勝手にパピーウォーカー

公開日: : パピーウォーカーの気持ちとか

パピーウォーカーは、盲導犬の候補犬として生まれてきた子犬を、生後2か月頃から1歳ころまで一般家庭で育てるボランティアです。

パピーウォーカーってどんなものなのでしょう?

私達がパピーウォーカーをやろうと思った理由は、夫には犬を飼いたいという希望があり、私の方は死別を受け入れる自信がどうしても持てず、犬を家族に迎える勇気が無かったからです。

その他にも細かい理由はあるのですが、一度パピーウォーカーを経験して二人で出した結論(と言うか私の一方的な押切)は自分たちの犬を持つことではなくやっぱりパピーウォーカー。

夫には申し訳ないのですが、まだまだ私には死別を受け入れる心の準備がありません。

お別れはどんな形であってもいつかはやって来るもので、感じ方や受け入れ方は人それぞれだと思いますが、パピーとのお別れは寂しさはあっても前向きなもので、私にとって受け入れるのは「できる」と思えました。

そして暮らしの中に犬を迎えるのであれば、社会貢献できるこういった暮らし方も素敵だなと感じています。

可愛い子犬を何度も育てられるしね←おっと、うっかり本音が・・・。

t02200165_0600045013040553736[1]

では、パピーウォーカーとはどんなものなのでしょうか?

一度体験してみて感じた感想を書いてみます。

題して「勝手にパピーウォーカー」

(あくまでも個人的な感想なので、違うよという人も笑って受け流してくださいね)

パピーウォーカーの役割

パピーを家族の一員として迎え、ありったけの愛情を注いで育てること。

自分の犬でもないのに、よくそんなに可愛がれるねえ・・・。

と思うのですが、パピーウォーカーをやったら最後、みんな全力で愛情をそそいでしまいます。

もしかしたら自分の犬より全力で愛情投入してしまうのでは?

パピーウォーカーのコツ

パピーと一緒に過ごす限られた時間を思い切り楽しむこと。

誰に言われなくてもパピーウォーカーはみんな終りを意識していますからね。

一日だって一秒だって無駄にしたくありません。

パピーウォーカーの最大のお仕事

犬は1歳前後でお別れです。

可愛い盛りの犬とのお別れを受け入れること。

受け入れ方は人それぞれですが、受け入れなくてはならないのが定めです。

パピーウォーカーとは

自分の犬ではなく、誰かを笑顔にするわんこを育てていることに誇りを持つ人。

そして

お別れが辛くてそんなに泣くのなら、もうやらなきゃいいじゃん!

と思いつつも、なぜかリピートしてしまうちょっとヘンな人達。

関連記事→わが家がパピーウォーカーになった理由とパピーウォーカーの幸せ 

o0400030013046841707[1]

日本盲導犬協会ではパピーウォーカーを募集しています。

パピーウォーカーについて正しい定義は日本盲導犬協会のHPをご覧くださいね。

こちら→パピーウォーカー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
パピーウォーカー 第二話が始まるよ
NEXT
とったよ!二級愛玩動物飼養管理士

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. グラン♪のPWです より:

    『勝手にパピーウォーカー』 くすっと 笑えましたよ(*^.^*)
    パピーウォーカー あるある♪ のようで … 頷きながら …特に最後の一文☆

    まさに リピーター となっている我が家ですが…

    我が家を巣立ったパピー達 みんな CCの道を選ぶので★ 仔育ての仕方が ちょっと間違っているかしら~( 〃▽〃) と 考えてしまうこの頃です…

    いまに*協会より 何か指導が入るかも~(#^.^#)
    ですね☆

    今の我が家には パピー無しの暮らしは 考えられない位*大切なものとなっています U^ェ^U

    • gd.vol より:

      グラン♪のPWさん
      あ~!なるほど!!
      タイトルを「パピーウォーカーのあるある」にすれば良かったです!!

      ご縁のあったパピーの進む道は、その仔と訓練士さんにお任せして
      パピーと一緒に過ごす時間を、思い切り楽しく過ごしたいですね。

  2. ああ、繰り返してしまう変な人です。

    なんででしょうね~(笑)

    私も死別はやっぱり・・・と思う反面
    いつかはCC犬を受け入れたいとも思っています。
    パピーとの別れは辛いですが
    明日があるっていいなーって思います。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      マミーちゃんは死別も離別も両方経験していますから
      どちらの辛さもわかりますね。

      いつか自分の犬を家族に迎えるときは
      子犬から育てて・・・ではなくてCC犬が希望なんですね。
      協会っ仔は、大人になっていても新しい環境にすぐ馴染むので
      昔から知っているような気になりますね。

関連記事

パピーウォーカー リピートの原動力 最終バトンを受け取る人たちへ

昨年の12月に1頭目のパピーであるイズモの面会に行ってきました。 関連記事はこちら→再会 We

記事を読む

3頭は育ててみないとパピーウォーカーの面白さはわからないよ

タイトルは先輩パピーウォーカーさんからいただいた言葉です。 本日の記事は パピーウォーカ

記事を読む

パピーウォーカー カラーへの思い

だんだん身体が大きくなってきたツムギ。 カラーがきつくなってきました。 今まで使っていた

記事を読む

犬は今を生きている

シオンたちS‐14胎にはパピーウォーキングの期間を通して、サンディ家に「ポチたま」の密着取材が入って

記事を読む

PR犬ツムギ 大活躍だよ

盲導犬の訓練をしていたわが家の2頭目パピーのツムギは、昨年キャリアチェンジをして家庭犬になりました。

記事を読む

繊細な仔育て専門のパピーウォーカー?

先日、訓練士さんとウェルシーのことをお話しする機会がありました。 ウェルシーは、遊ぶのが好きで

記事を読む

カラー

2013年12月 イズモは生後6か月になります。 身体もだんだん大きくなり、委託前に購入

記事を読む

パピーウォーカーの一番長い日 委託修了式

3月12日、シオンたちS‐14胎がパピーウォーカーのおうちを卒業して、訓練センターに入学する日です。

記事を読む

パピーウォーカー 育てたパピーと久しぶりの再会 キャンドルナイトのサプライズ

キャンドルナイト2日目。 PR犬アッサム君の卒業式に参加した後、ラウンジでランチをいただいてい

記事を読む

入所から1か月

イズモが入所して今日で1か月経ちました。 こんな風にブログで思い出を振り返っているからでしょう

記事を読む

子犬の選び方は性格を重要視しよう

先日、日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて発行されている会報

犬がごはんを食べているときに体や食器に触ると怒る唸る噛むなんです

犬がごはんを食べているときに犬を撫でたり、食器に触ろうとすると犬が怒る

犬連れ赤城南面千本桜

ウェルシーだよ♪ 赤城南面千本桜(群馬県)を見に行ってきたよ。 読

犬連れ沼田公園 歴史と桜を訪ねて

ウェルシーだよ♪ 沼田公園(群馬県)に行ってきたよ。 沼田城(城址)

犬のごはんや散歩の時間は決めた方がいいの?決めない方がいいの?

規則正しい派 バラバラ派 いろいろな人がいるかもしれませんね。 犬

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑