シャンプー後に暴れる犬 苦手なタオルドライを克服

公開日: : 第四話 ウェルシー, 健康管理

ウェルシーを洗濯・・・じゃなくてシャンプーしました。

シャンプーの頻度は、概ね月に一度にしています。

犬は人に比べると皮膚が薄く、皮脂は皮膚を守る働きがあるので、あまり洗いすぎても皮膚トラブルを起こすこともあるので、シャンプーの間隔は2週間は開けるようにとのことです。

シャンプーの手順については

こちら→手触りふんわりサラサラ はじめてのシャンプー

タオルドライ解決策

ウェルシーはシャンプーは嫌がらないのですが、タオルで体を拭こうとすると、タオルと格闘になってしまって困っていたんですよね。

どうしたらいいかと悩んでいたら、すずさんから

浴室から出ると興奮してタオルを噛んでしまうので、シャンプーの流れの一環として浴室内で身体を拭くと、うちのこはタオルを噛まないですよ。

というコメントをいただいたので、洗い終わった後、その流れでそのまま浴槽の中で身体を拭いてみました。

すると、とびっくり!

タオルをカミカミしないじゃありませんか!!

これからこれでいきます。

すずさん、ありがとうございます。

仕上げはしっかり乾燥

シャンプーが終わったら

ブルブルして。

などと言ってブルブルしてもらいます。

コマンドでブルブルできるわけじゃありません。

少し待ってあげると、自発的にブルブルしますが

ブルブルして

でブルブルできたらいいですね。

ブルブルしてくれたら、そのまま浴室内でタオルドライ。

できるだけ水気を拭いたらお部屋に行き、さらに拭きながらドライヤーで乾燥です。

寒くなってきたので、暖房しながら初めてドライヤーの温風を使ってみました。

私の右手が何を持っているかと言うと

ウッディ・タフ・スティック

こんなに小さくなるまで齧るほどのお気に入りなんです。

乾かすのに時間がかかるので、おもちゃを持たせて凌ごうという作戦です。

乾かしている間に飽きて持ち逃げするので、片手で持って齧らせたり、夫に手伝ってもらって、被毛をワシワシとしながら水気を飛ばしました。

シャンプーの後に暴れる犬

歴代パピーの中には、洗い終わって浴室から出てくると、そのまま脱衣室の床に身体をこすりつけてゴロゴロする仔がいました。

なので、脱衣室にバスタオルを敷き詰め、思い切りゴロゴロ。

これでタオルドライ、完了だわ(笑)

しかし、ドライヤーで乾かした後にも暴走したり、床を転げまわる仔もいるそうですね~。

訓練士さんによると、犬にとって自分のにおいはなわばりを主張したり、他の犬との挨拶など、自分が自分であることを証明する大切なもの。

シャンプーによって自分のにおいが無くなることへの不安から、床などについている自分のにおいを取り戻そうとする行動だそうで、本能的なもの。

ということで、別に問題行動ではないそうです。

安全を確保したうえで、気が済むまでゴロゴロさせてあげましょうか。

ねっ♪

洗ったら少し白さが増したような気がするウェルシーさんです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
W-15胎 5回目のパピーレクチャー
NEXT
ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. miko より:

    我が家も浴室から出てタオルドライで暴れるので
    浴室でタオルで拭いてからバスタオルを敷き詰めた洗面所へ
    という流れにしてます。
    ちなみに、盲導犬支援センターで売ってる
    高吸収ペットタオルを使っているので
    浴室から出てくる頃には半分以上は乾いているので
    このタオルは使えました。
    ゴールデンなのでラブよりもさらにドライヤーの時間が長いので
    タオルドライがしっかりできてると後が楽になります。

    ウェルシーちゃん色白くなりましたね〜^^

    • gd.vol より:

      mikoさん
      濡れた体で狭い場所から広い場所に出ることで興奮するのでしょうかね?
      歴代パピーは、おもちゃや他のタオルをカミカミさせておけばわりと大丈夫だったのでびっくりしました。
      浴室で身体を拭く。
      これはいいアイディアでした。
      支援センターに売っている吸水タオル。
      うちにもあります。
      便利ですね。

  2. サナ父ちゃん より:

    脚、長っ!
    マジびっくりッス~♪

    これじゃインスタでの返しッスね(笑)。

    サナは水、大嫌い!でしたので、風呂場まで連行(笑)するのが大変でした…

    いざ、洗われたらしっぽ駄々下がりで石のように固まって、じっと耐えて…

    終わったら身体ぶるぶる水吹き飛ばして日なたぼっこしてましたね…

    何の参考にもならずごめんなさい(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      この胎、みな脚が長いみたいです。
      ウェルシーは女の子なので小柄だし、それほど感じていませんでしたが、レクチャーでウッディーを見たら、体もウェルシーより一回り大きかったですが、体高も高い!
      脚、長っ!
      と思いました。

      嫌なことをされるとき、固まる仔と暴れる仔がいますが、うちはツムギ以外は暴れる仔(苦笑)
      吠える、飛びつく、噛む、走り回る
      など、その仔によって、あるいは状況によっていろいろな表現をします。
      どちらにしても犬にとっては「嫌だよ~」ですが、固まるタイプの方が人にとっては扱いやすいですね~。

      気温が高いときや、日差しがたくさん入る時は半乾きで日向ぼっこや自然乾燥もいいですよね。

  3. ミコ より:

    ウェルシーちゃん、さっぱりしましたね。
    我が家も浴室内でブルブルさせて、タオルドライしますが、
    こちらが油断すると終わらないうちに、
    すぐ脱衣場を通り越してお部屋に行き、自分が良く寛いでいるラグの上で、
    身体をスリスリします。
    ヒラリも今まで一緒に暮らした犬達は皆そうで、
    特に疑問を持たなかったのですが、
    自分の匂いを取り戻そうとする、本能的な行動なのですね。
    そういえば、お散歩で雨に濡れた後も、スリスリすることがあります。
    納得しました。ウェルシーママさん、有難うございます。
    犬と長く暮らしていても知らないことばかりで、
    学ぶことが多いです。

    • gd.vol より:

      ミコさん
      スリスリの理由は訓練士さんにお伺いしましたが、私もなるほど~!と納得しました。

      犬を洗うのって結構重労働ですが、ふんわりサラサラの手触りになると嬉しくなりますね。

  4. ツムギ母 より:

    浴室内のウェルシーさん、しょぼ顔…いえいえ、水も滴る良い女の子♪

    パパさんママさんのように『タオルドライは脱衣所で!』という発想がなかったので、いつもツムギはタオルドライは浴室で済ませていました。 なので、タオルでゴシゴシする姿を見た事がありません。今でもするのかなぁ?(^^)

    ウッディ・タフ・スティック、そこまで短く使い切っても大丈夫なんですね!
    これからは、もう少しガジガジしてもらおぅ〜(^^)

    シャンプーしたてのウェルシーさん、キレイになって気持ち良さそう(^^) 成長したなぁー(^^)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      ツムギはいいこに拭かせてくれましたから、あまり苦労がありませんでした。
      私は逆に浴室で拭く発想が無かったです。

      ウッディ・タフはここまで小さくならないうちに新しいものにしてあげた方がいいと思います。
      なかなか買いに行かれなくてこうなりましたが、必ず目を離さないようにして齧ってもらっていました。

関連記事

ゴールデンウィークin埼玉その1 犬連れ智光山公園

わが家は、ゴールデンウィークは仕事になることが多いので大型連休とはいきませんが、今年はウェルシーと一

記事を読む

犬は汎化が苦手 同じ用途のものを別物と認識?

9月24日のレクチャーのときにW‐15胎のパピーたちは、クレートが大きいサイズのものに交換になりまし

記事を読む

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえママちゃん、遊びましょう。

記事を読む

犬連れ北浅羽桜堤公園 安行寒桜 穴場のお花見スポット

東京では17日にソメイヨシノの開花宣言が出ました。 今年(2018年)は平年より9日早い開花だ

記事を読む

ごはんだよ~ 見上げるおめめが可愛い

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利

記事を読む

盲導犬ユーザーの講演と子犬が1歳になるまでにしつけておきたい10のこと

知り合いの盲導犬ユーザーの井出さんにお誘いいただいて、アニマルプラザ「犬のようちえん」駒沢公園教室で

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがありました。 犬は保護団体

記事を読む

抱っこをせがむ犬

ウェルシーは日差しのある時間帯は、日の当たる場所で日向ぼっこをしながら寝ていることが多いです。

記事を読む

換毛期を乗り切る3つの対策

3月に入った頃からウェルシーの抜け毛が増えてきました。 ここのところ急に暖かくなり、ちょっとブ

記事を読む

夏の終りの冒険

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑