わんこの暑さ対策を始めよう

公開日: : 第四話 ウェルシー, 健康管理

今年の冬は寒かったです。

お彼岸の頃も寒かったので

今年の春はなかなか暖かくならないのかな?

と思っていたら、3月下旬から気温がぐんぐん上昇。

ついに4月4日は25℃を超え、初夏の陽気になりました。

暑い~。

暑い時期のお散歩

身体が暑さに慣れていないので、辛いです。

ウェルシーのお散歩にも ひんやりお散歩ベスト着せました。

暑そうですね。

冬の間は日差しが暖かい午後2時~3時の間に、その日の2回目のお散歩に行っていたので、ウェルシーはそのくらいの時間になると、お散歩に行こうと目で訴えてきます。

しかし、さすがに昨日は暑かったですね。

アスファルトはまだ暖かいくらいでしたが、日差しが強かったです。

ウェルシーにはちょっと辛かったかな?

5月で生後10か月だったイズモは、やはり冬からの習慣で2時を過ぎるとお散歩に行こうと催促しました。

ある日、とても暑かったのですが、イズモのリクエストに応えてお散歩に行きました。

暑さではあはあ言い、普段の3分の2くらいで帰ってきましたが、すっかり懲りてしまったらしく、翌日から夕方に、こちらから散歩に誘うまで散歩に行こうとは言いませんでした。

さて、ウェルシーはどうなるかな?

ちなみに、ツムギは1月の末、シオンは3月半ばに入所だったので、物ごころがついてからというか、ある程度大きくなってからの暑い時期の散歩をわが家では経験していません。

暑い時期のお散歩は、何よりも時間帯が大切ですね。

涼しい時間帯に行き、水分補給にも気をつけてあげたいです。

室内での暑さ対策

人よりも暑さを感じる犬のためには、エアコンで温度と湿度を快適に保つことは大切ですが、あまり快適過ぎても今度は外との温度差に身体がついて行かず、体調を崩してしまうこともあります。

また、エアコンの冷気は下の方に溜まるため、人がちょうどいいと感じていても犬は冷えすぎてしまうこともあります。

風があればなるべく室内に風を通すようにして、ある程度の暑さには慣れてもらうことも必要ですね。

グリーンカーテンは程良い日陰ができて、また気化熱で温度が下がるので嬉しいですね。

ケージは、涼しく風通しの良い場所に置いてあげましょう。

わが家のケージは1年中窓際のこの位置なのですが、冬は日差しが入ってポカポカになり、夏は日が入らなくなります。

窓を開けておくと風入りますが、真夏は湿度が高くなる地域なので蒸れます。

やっぱりエアコンが必要ですね~。

飲み水もすぐに生ぬるくなりますから、こまめに換えてあげましょうね。

また、ペットボトルを凍らせてタオルなどでくるんでおくと、程よいクーラーになるという話も聞きますが、パピーだとイタズラが心配なので難しいですね。

わが家では、 ひんやりアルミプレート を使っていました。

被毛や皮膚などのお手入れ

換毛期に入り、抜け毛がごっそり(ウェルシーもです)という仔も多いと思いますが、死毛をそのままにしておくと蒸れて皮膚のトラブルやにおいの原因になります。

毎日ブラッシングをして、死毛を取り除き被毛の間に空気が通るようにしてあげると、雑菌の繁殖も抑えられて清潔に保てます。

皮膚にトラブルがないかなど、チェックもしてあげたいですね。

また、タレ耳の犬種は耳の中も蒸れがちです。

ときどきチェックして、汚れていたら拭いてあげましょう。

耳にトラブルさえなければ、耳の洗浄もおうちで簡単にできます。

関連記事→意外と簡単 自分でできる犬の耳のケア

水遊びの季節になりますが、生乾きだと皮膚のトラブルを起こしやすくなります。

特に内腿や足の指の間などは、乾かしにくいので丁寧に乾かしてあげましょう。

サマーカットは犬にとっては辛いものになるらしいので、サマーカットにしたい場合はサロンなどで相談して程よい長さの被毛を保ってあげてくださいね。

関連記事→サマーカットは逆効果!熱中症の危険も!!

まとめのようなもの

まだまだ寒の戻りもあり、本格的に暑くなるまでには時間があります。

今のうちにサマーライフをイメージして、快適に過ごせるように準備をしてあげたいですね。

ウェルシーは、本格的に暑くなる前に訓練センターへ帰ってしまうので、わが家は今年の夏は犬がいないかも・・・。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬の後追い 生活に支障が無い程度ならいいよね?
NEXT
4/10BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

吠えをなんとかしたいその2 警戒吠え

ウェルシーは小さい頃から吠える傾向があります。 最近のウェルシーの吠えは主に「興奮」と「警戒」

記事を読む

預かり訓練後 成長と残りの時間を意識するパピーウォーカー

訓練センターへのお泊り(預かり訓練)が終わって家に帰ってきたウェルシー。 帰ってきた日は、やっ

記事を読む

聴導犬に向いているかも?

ある日、自分のマットでくつろいでいたウェルシーが突然立ち上がり、部屋の扉の前に立ちました。 閉

記事を読む

ごはんだよ~ 見上げるおめめが可愛い

毎日の楽しみ ごはん 現在、日本盲導犬協会では フードを食べることは犬の当然の権利

記事を読む

犬 こんな咳にご注意 その後

ツムギは12月9日から咳込んでしまい、病院に行きました。 関連記事はこちら→犬 こんな咳にご注

記事を読む

しばらく続く甘噛み攻防戦

ウェルシーは、現在生後2か月半すぎ。 7月14日で丸3か月になります。 カミカミは最初か

記事を読む

生後10か月のウェルシーへ

2月14日でウェルシーは生後10か月になりました。 体重は 22.2㎏

記事を読む

生後4か月のウェルシーへ

8月14日で、ウェルシーは生後4か月になりました。 体重は 12.4㎏

記事を読む

甘えん坊で焼きもちやきの犬

わが家でお預かりしたパピーたち みんなパパっ仔になるのですが、ウェルシーもパパが大好きです。

記事を読む

子犬のお留守番トレーニング 一進一退が続く

お留守番の練習ですが、一進一退の状況です。 先日、ウェルシーが起きていても、ケージに入れて「留

記事を読む

犬の目から涙!それってアレルギー?PM2.5が犬に与える影響

先日ツムギのご家族からメールをいただきました。 メールによると、

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑