パピーウォーカーになるには?パピーウォーカーの条件と申請から委託まで

公開日: : パピーウォーカーの気持ちとか

最近

パピーウォーカー

夫婦二人 パピーウォーカー

夫婦だけでパピーウォーカーはできるか

などの検索でこのブログに来てくれる方が多くなっています。

パピーウォーカーをやってみたいな

と思っている人は、潜在的にいらっしゃるのでしょうね。

パピーウォーカーになるには

パピーウォーカーとは、盲導犬の候補犬として生まれた子犬を、生後2か月頃から1歳頃まで、家族の一員として育てるボランティアです。

成長した犬は盲導犬協会に帰り、盲導犬としての訓練をすることになります。

盲導犬になるのは、全体の3~4割とされています。

では、パピーウォーカーになるためにはどうしたらいいのでしょう?

住居の近くの盲導犬協会を知る

盲導犬の育成団体はいくつかあり、方針も少しづつ違っています。

多くの盲導犬協会では「パピーレクチャー」「講習会」などの呼び方で、パピーへの接し方やしつけ方などを指導しています。

これに出席できることが条件の一つになっている盲導犬協会は多いので、車を使って参加できる盲導犬協会が近くにあるかどうか調べてみましょう。

こちら→全国の盲導犬施設

お近くの盲導犬協会のホームページを閲覧したり、問い合わせてみると良いと思います。

パピーウォーカーの条件

パピーウォーカーになるためには、ある程度の条件があります。

例えば私たちがボランティアをさせていただいている、日本盲導犬協会でのパピーウォーカーの条件についてはHPによると

パピーウォーカーの基本条件

① 訓練センター近郊にお住まいで、移動手段として車をお持ちであること。

訓練センターでの行事にご参加いただく時や、動物病院に通う際に車で移動する必要があります。また盲導犬になったら車に乗ることも多いので、車に乗る練習にもなります。

② 月1回、各訓練センターで開催されるレクチャーに参加をお願いしています。

健康管理や散歩の仕方、また家庭内でのマナーなど、パピーにどのように教えていったらよいか、などきめ細かく指導してゆきます。パピーの状況を確認するため家庭訪問をさせていただく場合があります。

③ 室内飼育ができること。

居間に室内犬舎[59㎝×90㎝×67㎝]を置きます。(玄関などは不可)
盲導犬は、目の不自由な方と行動を共にします。必然的に室内で生活することが多く、その為には人間と共に生活するマナー(物を噛まない・無駄に吠えない・人が食べている物を欲しがらない等)を身につける必要があります。

④ 留守にする時間が少ない。

特にはじめの2ヵ月間は、1日3~4回の食事と排泄のしつけ(失敗しないように1時間おきぐらいに促します。)の為、犬をよく観察していただく必要があります。

⑤ 犬のしつけに対し、家族全員で参加していただく。

子犬が正しいマナーを身につけるためには、家族全員の理解と協力が必要です。終始一貫した接し方を忍耐強く繰り返すことで、犬との健全な関係を築くことが出来るのです。
赤ちゃんや小学校低学年以下のお子さんがいるご家庭では、ご負担が大きくなるかもしれません。また、ご高齢の方がいるご家族は、犬が飛び付いたときの事故等、安全面を考えご検討下さい。

⑥ 現在、犬の飼育を行っていない方

すでに犬を飼育しているご家庭には、パピーの飼育をお願いする事が出来ません。
パピーの飼育に十分なゆとりと時間を作っていただくこと、パピーの社会化に適切な環境を整えていただくことを目的にしているためです。予めご了承ください。

⑦ 集合住宅にお住まいの方は管理側の承諾が得られている場合に限ります。

集合住宅の規定で犬の飼育が認められている場合でも、大型犬(体重20~30kg)の飼育は不可な場合もございます。住宅管理側の許可・承諾が無い場合は飼育をお願いする事は出来ませんので予めご確認ください。

⑧ その他

パピーウォーキング中のフードや消耗品、日常の治療費(ワクチンや狂犬病注射等は除く)はパピーウォーカー負担となります。その為、月々4,000~5,000円程度のご負担があることもご了承下さい。

出典 日本盲導犬協会ホームページ

ということです。

パピーウォーカーになるためには犬の飼育経験や訓練士の資格などは必要ありません。

犬を飼育することが全く初めてでも大丈夫です!

ボランティア申請をする

まずは、電話でお問い合わせをして、訓練センターを見学させてもらうことをお勧めします。

私たちは、ちょうど委託修了式の日だったので、終了式を見学させていただき、パピーウォーカーさんの生の声も聞くことができました。

パピーレクチャーを見学させてもらうのも、実感がわいていいです。

多くの協会では、ホームページにボランティア登録申請書があります。

これをプリントアウトして記入し、協会に送付します。

追って協会から連絡があるので、盲導犬協会に足を運び説明を受けます(説明会や、面接がある場合もあります)

  • 盲導犬について
  • 盲導犬協会について
  • 視覚障がい者について
  • パピーウォーカーについて

などの説明を聞きます。

ボランティア登録をする

家族会議を開き、全員一致で

やってみよう!

ということになったら、協会に連絡をしてボランティア登録をします。

このときは、ご家族でじっくり話し合ってくださいね。

犬育ては、ものすごく楽しいです。

その一方で、人間の子どもを一人育てるのと変わらないくらいのエネルギーが必要です。

家族の中に一人でもパピーを迎えることに納得できない人がいると、家族がギクシャクすることになります。

慌てず、ゆっくり考えましょう。

わが家では、犬を飼いたいという夫に対して、死別が嫌だった私は「1年ならいいよ」ということで即決でした(笑)

お別れは、想像していたよりは辛いものでしたが想定内。

パピーウォーカーは何回でもやりたいです。

お別れに対しての感じ方も含めて、じっくり考えましょう。

委託の連絡待ち

無事にボランティア登録が終わったら、協会からの連絡を待ちます。

1頭の母犬が出産するのは4頭~8頭くらいのことが多いですが、1頭ということもあり10頭生まれたなんていうこともあります。

出産の状況によりなので、早く委託の連絡が来る場合もありますし、時間がかかる場合もあります。

楽しみに待ちましょう。

まとめのようなもの

パピーウォーカーになるためには、特別な資格などは必要ありません。

しかし、いくつかの条件はあります。

まずは電話で問い合わせ、ボランティア登録の流れなどを協会に聞いてみましょう。

訓練センターやパピーレクチャーの見学はお勧めです。

家族全員一致のもと、ボランティア登録をしましょう。

そして、委託の日を楽しみに待ちましょう。

【パピーウォーカー実践日記まとめ】子犬の委託から涙のお別れまで

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬の繁殖犬と暮らす
NEXT
ゴミ箱は高い場所に?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    1. 無題
    パピーウォーカーさん、いつかできたらと思いますが、ヤキモチ焼きのチョコ無理だしな…妹夫婦も考えてるみたいですが…いつか何か役にたてたらな
    http://ameblo.jp/song3-25music/

  2. gd.vol より:

    2. Re:無題
    くるみさん
    盲導犬ボランティアをしている者として、お気持ちがとても嬉しいです。
    素敵なおかあさんでチョコちゃんは幸せですね。
    http://ameblo.jp/wan0824/

  3. スピカ より:

    3. 無題
    修了式の様子を眺めているだけで、涙がボタボタ落ちてきて、娘が気づいて、
    「ああ~ママ、また泣いてるよ…」とつぶやいてます。(^_^;)

    それぞれのご家族と訓練士さんの、記念撮影写真にグッときました。

    これからも何らかの形で、出来ることから協力しよう!と心から思いますね!
    まずはロッキーランボーとともに生きることを楽しむ。そこからです。(*^_^*)
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  4. gd.vol より:

    4. Re:無題
    スピカさん
    犬と暮らす素晴らしさは、かけがえのないものですね。
    笑顔も涙も全て人を輝かせてくれます。
    ロッキー君とランボー君と一緒に生活を輝かせてくださいね。

    パピーウォーカーは、お別れからまた次が始まります。
    育てたパピーは、その生涯を通していろいろな人へと繋がっていくから。。。
    第二話はもう少し先になりますが、パピーウォーカーの涙は寂しいだけのものではないことを
    少しでもブログで伝えられたらいいなあと思っています。

    http://ameblo.jp/wan0824/

  5. スピカ より:

    5. Re:Re:無題
    >gd.volさん
    追伸です。
    「ああ~ママ、また泣いてるよ…」とつぶやいた娘に、話しました。
    「これはさびしいなあ、別れが悲しいなあという涙じゃあないんだよ。あったかい涙なんだよ。
    見てごらん、みんないいお顔してるでしょう。
    『行ってらっしゃい!楽しく頑張るんだよ。楽しかったね、ありがとう。』そんなふうに思うなあ。」

    繋がっていきますね。
    http://ameblo.jp/witch-of-the-east/

  6. gd.vol より:

    6. Re:Re:Re:無題
    スピカさん
    ありがとうございます。
    富士ハーネスに行かれたら、ぜひPR犬に触れ合って頂き
    温もりにたくさん触れてくださいね。
    娘さんは優しい女の子に育っていらっしゃるのが感じられます。
    いいこだなあ^^
    http://ameblo.jp/wan0824/

  7. ケインママ より:

    7. 無題
    私も犬と暮らすのは初めてだったので、ちゃんとPWがつとまるのか不安でした。
    でも、何とかなるものですね(笑)
    かえって初めての時にPWをやって、犬のしつけ面の勉強もできてありがたかったです。
    社会貢献にもなる上に、自分の視野も広がって、本当にいい経験をさせていただきました。
    初めての方もどんどんチャレンジしてほしいですね。
    http://cane312.blog.fc2.com/

  8. gd.vol より:

    8. Re:無題
    ケインママさん
    本当にそうですね。
    初めての犬育てでも、訓練士さんがサポートしてくださるので、元気に入所させることができました。

    犬と一緒に自分が成長できる喜びや、誰かの幸せに繋がっていく喜びも自身の心の財産になりますね。
    今度はどんな仔に出会えるか・・・楽しみです。
    http://ameblo.jp/wan0824/

関連記事

繊細な仔育て専門のパピーウォーカー?

先日、訓練士さんとウェルシーのことをお話しする機会がありました。 ウェルシーは、遊ぶのが好きで

記事を読む

盲導犬キャリアチェンジ犬 それぞれの幸せ

わが家でお預かりしたパピーたち。 いまのところ盲導犬になった仔はいません。 それぞれの理

記事を読む

ドッグランで遊ぶ子犬

パピーウォーカーが入所までに子犬に経験させたい4つのこと

私たちは、パピーウォーカーとして4頭のパピーを育て、訓練センターへお返ししましたが、パピーとの約1

記事を読む

富士山と人と犬

盲導犬パピー入所から1か月|パピーウォーかーって寂しいだけ?

イズモが入所して今日で1か月経ちました。 こんな風にブログで思い出を振り返っているからでしょうか?

記事を読む

パピーウォーカーの涙

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合、原則としてパピーウォーカーが引き取る

記事を読む

パピーウォーカー 育てたパピーと久しぶりの再会 キャンドルナイトのサプライズ

キャンドルナイト2日目。 PR犬アッサム君の卒業式に参加した後、ラウンジでランチをいただいていまし

記事を読む

パピーウォーカー初心者 慎重で繊細な仔がやってきた

ポチたまの密着取材「盲導犬ストーリ シーズン3」の取材が入っているA-17胎の、アーガス君のパピーウ

記事を読む

2018年 盲導犬寄付金付「スマイルカレンダー」とわんハート

わが家でお預かりした2頭目パピーのツムギは、父犬が日本盲導犬協会の繁殖犬、母犬が北海道盲導犬協会の繁

記事を読む

パピーウォーカーをやって良かったことのひとつは褒める経験を積めること

今年のシオン地方は、暖かく穏やかな年末年始になりました。 暖かな時間にお散歩に行ってみました。

記事を読む

勝手にパピーウォーカー

パピーウォーカーは、盲導犬の候補犬として生まれてきた子犬を、生後2か月頃から1歳ころまで一般家庭で育

記事を読む

おもちゃを咥えて歩く子犬
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

普通に部屋の中を歩いているだけなのに、あるいは普通にお散歩をしている

抱っこされる犬
犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、

枝垂桜と犬
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 長野県の「飯綱山公園歴史の広場」に連れて行ってもら

大手門
犬連れ小諸城址「懐古園」城下町より低い場所に築かれた穴城

ウェルシーだよ♪ 長野県にある「小諸城址懐古園」に連れて行ってもらっ

ドッグフードが気になる子犬
ドッグフードの選び方|正しい知識を身に着けてドッグフードを選ぼう

私たちの場合は、盲導犬協会の犬なのでフードは協会から指定されたものを

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑