父親を亡くしました

公開日: : 雑感

犬とは関係のない話題です。

a0011_000238

実父が亡くなり、17日に見送ってきました。

実は4月に義父が亡くなっているので、今年2016年は義父と実父、二人の父親を亡くす年になりました。

シオンの委託から間もなくの頃、シオンをステイに出したのは義父の葬儀のためでした。

義父の葬儀の時は夫が喪主だったので、しばらくシオンを預かっていただいたのです。

今回は喪主ではないので、シオンは16日と17日だけ訓練センターで預かっていただきました。

人の死に「適齢期」なんてありませんが、双方の父親も「人の寿命」という観点から考えれば、いつ「そのとき」が来ても不思議はないであろう年齢に達していました。

なので、相応に「覚悟」はあったつもりです。

しかし人の心は脆いもので、寂しさと悲しさと切なさが痛みを伴って心に押し寄せてしまいます。

進学、成人、就職、などなど・・・

人生の節目というものを親に祝ってもらうことが出来ました。

それは幸せなことのはず。

もっと早く親を亡くす人だってたくさんいるではないか。

そうは思うのですが、痛みは止まりません。

どうして時間はこんなに早く過ぎ去っていってしまうのでしょう?

親がいてくれることは当たり前のことではない。

わかっていたつもりでも、経験してみないと実感はわかないものです。

悲しみはしばらく止まらないと思うのですが、二人の父はいつも見守ってくれると思います。

子供たちに深い愛情を注いでくれた二人の父に

ありがとう。

です。

生まれてくること、死んでいくこと、全て自然の摂理で特別なことではないはずですし、親しい人との死別も離別も誰もが経験することです。

理性と感情のはざまで心は悲鳴をあげていますが、これから時間をかけて自分の心に向き合っていきます。

いつかあの空の上で笑顔で再会できるように、自分に与えられた限られた時間を精一杯生きていきます。

それが、これからの私にできる親孝行だと思うから。

031

ブログ再開します。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
体表腫瘤 完治しました
NEXT
べったり そしてまったり

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    このたびは、ご愁傷様でした。

    親を亡くすということは、日がたつごとに、寂しいが増し、今までの愛情を実感するものですよね

    私は母を亡くし28年父を亡くし15年になりますが、いまだに命日が近づくと、寂しくなったり、好きだった曲が流れると涙することがあります。

    いろんな確執も父とは、ありましたが、今なら理解できたり…いろんな思いが、湧き上がります。

    お父様との思い出の時間を大切にしながら、これからも過ごしてくださいね

    お父様のご冥福をお祈り致します。合掌

    • gd.vol より:

      くるみさん
      ありがとうございます。
      これからも義父や父が好きだったもの、思い出の場所などに触れると切なくなると思います。
      親との思い出は楽しいことばかりではなく、確かに確執もあったりしますね。
      湧きあがるいろんな思いを大切にして過ごしていきます。

  2. オプト♪のPWです より:

    ママさん*とてもお辛いときでしょうね… 悲しみいっぱいの心にシオンくんの温もりがじんわりと広がってくれたら❀·°と思います。

    私も大切な人とのお別れが続いた時*ずっと一緒にいられる事はないんだ… と改めて気付かせてくれたり* 今 傍にいる人をちゃんと愛していこう… と想わせてくれたり* それが 大切な人からのメッセージなんだな と感じました。

    ママさんどうぞお身体ご自愛くださいませね✲*゚

    • gd.vol より:

      オプト♪のPWさん
      ありがとうございます。
      お別れした人からのメッセージを大切に受け止めて、しっかり生きていきます。

  3. ミコ より:

    お父様と悲しいお別れをなさったのですね。
    シオンママさんのつらいお気持ちをお察しするだけで、
    私の胸もつぶれそうです。
    今はどんな言葉をおかけしても、決して慰めにはならないでしょうが、
    どうかお父様を偲びながら、静かに時の過ぎるのを待って下さいますように。
    お父様との思い出に涙することから、お父様の思い出が、
    シオンママさんの生きる支えになってくれる日が、
    いつか来ることを願っています。
    お父様のご冥福を心からお祈りいたします。

    • gd.vol より:

      ミコさん
      ありがとうございます。
      心のリハビリにはちょっぴり時間がかかるかもしれませんが、自分の時間を精一杯生きていきます。

  4. すず より:

    お父様とのお別れがあったのですね。お辛かったですね。

    ママさんとお会いしたことはありませんが、日々の言葉を拝見していて、
    とても思いやりがあり、優しく、聡明で…。
    大変素晴らしいご両親のもとに過ごされてきたのだなという事を感じております。

    私も母を亡くして10年以上が過ぎました。
    生きているのですから、別れがあるという事は道理であり、もういないのだという事は理解しつつも
    母が亡くなってすぐの時だけでなく、時を経た今も、やはり気持ちの整理がつかなくなったり、突然大きな穴に吸い込まれてしまいそうな気持ちになったりしてしまいます。

    ゆっくりと時間をかけて、ご自身のお気持ちに無理をせずお過ごしくださいね。
    パパさんのお父様もママさんのお父様も、これからも、いつも、そっと寄り添っていてくださり、見守って下さる事でしょう。

    お父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    • gd.vol より:

      すずさん
      ありがとうございます。
      理屈は通っていても心は理屈通りにはいかないものですよね。
      時間をかけて自分の心と向き合っていきます。

  5. コスモママ より:

    この度は誠にご愁傷さまです。
    心からご冥福をお祈りいたします。
    お見送りは辛いですね。寂しい想いをシオン君が埋めてくれると思います。寒いけどシオンとお散歩して元気になって下さいね。

    • gd.vol より:

      コスモママさん
      ありがとうございます。
      親を見送るのは子の務めと思って、また歩いて行きます。
      誰もが通る道ですものね。

  6. I君母 より:

    ママさんへお悔やみ申し上げます。
    私の実父母、義父母共に健在です。
    いつかは来る日・・今はまだ漠然とした気持ちでいますが、
    絶対にその日は来るんですよね。
    ブログを拝見して親への感謝、改めて思いました。
    一気に冷え込んできましたね。
    シオン君の温もりは、きっと心も体も癒してくれると思います。

    • gd.vol より:

      I君母さん
      ありがとうございます。
      やはり、経験してみないとわからないものです。
      そして、悲しみや寂しさの形も人それぞれなのかもしれません。

      どうぞ双方のご両親様に「感謝」の気持ちを伝えてさしあげてくださいね。
      きっと喜ばれると思います。

関連記事

DSCF8244

NHK「助けて!きわめびと」に多和田訓練士が出演します

本や映画になっている「クイール」で知られる盲導犬訓練士の多和田氏が、NHK「助けて!きわめびと」に出

記事を読む

shikaku_moudouken_man

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

DSCF8244

愛犬とのお別れ

富士ハーネスにて、パピーウォーキング修了式があります。 富士ハーネスでは、昨年の7月にイズモ達

記事を読む

a0011_000238

愛犬が15歳で亡くなり寂しいのでパピーウォーカーをやってみたいけど

愛犬を亡くした友へ わんことの暮らし、楽しかったよね。 愛情をたくさんかけて毎日

記事を読む

DSCF8244

とったよ!二級愛玩動物飼養管理士

夫宛てにこんなものが送られてきましたよ。 イズモを見送って抜け殻になっているかと思いきや、全く

記事を読む

076

エール

受験生の皆さんも進路が決まり、そろそろ卒業式を迎える時期ですね。 第一志望の学校、就職先に進路

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拡散希望です

拡散希望です。 遺棄された秋田犬 黒い彗星ガイル「坊やだからさ」 少しでも多くの人

記事を読む

IMG_2343

別れと出会い そしてありがとう

2016年も私達にとって別れと出会いの1年になりました。 年明け早々にツムギが入所し、島根へ旅

記事を読む

DSCF8244

犬好き必見!爆笑

パピーウォーキングの振り返りは一休みです。 面白いサイトを見つけました。 こちら→犬最高

記事を読む

IMG_2334

インスタグラム 始めました

流行のものに疎い私。 流行っているらしいことは知っていましたが、IT音痴が災いしてなかなか踏み

記事を読む

CIMG6089
くんくん ぴょんこぴょんこ お散歩デビュー

委託から3週間、生後2か月と11日目の6月24日にウェルシーはお散歩デ

CIMG5992a
最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻

CIMG5697
委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。

CIMG5960
鬼パピもたじろぐ?いたずらっこ

ウェルシーを迎えて2週間半になりました。 家に来た頃は、ケージの

CIMG5967
病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のた

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑