犬の目から涙!それってアレルギー?PM2.5が犬に与える影響

公開日: : 健康管理

先日ツムギのご家族からメールをいただきました。

メールによると、ツムギさん、ちょっと心配な症状がありました。

片方の目からだけ、涙が出ていました。

目ヤニもないし、痒がる様子もなかったのですが、気になったので病院に連れて行ったそうです。

結果

なんと!

PM2.5によるアレルギー反応!!

だということで、点眼薬を処方されたそうです。

ツムギ自身が目をカキカキしないので点眼薬で様子見ですが

目を痒がる場合は目ヤニが無くても絶対に連れてきてほしい。

と獣医さんに言われたそうです。

病院では

  • 朝、起きたらワンコの目がしょぼしょぼしてないか?
  • 目ヤニは出ているか?
  • カキカキしていないか?

を聞かれたということでした。

PM2.5とは

PM2.5は非常に小さい粒子(髪の毛の太さの30分の1)なので、呼吸により肺の奥に入り、全身に行き渡ってしまう可能性があります。

影響としては、血管、循環器等の疾患、持病があったり、体調が悪かったりすると悪化することがあります。

アレルギーになったり、肺がんの原因なるとも言われています。

防御策は

  • マスクをしたり、空気の汚れているところには行かない。
  • 毎日PM2.5の情報を目安にして外出を自分で考えるなど。
  • 家の中で過ごす時間も長いため、PM2.5を家に入れない。

などになります。

動物への影響と対策

影響は、ほぼ人と同じと考えられるということです。

対策としては

  • PM2.5の濃度が高い日はお散歩を控える。
  • 服を着せ、家に入る前に脱がせ、家に持ち込まない。
  • 空気清浄器を使う。

などが考えられますが、100%入らないようにすることは不可能ですよね。

わが家ではこちらの空気清浄器を使っていますが、動物アレルギーの方が遊びに来てくださったときも、空気清浄器が無かったときより快適に過ごしていただけました。

関連記事→花粉だけじゃない! 犬アレルギーにも空気清浄器は効果ああり

家電量販店に行くといろいろな種類のものがあるので、お部屋に合ったタイプのものを探してみるといいと思います。

私が子どものころは東京(に限らず都会の空)はスモッグでどんよりしていました。

でも、私はまだ生きています(笑)

その頃に比べれば、工場・事業場などのばい煙発生施設の規制や、自動車排出ガス規制などによって年間の平均値は低くなっているとは思います。

しかし、地域によって差はありますが、例年3月~5月に濃度が高くなる傾向があります。

こちらのサイトで、お住まいの地域の大気汚染状況を確認することができます。

環境省大気汚染物質広域監視システム→そらまめ君

そういったものも利用しながら、愛犬にいつもと違う様子があったら病院に行きましょう。

私も気を付けます。

ツムギ母さん、ありがとうございました。

犬の目薬の入れ方

ツムギさん、目薬を嫌がって苦労しているそうです。

わが家に委託されたばかりの頃、目ヤニが出ていたので協会の獣医さんから目薬を処方されていましたが、その頃は小さかったので、寝ているときに入れて、ツムギもなんとか誤魔化されていました。

さすがに今は、それは通用しないようです。

協会から頂いたパピーウォーカーのテキストには

<目薬の入れ方>

  1. 片方の手で鼻先を固定し、点眼器が視界に入らないよう頭の後ろに持っていく。
  2. もう片方の手で、目の上の瞼を広げる。
  3. 点眼器の先が目に触れないよう気を付けて点眼する。

と書かれています。

私はパピーウォーキングの後半に、シオンに目薬を入れる状況がありましたが、警戒されてなかなか難しかったです。

言葉で意思の疎通ができない犬に、どうやって嫌がるお手入れや治療を受け入れてもらえるか、これからも課題です。

まとめのようなもの

PM2.5は人と同様に、動物にも影響があります。

神経質になることはありませんが、お住まいの地域の情報をチェックし、濃度が濃いときのお散歩は控えたり、PM2.5を部屋に入れない工夫をしていきましょう。

愛犬の状況が普段と違ったら獣医さんに相談しましょう。

<2019年2月22日追記>

再びツムギのご家族からメールをいただきました。

ツムギさん、目薬に慣れておとなしく入れさせてくれるようになったそうです。

なんと!

こんなに短期間で!!

偉いねつむたん。

すごいじゃない~!!

いただいた写真です。

目薬の容器に慣れてもらうために、くんくん、確認してもらったり

おもちゃはどっち?(下の写真)

この要領で遊んだりもしたそうです。

それにしても、遊ぶのと薬を目に入れられるのでは違うと思いますが

これは怖いものじゃない。

ちょっと嫌だけど我慢するよ。

と思ってくれたのでしょうか?

ツムギ

いいおかあさんだね。

あなたは幸せな犬だね♪

充血もなくなったので、目薬が無くなったらもう一度獣医さんに診ていただく、ということでした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬は幸せだと胴が長くなるらしい
NEXT
犬の発情出血について知っておいてね 2回目のシーズンが来ました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    大変参考になりました。
    なるほど…
    大変ではありますが、気をつけてあげられる事はちゃんとしてあげたいですね…
    それにしても、見落としがちなところもこうしてレポートして頂けると、多くの方々が助かると思います。
    大変かと思いますが、これからも宜しくお願い致します♪

    あと、ツムギちゃんの近況がわかって大変嬉しいです。
    ありがとうございました♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ツムギ母さんからメールをいただき、犬もPM2.5でアレルギー反応が出るって初めて知りました。
      なんとなく、わんこの涙が出るんだけど・・・。
      と思っている人がいたら、気にかけてくださるといいなと思います。

      パピーの頃、ツムギが大変お世話になり、感謝しています。
      今は、ツムギにとって最高の幸せを手に入れたと思っています。

関連記事

ハウスは避難場所?

お手入れが嫌いなウェルシーは、爪切りも、歯磨きも、ブラッシングも、耳掃除も、みんな嫌いです。

記事を読む

病院初体験 2回目のワクチン接種

4月16日 2回目のワクチン接種のため、動物病院に行きました。 この日は暖かくお天気も良

記事を読む

本格的な夏が来る前に!犬の熱中症の予防と対策を学んでおこう

梅雨真っ盛りのウェルシー地方です。 だんだん暑くなってきて、熱中症が心配ですね。 犬の熱中症の

記事を読む

伏せる犬

犬の足裏バリカンのコツと部分用バリカンの選び方

犬の肉球は、地面から受ける衝撃を和らげたり、汗をかいたり、滑り止めの役割を果たしています。 足裏の

記事を読む

シャンプー後の体拭きとドライヤーがおとなしくできるようになったよ

ウェルシーはシャンプーは大丈夫なのですが、身体を拭くのが苦手でした。 タオルと格闘になってしま

記事を読む

犬が病院を嫌がる怖がる理由と病院の選び方

狂犬病ワクチン接種のため、ウェルシーを動物病院に連れて行きました。 ウェルシーは獣医さんが大好きな

記事を読む

くつろぐ犬

下痢しちゃうし犬を太らせるのも難しい

ウェルシーの入所時の体重は22.4㎏でした。 繁殖犬になったウェルシーは、将来の出産に備えるため体

記事を読む

ラブラドールの標準体重はどのくらい?体重を増やしたい

ウェルシーだよ♪ ありがとう平成 こんにちは令和 だね。 令和元年はあたしにとって幸先が良さ

記事を読む

犬の下痢予防のために気をつけている3つのこと

11月も半ばになって、だいぶ冷えるようになりましたね。 寒暖差が大きく人も辛いですが、みなさん

記事を読む

ウッディタフを齧る犬

犬に鹿の角を与えたら歯が欠けた!鹿の角の与え方と注意点

犬のおもちゃに「鹿の角」がブームになっているそうですね。 犬に鹿の角を渡すと何時間でも齧り続けるの

記事を読む

伏せる犬
犬は家族の中で誰が一番好き?

愛犬は家族全員に対して同じ態度をとりますか? 家族の中で誰かは犬に好

犬へのコマンドは命令というよりコミュニケーションになっている

パピーウォーカーは子犬を委託されると、子犬に少しずつ「Sit」「Wai

ハードルを飛ぶ犬
ラブラドールレトリバーってどんな犬?性格と飼い方のポイント

ラブラドールレトリバーは、盲導犬に一番多く使われている犬種です。 警

ボールを咥えて泳ぐ犬
犬にライフジャケットは必要?犬用ライフジャケットの選び方

先日、本栖湖に遊びに行きました。 ウェルシーの体重が、昨年に比べ約4

富士ハーネス
子犬を育てるって大変!ノイローゼになりそう

先日、富士ハーネスに行ってきました。 お約束はしていなかったのですが

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑