2回目の家庭訪問

公開日: : 第一話 イズモ

2014年1月

24日は訓練士さんによる家庭訪問でした。

家庭訪問、レクチャー、電話でのサポートのお蔭で、犬育て初心者の私達でも安心してパピーを育てていけるので本当にありがたいです。

訓練士さんとの約束の時間近くに、夫も仕事を空けてくれてイズモと3人で待っていました。

(1回目の家庭訪問の時も夫は同席してくれました)

訓練士さんが到着しました。

前回と同じ素敵な女性の訓練士さんです。

訓練士さんが部屋に入るとイズモは猛ダッシュ!

訓練士さんにぴょんぴょん飛びつき熱烈な歓迎です。

どの仔もそうなのですが、イズモも訓練士さんが大好きなんですよね。

来てくれたのが嬉しくてすごい勢いで何度も飛びつきます。

家族としてはあまりありがたくない歓迎の仕方ですが、飛びつきに手を焼いている私達は訓練士さんがイズモをどうあしらうのかと思い、あえて傍観しました。

訓練士さんは何度も飛びつくイズモの頭を押さえ「NO」と叱りました。

しかし、それでへこたれるイズモじゃありません。

今度は訓練士さんの後ろへ回り、後ろから飛びつき服を引っ張る始末。

イズモは後ろから飛びつくと捕まえられにくいことをちゃんと知っていて、後ろから飛びつくんですよね。

ひとしきり飛びついて、訓練士さんに抱え込まれ

「イズモ、落ち着こう」

あおむけ抱っこにされ、ようやく落ち着きました。

最近のイズモはレクチャーの時は、遊ぶのも待っているのも落ち着いていられるようになってきたので

「イズモは家ではハイパーでお転婆なんですよ」

と言っても、訓練士さんは私達が犬を育てるのが初めてなのでそう感じるのであって、ラブラドールの子犬なんてこんなものよと思っていたに違いありません(笑)

「へ~え、こんな一面もあるんだ」

と言いました。

(だから・・・ハイパーわんこなんですってば)

今回の家庭訪問ではハイパーなイズモも、落ち着いているイズモもどちらも見てもらえました。

良いところは

①指示を聞こうとする

訓練士さんがいる間に、House Sit Down Waitなどの指示を出す場面があり、生活の中で自然に出来ていると褒めてもらえました。

解っていても無視することもあるくせに、イズモ~!何故訓練士さんの前ではいいこになるんだ~!!

②ワンツーの指示でトイレが出来る

今回の家庭訪問ではお散歩の指導もあったので、お散歩に行く前に

「イズモお散歩に行くよ、ワンツーしておいで」

と言ってワンもツーも上手にしてくれました。

部屋ではほぼ完璧に出来るのですが、外ではまだ出来ないことも多いのでもう一息です。

 

改善したいところは

①最近かなりひどくなっている飛びつき

②散歩の引っ張り

子犬なので元気なのは仕方がないが、イズモはもう赤ちゃんではないのでいけない事はキッパリ叱る。

そして叱りっぱなしにせず、飛びつくことをやめたらしっかり褒めてあげる。

散歩の引っ張りは引っ張ったら止まり「違うよ」と教え、上手に歩けている時は褒めてあげるということで人と一緒に歩くことが楽しいと教えてあげるようにしていくという指導をしていただきました。

 

一通りの指導が終わった後、訓練士さんに

「イズモはコマンドでねんねするんですよ」

と言ったら

「やってみて」

と言うので

「イズモ、ねんね」

o0400030013110645595[1]

「きゃ~可愛い!可愛い!!」

訓練士さんがはしゃぎ

「私も~!私もやりたい~!!」

と言うので

「どうぞ」

「イズモ、ねんね」

イズモは床に顎をつけてねんねのポーズ。

「きゃ~可愛い!!」

普段はとても頼りになる素敵な女性の訓練士さんですが、この時の訓練士さんの顔は犬が大好きな普通の女の子(女の子なんて言うのは失礼な素敵な女性ですが)の顔になっていました。

 

今回の家庭訪問には訓練犬を連れて来ていました。

家庭訪問の時間は散歩も入れて約3時間かかりました。

その間訓練犬は車の中でずっと待機していました。

出入りのため私達が車の横を通っても訓練犬は「く~ん」とも言わず、ずっとお利口に待っていました。

凄いな~。

今は訓練犬になったイズモ。

いいこに待つとか・・・できるようになっているのかな?

関連記事→ねんね しつけ番外編

関連記事→あおむけ抱っこ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
クレイジー7か月~思春期がはじまるよ~
NEXT
子犬の飛びつきをやめさせるのは無視が一番効果があった

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    1. 無題
    イズモもそうだったんですね。
    チョコもいま好きな人みると嬉しくて飛びつきます…
    おばあちゃんだとか子供は危ないので、ハラハラします。
    嬉しく興奮して言っても聞く耳もだず…いま悪戦苦闘してます。いまのとこ、みんな可愛いと喜んでくれますが…汗
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. スピカ より:

    2. ん~~(^_^;)
    イズモちゃんも、大好きな人が来てくれれば、つい飛びついちゃいますよね~(*^.^*)

    うちのハイパー2頭も、「連続直立跳び」すごいです。飛びついてきても、無視して背中を向けていると、やめる・・・そんな簡単にいきません(^_^;)

    でもきっとイズモちゃん、あと少ししたら出来ている気がします(b^-゜)
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  3. gd.vol より:

    3. Re:無題
    くるみさん
    嬉しいと飛びついてしまうので焦りますね。
    怪我などに気をつけてくださいね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  4. gd.vol より:

    4. Re:ん~~(^_^;)
    スピカさん
    同じく「連続直立飛び」でした。
    なんであんなに元気なのでしょうね~。

    叱っても無視してもなかなか・・・手強かったです。

    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

写真館にて

ただの親バカの記録です。 興味のある方だけご覧になって笑ってくださいね。  

記事を読む

抜け毛ごっそり

2013年 11月半ば頃になるとイズモの抜け毛が凄い量になりました。 先輩パピーウォーカ

記事を読む

他犬に吠えるのは飼い主のせいかも?

イズモは生後8か月になる頃から、お散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまいました。 犬を見つけ

記事を読む

子犬の飛びつきをやめさせるのは無視が一番効果があった

生後5か月を過ぎた頃からイズモは飛びつくようになりました。 朝の挨拶「おっはよ~ぴょ~ん」に始

記事を読む

子犬のしつけお座り(Sit)いつからどう教える?

犬のしつけの中で「コマンドに従う」ものがいくつかあります。 Sit(お座り)Down(伏せ)Wai

記事を読む

7回目のレクチャー

2014年3月23日 7回目のレクチャーでした。 久し振りに兄弟姉妹に会えて大喜びの犬たち。

記事を読む

3回目のレクチャー

2013年11月 17日は3回目のレクチャーでした。 この日は5か月ほど年上のB12胎のお兄さん

記事を読む

引っ張り散歩は犬も辛くない?散歩の引っ張りは直る?

お散歩デビューした頃のイズモは順調に歩いてくれました。 落ちているものを咥えようとしたり、風に飛ば

記事を読む

犬 思春期の処方箋

そんなものはありません(笑) ただね 初めて犬を育ててみて、犬も人間も成長過程は同じなん

記事を読む

他犬の模倣(マネ)をして学習する子犬

私の教え方が下手だったため、なかなかおもちゃのアウトが覚えられなかったイズモですが、兄弟犬のマネをし

記事を読む

梅と小田原城
犬連れ小田原城址公園・報徳二宮神社

ウェルシーだよ♪ 2月の終わり、寒さの中にも春を感じる日に小田原城址

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑