友好的な犬とアヒル アヒルの飼育員に学ぶ「本物」の愛情

公開日: : 繁殖犬ウェルシー, 犬育て

ウェルシーは、人にも人以外の動物にもとても友好的です。

小さい頃は、人でも犬でも猫でも鳥でも

わ~い!

ウェルシーだよ~。

と突進しようとしていましたが、今では人以外の動物に対しては、かなり礼儀正しくなりました。

人に対してはまだお勉強中です。

友好的な犬とアヒル

先日、群馬県にある「ロックハート城」へ遊びに行きました。

関連記事→犬連れロックハート城!ロマンティックな英国のお城を楽しもう

お城の敷地に池があり、白いアヒルが池の上を何羽も泳いでいました。

飼育員さんが見せる「本物」の愛情

アヒルのいる池を見ながら歩いていると、飼育員さんと思われる男性が歩いてきました。

何か抱えています。

え?

アヒル?

アヒルって、こんな風に抱っこできるの?

アヒルを抱く飼育員

可愛い~♪

飼育員さんのお顔をお見せできないのが残念ですが、まるでお孫さんを抱っこするような慈愛に満ちた表情をされていました。

可愛いですね。

と話しかけると、この仔は生後4か月で名前は「マリアちゃん」

同じ母鳥の卵が六羽孵化したうちの一羽ということでした。

ウェルシーと同じ六兄弟姉妹だね♪

名前を呼んで、たくさん話しかけているんですよ。

と飼育員さんは言い

どの仔もみんな、自分の名前に反応するんですよ。

と言いました。

そうなんだ~!

アヒルにも飼育員さんの愛情が伝わっているのですね。

飼育員さんは母アヒルも抱っこして見せてくれました。

この仔は、一時期お腹の羽根がみんな抜けてしまったんですよ。

それでフードにお茶の葉を細かくして混ぜて与えていたら、羽根の艶も良くなってきて、お腹の羽根も生えてきたんです。

お茶の葉に含まれる葉酸がいいのではないかと思っているんですよ。

と言っていました。

飼育員さんは、一羽一羽のアヒルに、どうしてあげたらその仔が幸せなのかを考えていました。

わんこの飼い主のみなさん。

可愛いから抱っこしたい~。

ずっと撫で撫でしちゃう~♪

と、犬が嫌だなと感じているときも気付かず撫でまわしてしまったり、吠えるのに悩んで

やめてほしいなあ~。

とは思うけれど、吠える理由なんて考えたこともなかった~!

なんてことはありませんか?

犬は「可愛がりたい」という要求を満たすための道具じゃありませんよね。

飼育員さんはアヒルに対して、一羽一羽を尊重していました。

これこそ「真の愛情」ですね。

アヒルと犬もコミュニケーションが取れるんだ!

おっと忘れていたこの仔。

ねーねーおじちゃん。

その仔誰?

誰を抱っこしてるの?

ねーねー見せて~。

アヒルに興味のある犬

おや、可愛いね。

挨拶するかい?

と飼育員さんは言いましたが、ウェルシーがおもちゃだと思ってアヒルさんの可愛い首を咥えてしまったら大変だと思い

犬がマリアちゃんを噛んではいけないので、やめておきます。

と遠慮しました。

飼育員さんは

この仔(マリアちゃん)はわんちゃんは大丈夫だから、ちょっと挨拶しようね。

と言って、マリアちゃんを抱っこしたまま腰をかがめて、ウェルシーと対面させてくださいました。

アヒルと犬

あたしウェルシーだよ。

こんにちは~♪

挨拶するアヒルと犬

ウェルシーは、マリアちゃんのくちばしに鼻を当ててくんくんしましたが、マリアちゃんに歯を当てたり舐めたりはしませんでした。

マリアちゃんも大きな犬が怖くて暴れるということもなく、ウェルシーが鼻先を近づけているのにつついたりもしませんでした。

お互いに穏やかに触れ合って

お終い!

ってなりました。

すごい!

アヒルと犬、すごいコミュニケーション能力ですね。

そして、飼育員さんのマリアちゃんに対する信頼もすごいですね。

私は、施設の大切なアヒルをウェルシーが傷つけてしまったら大変だと思い、挨拶させるのをためらいました。

アヒルが犬を怖がり、犬の目をつついてしまうということだって起こり得るかもしれません。

しかし、飼育員さんはマリアちゃんに絶対の信頼を置いていて

この仔なら大丈夫(六羽の中には犬が苦手な仔もいるかもしれません)

と穏やかに、そして自信に満ちた態度で、マリアちゃんをウェルシーに近づけてくださいました。

はあ~。

動物の保護者(飼い主)たる者、こうでなくてはいけませんね。

ウェルシーをちゃんと理解して、人の社会で楽しく暮らしていけるように導いていくのには、まだまだ修行が必要な私です。

まとめのようなもの

ウェルシーは、他の動物たちに対しては友好的ですが、普段はむやみに近づけたりはしていません。

お散歩中に出会う猫や鳥には目が合うと目を背け、道路をくんくんしたり頭を下げてお辞儀をするような格好でやり過ごしていきます。

今回のように見慣れない動物を見ると接触したがりますが、相手に

嫌だよ。

と言われれば諦めますし、接触しても挨拶して終いです。

ウェルシーの中で「仲良し」は、同じ空間を平和的に過ごすことなのでしょうね。

散歩する犬

そして

飼育員さんからは、愛情を注いで育てることを改めて教えられました。

私もウェルシーと一緒に成長していこうと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れロックハート城!ロマンティックな英国のお城を楽しもう
NEXT
人が大好き大興奮!他人様に甘噛みしちゃう犬も少し落ち着きが出てきました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    信頼…いいお話でした♪
    ご紹介、ありがとうございます♪
    信頼を築き、そのコを信じきってあげる事が出来れば、本当にそのコからのリアクションもきっと大きく変わるかも知れませんね…

    大変、勉虚になりました♪

    • サナ父ちゃん より:

      勉虚じゃない!勉強です~!
      ごめんなさい(笑)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      私も大変勉強になりました。
      プロの飼育員さんのさりげない行動がとても自然で、アヒルたちへの愛情と信頼関係を感じました。
      足元にも及びませんが、これからのウェルシーとの暮らしに活かしていきたいです。

関連記事

犬の発情出血について知っておいてね 2回目のシーズンが来ました

ウェルシーだよ♪ あたしね、2月15日から2回目のシーズンが始まったよ。 そして、今回は

記事を読む

ペンギンの置物に興味を示す犬

フレンドリー過ぎる犬の気質を長所だと思うことにした

一般にラブラドールやゴールデンなどは、人懐こい仔が多いと思います。 ただでさえ人懐こい犬種なのに、

記事を読む

散歩中リードを噛み飼い主に飛びつく子犬 散歩改善の進捗状況 

お散歩デビューした頃のシオンは、リードを噛んだり靴ひもを噛んだりして、まともに歩いてくれませんでした

記事を読む

散歩する犬

犬の2歳は反抗期?落ち着きが出てくる頃?

2019年4月14日 ウェルシーは2歳の誕生日を迎えました。 父犬ユオン君、母犬ココアちゃん

記事を読む

雨の朝

台風の影響で、朝から土砂降りのつむたん地方です。 ツムギは目覚めて、ワンしてツーして・・・。

記事を読む

犬連れ冬の伊豆 酪農王国オラッチェ

ウェルシーだよ♪ パパとママに伊豆に連れて行ってもらったよ。 あたしが遊んだところを少し

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがありました。 犬は保護団体

記事を読む

犬連れ赤城南面千本桜

ウェルシーだよ♪ 赤城南面千本桜(群馬県)を見に行ってきたよ。 読みは(あかぎなんめん)だよ。

記事を読む

犬の言葉「やめて」が聞こえた日

ある朝、目が覚めてケージから出てきたツムギは、私の横に伏せてまったりしていました。 そこへ夫が

記事を読む

芝生でゴロゴロする犬

なぜ犬は芝生に背中をゴロゴロ擦り付けるの?

家の近くに河川敷の公園があります。 河川に沿って芝生が植えられているので、ときどきウェルシーを連れ

記事を読む

石門
犬連れ昇仙峡 紅葉の秘境を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 昇仙峡(山梨県)に連れて行ってもらったよ。 昇仙

座る犬
犬も寒暖差で体調を崩す 季節の変わり目は体調管理に気をつけよう

11月を過ぎて朝晩めっきり冷え込むようになりました。 1日のうちでも

石神井公園
犬連れ都立石神井公園散策

ウェルシーだよ♪ 東京都の石神井公園(しゃくじいこうえん)に連れて行

コスモスと犬
人が大好き大興奮!他人様に甘噛みしちゃう犬も少し落ち着きが出てきました

ウェルシーは人が大好きで、人に可愛がってもらうと興奮が上がり、人に飛び

挨拶するアヒルと犬
友好的な犬とアヒル アヒルの飼育員に学ぶ「本物」の愛情

ウェルシーは、人にも人以外の動物にもとても友好的です。 小さい頃は、

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑