子犬の後追いはいつまで続く?

公開日: : 第四話 ウェルシー, 犬育て

ウェルシーは後追いをする仔で、文字通りどこにでもついて来る仔でした。

子犬なので、ちょこまかついて歩く様子は可愛いものでしたが、どこにでもついて来るような感じだったので

これって治るかな?

と思っていました。

後追い行動とはどこにでもついて来ること

パパが出かけるときのお見送り

飼い主を見送る犬

帰宅時のお出迎え

飼い主を出迎える犬

本当に可愛いものです。

見送りは、仕事に行くときは毎日のルーティーンなので理解していますが、休みの日などにいつもと違う時間にパパが出かけるときは、自分も連れて行ってもらえるかと期待します。

でも、連れて行ってもらえなければそれまでで、きゅんきゅん言ったり吠えたりするわけではありません。

そこは、いいところかもしれませんね。

諦めるのも大切ですもん♪

不安がある仔には声掛けを

すぐにピーピー言うシオンには

Wait

待っててね。

と指示を出して

玄関に行くね。

などと声をかけたり、むしろ「Come」と呼んであげて、ついでに「Come」を覚えてもらったりもしていました。

確認すれば安心するところもあったので、シオンには声掛けが合っていたと思います。

興味でついて来る仔には?

私達は、小さい頃のウェルシーの後追いを容認しつつも、あまり相手にせず

ついて来たければ来れば~?

みたいな態度で過ごしていました。

ウェルシーはどこにでもついてきましたが、私達は後を追ってくるウェルシーに声をかけたり、視線を合わせたりしませんでした。

ウェルシーの場合は、人が自分から離れていく不安もあるとは思いますが、どちらかというと

どこ行くの?

何するの?

みたいな興味が勝っているように見えたからです。

人の行動を理解できると不安がなくなる

以前は、私がキッチンに立つと柵の前でガン見していました。

何も出てこないよ~(笑)

柵の前に座る犬

今では

ママがキッチンにいるときは遊んでもらえない。

と思っているようで、自分なりに居心地のいい場所で自由にくつろいでいます。

丸くなって寝る犬

洗濯物は2階のベランダに干すのですが、うちはどの仔も階段は昇ってこないんですよね。

多分、傾斜が急で階段の面が滑るため、昇ったのはいいけど降りられなくなる経験を小さい頃にするので(小さい頃のおうち探検は目を離さず見守ります)怖いのだと思うんですよね。

階段の面にマットなどの滑らない素材のものを敷けば、自由に昇降するかもしれないと思うのですが、監視範囲が広がってしまうのは自分が大変になるので、昇降しないのを良いことにそのままにしてあります。

洗濯物を干すときは目を離すことになるので、小さい頃は必ずケージに入れていました。

最近はイタズラはしなくなっていますが、パピーに「絶対」は無いと思うので、イタズラされて困るものや危険なものがないかを確認して、部屋にフリーになっています。

私が2階に行っている間、ウェルシーは我関せず。

途中でそっと様子を見に来たら、すやすや寝ていました。

眠っている犬

写真を撮っていたら気配に気づいて起きました(笑)

伏せて頭を上げる犬

そのまま、また残りの洗濯ものを干して戻ってきたら

カーテンの隙間から顔を出す犬

ママの動きは気になるらしいのですが、動く気はしないらしいです。

小さい頃は文字通りどこまでもついて来る感じでしたが、そのうち戻ってくることを理解してきた今(もうすぐ1歳)は、いちいちついて来なくなってきました。

寂しい(笑)

期待があると後追いする

そうは言っても後追いをすることもあります。

主に「期待があるとき」ですね。

そろそろごはんが出て来るんじゃないか?

ねえねえ、ママ

そろそろごはん?

ごはんは?

ごはんは?

と言いながら、私が動くたびについてきます。

同じように

ねえねえ、ママ

お散歩は?

そろそろお散歩行かないの?

同じように

ねえねえ、ママ

おもちゃは?

おもちゃで遊ぼうよ~。

まあ、犬なので

ごはん

散歩

遊び

その期待と要求で、じっと見つめてきたり、私が動くと後を追ってくるんですよね。

まとめのようなもの

子犬が後追いするのは、親の保護が必要な「子犬」だからだと思います。

心の成長と共に、後追いは減ってくると思いますが「不安」が強くて後追いする場合は、不安を取り除く配慮が必要だと思います。

興味や観察したくてついて来るであれば、自由について来なさいよ(笑)です。

ただし、ついて来る子犬を過度にかまったりすると、子犬は落ち着けなくなるので危険が無い限り子犬の意思に任せ、見守る感じにしましょう。

子犬の後追いはいつまで続くのか?

その仔の心が成長するまで。

ということになると思います。

こんな記事も書いてみました。

関連記事→分離不安を軽減して留守番上手な犬に育てよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
甘えん坊で焼きもちやきの犬
NEXT
本格的に暑くなる前に!わんこの暑さ対策を始めよう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ウェルシーちゃんはこの先、必ず誰かと一緒に暮らしていく事になるのですから、後追いするくらい信頼関係あってもイイかと思います。

    ワンコに人好きになってもらう事、これがパピーウォーカーの務めかと思いますので…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      このくらいなら可愛い範囲ですよね?

      後追いするのは「人が好き」ということだと思いますが、人を信頼しているから、安心して待っていられる。
      というように、心が成長してくれるのが理想かな~。

      人がいてもいなくても関係ないしぃ。
      ごはんくれればいいから!
      だったらめっちゃ寂しいですよね~。

関連記事

子犬の寝顔

お行儀よく寝る犬

天使のような寝顔のウェルシーです。 カミカミするのは、きっと別のウェルシーですね。 お行儀良く

記事を読む

おもちゃへの所有欲が出てきたのかな?

ウェルシーは委託当初から遊ぶのが大好きでした。 おもちゃを動かすとすぐに乗ってくれます。 お

記事を読む

子犬のトイレトレーニング

犬がトイレを失敗する原因と対策

子犬を迎えたときから始まるトイレトレーニングですが、なかなかうまくいかないことも、できていたのに最近

記事を読む

ゴミ箱は高い場所に?

パピーウォーキングを始めるとき、子犬を迎えるにあたって部屋の環境を整えました。 子犬は何にでも興味

記事を読む

生後12か月のウェルシーへ

ウェルシーは明日、4月14日で1歳になります。 1日早いのですが、W‐15胎のみんな お

記事を読む

子犬生後4か月|散歩好きな犬に育ちそう?自然の中で冒険してみた

今年のウェルシー地方の夏は、梅雨の間は晴れて梅雨が明けたら雨の多い日が続きました。 まるで、梅雨と

記事を読む

足元ダウンする犬

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。 この日は空気が冷たかったの

記事を読む

散歩する犬

愛犬との別れを考えてみた!元パピーウォーカーの私が家庭犬の飼い主さんに思うこと

私たちは2013年にパピーウォーカーになりました。 そして4頭のパピーを育て、4頭目パピーのウェル

記事を読む

犬もどや顔するよね 自慢する犬

ウェルシーは、パパが帰宅すると夕食までの少しの時間、遊んでもらうのを楽しみにしています。 自分

記事を読む

犬がため息をつくのはリラックスの証拠?抱っこや寝る前なら心配無し!

犬のため息を聞いたことありますか? まるで人間のように「ふぅ~」なんてため息をつかれると、笑っ

記事を読む

おもちゃで遊ぶ犬
犬の耳から茶褐色の耳垢が~!犬の外耳炎の原因・治療・予防法

蒸し暑くなる梅雨時期は、犬も皮膚や耳にトラブルが起こりがちです。 ウ

林泉寺本堂
犬連れ林泉寺「越後の龍」上杉謙信が眠るお寺を訪ねてみたよ

ウェルシーだよ♪ パパとママと一緒に新潟県の春日山城址に出かけたよ。

上杉謙信像アップ
犬連れ春日山城址|「越後の龍」上杉謙信の居城を満喫

ウェルシーだよ♪ 戦国時代の名将、上杉謙信の居城、新潟県にある春日山

散歩する犬
犬は飼い主に似るって本当?犬の性格は環境や年齢によって変わるの?

犬は飼い主に似ると言いますが、本当でしょうか? また年齢によって性格

菅館跡地図
犬連れ菅谷館跡|中世の武将畠山重忠の館跡を散策

ウェルシーだよ♪ ウェルシー地方は梅雨に入っちゃったけど、埼玉県にあ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑