いたことで傷になったり、耳血腫を起こすこともあります。

耳介の皮膚と軟骨の間に内出血が起こり、腫れてしまうこともあります。

6.脂漏症

アレルギー症状が長引くと、皮膚がベタベタと脂っぽくなる、皮膚の角質化、フケの増加などが見られる「脂漏症」になることがあります。

皮膚の新陳代謝異常やホルモン分泌以上を起こすことにより、引き起こされる症状です。

7.その他

皮膚に金属が接触するだけではなく、何らかの理由でアレルゲンを体内に取り込んでしまった場合には、下痢や嘔吐が起こる場合もあり、気管支に炎症が起きて呼吸困難になることもあります。

金属アレルギーの治療

犬の皮膚のトラブルにはアレルギー以外にも様々な原因があり、素人が判断するのは難しいので、皮膚トラブルを見つけたら動物病院へ行くことが大切です。

金属アレルギーの治療としては、外用薬、薬用シャンプーなどがありますが、獣医さんの指示に従いましょう。

金属アレルギーを予防するには

アレルギーは食べ物だったり、花粉やハウスダストだったり、金属だったり、様々な物が原因で起こりますね。

特徴としては、かゆみや湿疹など皮膚のトラブルです。

犬は皮膚が毛に覆われているので気付きにくいため、犬が痒がっていないかなど、日々犬の様子を観察することが大切です。

初期の段階で動物病院に連れて行けば、ひどくなる前に適切な処置や指導を受けることができます。

金属アレルギーであることが分かったら、カラーや食器など、犬の身の回りから金属を遠ざけます。

フードを食べる犬

ウェルシーの食器はメラミン樹脂です。

割れるということに気をつければ陶器もいいですね。

プラスチックは傷になりやすいので衛生面でいまいちです。

日々の生活では

同じ金属に触れても、アレルギーを起こす犬も起こさない犬もいるので、なかなか予防は難しいのですが、普段の生活の中で免疫力を高めたり、皮膚のバリア機能を強化する取り組みすることが予防につながると言われています。

定期的なシャンプー、ブラッシング、適度な日光浴などを心掛け、日頃から皮膚の状態を気にかけ清潔を保ちます。

その仔に合った食餌の内容、日々のお散歩、生活リズムを整えることによって免疫機能が高まると言われています。

まとめのようなもの

金属アレルギーを起こした犬の症状は、痒み、湿疹、脱毛、脂漏症、嘔吐下痢、呼吸困難などがあります。

治療には薬剤や薬用シャンプーが用いられますが、治療には根気が必要で、治療も長期化しがちです。

犬の様子を日々気にかけ、皮膚トラブルを早く発見すること、甘く見ず早い段階で獣医さんの診断を受けることが大切です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
うちの犬は幸せなのだろうか?と思ったら見直す5つのこと
NEXT
成犬のしつけは犬と仲良く暮らすことを目指す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

本格的な夏が来る前に!犬の熱中症の予防と対策を学んでおこう

梅雨真っ盛りのウェルシー地方です。 だんだん暑くなってきて、熱中症が心配ですね。 犬の熱中症の

記事を読む

肛門腺しぼり

18日の7回目のレクチャーの日に、訓練士さんにツムギの肛門腺しぼりをしていただきました。

記事を読む

座る犬

犬も寒暖差で体調を崩す 季節の変わり目は体調管理に気をつけよう

11月を過ぎて朝晩めっきり冷え込むようになりました。 1日のうちでも寒暖差が大きくなり、体調を崩し

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

犬の下痢は兆候があったらふやかしフードを与えて様子を見よう

少し前の話になりますが、8月29日の夜12時近く、ウェルシーはケージの中でツーをしてしまいました。

記事を読む

日向ぼっこをする犬

大型犬の治療費は高額!ペット保険に入るべき?

犬も生き物ですから、病気になったり怪我をすることもあります。 ペットの治療費は全額自己負担になりま

記事を読む

わんこのお手入れ 眠くなったところでブラッシング

シオンはお手入れ系は割合大丈夫のようですが、人が手に持つものには何にでも興味を示し、何でもおもちゃだ

記事を読む

ぬいぐるみと犬

愛犬のかかりつけ動物病院の選び方|見るべきポイントは?

獣医さんは、犬の健康面でのアドバイス、診療、治療などを行ってくれる頼れる存在です。 愛犬が健康で幸

記事を読む

梅雨時の犬の下痢や嘔吐と皮膚トラブルを予防しよう

シオン地方も梅雨入りしたらしいです。 梅雨入りして1週間くらい経ちますが、毎日雨降りというわけでも

記事を読む

陽だまりにて

冬になると太陽の位置が低くなるので、晴れた日には部屋の中にお日様の光が差し込みます。 ポカポカ

記事を読む

アジリティで遊ぶ犬
国営昭和記念公園ドッグラン|基本情報・料金・必要な書類など

ウェルシーだよ♪ 東京都立川市・昭島市にある昭和記念公園に行ってきた

座る犬
Go Toキャンペーン恐るべし!ぴ~ひゃらぴ~ひゃら踊らされる日本人

ウェルシーだよ♪ 今年2020年は、特筆すべき年になったね。 何しろ

フードを食べる母犬
犬のフリーズドライフードはメリットだらけ?危険性も理解して与えよう

フリーズドライの技術を使ったドッグフードやおやつが人気があるそうです

見上げる犬
犬の散歩の適切な時間やコースは犬に任せてみよう

犬にとってちょうど良いお散歩の距離や時間はどのくらいかなあ? と思う

眠る犬
犬の焼きもちは治せる?焼きもちをやく犬の気持ちと対処法

ウェルシーは焼きもちやきです。 パピーの頃にもこんなことがありました

→もっと見る

  • follow us in feedly


PAGE TOP ↑