小さな猛獣

公開日: : 第一話 イズモ, 甘噛み 噛み

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く解っていませんでした。

来たばかりの頃のイズモは、人の姿が少しでも見えないときゃんきゃん大騒ぎなくせに、ちょっと手を出すと威嚇してくるし、ガブッと噛んできたりしました。

え~~!!か・・噛んだ!!しかも痛いじゃないの!!

「甘噛み」なんていうから、カジカジくらいのものかと思っていたのに、ガブッですよ。

ガブ噛みって言いたい!

子犬の歯は細くて尖っているので当たると痛いし、想定外の痛さによせばいいのについ反射的に手を引いてしまって流血とか。。。

甘噛み防止スプレーは、手に塗ってもまるで効果が無かったし・・・。

さらによせばいいのに、つい「痛い!!」と大きな声を出してしまったり、痛い=怖いとなってしまって犬にもこちらの恐怖感が伝わり、犬も興奮してくる。

さらにさらによせばいいのに、ここで負けるわけにはいかない、最初が肝心などと思ってしまって、噛んだら強い語調で「NO!!」と言っていました。

叱ると、叱られたということに逆切れして飛びかかってきたり、吠えたり、部屋中をすごい勢いで走り回ったりしました。

 

何なのこの仔。

なんて気が強いんだ!

子犬ってこんなもん?

 

自分が想像していた子犬のイメージと全く違っていて、噛んでいいおもちゃを与えていても、すぐ人の手を噛んでくるし、最初の4~5日はどうしていいかわからず「NO!!」ばっかり言ってしまっていました。

家具を噛むのはすぐやめられたのに、なんで?と思ってしまい、ムキになっていました。

叱られてシュン!となるのならまだしも、挑発的な目をして攻撃的になるんですよね。

世間でよく言う「噛まれたらさらに手を突っ込むと苦しいのでやめる」というのも効果はありませんでした。

確かに苦しくて「ゲェ」とか言って離すのですが、次の瞬間またガブッ!でした。

今思えば、これは全部やってはいけないことでした。

床に座ると、何気なく動かす人の手は、ちょうど犬の目の高さになり魅力的なおもちゃに見えるんですよね。

しかも噛んでみると「痛い」とか声を出して反応してくれるし、犬からしたら「なんか、すっごい楽し~!」になってしまうんですよね。

自分は楽しいことをしているだけなのに、相手は攻撃してくるし「なにすんだよ!!」って思ってしまうんですよね。

おもちゃを噛んでいる時に「Good」と褒めて、なにも噛んでいないときも「Good」と褒めるようにしていました。

しかしこの時期のイズモはまだ「Good」の意味も解っていませんでしたし「NO」は語調が強いせいか、自分が理不尽に攻撃されていると思ってしまっていました。

そうです。

気が強いから反撃してくるのではなく、言葉で攻撃されて怖いから自分を守ろうとして反撃していたのです。

今思うと、本当に可哀想なことをしたものです。

兄弟姉妹から離されてたった一人で知らない場所に来て、知らない人と一緒に暮らすことになりました。

もちろん、自分の意思でそうなったわけではありません。

その知らない人達は、ごはんをくれて敵ではなさそうだけど、いきなり「No」という音で攻撃してくる。

「なんで~なんで~」と、とっても不安だったし不快だったと思うんです。

小さな体と心で精いっぱい対応していたんですよね。

たった一人で・・・自分を守るために。。。

o0400030013048818627[1]

寝ている時のイズモは天使のように可愛いのに

ガブガブ噛んでくる時は、まるで小さな猛獣でした。

o0400030013048819028[1]

この頃はまだ私を信頼してくれていないので、部屋の隅で寝ていることが多かったです。

o0400030013048818628[1]

「NO」を止めていったら(つい言ってしまう事もあり、ゼロにはなりませんでしたが)だんだんそばに来るようになり

o0400030013048818629[1]

やがて安心しきって眠るようになりました。

「膝の上に乗るのは犬が自分の方が上だと思っているから」

と人に言われたので、訓練士さんに相談したら

「イズモの方から来るのであれば、乗せてあげてください。子犬なので、たくさん甘えさせてあげてください」

ということでした。

身体を密着させることは、犬も心が落ち着くようでした。

甘噛みは叱るのをやめてイズモの目線で手を動かさないように気をつけたり、噛んで来たらポケットに手をしまうなどして、気長に対応していきました。

しかし、夫の手を噛むのがなかなかやめられず、これが次の事件へと発展することになります・・・。

次の事件とは→分離不安症~ビターアップル事件~

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
入所から1か月
NEXT
アウト・オッケー おもちゃで遊ぼう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

5回目のレクチャー

2014年1月19日 5回目のレクチャーでした。 途中で寄ったショッピングモールの駐車場

記事を読む

お出かけ~♪ 富士ハーネスキャンドルナイト

2013年12月14日 富士ハーネスでキャンドルナイトが行われるので行ってきました。 途

記事を読む

フードの与え方

人でもわんこでも、ごはんは毎日の楽しみです。 ラブラドールは、歩く胃袋などと揶揄され、ほんとに

記事を読む

甘噛みは叱っていいの?いけないの?

先日の1回目のパピーレクチャーの座談会の中で、甘噛みについての悩みが話題になりました。 ツムギ

記事を読む

人が強化してしまった子犬の甘噛み なおすには毅然とした態度と根気が必要

生後2か月や3か月の子犬を迎えると、大抵の仔は甘噛みをすると思います。 だんだん成長し、歯の生

記事を読む

お手ができるなら その1

生後7か月、1月の終わり頃訓練士さんが家庭訪問に来てくれました。 イズモは訓練士さんに「遊ぼう

記事を読む

肉球の上で?

2013年12月 ねえねえパパちゃん。 なんだい?イズモ ねえ だっこ

記事を読む

しばらく続く甘噛み攻防戦

ウェルシーは、現在生後2か月半すぎ。 7月14日で丸3か月になります。 カミカミは最初か

記事を読む

ビターアップルなど甘噛み防止スプレーについてわが家の考え方

子犬の甘噛みに悩んでいる方は多いようで、私のブログも 甘噛み ビターアップル などの検索

記事を読む

ピンポンハウス

イズモがお散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまった生後8か月頃。 その頃から来客に向かっ

記事を読む

詐欺に注意!民事管理センターから訴訟のお知らせが届いた

私たちの元に「架空請求書」が届きました。 本日は犬とは無関係の話題で

子犬のしつけには「おやつ」も「叱る」も必要ない!盲導犬パピーのしつけ方

子犬をおうちに迎えたら、人と楽しく暮らすためにはしつけも必要ですね。

盲導犬繁殖犬飼育ボランティアの条件と申請から委託まで

パピーウォーカーはメディアの影響もあり、広く知られるようになってきまし

狂犬病予防注射は毎年しないといけないの?ワクチン接種義務の根拠と費用

春になると狂犬病予防接種のお知らせが自治体から届きます。 ウェル

室内犬の一日のタイムスケジュールとしつけのポイント

ウェルシーだよ♪ 室内犬のみんな、一日をどう過ごしているの?

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑