パピーウォーカーは辛い?子育てと毒親とパピーウォーカー

公開日: : パピーウォーカーの気持ちとか

「毒親」という言葉があります。

これは、子どもにとって「毒」になる親のことで、将来的に子供に悪影響を与えると言われています。

うさぎ

毒親のタイプとして

  • 過干渉
  • 過保護
  • 放任
  • 支配・管理

などがあります。

親は子どもに良かれと思ってしていることなのですが、根底には

子どもを自分の思うようにしたい(育てたい)。

という願望があり、子どものためと言いつつ実は自己満足、自分の気持ちを優先したい、満たしたい、という自己愛であると位置づけられています。

今日は毒親ならぬ毒パピーウォーカーについて考えてみました。

子育てと毒親とパピーウォーカー

パピーウォーカーは人間に換算すると、2~3歳頃から18歳くらいまでの期間を子犬と共に過ごすことになります。

「お預かりしている犬」と分かってはいても、まさにわが子の子育てと同等の感情が芽生えるものです。

公園で抱っこされる子犬

これって毒親?

パピーを訓練に送り出すのは、親元を離れて進学させるようなもの。

会えないことは分かっていても、パピーのことを考えない日はありません。

協会のブログが更新されると

訓練犬の情報が出ていないかな?

と探したり、訓練犬の写真が出ていると

これってうちのこですか?

と聞いちゃったり、何かの用事で協会に行くことがあると訓練士さんを捕まえて

うちのこ元気ですか?

って聞いちゃう。

その裏には少しでも「うちのこ」の近況を知りたいという心理があるのですが、訓練士さんも心得たもので

元気ですよ。

の一言で素っ気ないものです。

TPの結果など、決められたときに連絡するでしょ。

それまで待っててね。

ですよね(笑)

そして

進路が決まり新しい家庭にご縁を結ぶときは、可愛い息子や娘が結婚して相手方の家庭に入るような心境でしょうか?

新たな親戚と交流できたらいいなと思いますし、できれば元気な姿を一目見たいと思ったりもします。

寄り添う犬

そして、運良くご縁があって新しい家族と繋がれると

あ~もう!

可愛いうちのこのためには何でもしてあげたい。

新しいおうちに行ったからって、うちで育てた仔という事実は変わらないんだからね。

近況が知りたくてつい頻繁にメールしちゃったり

お腹こわしたときはこうやってね。

とか、聞かれてもいないのに「指導」しちゃったり

うちのこ、これが好きだったから使ってね。

とついつい、プレゼントを送りまくっちゃう。

だって、離れていてもうちのこが可愛いんだもん!!

これって「毒親」ですか?

ユーザーやCCボランティアと義理親

パピーとご縁を結んだユーザーさんにとって、迎えた犬はかけがえのないパートナーです。

CCボランティアさんにとっては、生涯を共に過ごす「うちのこ」です。

(日本盲導犬協会では育てたパピーが盲導犬にならなかった場合、原則としてパピーウォーカーは引き取れない決まりになっています)

ユーザーさんもCCボランティアさんも迎えた犬と絆を結び、家族になっていくべく努力をしていきます。

犬にとっても、今やそこが自分の家、自分の家族です。

ユーザーさんやCCボランティアさんにとっては、パピーウォーカーは義理親のような存在かもしれませんね。

パピーウォーカーさんのお陰で、良きパートナー、可愛い仔に出会えた♪

という感謝の気持ちはあるものの、パピーウォーカーとご縁を繋ぐというのは少しハードルが高いのです。

犬だって育ての親が恋しいのではないか?

会ったら帰りたがるのではないか?

ならば会わせるのは可哀想なのではないか?

と思ったり、また

パピーウォーカーさんに、この仔にはこう接してください、これはやめてください。

などなど、いろいろ言われるのは嫌かも…。

と思ったり、交流が始まって多大なプレゼントをもらったりしたら有難迷惑だしな~。

などなど、不安がたくさんあるものです。

そんな不安を振り切って、パピーウォーカーと連絡を取ってくださったらそれだけで本当にありがたいことです。

「義理親」と考えたら、あまりかかわりたくないと思われても当然なわけで、繋がれることが決して「当たり前」ではないのです。

誰のためのボランティア?

盲導犬の育成には多くの人がボランティアとしてかかわっていくので、いろいろな人のいろいろな思いがありますが、ボランティアの目的は

盲導犬を必要とする人のお手伝い。

ですよね。

パピーウォーカーにとって、お預かりしたパピーはかけがえのないわが子。

愛情があふれ過ぎて周りが見えなくなっちゃう!

でも、愛情は心の中にしまっておきますね。

パピーウォーカーが子犬を育てるのは自分のためではありません。

誰のためのボランティアなのか?

ということを忘れないようにしたいものです。

関連記事→わが家がパピーウォーカーになった理由とパピーウォーカーの幸せ

まとめのようなもの

子育ては子どもを社会に送り出すことが親の役割で、子どもが自身で未来を切り開いていく力を育てることが目標になりますね。

可愛いわが子ですが、子どもの人生は子どものもので、成人後は親が干渉すべきものではありませんよね。

パピーウォーカーの役割はパピーを入所させるまでです。

パピーウォーカーもそういった点で子育てに似ていますね。

どんなに愛情が深くても「毒パピ」になってはダメなんですよね。

行き先が決まったわが仔の幸せを願うのであれば、見守るのが「愛情」ということになるのでしょうね。

それが辛いと思うのであれば、自分の犬を飼うしかないな~。

自分の犬は永遠に「うちのこ」ですものね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
愛犬の写真と動画は自分のためにたくさん撮っておこう
NEXT
盲導犬は健気で立派だよね、でも寿命は短いんでしょ?世間一般の盲導犬のイメージ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

仲良くなる子犬同士

4頭目パピーを育てる私がパピーウォーカーの原点に改めて気づいた日

11月5日のBSジャパンで、盲動犬ユーザーとエナ号を取材した番組 「運命の日ニッポンの挑戦者たち 

記事を読む

預かり訓練後 成長と残りの時間を意識するパピーウォーカー

訓練センターへのお泊り(預かり訓練)が終わって家に帰ってきたウェルシー。 帰ってきた日は、やっ

記事を読む

きらめきをポケットにつめこんで

今日は楽しいひな祭り♪ ひな祭りの頃は、いよいよ日差しが春らしくなってきます。 昨日は雨

記事を読む

ずっとずっと一緒にいたいよ

家に来た頃は甘噛みがものすごかったシオン。 私は犬に歯を当てられることすら苦手です。 噛

記事を読む

パピーウォーカー初心者 慎重で繊細な仔がやってきた

ポチたまの密着取材「盲導犬ストーリ シーズン3」の取材が入っているA-17胎の、アーガス君のパピーウ

記事を読む

パピーウォーカーをやって良かったことのひとつは褒める経験を積めること

今年のシオン地方は、暖かく穏やかな年末年始になりました。 暖かな時間にお散歩に行ってみました。

記事を読む

栴檀の種

盲導犬キャリアチェンジ犬 それぞれの幸せ

わが家でお預かりしたパピーたち。 いまのところ盲導犬になった仔はいません。 それぞれの理

記事を読む

カートで委託式に向かう子犬

勝手にパピーウォーカー

パピーウォーカーは、盲導犬の候補犬として生まれてきた子犬を、生後2か月頃から1歳ころまで一般家庭で育

記事を読む

1歳前後でお別れと初めからわかっているのになぜパピーウォーカーをやるの?

タイトルは、ブログを読んでくださった方からいただいた質問です。 パピーウォーカーをやってみようと思

記事を読む

ベルト式ァラー

あと半年しか居ない子犬のために新しいカラーを購入しました

2013年12月20日でイズモは生後6か月になります。 身体もだんだん大きくなり、委託前に購入した

記事を読む

スロープデッキ
おだわら諏訪野原公園|犬の散歩と子どもとのお出かけに最高!

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ おだ

アルカディア広場
小田原フラワーガーデン|犬連れで1年を通して楽しめる植物公園

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 神奈

ピンク色の藤
犬連れふじの咲く丘~庚申山総合公園散策|群馬県の春を満喫しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 群馬

展望台から見る龍岡城五稜郭
犬連れ龍岡城五稜郭|展望台から美しい星を見よう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 長野

桜と犬
ラブラドールレトリバー7歳|嫌でもシニアを意識するステージに入りました

*記事には広告が含まれていることがあります。 2024年4月14日、

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑