犬におもちゃとおもちゃではないものを区別するように伝える

わが家にはウェルシー用の大きめのぬいぐるみが、現在2つあります。

白いクマさんは胸のところに「I♡Paty」と書いてあるので、そのままパティちゃん。

茶色のクマさんは

赤いハートにドキドキするね。

ということで、ツムギの母犬のべいるちゃんのご家族が

ドッキー君。

と名付けてくれました。

パティちゃんはツムギのパピーウォーキング時に購入したものです。

咥えて運んだり、押さえつけて耳を引っ張ったり、ツムギはパティちゃんをおもちゃにしていました。

しかし、破壊されずにすんだのでツムギの入所後は片付け、そのまま存在を忘れていました。

ウェルシーが繁殖犬に認定されて、わが家に戻って来てからパティちゃんのことを思い出し、出してあげました。

しかし、ウェルシーはパティちゃんをおもちゃにはしないんですよね。

よく枕のように敷かれていますが、遊ぶことはありません。

床に放り出されていることもあります。

同じような噛み心地の小さなぬいぐるみとか、ロープは「おもちゃ」なんですけどね。

おもちゃとは認識していない?

パティちゃんもドッキー君も、最初に出したときに床の上に置いただけで「OK」と言ってわたしていないんです。

なので、多分ですが、ウェルシーにとっては座布団や敷物と同じような感覚なのではないのかと思うんですよね。

もちろん、もうある程度の年齢になっているからで、パピーだったら新しいものが出てきたら即おもちゃですよね。

人の服や靴下などもおもちゃとは認識していないので、届くところにあっても、それは触らないですしね。

服を乗せられてもなすがまま(笑)

先日、うっかりコングを出しっ放しにしてしまったら、ちゃっかりそれは齧っていましたから、コングはウェルシーにとって「おもちゃ」という認識なのでしょうね。

以前、繁殖犬クウちゃんのお宅に遊びに行ったときは、ケージの上に乗せてあったクウちゃんのおもちゃを勝手に取ろうとして、クウちゃんパパに

NO

と言われていました。

初めてのおうちでも

あ!おもちゃだ!!

と思ったのでしょうね?

ウェルシーが、おもちゃとそうではないものを、どんな風に認識しているのか不思議に思います。

大きくなっても、滅多になくても、万一のことはありますから、おもちゃもおもちゃではないものも片付けておかなくてはですね。

(クウちゃんはケージの上に口は届かないそうです)

誤飲は忘れた頃にやってくる・・・。

気をつけます。

犬は人の言葉や気持ちがわかる

先日会報「盲導犬くらぶ」が届きました。

その中に

それぞれの道をゆく~系譜から学ぶ盲導犬~

という特集があったのですが、パピーウォーカーさんのコメントの中に

クマのぬいぐるみが大好きで、それだけはかじりこわさないでいました。

かじっていても

クマちゃんかわいそう

というとハッとしてなめはじめる。

ちゃんと分かっているみたい。

というものがありました。

犬に「かわいそう」と思う感情があるかどうかは別として、人が「かわいそう」というときの困った顔や、悲しそうな顔と、人の話のニュアンスを結び付けて

これは齧ったらいけないんだな。

おうちの人が嫌がるんだな。

と、理解するのでしょうね。

犬は人の気持ちに寄添う動物だな~。

と改めて感じるコメントでした。

その仔の性格にもよりますが、ダメなことを叱るより、人が困ったり悲しんだりすることを伝える方が犬の心に響くのかもしれませんね。

子犬に齧ってはいけないもの、おもちゃにしてはいけないものを教えるときの参考になりそうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
ラブラドールって何歳になったら落ち着くの? 今1歳9か月
NEXT
後追いはしなくなってきたが甘えん坊には変わりない犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    確かに、ワンコ達は人の表情や語気をよーくチェックしてますよね…
    「No!」と強めに言って言い聞かせるより表情や様子で伝える方がワンコの気持ち的には良さそうですよね…

    勉強になりました。
    ありがとうございます♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      うちも、「NO」より、言い聞かせる方が合う仔ばかりでしたが、訓練士さんによると「NO」を使う場合も「NO」を言ってお終いではなく、して欲しい指示を出し、最終的に「Good」に持って来て、褒めて終わることが大切だそうです。
      ほんと、いろいろ勉強になりますよね♪

関連記事

犬連れ安中市ろうばいの郷

ウェルシーだよ♪ 群馬県安中市(読みはあんなかだよ)にある、ろうばいの郷に連れて行ってもらった

記事を読む

動画 ごはんだよ~!犬が最初に覚える言葉は?

以前の日記にツムギはごはんの時に吠えるなんて書いていますけど、つむたんの名誉のために言います。

記事を読む

興奮しやすい犬の生活としつけの工夫

ウェルシーだよ♪ パパとママとお散歩に行ったよ。 この日のお散歩は、住宅地と周囲に点在す

記事を読む

赤ちゃん連れの来客 生後6か月の子犬をどうする?

日頃来客の少ないわが家に、お客さんが来ることになりました。 家に知らない人が来るというのは、パ

記事を読む

生後3か月の子犬が遊びにきたよ

ウェルシーだよ♪ ある日、あたしのおうちの駐車場に車が停まった音が聞こえたの。 あれ?

記事を読む

犬連れ御岳山周辺散策

ウェルシーだよ♪ トライアル期間中の夏の思い出シリーズはまだ続くよ。 御岳山(みたけさん

記事を読む

ラブラドールって何歳になったら落ち着くの? 今1歳9か月

1月14日でウェルシーは1歳9か月になりました。 久し振りに体重を測ってみましたよ。

記事を読む

ハウスなんてやだもん! 毎晩駄々をこねる犬

夜は人が寝る前に最後の排泄をさせて、シオンをケージに入れます。 夕食後の時間帯のシオンは、くつ

記事を読む

人が大好き 人に興奮しやすい犬

ウェルシーママです♪ ウェルシーは、人が大好きでとってもフレンドリー。 しかし、それが困

記事を読む

ストライキ 寝るなんてやだ! お前もか~!!

夜、人が寝る前にシオンに最後の排泄をさせるのですが、ちょっと前まで仰向けになって駄々をこねていました

記事を読む

犬の目から涙!それってアレルギー?PM2.5が犬に与える影響

先日ツムギのご家族からメールをいただきました。 メールによると、

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑