CCボランティアさんからのお便り~つながる心~

東京でソメイヨシノの開花が伝えられた頃、わが家にも嬉しいお便りが届きました。

それは、イズモを迎えてくださったキャリアチェンジ犬飼育ボランティアさんからの、イズモとご家族の近況を伝える手紙と小さなアルバムでした。

イズモが新しい家族と生活を始めて3か月とちょっと。

お互いのことがだんだんわかってきて、生活のリズムもつかめてきた頃でしょうか?

ダウンに身を包み、寒い中をイズモとお散歩に出かけたり、イズモの顔に自分の顔をくっつけて満面の笑顔でVサインを作っている可愛いお子さんの写真なども入っていました。

ご家族みんなでイズモとの暮らしを楽しんでいこうとしている様子が伺え、温かい気持ちになりました。

私達はパピーウォーカーですから、犬を送り出してしまえば役割は終わりです。

イズモと結ばれた赤い糸はその時点でほどかれて、ひらひらとほどけた糸をたぐって、残された思い出に赤いリボンをかけるように結んで、心の中に大切にしまっておく・・・。

パピーウォーカーとはそういうものだと思っていました。

でも、イズモとの赤い糸はつながっていたのですね。

イズモが新しいおうちで新しい生活をはじめてからは

きっと楽しく暮らしているよね?

きっと幸せだよね?

と思っていても「そうだよ」と肯定してくれるものはありませんでした。

イズモが「元気だわん!」ってメールできるといいのにね。

などと夫と話していました。

イズモが元気に生活していること知り、心の奥にあった憂いがゆっくり溶けていくのを感じました。

イズモ

素敵な家族に巡り合えて良かったね。

新しい家族の癒しになって、お子さんの成長の助けになってあげてね。

CCボランティアさん、イズモがご家族を困らせてしまうこともあるかもしれませんが、イズモのことをずっとよろしくお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアとは

盲導犬の候補犬として生まれてきても、実際に盲導犬になるのは全体の3~4割といいます。

さまざまな理由で盲導犬になるのは向かないと判断された犬を、家族の一員として迎え入れるボランティアです。

盲導犬には向かなくても家庭犬としては良犬であり、多くの方がキャリアチェンジになった犬を家族に迎え、楽しいわんこライフを送っています。

盲導犬の育成には欠かせない大切なボランティアです。

詳しくは日本盲導犬協会のホームページをご覧ください。

コチラ→キャリアチェンジ犬飼育ボランティアについて

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
楽しく遊べる犬のおもちゃ
NEXT
パピー委託式 子犬がやってきた!

gd.vol にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. カノン♪のPW より:

    なんて 素敵なタイミングで お便りが 届いたのでしょう(*^.^*)

    手を離し いってらっしゃい☆と 見送った仔たちの事を…

    きっと 元気に笑顔で 暮らしていると 信じていますが …

    どこかで 風の便りを気にしてしまうものですよね☆

    ですから こうして お便りという形で 今の様子を見聞き出来るなんて 本当に安心なさった事と思います

    そして* もうすぐ 新しい生活のスタート だというこの時期に… だなんて♪

    不思議な繋がりで… イズモちゃんも ママ*パパさまの 新しい生活を 応援してくれたのかもしれませんね(*^-^*)

    今日の記事を読んで また涙がポロポロ*でも とても幸せな気持ちになりました( ☆∀☆)

    • gd.vol より:

      カノン♪のPWさん
      ありがとうございます。
      イズモが繋いでくれた「縁」を大切にしたいと思います。

  2. ケインママ より:

    わ〜、うれしい春の便りが届きましたね〜♪
    こんな素敵なアルバムまで送ってくださったなんて。

    やっぱり、育てたワンコが新しいご家族と『幸せにやってます』と連絡いただけると、心の奥から安心できますよね。
    イズモちゃん、あったかい家族に巡り会えてよかったね〜♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      ありがとうございます。
      イズモが生涯幸せであること
      それが一番です。

  3. くるみ より:

    素敵なプレゼントですね(*^o^*)

    春…幸せ便り!

    サクラの花びらが運んでくるのが、浮かぶようです(^_^)v

    イズモからの便りと、新しいパピーちゃん…忘れられない春ですね。綴られる新しい季節ですね♪

    • gd.vol より:

      くるみさん
      ありがとうございます。
      この春は特別な春になりました。
      イズモが幸せであることが一番です。
      チョコちゃんもくるみさん一家に出会えて
      幸せになって良かったですね。

  4. 全てのCCボラさんがこんな風にしてくださる訳ではないので、
    本当にうれしいですねー。

    イズモの顔が穏やかで、すっごく素敵で
    私もぽろりと来てしまいました。

    CCボラさんのところにいって、絶対に幸せだろうと思う、願うけど
    それを実際には確かめられない方が殆ど。
    だから、本当に本当によかったですねー。

    いずも、小さい頃から知ってるから私も本当にうれしいです。
    いつかまたあのかわいいイズモに会えますように。

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      ありがとうございます。

      私はこのボランティアをしてみて「思いやり」ということを
      とても深く学びました。
      人に対しても、犬に対しても・・・。

      例えばPWにとって委託の日はワクワクの出会いの日ですが
      BWさんにとっては、お別れの日であること。
      マミーちゃんもおっしゃっていたように
      そばにいて世話をするだけが愛情ではないこと。
      などなど・・・。

      義務でもないし、マナーというほどでもないかもしれないけど
      ほんの少し思いやりを持つだけで
      自分も周りの人も温かくなるのですね。

      私もCCボラさんに、ほんの少しの思いやりを
      職員さんを通してお届けました。
      CCボラさんが喜んでいましたよ、と職員さんからは伺いましたが
      ご本人から、ご家族とイズモの近況を知らせて頂けて
      私達は幸せだと思います。

      これからも「思いやり」を大切にして
      2頭目のパピーに向かい合って行きます。
      マミーちゃんのおうちでは、そういう心に触れながら
      お子さんが育っていくので、お子さん達の心も
      温かく優しく育っていきますね。

  5. インディーPW より:

    ママさん、涙がポロポロ出てきました。
    私はPWしていた仔がCCになった時点で「縁」が切れる思い淋しい気持ちになっていましたが本当は違うんですね。
    また新たな所へ繋がっていくって事を教えていただき、ありがとうございました。
    CCボランティアさんからのお手紙とアルバム嬉しいですね。
    一生の「宝物」だと思います。

    私は先日イアルのユーザーさんに手紙とアルバムを送ったら喜んでくれました。
    (お身内の方が手紙を読んだり写真の説明をしてくれたそうです。)
    ここにも「縁」があるんですね。

    今日インディーに会って来ました。涙はありませんでした。
    パピーの頃と全然変わっていなくて元気いっぱいのインディーでした。
    インディーとの出会いに感謝しています。
    あとは「良縁」に恵まれるように祈るだけです。

    • gd.vol より:

      インディーPWさん
      ありがとうございます。
      一生の宝物になりました。

      イアル君のユーザーさんとご家族の方も
      イアル君がたくさんの人に愛情を受けて育って
      今ここにいることを強く感じられたかもしれませんね。

      インディーと楽しく過ごせたようで良かったです。
      私もあの面会があって、心がとても晴れやかになりました。
      イズモと過ごした時間は宝物ですから。
      インディーも素敵なご家族に出会えますように
      心よりお祈りしています。

  6. ロとラママ より:

    この上ない、嬉しいお便りですね。
    深い安堵感もあるのでは?

    もうすぐですね。おもちゃもイズモちゃんのお下がりだったり、新しく用意したり、
    そういう時間もワクワクするのでしょうね(*^_^*)
    ご主人さま、愛玩動物飼養管理士の資格も取られてすごいなあ。

    いつの間にか、こちらも梅が満開、桜の開花もそう遠くない季節に移っていて、
    そんな季節に突き動かされるように、外にいることが多くなりました。
    ロッキーランボーとも遊びに行くことも多く、庭仕事にもいそしみ、
    家に入るとグッタリの毎日です。

    • gd.vol より:

      ロとラのママさん
      ありがとうございます。
      桜の開花と共に2頭目のパピーがやってきました。

      ロッキー君とランボー君、パワフルですものね。
      でもとっても楽しい時間ですね。
      ほんと、可愛いです!!

関連記事

パピーウォーカー初心者 慎重で繊細な仔がやってきた

ポチたまの密着取材「盲導犬ストーリ シーズン3」の取材が入っているA-17胎の、アーガス君のパピーウ

記事を読む

家族の見送りを日課にする犬

パパが毎朝仕事に出かけるとき、イズモは私と一緒にパパの見送りをしていました。 見送りは日課 あたしの

記事を読む

子犬の留守番はいつから?何時間くらい大丈夫?

わんこは基本的にお留守番は苦手ですね。 寂しがり屋さんです。 しかし人と一緒に生活する以上、お留

記事を読む

いずも

幸せの片道切符

ステイわんこの1号さんを送り届けた1月4日の夜、富士ハーネスから電話がありました。 イズモの譲

記事を読む

お花見

2014年4月6日 近くの公園にお花見に行きました。 桜は満開になり、花びらがひらひらと

記事を読む

シャンプー

2014年2月 雪遊びを楽しんだイズモさん。 パパにシャンプーをしてもらっています。

記事を読む

生後6か月・犬もギャングエイジ?子犬の成長に寄り添っていこう

ギャングエイジとは、小学3年~4年生あたりの子どもに表れる状況です。 今までは家が近いとか、親同士

記事を読む

二歳の誕生日~つながる心~

6月20日はイズモの誕生日です。 2歳になりました。 イズモ、そしてI-12胎のみんな

記事を読む

犬とちょっと上級のボール遊びを楽しもう

ボール遊びが好きなわんこって多いですよね。 ボールの持って来い遊びは犬の狩猟本能を満たし、飼い主さ

記事を読む

わが家がパピーウォーカーになった理由とパピーウォーカーの幸せ

犬を飼ったことが無かった私たちは、盲導犬のパピーウォーカーになり、4頭のパピーを育てました。 難色を

記事を読む

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

アリス、イズモ母子
ラブラドールレトリバーの毛色の遺伝 ブラック・チョコ・イエローはどう決まるの?

ウェルシーは、12月15日に子犬を出産しました。 父犬もイエローなの

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑