パピーウォーカーが入所までに子犬に経験させたい4つのこと

公開日: : パピーウォーカーの気持ちとか

私たちは、パピーウォーカーとして4頭のパピーを育て、訓練センターへお返ししましたが、パピーとの約1年の日々は言葉にできないくらい濃い時間でした。

パピーウォーキング終了式スライド

子犬に経験させたいこと4つ

子犬にとってパピーウォーカーとのいろいろな経験は、全て子犬の力になり、パピーウォーカーと子犬の双方にとって思い出になります。

楽しい経験の中で、子犬に人と暮らす喜びを伝えてあげることができ、子犬の未来の幸せにつながっていきます。

宿泊旅行に行く

ワクチンプログラムが完了し、狂犬病の予防注射も終わればパピーを連れてどこにでも行かれるようになります。

◆何か月ごろから旅行できる?

わが家では、生後5か月くらいに初めての宿泊旅行を体験した仔が多いです。

子犬を安心して宿泊旅行に連れていくためには、いくつかクリアしておきたいこともあります。

関連記事→子犬の初めての宿泊旅行はいつから?準備と必要なしつけは?

◆宿泊旅行のメリット

毎日のお散歩コースや、いつも生活する家と違う環境で過ごすことは、子犬の脳に刺激を与えます。

  • 見知らぬ場所(環境)をすぐに受け入れられるのか?
  • 時間がかかるのか?

などを知ることができ、これからの育犬に役立ちます。

コテージにて

出かける場所は、子犬が小さいときは自然の多い場所にしましたが、お散歩が上手になってきたら繁華な場所にも行きました。

どちらも体験させてあげると子犬の心の幅も広がりますね。

【注意点】

人が行きたい場所もいろいろありますが、旅行の目的は子犬を楽しませることです。

観光は子犬のペースで余裕を持った計画にしましょう。

ドッグランで思い切り遊ぶ

日本盲導犬協会では、候補パピーが他犬と遊ぶのは禁止です。

なので、誰もいないドッグランということになりますが、ドッグランの良いところはノーリードにできることです。

私たちは、時々誰もいないドッグランを利用しました。

ドッグランで遊ぶ子犬

子犬には「思い切り走りたい」という気持ちもありますし、探索欲求もあります。

お散歩では「犬が人に気持ちを向けて歩く練習」がパピーウォーカーの課題としてあるので、子犬が自由にできる時間があると気分転換にもなります。

いつもと違う広い場所でパピーウォーカーと遊ぶことは、子犬にとっては「とても楽しいこと」になります。

ノーリードの犬を呼び戻したり、ノーリードでありながら人の横である程度の距離を歩くなど、さりげなくお勉強もできちゃいます。

ドッグランで遊ぶ子犬

リードを外すと

ヤッホー!

と走り回る仔。

人のそばからあまり離れない仔。

など色々いて、子犬の性格が出ます。

友人や親せきなどを家に招く

「おうちの人と自分の家」に知らない人がやって来た。

そんなときのパピーの反応はどうでしょうか?

わが家は夫婦2人と犬1頭でひっそり(?)暮らしているので、人が来ることは子犬にとってはビッグイベントでした。

特に小さい子どもと遊ぶ環境が無いので、子ども連れのお客さんは子犬にとっては良い経験になりました。

犬と子どもがすぐ仲良くなるのも感動でした。

子どもと子犬

家に招くだけではなく、一緒に家の周りをお散歩したり、近くの公園などで遊ぶのも、子犬にとってはいい刺激になります。

誰とでも一緒に楽しめる友好的な仔に育ってくれたら、どんなおうちに迎えられても可愛がってもらえそうですよね。

体や頭を使った遊びをする

おもちゃを使って一緒に遊んだり、お手などのちょっとした芸を教えたり、砂浜や飛び石など「いつもの散歩」と違う環境を体験したりすることも子犬の脳を刺激します。

コミュニケーションを取ったり、いろいろな体験を一緒にしていくことで、人と一緒に生活することを「楽しい」と感じる仔に育っていきます。

まとめのようなもの

パピーウォーカーと過ごす子犬の1年は、人にとっても子犬にとっても短い時間ですが、子犬にとっては体も心も成長する貴重な時間です。

大切なのは人と一緒に楽しく体験することです。

それが、子犬自身が持つ「人への喜求性」を伸ばし、訓練に入った時に大きく役立つことになります。

そして

パピーウォーカーと一緒に楽しんだ時間と経験は、その仔とパピーウォーカーの一生の宝物ですね。

(写真は、2枚目ツムギ 3枚目イズモ 4枚目5枚目ウェルシーです)

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで
NEXT
吠え方で分かる犬の気持ち|吠え癖をつけないためには?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    素晴らしい…!
    是非、本にして出版して欲しいです♪
    本当に♪(笑)

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      偉そうに書いていますが、パピーウォーカーならみんなしていることですよね(笑)
      矢のように過ぎ去る時間の中で、思い出をたくさん作りたいですもの♪

関連記事

パピーウォーカーをやって良かったことのひとつは褒める経験を積めること

今年のシオン地方は、暖かく穏やかな年末年始になりました。 暖かな時間にお散歩に行ってみました。

記事を読む

委託修了式 富士ハーネス

ゴールデンウィークの最終日の5月7日。 富士ハーネスにてU‐14胎とV‐14胎の委託修了式があ

記事を読む

パピーウォーカーの一番長い日 委託修了式

3月12日、シオンたちS‐14胎がパピーウォーカーのおうちを卒業して、訓練センターに入学する日です。

記事を読む

スリングに入り抱っこされる子犬

パピーウォーカーの涙

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合、原則としてパピーウォーカーが引き取る

記事を読む

わが家がパピーウォーカーになった理由とパピーウォーカーの幸せ

犬を飼ったことが無かった私たちは、盲導犬のパピーウォーカーになり、4頭のパピーを育てました。 難色を

記事を読む

2018年 盲導犬寄付金付「スマイルカレンダー」とわんハート

わが家でお預かりした2頭目パピーのツムギは、父犬が日本盲導犬協会の繁殖犬、母犬が北海道盲導犬協会の繁

記事を読む

洗濯かごに入れられる子犬

パピーウォーカーが巣立ったパピーの誕生日に思うこと

2月1日は、わが家の3頭目パピーのシオンの誕生日です。 S-14胎のみんな、それぞれのおうちでお祝

記事を読む

富士山と人と犬

盲導犬育成ボランティアの最終バトンを受け取る人たちへ

昨年の12月に1頭目のパピーであるイズモの面会に行ってきました。 関連記事はこちら→パピーウォーカ

記事を読む

抱っこされる子犬

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

パピーウォーカーの約1年間の流れをまとめ記事にしてみました。 気になる記事を選んで読んでいただけた

記事を読む

カートで委託式に向かう子犬

育てたパピーがキャリアチェンジになったときのパピーウォーカーの気持ちとか

新しい年を迎え 今年はパピーウォーカーをやってみたいな~。 と思っている人もいるかもしれませんね

記事を読む

ウェルシー仔CC犬
盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている

子犬生後約1か月
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態

ウェルシーは、2021年12月に富士ハーネスで2年振り、2回目の出産

眠る子犬たち
叱らない子育ては難しい!犬への接し方を子どもに応用してみた

明けましておめでとうございます。 わが家のウェルシーさん、子育て中の

眠る子犬
子犬生後3週間|世界がどんどん広がるよ

ウェルシーとトーマス君の子犬たちが生まれて3週間をちょっと過ぎた頃、

飼い主の顔を舐める犬
犬のマウンティングは叱らなきゃダメ?飼い主が取るべき対策とは?

愛犬のマウンティングに悩んでいる飼い主さんはいませんか? 犬がマウン

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑