お泊り保育終了

公開日: : 第二話 ツムギ

お泊り保育が終了し、15日にツムギを迎えに行ってきました。

訓練士さんに連れてこられたツムギは、私達をみつけ

「わ~~~い!」

とダッシュし、飛びつこうとしたところを訓練士さんに

「NO!Sit」

PB152509

座らされるツムギさんです。

しかしすぐに立ち上がり、こちらに来たくてピーピー言います。

その都度訓練士さんに

「ツムギ、Sit」

と言われ渋々座るツムギでした。

ようやく落ち着いたのでOKを出してもらえ

「パパ~!会いたかったよ~」

とパパに飛び込むツムギ。

ぴょんは禁止だよ。

わかってね。

PB152510

ツムギ、ごめん。

お顔がブレちゃった。

PB152512

パパにもたれて甘えるツムギ。

この表情、たまりません~~~。

ママだって会いたかったよ~。

前回のレクチャーの時に一人だけ車に飛び乗れなかったツムギですが、あっさり乗れるようになったそうで、成果を見せていただけました。

PB152514

ツムギ、おうちの車に乗れるかな?

PB152518

PB152516

Good、Goodと褒められてツムギは得意そうでした。

パパもやってみました。

PB152520

上手に出来るようになってヨカッタヨカッタ。

PB152521

談話室で訓練士さんからいろいろとお話をお伺いしました。

ツムギは委託されたときから慎重な仔だと思いましたし、何かを習得していくのにスモールステップを踏まねばならないことも多く、習得に時間がかかることが多かったです。

新しいものや、初めての環境に慎重になることが多いので、繊細なところがある仔だと思っていました。

私達から離れたお泊り期間中のお話を伺い、私達が思っていた以上にツムギは繊細な仔なのだと感じました。

談話室で3人で話をしている間、ツムギはパパのお膝に行きたくてきゅんきゅん言っていました。

訓練士さんは、ツムギのきゅんきゅんに対して

「NO」

と言い、ツムギをSitで座らせ、静かになったら褒める。

を繰り返していました。

不安があると鼻鳴らしが出るので、座って落ち着きなさい。

落ち着いていれば大丈夫なんだよ。

と伝えていきましょう。

というご指導でした。

犬や人へ反応した時は、呼び戻して座らせるようにして、落ち着くことを覚えさせましょうということでした。

うまくいかなくても、最終的に座らせて褒めてから散歩を続けるようにしていきましょう。

というご指導でした。

人や犬への興奮がずっと課題になっていることなので、具体的なご指導をいただけて光が見えてきました。

ツムギの心も成長してきているので、根気よく続けてあげてくださいということでした。

やはり根気は必要なのですね・・・。

しかし、訓練士さんからお話を伺っている間

「パパのお膝に行きたいよ~」

とすがるような目をしたり、きゅんきゅん言うと訓練士さんに「NO」と言われ不満一杯の顔をしたり、褒められるとニコニコになったり、短い時間のうちにいろんな表情をして、本当に表情が豊かな仔だなあとつくづく思いました。

おうちに帰るとツムギはまずケージに急いで入りました。

そして

あたしがいない間、だれも使っていないよね?とでもいうようにクンクンと確認して、それからひととおり部屋をクンクン確認していました。

PB152523

あたしがいない間、何も変わったことはないよね?

そしてパパが座ると、即おひざへGO!

PB152527

やっぱり、ここが一番落ち着くわ。

安心しきって眠るこの顔が可愛いです。

一寝入りした後お散歩に行くと、普段のツムギは尻尾を水平にして緩やかに振りながらのんびり歩くことが多いのですが、この日はツムギにしては尻尾の位置が高く早足でタッタカタッタカ歩きました。

訓練センターでの合宿生活での楽しかった興奮の余韻が、まだ残っていたのでしょうね。

ツムギがいる日常が戻ってきました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
本の紹介 「犬と遊ぶ」レッスンテクニック
NEXT
稟性のお話とパピーウォーカーにできること

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    つむたん、お帰りなさ〜い。
    パパさん、ママさんに甘えて、かわいいつむぎちゃん♪
    車にも飛び乗れるようになったんだね〜!素晴らしいゎ〜
    訓練士さんから課題への対応法も教えていただけて、よかったですね。
    つむたんのいる日常が戻ってきて、キラキラした毎日を過ごせそうですね☆

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ツムギ、帰って来ました~。
      課題はまあ・・・訓練に入ればどうにかなりそうなので、家ではのんびり過ごそうかな~。
      なんてダメですよね?(笑)

      今は床にどてっと横になり、足をカタカタ動かしながら寝ているツムギさんです。
      合宿で楽しく遊んだ夢でも見ているのかな~。

  2. ロとラのママ より:

    ツムたん、帰って来たんですね、お帰りなさい!
    パパママさんが迎えに行った時の、ツムたんの反応と、
    訓練士さんのツムたんに対しての訂正。興味深いです。
    「NO」だけでなく、「NO!Sit」。まさにそうだよな~と思いました。
    「それ違う」だけじゃなくて「それ違う。座って」と言われた方が具体的な指示でわかりやすいですね。
    鼻でピーピー鳴く。うちにもいますよ、ロッキーです。
    鼻ピーにすかさず「NO」です。そうする必要はないよ、と教えればいいのですよね。

    車にも飛び乗れるし、降りれるようになって、ツムたんすごいな。
    また、パパさんママさんと楽しく過ごしてね!

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      ツムギ、帰って来ました~。
      今日も散歩が早足だったり、少し落ち着きのない感じがまだあります。

      「NO」だけではなくどうするべきかを指示してあげると犬は落ち着けるのでしょうね。
      訓練士さんにお話を伺い、勉強になりました。

      また、ツムギと一緒に楽しく過ごしていきます。

  3. サナ父ちゃん より:

    帰って来ましたね♪
    会えてこれだけ喜んでくれたらたまらないですよね。

    一週間は長いかもですが、本当は2か月に一度、1泊2日で訓練士さんにチェックして頂いて、フィードバック受けてまた実践する…

    例えばこんな感じでフローが確立できたら更にいい感じになりそうですよね。

    でも、一通り何でも出来るようになった、ってことはもういつ召集令状が来てもおかしくない、ってことですから、ちょい寂しくもありますね…

    でも、まだまだ課題があるうちはつむたんとの楽しい毎日を過ごせるのかな?

    つむたん、頑張れ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ツムギ、帰って来ました~♪
      行くときも尻尾ブンブン、帰って来る時も尻尾ブンブン♪
      陽気な娘です。

      訓練に入れば犬車にはすぐ乗れるようになるだろうし、家の車に無理に乗れるようにならなくても、まいっかと思っていましたが、車に乗れるようにしていただいて助かります。
      コマンドの入りも良くなりました。
      やっぱり訓練士さんってすごい!です。

      家庭犬としては申し分ない仔に成長。
      どこにでも自信を持ってお嫁に出せます(笑)
      旅立ちはいつでもいいよぉ~。

  4. おかえりーー!
    できなかった事が訓練士さんとならできる・・・本当に一体どうやっているんだろう??といつも不思議に思いますが、相手はプロですもんね(苦笑)
    家政婦は見たのように、こっそりのぞいてみたいです。

    つむたん同様ウォルターも興奮からの落ち着きにシットを使っています。
    ウォルターは嬉しくて吠えてしまう、文句をいって吠えてしまう、そういう時に、叱るのではなく、シットのコマンドを与えて、聞かせて
    できたらほめるを今繰り返しています。
    根気のいる作業ですよね・・・私もがんばります!
    つむたんとパパのショットは、本当に幸せいっぱいだ!

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      ただいま~。
      本当に訓練士さんってすごいですよね。
      まあ、簡単にできたら私もマミーちゃんも訓練士さんになれちゃいますからね。

      ウォルター君、吠えにSitはうまくいきそうですか?
      ツムギの飛びつきに対して訓練士さんは「NO」も使っていました。
      叱るというより、それは違うよという意味合いで「NO」と言い
      今すべきこと「Sit」を与えていました。

      根気は必要ですよね。
      うまく出来たときをたくさん褒めて、お互いに頑張っていきましょうね。

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お散歩 呼ばれて笑顔のはずが・・・

西から梅雨に入ってきましたね。 わが家の周りでも紫陽花が咲いてきましたよ。 わが家の庭の

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子犬と遊ぶ かごめかごめ 待てを強化できるかも?

先日の3回目のレクチャーの時に、Y-13胎(3か月齢)のあるパピーウォーカーさんがやっていた遊びです

記事を読む

P1100296

初詣 鉢形城公園

わが家では初詣はお正月を外し、1月半ば頃に行きます。 お正月の期間は混雑しますし、特にこの日に

記事を読む

DSCF9275

パピーウォーキングの目標 Goodで尻尾を振れる

4月13日に目の再受診のため、ツムギを神奈川訓練センターに連れて行きました。 家を出るときに排

記事を読む

DSCF9130

鬼のパピーウォーカー

母犬べいるちゃんの繁殖犬ウォーカーさんのメッセージのとおり、ツムギはめちゃめちゃ甘えん坊な女の子でし

記事を読む

PC052899

犬 こんな咳にご注意 上部気道炎

12月9日のことでした。 いつものように朝を迎え、排泄、食事、お散歩。 いつもと変わらぬ

記事を読む

DSCF0037

犬がじっと見つめてくるとき

連日35℃を超えるような猛暑の日が多かったつむたん地方です。 昨日は30℃くらいだったので、3

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子犬の社会化 大王わさび農場

8月の最終週末、ツムギを連れて1泊旅行に行きました。 まだまだ残暑は厳しいと考えて旅行の計画を

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3回目のパピーレクチャー

6月13日に3回目のパピーレクチャーが行われました。 今回から月齢が1か月遅いY-13胎のパピ

記事を読む

DSCF9365

子犬 ゲームで飛びつきをやめさせられるかも?

ツムギとおもちゃを使って一緒に遊んでいますが、単調でも飽きます(人が 笑) ちょっと頭を使うゲ

記事を読む

CIMG5992a
最後の抱っこ散歩

ウェルシー お散歩に行くよ~。 Come 尻

CIMG5697
委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。

CIMG5960
鬼パピもたじろぐ?いたずらっこ

ウェルシーを迎えて2週間半になりました。 家に来た頃は、ケージの

CIMG5967
病院初体験 2回目のワクチン接種

6月18日、委託から2週間と1日経ったこの日、2回目のワクチン接種のた

CIMG5938
頑張らなくていいよ CCボランティアさんからのお便り

シオンを迎えてくださったCCボランティアさんから、お手紙と写真が届きま

→もっと見る

  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑