サマーカットは逆効果!熱中症の危険も!!

公開日: : 雑感

見た目には涼しそうなサマーカットですが、実は犬にとっては逆効果で

サマーカットは犬にとっては地獄!

とまで言われているんだそうです。

サマーカットが犬にとって辛い理由

人間は全身で汗をかき、汗が蒸発するときの「気化熱」で体温を下げます。

犬の汗腺は肉球にしかありません。

そのため舌を出し、口で激しく呼吸することによって体温を下げようとします。

全身で「気化熱」を利用できる人間と違って、犬は体温を調節するのが苦手ということになります。

CIMG6460

被毛は断熱材

では、犬はどうやって夏の暑さから身を守っているのでしょう?

家などに使われる断熱材は、冬に温かいだけではなく、夏も家を涼しく保つ効果があります。

クーラーボックスもそうですよね。

犬の被毛も同じで「断熱材」の役割を果たしています。

犬はフワフワの被毛の下に空気の層をいくつも作っています。

それが「断熱材」となり、冬は体温を逃がさず冷たい外気から身を守り、夏は暑い外気や直射日光が皮膚まで届かないようにしています。

この、大切な「断熱材」をサマーカットで丸刈りにしてしまうと、断熱効果は失われ、外気や直射日光に皮膚がさらされ、犬の体温はぐんぐん上昇します。

汗をかけない犬にはまさに「地獄」となり、熱中症を起こしやすくなります。

また、サマーカットにしていて室内でエアコンを使っていると、犬の身体は冷えすぎてしまい体調を崩してしまうこともよくあります。

CIMG6535

気化熱を利用できない犬に、扇風機は暑さを和らげる効果はほとんどないと言います。

うちに来る仔は、扇風機の側は好きみたいですけどね。

熱中症だけではなくダメージも

犬は皮膚の表皮の厚さが、人間の5分の1程度しかないそうです。

なので、人間よりずっとダメージに弱く、デリケートです。

犬は被毛が一番外側のガードになっています。

その大切な被毛をサマーカットで借り上げてしまうと、紫外線や直射日光のあらゆるダメージを薄い皮膚に直に受けてしまうことになります。

まとめのようなもの

犬に地獄を味わわせてやろう。

などと思ってサマーカットにする人などいませんよね。

夏も毛皮を着ているようなもので、さぞかし暑いだろう。

少しでも涼しくしてあげたい。

という親心なのだと思います。

しかし、犬と人間は身体の作りも違っています。

犬にとって被毛は、こんなに大切なものなのですね。

汗をかくことができて、衣服で外気から肌を守っている人間には、気付きにくいことなのかもしれません。

人と犬の違いを理解して、愛犬が快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
意外と簡単 自分でできる犬の耳のケア
NEXT
電話に焼きもちをやく犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ツムギ母 より:

    私も『全身毛布で、さぞかし暑いよね、可哀想に…』と思っていた一人です。
    出来る事なら丸坊主にしてあげたいな〜なんて思っていましたが、そんな事したらワンコは大変なんですね!
    ワンコの身体も人間が知らないだけで高機能!

    こんなに抜け毛がヒドイのにツムギの左肩にあるママからのプレゼント毛、抜けないんですよ〜。不思議です。(白い毛の事です)

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      私も同じように思っていました。
      ってことは、他にもいるよね?
      と思い、調べたことを記事にしました。

      人間以外の哺乳類が、夏でも被毛を手放さないのには、やはりちゃんと理由があるんですね。

      ツムギの1本だけの白い毛、健在なんですね。
      いつもべいるママが見守ってくれているように感じますね。

  2. ケインママ より:

    夏になると街中でサマーカットのゴールデンなど時々見かけます。
    協会のお便りにもサマーカットの注意が書いてありましたが、一般にももっと広まるといいですね。

    ケインはパピーの頃は毛が短めだったので、よくラブに間違われました。
    ゴルらしくなった今も、未だにもったいなくて大切な被毛をカットすることなどできません(笑)

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ゴルちゃんの美しい被毛をカットするなんて、勿体ないですよね。

      サマーカットについては協会のお便りにも書いてあったのですね?
      人間目線だと暑そうだと思っても、身体の作りの違いからそうではないんですね。

      私は野生の動物が、毛の生え変わりはあっても、暑い夏も被毛を手放さないのには理由があるんだろうなあ。
      と漠然と考えていました。
      調べてみて理由がわかったので、スッキリしました。

  3. miko より:

    ついつい人間目線で考えがちですが
    ちゃんと意味あって毛があるんですよね〜。
    私はやっぱり、立派に毛がある犬の方が好きなので
    サマーカットには抵抗がある方でした。
    ちゃんと役割がある事理解して、広めていける一旦を担えたらなと思いました。

    • gd.vol より:

      mikoさん
      いつも一緒にいる家族だから、ついつい人間目線になってしまうのでしょうね。
      犬には何が快適なのか、勉強しないと!
      と思いました。

関連記事

シアトル発わんこのお話 アメリカの盲導犬育成システムにも言及

アメリカのシアトルで生活していらっしゃるナオミ・シェラーさんが、シアトルの日本語情報サイト「JUNG

記事を読む

エール

受験生の皆さんも進路が決まり、そろそろ卒業式を迎える時期ですね。 第一志望の学校、就職先に進路

記事を読む

とったよ!二級愛玩動物飼養管理士

夫宛てにこんなものが送られてきましたよ。 イズモを見送って抜け殻になっているかと思いきや、全く

記事を読む

インスタグラム 始めました

流行のものに疎い私。 流行っているらしいことは知っていましたが、IT音痴が災いしてなかなか踏み

記事を読む

犬の性格診断 6つのタイプの特徴と見分け方・育て方のポイント 

先日、訓練士さんとお話しする機会がありました。 ウェルシーについてご相談している中で、訓練士さ

記事を読む

愛犬とのお別れ

富士ハーネスにて、パピーウォーキング修了式があります。 富士ハーネスでは、昨年の7月にイズモ達

記事を読む

別れと出会い そしてありがとう

2016年も私達にとって別れと出会いの1年になりました。 年明け早々にツムギが入所し、島根へ旅

記事を読む

愛犬が15歳で亡くなり寂しいのでパピーウォーカーをやってみたいけど

愛犬を亡くした友へ わんことの暮らし、楽しかったよね。 愛情をたくさんかけて毎日

記事を読む

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

犬の食器のぬめりの原因は何?簡単なヌルヌルの落とし方

毎日のごはんが楽しみなウェルシー。 無心に食べている姿は可愛いです。 そして、食

記事を読む

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

犬が顎を乗せてくるのはなぜ?犬の気持ちを考えてみた

今までにわが家でお預かりしたパピーたち。 気持ちの表現方法はそれ

犬と暮らす小さな幸せ

12月に入り、寒くなってきましたね。 いよいよ冬到来です。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑