子犬の後追いはいつまで続く?

公開日: : 第四話 ウェルシー, 犬育て

ウェルシーは後追いをする仔で、文字通りどこにでもついて来る仔でした。

子犬なので、ちょこまかついて歩く様子は可愛いものでしたが、どこにでもついて来るような感じだったので

これって治るかな?

と思っていました。

後追い行動とはどこにでもついて来ること

パパが出かけるときのお見送り

飼い主を見送る犬

帰宅時のお出迎え

飼い主を出迎える犬

本当に可愛いものです。

見送りは、仕事に行くときは毎日のルーティーンなので理解していますが、休みの日などにいつもと違う時間にパパが出かけるときは、自分も連れて行ってもらえるかと期待します。

でも、連れて行ってもらえなければそれまでで、きゅんきゅん言ったり吠えたりするわけではありません。

そこは、いいところかもしれませんね。

諦めるのも大切ですもん♪

不安がある仔には声掛けを

すぐにピーピー言うシオンには

Wait

待っててね。

と指示を出して

玄関に行くね。

などと声をかけたり、むしろ「Come」と呼んであげて、ついでに「Come」を覚えてもらったりもしていました。

確認すれば安心するところもあったので、シオンには声掛けが合っていたと思います。

興味でついて来る仔には?

私達は、小さい頃のウェルシーの後追いを容認しつつも、あまり相手にせず

ついて来たければ来れば~?

みたいな態度で過ごしていました。

ウェルシーはどこにでもついてきましたが、私達は後を追ってくるウェルシーに声をかけたり、視線を合わせたりしませんでした。

ウェルシーの場合は、人が自分から離れていく不安もあるとは思いますが、どちらかというと

どこ行くの?

何するの?

みたいな興味が勝っているように見えたからです。

人の行動を理解できると不安がなくなる

以前は、私がキッチンに立つと柵の前でガン見していました。

何も出てこないよ~(笑)

柵の前に座る犬

今では

ママがキッチンにいるときは遊んでもらえない。

と思っているようで、自分なりに居心地のいい場所で自由にくつろいでいます。

丸くなって寝る犬

洗濯物は2階のベランダに干すのですが、うちはどの仔も階段は昇ってこないんですよね。

多分、傾斜が急で階段の面が滑るため、昇ったのはいいけど降りられなくなる経験を小さい頃にするので(小さい頃のおうち探検は目を離さず見守ります)怖いのだと思うんですよね。

階段の面にマットなどの滑らない素材のものを敷けば、自由に昇降するかもしれないと思うのですが、監視範囲が広がってしまうのは自分が大変になるので、昇降しないのを良いことにそのままにしてあります。

洗濯物を干すときは目を離すことになるので、小さい頃は必ずケージに入れていました。

最近はイタズラはしなくなっていますが、パピーに「絶対」は無いと思うので、イタズラされて困るものや危険なものがないかを確認して、部屋にフリーになっています。

私が2階に行っている間、ウェルシーは我関せず。

途中でそっと様子を見に来たら、すやすや寝ていました。

眠っている犬

写真を撮っていたら気配に気づいて起きました(笑)

伏せて頭を上げる犬

そのまま、また残りの洗濯ものを干して戻ってきたら

カーテンの隙間から顔を出す犬

ママの動きは気になるらしいのですが、動く気はしないらしいです。

小さい頃は文字通りどこまでもついて来る感じでしたが、そのうち戻ってくることを理解してきた今(もうすぐ1歳)は、いちいちついて来なくなってきました。

寂しい(笑)

期待があると後追いする

そうは言っても後追いをすることもあります。

主に「期待があるとき」ですね。

そろそろごはんが出て来るんじゃないか?

ねえねえ、ママ

そろそろごはん?

ごはんは?

ごはんは?

と言いながら、私が動くたびについてきます。

同じように

ねえねえ、ママ

お散歩は?

そろそろお散歩行かないの?

同じように

ねえねえ、ママ

おもちゃは?

おもちゃで遊ぼうよ~。

まあ、犬なので

ごはん

散歩

遊び

その期待と要求で、じっと見つめてきたり、私が動くと後を追ってくるんですよね。

まとめのようなもの

子犬が後追いするのは、親の保護が必要な「子犬」だからだと思います。

心の成長と共に、後追いは減ってくると思いますが「不安」が強くて後追いする場合は、不安を取り除く配慮が必要だと思います。

興味や観察したくてついて来るであれば、自由について来なさいよ(笑)です。

ただし、ついて来る子犬を過度にかまったりすると、子犬は落ち着けなくなるので危険が無い限り子犬の意思に任せ、見守る感じにしましょう。

子犬の後追いはいつまで続くのか?

その仔の心が成長するまで。

ということになると思います。

<追記>

こんな記事も書いてみました。

関連記事→分離不安を軽減して留守番上手な犬に育てよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
甘えん坊で焼きもちやきの犬
NEXT
わんこの暑さ対策を始めよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ウェルシーちゃんはこの先、必ず誰かと一緒に暮らしていく事になるのですから、後追いするくらい信頼関係あってもイイかと思います。

    ワンコに人好きになってもらう事、これがパピーウォーカーの務めかと思いますので…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      このくらいなら可愛い範囲ですよね?

      後追いするのは「人が好き」ということだと思いますが、人を信頼しているから、安心して待っていられる。
      というように、心が成長してくれるのが理想かな~。

      人がいてもいなくても関係ないしぃ。
      ごはんくれればいいから!
      だったらめっちゃ寂しいですよね~。

関連記事

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

ウェルシー地方の冬は空気が乾燥します。 パピーたちの肉球がカサカサになるので、今までの仔は1日

記事を読む

犬と暮らす小さな幸せ

12月に入り、寒くなってきましたね。 いよいよ冬到来です。 朝の散歩が辛くなってきました

記事を読む

カメラ目線の犬

入所から10日 前向き 今を生きる犬

ウェルシーが入所して10日経った5月23日、富士ハーネスの訓練士さんからウェルシーの近況を知らせる電

記事を読む

抱っこされる子犬

犬を褒めても喜ばない?犬が喜ぶ褒め方を考えよう

盲導犬協会での犬育て、そして訓練は「犬を楽しませること」から始まります。 訓練士さんは とにかく

記事を読む

メス犬は要領がいい?おとうさんが帰宅すると大喜びする小悪魔女子犬

ウェルシーがやって来て、もうすぐ1か月になります。 生後3か月にも満たないお子ちゃまですが、この仔

記事を読む

寝ぐずり噛み対策 お顔マッサージ

委託から6日目の6月8日、家庭訪問でした。 訓練士さんにウェルシーの様子を見ていただいて、現在

記事を読む

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが小さい頃は 自己主張が強

記事を読む

病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のため動物病院に行ってきました。

記事を読む

パピーウォーカー 第四話がはじまるよ

2か月半くらいの休暇になりましたが、わが家に新学期が始まります。 わが家にとって4頭目になるパ

記事を読む

カミカミするのか~? ビターアップルシューッするぞ!!

絶賛甘噛み中のウェルシーさん。 この仔、人の手や足以外にも家具や敷居へのカミカミが止まりません

記事を読む

火を灯されたキャンドル
2019 キャンドルナイト 富士ハーネス

2010年から開催されている富士ハーネスでのキャンドルナイトは、今年2

伏せる犬
犬を叱る、カメラを向ける、見つめる、飼い主に犬が目をそらすのはなぜ?理由を考えてみました

犬が目をそらすのは、嫌だから、嫌いだからということもありますが、それだ

伏せる犬
人懐っこい!多和田悟氏をもメロメロにする人たらし犬

ウェルシーは人が大好き。 明るくて素直な性格なので、誰にでも近づいて

伏せる犬
犬の妊娠時のおりものについて獣医さんに聞きました

ウェルシーの交配から2週間が経った頃、室内でペットシーツの上でワンをし

富士ハーネスの入り口に座る犬
ラブラドールレトリバーの交配と妊娠中の様子

日本盲導犬協会では、ボランティアの自宅出産も可能ですが、富士ハーネスに

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑