吠え方で分かる犬の気持ち|吠え癖をつけないためには?

公開日: : 吠え

犬は吠える動物なので、吠えるのは当たり前のことなのですが、飼い主さんのお悩みで一番多いのが「吠え」で、また地域住民のクレームで一番多いのも「吠え」なのだそうです。

部屋でくつろぐ犬

犬の吠え方は主に4種

犬の吠え方はおおよそ4種類に分けることができ、吠え方で大まかな犬の気持ちを知ることができます。

1.高さ

吠え声の高さは、犬自身の強さを表します。

高い声で吠えているときは、自分は弱いですとアピールしていて、低い声で吠えているときは、自分は強いとアピールしています。

2.大きさ

吠え声の大きさは、そのまま、気持ちの強さを表しています。

大きい声で吠えているときは、それだけ相手に強くアピールしたいということです。

3.速さ

吠える速さは興奮の度合いを表していて、吠えるテンポが速いほど興奮しています。

4.間隔

吠え声の間隔は、相手の様子をうかがっているか、自分の主張を訴え続けているかの違いを表しています。

間があいているときは様子を見ながら主張を訴えていて、間隔が短い場合は自分の主張を強く訴えています。

「吠え」が「吠え癖」にならないように

ウェルシーは小さい頃、様々な理由で吠えました。

育て方を間違うとたくさん吠えてしまう仔になるかも?

と思ったので、吠え癖をつけないことを目標にしました。

眠る犬

吠えスイッチが入らないように

犬は自分の気持ちや、音、他犬、人などの外部の刺激で吠えます。

いろいろな刺激に触れて吠えたときに、対策を取って「吠えなくていいよ」と伝えてあげていると、吠えにくくなっていきます。

吠えっぱなしにさせたり、吠えることで要求が通ったり、問題が解決すると吠えを強化してしまい、刺激に対して反射的に吠えるようになります。

これがいわゆる「吠え癖」です。

犬が吠える理由と対策

犬が吠える理由によって対策を考えていく必要がありますが、私たちのパピーへの取り組みは別記事にしてありますので、興味がある方はご覧になっていただけたらと思います。

1.要求吠え

犬は吠えた結果として願いが叶う(要求が通る)と、吠えればお願いを聞いてもらえると学習するので、吠えを無視します。

  • 吠えても願いは叶わない。
  • 吠えなければ願いが叶う。

と学習させます。

2.警戒吠え

嫌なものを追い払おうとして吠えます。

吠えた結果として嫌なものが無くなると、嫌なものに出会うと反射的に吠えるようになります。

トラックなどが通ると吠える仔、いますよね。

吠えているうちに遠ざかりますよね?

犬は自分が吠えたので追い払えたと学習(勘違いですが)するので、成功体験になり、ますます吠えるようになります。

社会化として、人や他犬、音などの刺激に慣れてもらうことが重要ですが、いろいろな刺激に対しては、元々敏感な仔もいれば鈍感な仔もいます。

敏感な仔は吠えやすいと言えますし、すでに吠える仔の場合は簡単には治らないので根気が必要ですし、数回吠える程度なら人の側が許容することも必要です。

3.興奮吠え

興奮で吠える仔もいますね。

座らせるなど犬が落ち着ける方法を探し、吠えが予測される場合は、できれば吠える前に指示を出します。

座れない場合には「NO」と叱り、座れたら褒めます。

日頃から興奮してもクールダウンさせるなどして、落ち着いた生活を心掛けるのも大切です。

4.留守番、夜鳴き

寂しくて吠えちゃいますね。

一人にすると吠えてしまうのは、その子にとって一人ぼっちになることはハードルが高いということになります。

いつも人がそばにいるよ。

という環境を作り、犬を安心感で満たしてあげます。

犬が安心して過ごせるようになってきたら、少しずつ

  • 眠ったら視界から消える。
  • 短時間のお留守番をさせてみる。

など、その仔のペースに合わせてスモールステップで、一人でいることに慣れていってもらいます。

吠える犬を叱ってはいけない

叱ることで吠えを治すのは、素人には難しいです。

叱っているつもりがかまってもらっていると思われたり、飼い主さんも一緒に嫌なものを追い払おうと吠えてくれていると勘違いされたりします。

また、叱ることで飼い主さんとの信頼関係を壊してしまうリスクがあります。

まとめのようなもの

犬は吠えることで自分の気持ちを表現しています。

声の大きさや、高さ、早さ、間隔などと、犬の置かれている状況を併せて考えることで犬が吠えている理由や感情の強さを推し量ることができます。

犬が吠えること自体は問題行動ではありませんが、吠え続けることは人にとっても辛いものになりますし、犬にとってもストレスになります。

対策を考え、犬に

吠える必要は無いんだよ♪

と伝えてあげられるといいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
パピーウォーカーが入所までに子犬に経験させたい4つのこと
NEXT
犬のマウンティングをやめさせたい?マウンティングの意味と対策

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

フードを食べる子犬

犬がごはんの前に要求して吠えるんです

ごはんの用意をしていると犬が吠えて大騒ぎする。 そろそろごはんの時間だと思うと犬が吠えて要求する。

記事を読む

玄関に立つ犬

犬は自分に都合よく解釈する習性を持っている?

春頃からだと思うので、ここ2~3か月ですが、ウェルシーはチャイムが鳴ると吠えるようになりました。

記事を読む

子犬生後3か月反抗期がはじまったかも?わが家の要求吠え対策

ある日のお昼頃、ツムギを抱っこ散歩に連れて行き、帰ってきたときのことです。 犬の要求吠えには家族で同

記事を読む

人にくっついて寝る犬

要求吠えをダメとしつけたら要求お手を編み出した子犬

犬が吠える理由の一つに要求吠えがありますね。 ごはん~ ケージから出して~ お散歩に行こうよ~

記事を読む

要求吠えは諦めるまで待つ?

ウェルシーはもうすぐ生後3か月。 現在の課題は 人や家具へのカミカミ 要求吠え です。

記事を読む

吠えをなんとかしたいその1 興奮吠え

ウェルシーには小さい頃から「吠える」という傾向があります。 最近のウェルシーが吠えるのは主に「興奮

記事を読む

犬の吠えをやめさせる しつけ以外のヒント

最近、ウェルシーが小さかった頃の記事を読み返してみましたが、ウェルシーには「吠える」という傾向があり

記事を読む

文句吠え?パパを隠したでしょ!!

ある朝、お仕事に行くパパをウェルシーと一緒に見送りました。 ウェルシー パパはお仕事に行ってくる

記事を読む

伏せる犬

犬も吠える気が失せる?興奮で吠える犬には頭脳作戦で対処しよう

犬は吠えることで自分の気持ちを表現していたり、人に気持ちを伝えようとしているので「吠えること」自体

記事を読む

マットで眠る犬

警戒吠え改善の兆し?

ウェルシーがパピーだった頃から、ブログを読んでくださっている方はご存じかと思いますが、ウェルシーには

記事を読む

座る犬
自らストレスを解消する!うちの犬のストレス解消法と飼主の接し方

人もストレスを感じると神経質になったり、イライラしたり、眠れなくなっ

眠る子犬
家の中でいたずらばかりする子犬は運動が足りないの?

犬にも個性があるのでおとなしい仔もいますが、基本的に子犬って元気です

グレーティングの隙間から草をむしる子犬
子犬の社会化で初心者が失敗しがちなこと

子犬のときに十分な社会化を行うことで、人にとっての問題行動を減らした

ラベンダーと犬
犬連れたんばらラベンダーパーク|高原のお花畑をお散歩

ウェルシーだよ♪ 群馬県にある「たんばらラベンダーパーク」に連れて行

ひまわり畑
夏の絶景を楽しもう!日照時間日本一!犬連れ明野のひまわり畑

ウェルシーだよ♪ 夏の花と言えばひまわりを思い浮かべる人も多いかな?

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑