家族の一員

公開日: : 第二話 ツムギ, 犬に癒されるとき

3月の末にツムギがわが家にやってきました。

その時

「子犬を1頭預かった」

と認識していました。

犬は小鳥のようにかごに入れて飼うわけにもいかず、部屋の隅に繋いでおいてエサと水を与えておけばいいというものでもありません。

同じ言葉でコミュニケーションが出来ない異生物を「飼う」のではなく「家族の一員」として迎える。

それには相応の努力が必要です。

お互いに相手はどんな奴なのかと探りながら、だんだん距離を縮めていく。

少しづつお互いを理解し合えるようになって、心が通う感覚になっていく。

気付くと子犬を1頭預かったはずの私達は、小さな女の子を1人預かっているような錯覚に陥っています。

犬と暮らす経験をする前は、犬の飼い主さん達が愛犬を指して「うちのこ」と言うのが不思議な感覚でしたが・・・今はやっぱり「うちのこ」と思う自分がいます。

迎えた犬が「うちのこ」になった頃、犬の方も人間を擬犬化しているのかもしれませんけどね。

夫が帰ってくると、起きてさえいれば大喜びで迎えるツムギ。

DSCF9774

早すぎてわからないけど、尻尾は右に大きく振れている?

関連記事→犬は嬉しいと尻尾を右に振る?

DSCF9786

パパのお膝で遊んで、そろそろお眠かな?

DSCF9783

二人で仲良くテレビを観ているひととき。

なぜか犬って人と同じようなしぐさをしますよね。

DSCF9792

眠くなるとパパのお膝でストンと眠りに落ちます。

何これ?

犬じゃないよね?

中に人間の女の子、入ってない?

錯覚ですよね。

どう見たって犬ですよね。

こんな夫とツムギを見ているのが好き。

ツムギが居る日常は、優しい時間が流れていきます。

その温かな時間を抱きしめながら、この子は家族の一員だと確信します。

ツムギ

期間限定って知っているけど、確かに「うちのこ」だよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お散歩の課題 他犬との接し方
NEXT
苦手なものはゆっくり慣れていけばいいよね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. グラン♪のPWです より:

    ママさん(T.T)

    今日のこの日記は… 今読んでも ポロポロ泣けて…*

    来週読んだら きっと泣き崩れてしまうんだと…**

    うちの『小さな娘』も もうすぐ巣立ちの時ですが 本人は どんな風に感じているのかしら~☆

    来週からの新しい生活の事を話して聞かせると 首を傾げながら ちゃんと聞いている姿に うるっ(T^T) としてしまう母です…☆

    今は*とにかく 元気で…元気に笑っていてね♪

    それだけで良いよ♪♪

    そう言って 抱き締めるばかりです…。

    • gd.vol より:

      グラン♪のPWさん
      ツムギが来て3か月経ち
      すっかり生活に溶け込んだと感じるこの頃です。

      そして、神奈川訓練センターの5日入所の方達を少し意識しました。
      それぞれの「うちのこ」を温かい涙で送り出すことができますように。

      パピーとのお別れは寂しいものですが
      寂しいだけじゃないということも確かですね。
      これは、パピーウォーカーを経験した人だけがわかる
      パピーからのかけがえのない贈り物ですね。

      グランちゃんからのプレゼント
      しっかり受け取ってくださいね。

  2. ケインママ より:

    あぁ〜、どう見たってつむたん、すっかり「うちのこ」です。
    将来どこに行ってもしっかり生きて行けるように、独り立ちするまでは大切に育てる…PWは人の子育てと同じだな〜と思います。
    私もケインと一緒に暮らすまで、わんこがこんなに人間ぽいとは思いませんでしたよ(笑)
    つむたんもパパさん、ママさんも幸せな家族になってますよね♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      自分のわんこは、その仔の生涯を一緒に暮らすので
      愛情のかけ方は、子育てのような部分もあるし
      ずっと一緒だよね~♡と
      恋愛に似ている部分もあるかもしれません。

      一方、パピーウォーカーは子育てに限りなく近いですね。
      自分の子だけど、自分のものじゃない。
      子供は自らの行く道を選び取り、独り立ちしていくものだから・・・。

      そして、子供に寄添い成長を見守り
      一緒に泣いたり笑ったりして、限られた期間だけ同じ時間を過ごし
      卒業式の日はちょっと泣くけど
      今度はどんな子に出会って、どんな時間を一緒に過ごすのだろう?
      と思う学校の先生のような気分も少し入っている私です。

  3. サナ父ちゃん より:

    「うちのこ」達はみんな、将来どのような道を歩むことになっても、その仔が関わる全ての人々に幸せをもたらしてくれるんですよね…

    「うちのこ」達への感謝の気持ちは忘れません。

    全ての「うちのこ」達の一生が温かく、幸せなものでありますように。

    そう、願わずにはいられません。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      パピーウォーカーを経験すると
      とても「謙虚な気持ち」を経験しますよね。
      自分の中から
      〇〇してあげているのに、相手は何もしてくれない
      というような、人に求める気持ちがどこかへ行って
      犬に感謝しますし、犬の幸せを純粋に願いますし
      見返りを求めなくなります。
      確かに育てた犬が、盲導犬になって
      ユーザーさんのお役にたてればいいな
      という見返り?を求める気持ちが
      全くないこと言ったら嘘になるかもしれませんが
      それでも、育てた犬が誰かを幸せをもたらすことを誇りに思いますし
      育てた犬が幸せであることを強く願いますね。

      「謙虚な気持ち」に気付けたのは
      私にとって、パピーウォーカーを体験して得た
      大きな収穫のひとつです。

  4. うちの子じゃない…って分かっていても、私のそばにいる時はうちの子とよばせて・・って思います。
    犬は人と心を通わせることができる生き物で、
    人に寄り添う事ができる生き物。
    だからだから、人も犬との生活に安堵をおぼえて、そして
    別れに涙する。犬って本当に素晴らしい生き物だなーって思います。

    パパさんとつむたん、いいですねー。ほんわかしてる。
    パパさん、イズモの時もそうだけど、犬っぽくなりますよね。(私もそういうタイプ笑)
    犬が好きだから犬化してくる自分と、
    人が好きだから人化してくる犬と・・・
    だから距離感が近くなるんでしょうねー。分かりあえるって素敵。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      うちの子じゃないことは、わかっていますが
      気付いたら「うちのこ」って呼んでいますよね。

      命名権がパピーウォーカーにあるのも協会の作戦勝ち?
      自分で名付けた子は、さらにさらに可愛いでしょうから
      120%の愛情で育てて返してくれること間違いなしですよね!

      夫は昔から犬キャラなんですよ。
      こいつ、中に犬が入ってる!
      と昔から思っていましたもん(笑)

関連記事

子犬から大人の犬へ 今が頑張り時

9月1日の眼科検診の日に、イージーウォークハーネスをお借りしました。 ママ、あたしお洒

記事を読む

寝顔

すやすや寝るツムギ。 わんこの寝顔は可愛いので、ついついずっと眺めていたくなっちゃいますね。

記事を読む

パピーウォーキングの目標 Goodで尻尾を振れる

4月13日に目の再受診のため、ツムギを神奈川訓練センターに連れて行きました。 家を出るときに排

記事を読む

贅沢なパピーウォーカー

ある日のことです。 ツムギがダンボール箱をかじっているのを発見! 「つむたん、それはかじ

記事を読む

知能犯?

ある日のことです。 パソコンを開いてブログを更新していました。 あれ? ツムギ?

記事を読む

子犬生後3か月 反抗期がはじまったかも?

ある日のお昼頃、ツムギを抱っこ散歩に連れて行き、帰ってきたときのこと。 家に入って、スリングを

記事を読む

1日2回の幸せタイム

日本盲導犬協会では、パピーウォーカーのお仕事として月に一度「パピーウォーカーの報告書」を書くことにな

記事を読む

2回食とシーズン2日目の様子

2回食になって2日目のツムギは、もうお昼に私の顔を見て目で「ごはん~」と訴えませんでした。 元

記事を読む

おもちゃで遊ぶ冬の午後

お気に入りのぬいぐるみの「とらじろう」が入院中。 手術待ちなので、くまさんのぬいぐるみ

記事を読む

犬 こんな咳にご注意 その後

ツムギは12月9日から咳込んでしまい、病院に行きました。 関連記事はこちら→犬 こんな咳にご注

記事を読む

抱っこをせがむ犬

ウェルシーは日差しのある時間帯は、日の当たる場所で日向ぼっこをしながら

生後8か月のウェルシーへ

ウェルシーは、12月14日で生後8か月になりました。 体重は

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえマ

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑