秋の風と落ち葉のメロディー

公開日: : 第二話 ツムギ, おでかけ

北風が窓を叩いて、空気が冷たくなったなと感じるこの頃。

いつのまにか、風が木の葉の色をかえて、街は秋色に色付いていました。

PA252226

澄んだ青空と乾いた風。

PA252298

風が冷たくなかったら春のようなある日、3人でお散歩をしました。

PA252245

イチョウ並木の奥は遊歩道になっています。

PA252269

パパ、足元で誰かカサカサ言っているよ。

それはね

落ち葉が奏でる音。

落ち葉のメロディーだよ。

落ち葉のメロディー?

そうだよ。

おとなになっても足元で枯葉が歌ったら、子犬の頃の楽しかった時間を思い出してね。

うん。

秋のにおいもあったし、おとなになってもずっと覚えているよ。

秋のにおい?

これだよ。

PA252329

ぎんなん。

そ・・・そうだね。

潰れて強烈だったね。

PA252314

PA252315

ママ~♪

パパと上手に歩けたでしょ?

つむたん

すごく楽しそうに歩いていたね。

地面のにおいばかり嗅いでいて、なかなか歩かなかったツムギが、人と一緒に楽しく歩けるようになるなんて!

ツムギの笑顔を見るのが、最高の幸せ。

PA252224

ツムギが来たのは桜が咲き始めた頃だったね。

まだお散歩に連れて行けなかったので、お花見には行けなかったね。

ツムギと一緒に、桜並木の下を歩きたかったな。

大丈夫だよママ。

桜が咲いているよ。

え?

DSCF0332

十月桜だって。

ねえ、ママ

ソメイヨシノじゃなくちゃだめなの?

十月桜は、小さな花びらが二重に三重に重なりあって可憐だね。

一生懸命咲いている花に、優劣なんてないよね。

価値があるとか無いとか言うのは、人の都合でしかないよね。

お花は一生懸命咲いているだけ。

秋の日差しを浴びて嬉しそうだね。

DSCF0331

そうだね。

十月桜にはソメイヨシノとは違う良さがあるんだよね。

桜と紅葉をツムギと一緒に見られるなんて素敵だね。

ツムギがすくすく育ってくれて本当に嬉しいよ。

はあ・・・。

PA252341

パパ

ママはどうしてため息をつくの?

春にソメイヨシノが咲いたら、一緒に見に行けばいいのにね。

つむたん、そっとしておいてあげて。

PA252345

秋は女の人の心を切なくさせるらしいから。

PA252351

秋の風と落ち葉のメロディー。

それから、ぎんなんのにおいも・・・。

来年も再来年も

その先もずっと、ツムギの心に響きますように。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬の寝顔が天使過ぎて癒される
NEXT
犬が身体を掻くしぐさ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ロとラのママ より:

    ママのため息が聞こえてきそうだ。

    もみじの紅色、イチョウの金色。美しい中にちょっぴりさびしさがありますね。

    ツムたん、とても上手にそれも自然に歩いていて、すごいな~と思います。
    他犬に会った時も、ベリーグッド!だと思いますよ。
    人間には犬の言葉が聞こえませんが、犬たちは会った時に会話してますからね~
    ツムたん、えらいえらい!

    出来ることばっかりになって、もう少し~出来たら、ということが減ってくるのは嬉しいけれど、同時にさびしくもなってきますね。

    ランボーロッキーは、大人に近づくにつれて、また自我が出てきましたよ。
    いかんな~と思う主張もたびたびです。笑
    そんなことに動じないママなんですけどね。あきらめた方が楽だよ~と教えてます。笑

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      夏が暑くて、秋になったら寒暖の差が大きくなったせいなのか
      今年の紅葉は鮮やかですね。

      ツムギは、土や芝生などでは、におい嗅ぎもしますけど
      人と一緒に楽しく歩けるようになってきました。

      他犬もだいぶ落ち着いてやり過ごせるようになりましたが
      うまくいくときばかりではありません。
      相手をガン見するので、相手が吠えてしまったりして
      飼い主さんに申し訳ないです。
      相手をガン見するのをやめろ!って言っているのですが・・・。
      なかなかツムギに伝わらないです。

      いろいろなことが出来るようになって
      パピーとのコミュニケーションがとれるようになってきて
      良かったな~と一息つくと、入所は間近ですからね。
      寂しくもありますが、訓練できるところまで育てるのが役割なので
      成長を感じられると嬉しくもあります。

      犬の心も右肩上がりで成長するわけではなく
      ジグザグしながら、人とのかかわり方を学んで成長していくんですね。
      自我が出るのは、心の成長の証ですね。
      ロとラの二人は人と大人同士の付き合い方が
      出来る年齢に入ってきたのかもしれませんね。
      大変なこともあるかもしれませんが、私はブログを読むのが楽しみです。
      いつも勉強になります。

  2. なんだかきっと同じような気持ちなんでしょうね・・・。私もため息です。
    いろんな事はすべて受け入れて、わかっていて、その上での
    小さな小さなため息。

    2頭目で、本当に楽しく育てられていて、
    そしていい子にそだってくれていて、
    だからこそ、思う、いろんな気持ち・・・。

    私も同じです。

    いろんなこと、ずっと覚えていてくれるかな?
    同じようなことを考えています。
    忘れてもいいのよ、といえるほど、まだ人間できてないです~(苦笑)
    でもでも。
    幸せを祈る気持ちは一緒ですね。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      私は夏祭りでイズモに会えて良かったと思っています。
      犬はPWのことを生涯忘れないといいますが
      イズモも私達を覚えていてくれました。
      ママ~!と嬉しさを全身で表現して飛びついてきました。
      夫には甘噛み攻撃で、すっかりパピーに戻ってしまいました。
      でも、それっきり。
      そのあとは、私達に甘える事はもう無くて、常にCCボラさんを見ていて
      CCボラさんに寄添って、すっかりCCボラ家のイズモになっていました。
      それでいいのだ~!と思いました。

      私達と過ごした時間を忘れて欲しくは無い(私も人間できてないです)
      でも、今の方がうちにいたときより幸せであってほしい。
      育てたパピーへの思いは、そんなとこかな?

      イザベルも幸せそうで良かったですね。
      温かい家庭というものはないけど、スタッフや大勢の人に愛されていますからね♪

  3. サナ父ちゃん より:

    まだまだたくさん、想い出を残してあげれると思います。優しさと楽しさでつむたんを包んであげてください。

    いつかきっと、つむたんは応えてくれると思います。

    桜の咲く頃まで、一緒にいられますように…

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      桜が咲き始めるころにツムギがやってきて
      爽やかな季節を一緒に過ごし、少しづつ家族になっていって
      楽しい夏を過ごし、色鮮やかな秋を迎え・・・。
      四季のある日本に生まれて良かったな~。
      なんて思いました。

      パピーと過ごすのは、どの季節も1回きり。
      短い時間の中でたくさん思い出を持たせて・・・。
      まだまだ楽しみますよ~☆

  4. グラン♪のPWです より:

    今日は*なんて詩的な…

    ほろりと涙しながら読みました☆

    綺麗な紅葉と可愛いサクラが つむたん♪頑張れ~( 〃▽〃)って応援しているようですね(*^.^*)

    十月桜を見かけたら 私もつむたん♪とママさんの事
    思い出す事でしょう…

    つむたん♪の心には パパさん*ママさんの 温かい想いがいっぱい届いて…

    パパさん*ママさんの心の中には つむたんとの想い出が沢山積み重なって…

    これから先*ときどき心の扉をあけてみては つむたん♪との 素敵な時間に逢えますね(*^o^)/\(^-^*)

    犬たちは いつも『今』を精一杯生きている*と言いますが…

    どこにいても その『今』が いつも輝いていられるよう願うばかりですね☆

    • gd.vol より:

      グラン♪のPWさん
      今年は夏が暑くて、秋になったら寒暖の差が大きい日が多かったためか
      例年より紅葉が鮮やかな気がします。
      鮮やかな紅葉に魅せられて、ちょっぴりロマンチックにまとめてみました(笑)

      私も性格は犬的なので、過ぎた時間思い出して感傷に浸るということはないのですが
      この先、紅葉や十月桜を見ると
      ツムギがいた時間は楽しかったな~と思い出すでしょう。
      ツムギの記憶にも残ってくれたらいいな~と願ってしまいます。

      協会わんこ達は別れと出会いを繰り返していきますが
      いつも幸せであって欲しいですね。

関連記事

わんこと歩く江の島&辻堂海浜公園

ウェルシーだよ♪ 入所の迫ったラフ君とパパさんママさんと一緒に、江の島と神奈川県立辻堂海浜公園

記事を読む

犬連れ越生梅林 春は近いかな?

越生梅林(埼玉県)は関東では有名な梅のお花見スポットです。 水戸偕楽園、熱海梅園と共に関東三大

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

お知らせ 募金活動に参加します

つむたん一家は 11月8日(日)13:30~16:00 新横浜駅 での募金活動に参

記事を読む

子犬の社会化 街を歩いてみよう

普段のお散歩とは少し違う雰囲気を体験してみることにしました。 ツムギは車を降りての歩き

記事を読む

寝顔

すやすや寝るツムギ。 わんこの寝顔は可愛いので、ついついずっと眺めていたくなっちゃいますね。

記事を読む

この温もりを Part2

甘えん坊のツムギ。 いつもパパのお膝が指定席。 どーよ、このだらけきったお姿。

記事を読む

抱っこでお散歩

犬の車酔いのサイン|症状・原因・対策

ツムギは瞼の裏側に小さいブツブツが出来ていて、委託の前から訓練センターの獣医さんに目薬を処方されてい

記事を読む

犬は家族の一員

3月の末にツムギがわが家にやってきました。 その時 「子犬を1頭預かった」 と認識していました

記事を読む

ベーグルパンとベーグルわんこ

ベーグルパンは他のパンと違って、作る工程で茹でるためどっしりした質感と、モチモチした食感がありますね

記事を読む

隙間に入る子犬
子犬を迎えたら|しつけの前に「子犬にはできないこと」を理解しよう

私たちはパピーウォーカーだったので、いつも家に来るのは子犬でした。

散歩する犬
凶暴な犬は飼い主が作る?犬が攻撃的な行動を見せるときの対処法

人に対して犬が吠える、唸る、噛むなどの行動を取ると、反抗的だとか攻撃

散歩する犬
犬のマーキングの意味と盲導犬がマーキングをしない理由

お散歩中にオス犬が片足を上げて、あちこちにチョロっとおしっこをひっか

座る犬
犬に信頼されるには|母親のコミュニケーションをマネしよう

前回の記事では、犬に信頼される飼い主さんになるためには、信号機みたい

抱っこされる子犬
犬に信頼されるには|分かりやすく一貫した態度で接しよう

あなたは、愛犬に信頼されていますか? この仔、本当に自分のことを信頼

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑