ペットを捨てる人たち

公開日: : 雑感

最近、ショックなことがありました。

ある日、自宅から車で30分くらいのところにある公園に行きました。

この公園は犬を連れて入ることができるのですが、しばらく公園を散策していると、こんな看板がありました。

1つ目と、3つ目は、まあよく見かけます。

よく見かけるということは、いくら注意喚起をしても気にしていない飼い主さんが多いということですよね?

これだけでも、飼い主さんの意識が低すぎると思えてなりませんが、しかし、2つ目!!

驚きました。

公園にペットを捨てる人がいるということですよね!!

なぜペットを捨てるのでしょう?

犬を手放す理由を調べてみました。

  • 思ったより世話が大変
  • 引っ越し先がペットの飼育不可のため
  • 家族が病気になった、介護が必要になった
  • 犬を飼ってみたらアレルギーだった
  • 犬が高齢になり費用がかかるようになった
  • 吠える、噛むなど、問題行動のため飼育が困難
  • おとなし過ぎる
  • 子犬がたくさん産まれ、面倒見きれない

調べてみるともっとたくさんありましたが、あまりに身勝手に思えて書くのが辛くなってきました。

行政による犬猫の引き取り

以前、動物愛護法では、飼い主が何らかの理由で飼育ができなくなり行政に持って行くと、行政はこれをひきとらなければならないとしていました。

これは、動物を飼えなくなった飼い主が動物を捨ててしまうことが多いということの対策として、設けられた規定です。

特に犬については、捨てられてから行政が捕獲に乗り出すより、むしろ飼い主自ら保健所などに持ち込んでもらった方が労力の削減になるという考えもあったようです。

そのためほとんどの自治体では、犬猫の引き取りを無料で行っており、飼えなくなった犬猫の回収のための巡回サービスも行われていました。

積極的な引き取りは、確かに捨てられた犬が野良犬になり、住民を脅かしたり、捕獲の手間を減少させるのに役立ってきたのかもしれません。

その一方で

飼えなくなったら保健所にタダで引き取ってもらえばいい。

といった安易な風潮を作り出すことにもなったように感じます。

現在では多くの自治体や動物愛護団体が、保護された犬猫の里親探しや、新たに持ち込まれる犬猫を増やさないための避妊・去勢手術の推奨などの活動を行っています。

保護期間中に新たな飼い主が見つかったり、ボランティア団体による里親探しで新たな飼い主が見つかればいいのですが、保護のための費用やスペースにも限界があり、未だに多くの犬猫たちが処分されてしまうのが現状のようです。

しつこいですが、もう一度!

何気ないようで衝撃的な看板

放棄された犬猫は一定の保護期間が過ぎると処分(殺すこと)されることを知っていますか?

引き取った犬猫は行政が処分しますが、あなたが殺すのと同じことです。

ペットを飼うのは自由です。

自由には責任があるということも知っていますよね。

上の写真は、文章とは関係ありません。

飼い主さんに連れられて無邪気に砂浜で遊ぶわんちゃんです。

夏を楽しんだかな?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
8/14BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ
NEXT
愛犬の名前を呼ぶときに注意したいこと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    仰ることに激しく賛同です!
    こんな立札か公園にあるなんてあり得ません!
    このような事がもう起こらないように人間がしっかりして欲しいてす…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      気が滅入ります。
      そして、こんな個人のブログに書いたところで、何が変わるわけでもないし・・・。
      と思うのですが、書かずにいられない気持ちになりました。

  2. ツムギ母 より:

    看板にわざわざ書くのだから、ペットを見捨て公園に放置して行く人がいる、と言うことなんですね。悲しいです。
    私が幼い頃は野良犬がいましたが、今は見なくなりました。(多分、どこの地域でも)
    人間からすると安全になって良かった!ですが、実は野良ちゃん達は殺されているんですよね。
    『ペットを飼う』は人間の一時的な感情で衝動的にしないで欲しいですね。
    どの仔にも幸せになってもらいたいです。

    • gd.vol より:

      ツムギ母さん
      「わざわざ」ですから、ペットを捨てる人がいるのだろうと思ってしまいますよね。
      本当に、みんな幸せになって欲しいですね。

関連記事

犬に嫌われる人は男性に多い?

うちの仔、男の人が苦手なんだよね~。 という話を時々聞きます。 わが家にやってきたパピー

記事を読む

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

犬にサマーカットは逆効果!熱中症の危険も!!

見た目には涼しそうなサマーカットですが、実は犬にとっては逆効果で サマーカットは犬にとっては地獄!

記事を読む

ふるさと納税で殺処分ゼロに協力できます

私たちの支払う税金は、その使い道を納税者が選ぶことはできませんが、ふるさと納税は一部使い道を選ぶこと

記事を読む

詐欺に注意!民事管理センターから訴訟のお知らせが届いた

私たちの元に「架空請求書」が届きました。 本日は犬とは無関係の話題です。 架空請求書に気を付けて!

記事を読む

シアトル発わんこのお話 アメリカの盲導犬育成システムにも言及

アメリカのシアトルで生活していらっしゃるナオミ・シェラーさんが、シアトルの日本語情報サイト「JUNG

記事を読む

犬の食器のぬめりの原因は何?簡単なヌルヌルの落とし方

毎日のごはんが楽しみなウェルシー。 無心に食べている姿は可愛いです。 そして、食

記事を読む

伏せる犬

ラブラドールの寿命は約12年!犬との死別が怖いと感じる私が今できること

わが家の4頭目パピーのウェルシーが繁殖犬になり、わが家に戻ってきて1年とちょっとが経ちます。 関連

記事を読む

お年玉は何歳から何歳まであげる?年齢別の金額相場は?あみだくじにしたよ

ウェルシーだよ♪ お正月はお客さんが来たよ。 お客さんが来ると大勢になるから、いつもテー

記事を読む

父親を亡くしました

犬とは関係のない話題です。 実父が亡くなり、17日に見送ってきました。 実は4月

記事を読む

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

洗濯かごに入れられる子犬
パピーウォーカーが巣立ったパピーの誕生日に思うこと

2月1日は、わが家の3頭目パピーのシオンの誕生日です。 S-14胎の

フードを食べる子犬
【動画】子犬のお座りの教え方のコツ

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑