眼底検査 富士宮ぷち観光

公開日: : 第一話 イズモ

2014年3月19日

I-12胎のパピー達は眼底検査の日でした。

富士ハーネスへイズモを連れて行きました。

送りは午前10時。

富士ハーネスに到着して訓練士さんにリードを手渡すとイズモは尻尾をビュンビュン振って

「ねえねえ訓練士さん、今日何?何して遊ぶの?」

という感じでスキップをするような足取りで、訓練士さんと一緒にトットコ行ってしまいました。

こちらなんかチラリとも見ません。

これですもん。

盲導犬の候補犬たちって・・・ボランティア泣かせなんですよね。

訓練士さんが大好きなのはわかるけどさ、普段面倒見ているのはこっちなんですけど・・・。

少しは名残惜しそうにしてみろっちゅーの!

さて、お迎えは午後3時です。

時間があるので少し観光をすることにしました。

o0400030013127637738[1]o0400030013127633529[1]

浅間大社とか、大石寺とか回ってみました。

平日なので人は少な目で、久しぶりに夫と二人でのんびり出来ました。

昼食は浅間大社の向かいにあるお宮横丁でいただきました。

一度食べてみたかったB級グルメの富士宮焼きそば。

イワシの粉と青のりをたくさんかけてもらいました。

静岡名産のサクラエビもたっぷり!

もちもちした食感で美味しかったです。

o0400030013127634830[1]

そしてもう一品はエビ餃子。

プリプリのエビが丸ごと入ってこちらも美味しかったです。

o0400030013127634831[1]

お水はセルフサービスなのですが、ここで汲みます。

これは富士山の湧水だそうです。

お水も美味しかったです。

o0400030013127633528[1]

イズモが来てからはどこに行くのもイズモが一緒でした。

犬は入れないところもあるので、ちょっと不便だったり自由がきかなかったりします。

たまには二人でのんびりもいいなあ。

でも、こうやって食事の時にテーブルの下や足元に伏せているイズモがいないと、なんか足元がスースーするような落ち着かない感じもありました。

いつの間にかイズモがいるのが当たり前になっていたんですね。

お迎えの時間になりました。

富士ハーネスに着くとアイリーンのパピーウォーカーさんと一緒になりました。

やがてアイリーンが訓練士さんを引きずるようにしてやってきてパピーウォーカーさんにぴょん!!

嬉しくて仕方ないという感じで可愛かったです。

イズモも訓練士さんを引きずるようにしてやってきました。

パパの手をペロペロっとちょっと舐めましたが、そのままおとなしく立っていました。

訓練士さんにリードを手渡されると、パパの横について私達と一緒に歩いて駐車場へ向かいました。

もちろん?訓練士さんを振り返ったり名残惜しそうにしたりはしません。

この仔たちって、その時その時の状況で気持ちを切り替えているんでしょうか?

不思議だな~。

家に帰ったパパちゃん。

何やら不満気です。

どうしたの?

だって・・・アイリーンはあんなに嬉しそうにママさんに飛びついて・・・。

イズモったらアッサリしすぎ。

もっと全身で喜びを表現して欲しかったよ~!!

ですとさ。

面倒くさいやっちゃな~!!

娘に対するフクザツな男親心ですかね?

o0400030013127660418[1]

パパちゃん、訓練士さんの前では「出来る仔イズモ」だというところを見せておかないとね。

大好きだよ、パパドキドキ今夜もお膝でねんねさせてね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬の寝相
NEXT
7回目のレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    1. 無題
    複雑な父親心ですかね?(笑)

    犬たちは犬たちで、自分たちの立場をわかっているのでしょうかね…
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    くるみさん
    ラブラドールの犬種の特性もあるのでしょうが
    この仔達、可愛がってくれる人なら誰でもOKなんですよね。
    飼い主さんが変わるということにも、あまりストレスを感じないので、盲導犬に向くのかなあ?

    複雑な父親心ですね。
    この時の夫、かなり寂しそうでした。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. スピカ より:

    3. 無題
    パパさんの気持ち、わかるな~
    うちの旦那さんの感想です。

    きっと、表現の仕方がその仔によって違うのですよ!
    「うれしくってうれしくって、パパに跳びつきたいけど、パパにいいとこみせるんだ!」って(*^_^*)

    そう思うことにしましょうか。(^_^;)

    犬なしで、たまにの~んびりもいいですよね。
    でも、すぐに「どうしてるかな~」なんて思い浮かんでしまうのです。私は「なし」ではいられないようです。これもある意味困りますね(^^ゞ
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  4. gd.vol より:

    4. Re:無題
    スピカさん
    そうですね。
    表現の仕方がその仔その仔で違うのでしょうね。
    イズモは訓練士さんの前ではいいこになる仔でした。
    訓練士さんのことは学校の先生のように思っていたのかもしれません。
    先生に褒められたくていいこになるんでしょうね。

    今は犬なしで、のほほん?と生活をしている私達ですが、どしているかな~とは思います。
    元気にしているに決まってますけど。

    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

小さな猛獣

犬を飼ったことがなかった私は、仔犬が甘噛みをするという知識はありましたが、実際にどんなものなのか全く

記事を読む

再会 We love Izumo!

ようやくこの日記も時間軸が追い付いてきました。 12月6日に、イズモとの面会をして来ました。

記事を読む

キャリアチェンジ

私達を笑わせて楽しませてくれた盲導犬候補パピーのイズモが、この夏私達の元を巣立ってから3か月後、TP

記事を読む

いずも

幸せの片道切符

ステイわんこの1号さんを送り届けた1月4日の夜、富士ハーネスから電話がありました。 イズモの譲

記事を読む

抱っこDEお散歩

犬を家庭に迎えて、人と一緒に仲良く生活するためには ①人と一緒に暮らすためのマナーを犬に教え

記事を読む

癒しのひととき

イズモは夜8時から8時半頃に寝ます。 夫が帰宅するのは9時以降のことが多いので、夫が帰宅する頃

記事を読む

シャンプー

2014年2月 雪遊びを楽しんだイズモさん。 パパにシャンプーをしてもらっています。

記事を読む

ピンポンハウス

イズモがお散歩中に出会う他犬に吠えるようになってしまった生後8か月頃。 その頃から来客に向かっ

記事を読む

CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。 それは、イズモを

記事を読む

伸び

犬が伸びをしている姿って可愛いです。 イズモはコマンドで「ねんね」のポーズが出来るようになりま

記事を読む

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえマ

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

刺激に敏感だけど散歩は好きなので

わが家の周辺は住宅街なので、わりと静かな環境です。 パピー達のお

犬は人の気持ちがわかっている?家族に寄添う犬

ここのところ、めっきり寒くなってきました。 暦の上でも二十四節気

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑