家族の一員

公開日: : 第二話 ツムギ, 犬に癒されるとき

3月の末にツムギがわが家にやってきました。

その時

「子犬を1頭預かった」

と認識していました。

犬は小鳥のようにかごに入れて飼うわけにもいかず、部屋の隅に繋いでおいてエサと水を与えておけばいいというものでもありません。

同じ言葉でコミュニケーションが出来ない異生物を「飼う」のではなく「家族の一員」として迎える。

それには相応の努力が必要です。

お互いに相手はどんな奴なのかと探りながら、だんだん距離を縮めていく。

少しづつお互いを理解し合えるようになって、心が通う感覚になっていく。

気付くと子犬を1頭預かったはずの私達は、小さな女の子を1人預かっているような錯覚に陥っています。

犬と暮らす経験をする前は、犬の飼い主さん達が愛犬を指して「うちのこ」と言うのが不思議な感覚でしたが・・・今はやっぱり「うちのこ」と思う自分がいます。

迎えた犬が「うちのこ」になった頃、犬の方も人間を擬犬化しているのかもしれませんけどね。

夫が帰ってくると、起きてさえいれば大喜びで迎えるツムギ。

DSCF9774

早すぎてわからないけど、尻尾は右に大きく振れている?

関連記事→犬は嬉しいと尻尾を右に振る?

DSCF9786

パパのお膝で遊んで、そろそろお眠かな?

DSCF9783

二人で仲良くテレビを観ているひととき。

なぜか犬って人と同じようなしぐさをしますよね。

DSCF9792

眠くなるとパパのお膝でストンと眠りに落ちます。

何これ?

犬じゃないよね?

中に人間の女の子、入ってない?

錯覚ですよね。

どう見たって犬ですよね。

こんな夫とツムギを見ているのが好き。

ツムギが居る日常は、優しい時間が流れていきます。

その温かな時間を抱きしめながら、この子は家族の一員だと確信します。

ツムギ

期間限定って知っているけど、確かに「うちのこ」だよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
お散歩の課題 他犬との接し方
NEXT
苦手なものはゆっくり慣れていけばいいよね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. グラン♪のPWです より:

    ママさん(T.T)

    今日のこの日記は… 今読んでも ポロポロ泣けて…*

    来週読んだら きっと泣き崩れてしまうんだと…**

    うちの『小さな娘』も もうすぐ巣立ちの時ですが 本人は どんな風に感じているのかしら~☆

    来週からの新しい生活の事を話して聞かせると 首を傾げながら ちゃんと聞いている姿に うるっ(T^T) としてしまう母です…☆

    今は*とにかく 元気で…元気に笑っていてね♪

    それだけで良いよ♪♪

    そう言って 抱き締めるばかりです…。

    • gd.vol より:

      グラン♪のPWさん
      ツムギが来て3か月経ち
      すっかり生活に溶け込んだと感じるこの頃です。

      そして、神奈川訓練センターの5日入所の方達を少し意識しました。
      それぞれの「うちのこ」を温かい涙で送り出すことができますように。

      パピーとのお別れは寂しいものですが
      寂しいだけじゃないということも確かですね。
      これは、パピーウォーカーを経験した人だけがわかる
      パピーからのかけがえのない贈り物ですね。

      グランちゃんからのプレゼント
      しっかり受け取ってくださいね。

  2. ケインママ より:

    あぁ〜、どう見たってつむたん、すっかり「うちのこ」です。
    将来どこに行ってもしっかり生きて行けるように、独り立ちするまでは大切に育てる…PWは人の子育てと同じだな〜と思います。
    私もケインと一緒に暮らすまで、わんこがこんなに人間ぽいとは思いませんでしたよ(笑)
    つむたんもパパさん、ママさんも幸せな家族になってますよね♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      自分のわんこは、その仔の生涯を一緒に暮らすので
      愛情のかけ方は、子育てのような部分もあるし
      ずっと一緒だよね~♡と
      恋愛に似ている部分もあるかもしれません。

      一方、パピーウォーカーは子育てに限りなく近いですね。
      自分の子だけど、自分のものじゃない。
      子供は自らの行く道を選び取り、独り立ちしていくものだから・・・。

      そして、子供に寄添い成長を見守り
      一緒に泣いたり笑ったりして、限られた期間だけ同じ時間を過ごし
      卒業式の日はちょっと泣くけど
      今度はどんな子に出会って、どんな時間を一緒に過ごすのだろう?
      と思う学校の先生のような気分も少し入っている私です。

  3. サナ父ちゃん より:

    「うちのこ」達はみんな、将来どのような道を歩むことになっても、その仔が関わる全ての人々に幸せをもたらしてくれるんですよね…

    「うちのこ」達への感謝の気持ちは忘れません。

    全ての「うちのこ」達の一生が温かく、幸せなものでありますように。

    そう、願わずにはいられません。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      パピーウォーカーを経験すると
      とても「謙虚な気持ち」を経験しますよね。
      自分の中から
      〇〇してあげているのに、相手は何もしてくれない
      というような、人に求める気持ちがどこかへ行って
      犬に感謝しますし、犬の幸せを純粋に願いますし
      見返りを求めなくなります。
      確かに育てた犬が、盲導犬になって
      ユーザーさんのお役にたてればいいな
      という見返り?を求める気持ちが
      全くないこと言ったら嘘になるかもしれませんが
      それでも、育てた犬が誰かを幸せをもたらすことを誇りに思いますし
      育てた犬が幸せであることを強く願いますね。

      「謙虚な気持ち」に気付けたのは
      私にとって、パピーウォーカーを体験して得た
      大きな収穫のひとつです。

  4. うちの子じゃない…って分かっていても、私のそばにいる時はうちの子とよばせて・・って思います。
    犬は人と心を通わせることができる生き物で、
    人に寄り添う事ができる生き物。
    だからだから、人も犬との生活に安堵をおぼえて、そして
    別れに涙する。犬って本当に素晴らしい生き物だなーって思います。

    パパさんとつむたん、いいですねー。ほんわかしてる。
    パパさん、イズモの時もそうだけど、犬っぽくなりますよね。(私もそういうタイプ笑)
    犬が好きだから犬化してくる自分と、
    人が好きだから人化してくる犬と・・・
    だから距離感が近くなるんでしょうねー。分かりあえるって素敵。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      うちの子じゃないことは、わかっていますが
      気付いたら「うちのこ」って呼んでいますよね。

      命名権がパピーウォーカーにあるのも協会の作戦勝ち?
      自分で名付けた子は、さらにさらに可愛いでしょうから
      120%の愛情で育てて返してくれること間違いなしですよね!

      夫は昔から犬キャラなんですよ。
      こいつ、中に犬が入ってる!
      と昔から思っていましたもん(笑)

関連記事

ツムギ生後3か月齢の備忘録

5月になりましたね。 ここにきて急に夏のような気温になりました。 見事に全身真っ黒のツムギさん、

記事を読む

クールベストは夏のお散歩を快適にする犬服

2回目のレクチャーで訓練士さんにお散歩指導をしてもらったツムギは、かなり上手に歩くようになりました。

記事を読む

いたずらパピー

夕食後のひと時、コタツの下でウッディタフスティックを齧って遊んでいるツムギさん。 エアコンの風

記事を読む

ほんわかした性格?

ツムギがどんな反応をするのかな~と興味があったので、私の服を床に脱ぎ捨てたような状態で置いてみました

記事を読む

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴れると窓際はポカポカです。

記事を読む

スマイルな寝顔

パパのお膝ですやすや眠るツムギ。 つむたんスマイル。 どんな夢を見ているのかな?

記事を読む

甘噛みが少ない子犬は育てやすいが問題は無いの?

子犬だったら(多分)絶対通る道「甘噛み」ですが、今のところツムギはそれほどでもありません。 1頭目

記事を読む

お散歩中の不可解な行動

いつごろからでしょう? ツムギがお散歩中に不可解な行動をとることがあります。 例えば、横

記事を読む

子犬の社会化 飛び石とグレーチング

ツムギと一緒に河原の遊歩道を散歩しました。 舗装された道だけではなく、草もあったり、階

記事を読む

天使のつぶやき

ぼくはパパとママが大好き。 少しはお兄さんになったから、ハウスでお留守番もできるけど、やっぱり

記事を読む

散歩する犬
犬が怖いのでお散歩で他犬に会うと吠えちゃうんです

犬が大好き過ぎて、犬を見つけると突進してしまうフレンチブルドッグちゃん

キバナコスモスと犬
犬が大好き過ぎてお散歩で他犬に突進しちゃうんです

9月も半ばを過ぎ、朝夕は大分涼しくなってきて、お散歩に行きやすくなって

沈丁花店内
わんこOK!川越クレアモールの「チンチョウゲ」でランチにしました

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の川越で川越七福神めぐりを楽しんだよ。 関

布袋尊
秋晴れの犬連れ川越七福神めぐり

ウェルシーだよ♪ 埼玉県の川越に連れて行ってもらったよ。 今回は七

ユオン&ココア子
利己的だっていい!私がボランティアを続ける理由

私たちは盲導犬育成にかかわるボランティアに参加していますが、人はなぜボ

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑