犬の吠えをやめさせる しつけ以外のヒント

公開日: : 繁殖犬ウェルシー, 吠え

最近、ウェルシーが小さかった頃の記事を読み返してみましたが、ウェルシーには「吠える」という傾向がありました。

今では、ほとんどウェルシーの吠える声を聞かないので

そう言えばそうだったな~。

と懐かしいような気持ちになります。

吠えを改善するためには犬に「吠える必要は無い」ということを教えていきますが、しつけ以外にも生活の工夫も大切だと感じました。

吠える理由と対策してきたこと

犬が吠えるのにはもちろん理由がありますが、ウェルシーの場合は主に

  • 要求、自己主張の吠え
  • 興奮による吠え
  • 警戒による吠え

だったと思います。

初めてのパピーレクチャーで

もっと遊びたい~。

と吠えたときはかなり吠えましたが、大抵の吠えは一声だけ吠えるというものでした。

なので

今後たくさん吠えるようになるのか?

吠えなくてもいいことが理解できれば、吠えなくなるのか?

様子を見ていこうと、当時は思っていました。

吠えの改善のためにしたこと

1.要求吠え

いわゆる要求吠えは、一般に

  • 吠えると要求は聞いてもらえない。
  • 吠えずにおとなしくしていると要求が叶う。

と犬に学習してもらうことで、改善します。

吠えている間はガン無視して、諦めて吠えなくなったら要求を叶えてあげるのがが基本です。

人が根負けして、吠えている途中で要求を叶えてあげてしまうと、犬はしつこく吠えれば要求が叶うと学習します。

また「うるさい!」などと中途半端に叱ると、犬はかまってもらえたと勘違いして、吠えがひどくなることもあります。

ウェルシーの場合は一声吠えるだけだったので、無視しても「無視されている」と思ってもらいにくく、一度だけガツン!と叱ったことがあります。

関連記事→要求吠えを叱ってみた

これをきっかけに要求吠えはおさまりましたが、犬を驚かせることにはリスクも伴うので、あまりお勧めはしません。

2.興奮による吠え

ウェルシーは

  • 狭い車内から外に出る。
  • 人にかまってもらえそうと感じたとき。

などに、興奮して吠えました。

これは

ウェルシーは「Sit」の指示で落ち着けるので座らせるように。

という訓練士さんのご指導で、吠えなくなっていきました。

ただ、どちらも興奮しなくなったわけではないので、まだ課題ではあります。

3.警戒による吠え

ウェルシーが警戒して吠えるのは「音」に対してです。

しかも家の中限定なので、テリトリー意識というか

自分の家に不審なものが入ってくるかも?

と思うと、怖い、不快という気持ちがあるのだと思います。

これも、必ず吠えるわけでもなかったり、吠えるのはほとんど寝ているときだったり、しかも一声なので、なかなか改善法が見つかりませんでした。

追い立てるように吠えるわけではないので、ただ音にびっくりして吠えるのだろうという訓練士さんの見解でもありました。

しかし、転機が訪れました。

ウェルシーが繁殖犬に認定されて戻ってきてしばらくしてから、新しい布団を用意してあげたのですが、それが落ち着く場所になったのか?警戒びっくり吠えが激減しました。

関連記事→警戒吠え改善の兆し?

今でも、この警戒びっくり吠えはゼロにはなりません。

逆に言うと、これ以外でウェルシーが吠える声は聞かなくなりました。

びっくり吠えも「たまに」になったので

ウェルシーの声、久しぶりに聞いたね。

という感じになっています。

犬の吠え改善のヒント

これまでに対処してきたことを書いてきましたが、しつけ方というのはその仔によってそれぞれなので、全ての犬に当てはまる方法は無いと思います。

手っ取り早く、こうすれば改善する!

という方法があれば、いいのですけどね。

しかし、どの犬にも当てはまると思われる、私たちが心がけたことは

犬が安心して落ち着いて暮らせるように心を配る。

です。

日々興奮することが多かったり、不安やストレスを感じて暮らしていると、犬もちょっとしたことでも吠えたくなってしまうような気がします。

人もストレスが多いと気持ちが攻撃的になったりしませんか?

なので、犬が毎日をご機嫌に暮らせることが大切だと思っています。

ただし、即効性はありませんし、そのうえでその仔に合ったしつけ方を考えていくことになると思います。

自分の体験なので根拠はありませんが、ウェルシーの性格を考えると、もっと吠えても不思議は無いように思うので、興奮や不安やストレスが多かったら、ウェルシーは何かにつけ吠える仔になっていたかもしれません。

のんびり暮らそう

ウェルシーは現在1歳9か月。

のんびり暮らしています。

繁殖犬のノルマである1日に90分以上の散歩に毎日(傘が必要なほどの雨の日はパス)でかけ

公園でボール遊びをしたり

安全なところでクン活を楽しんでもらったり

窓辺でのんびり日向ぼっこをしたり

パパに甘えたり

お気に入りの布団で眠ったり

ウェルシーの興奮を煽るシーンはなるべく避けて、ストレスがかからないようにゆったり暮らしています。

ウェルシーにはまだ課題もありますし、もう少し心の成長を待つ必要もありますが、またいいご報告ができるように心掛けていきますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
育てたパピーがキャリアチェンジになったときのパピーウォーカーの気持ちとか
NEXT
犬連れ安中市ろうばいの郷|寒さの中にも春の香り

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    「わんことの素敵な暮らし方」みたいな本を出されたら売れるのでは?

    と、思ってしまいました(笑)。

    「吠え」にどう向き合うか、本当に参考になります♪
    吠えさせない、というよりは、吠えなくてもいい事を理解させてあげる方がわんこものびのび穏やかにしてくれますものね…

    参考になりました。
    ありがとうございます♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      犬のお悩みで「吠え」は上位に入るみたいですね。
      犬が吠えるのは、ある程度当たり前なので、吠えなくてもいい状況を作ってあげる工夫をしてあげた上で少しくらい吠えてしまうのは、その仔の個性。
      だって、犬だも~ん。
      ご近所から苦情が来ない程度ならいいのかな?
      と私は思います。

      せっかくわんこと暮らすことにしたので、素敵な暮らし?楽しい暮らし?を目指したいです♪

関連記事

他犬とのすれ違いは距離をとる 機転の利く犬

ウェルシーだよ♪ ある日、ママと一緒に土手をお散歩していたの。 土手って道が狭いよね。 犬

記事を読む

シーズン中の犬のある日の様子

ウェルシーだよ♪ 日差しがポカポカだけど風が強いよ。 2月も3週目に入って、だんだん暖か

記事を読む

座る犬

寒さ対策になるかな?犬にネックウォーマーを着用させてみました

ウェルシーだよ♪ 12月の上旬はまだまだ暖かかったけど、かなり寒くなってきたよ。 年末寒波がやっ

記事を読む

キジ

お散歩中に猫や鳥に吠えたり突進する犬は直りますか?

ウェルシーだよ♪ お散歩をしていると、あたしたちの周りにはいろいろな人がいるけど、猫ちゃんとか鳥さ

記事を読む

興奮しやすい犬の生活としつけの工夫

ウェルシーだよ♪ あたしは人が大好き。 初対面の人でもあたしを見てくれると わ~い! って嬉

記事を読む

怖がりで刺激に敏感な犬には納得して受け入れるのを待つ

ウェルシーだよ♪ 朝起きたら、2階のベランダから見える遠くの山に雪がかかっていたよ。 近郊で

記事を読む

一難去ってまた一難?犬との暮らしは大変なこともあるけれど

ウェルシーだよ♪ あたしのシーズンは、3月4日で終わったよ。 2月15日からだったので、

記事を読む

来宮神社鳥居

樹齢2000年の大楠に願いを!犬連れ熱海來宮神社

ウェルシーだよ♪ 静岡県熱海市にある來宮(きのみや)神社にお参りに行ったよ。 熱海來宮神社 來宮神

記事を読む

桜の木の下の犬

ラブラドールレトリバー5歳|歯の健康が気になるお年頃?犬の歯磨きのやり方

2022年4月14日にウェルシーは5歳の誕生日を迎えました。 W-15胎のみんな、どうしているかな

記事を読む

子犬たち

出産後の母犬のケアと母犬の様子

ウェルシーは富士ハーネスにて、2021年12月6日に2回目の出産をしました。 子犬を産んだ日から4

記事を読む

おもちゃで遊ぶ犬
犬の耳から茶褐色の耳垢が~!犬の外耳炎の原因・治療・予防法

蒸し暑くなる梅雨時期は、犬も皮膚や耳にトラブルが起こりがちです。 ウ

林泉寺本堂
犬連れ林泉寺「越後の龍」上杉謙信が眠るお寺を訪ねてみたよ

ウェルシーだよ♪ パパとママと一緒に新潟県の春日山城址に出かけたよ。

上杉謙信像アップ
犬連れ春日山城址|「越後の龍」上杉謙信の居城を満喫

ウェルシーだよ♪ 戦国時代の名将、上杉謙信の居城、新潟県にある春日山

散歩する犬
犬は飼い主に似るって本当?犬の性格は環境や年齢によって変わるの?

犬は飼い主に似ると言いますが、本当でしょうか? また年齢によって性格

菅館跡地図
犬連れ菅谷館跡|中世の武将畠山重忠の館跡を散策

ウェルシーだよ♪ ウェルシー地方は梅雨に入っちゃったけど、埼玉県にあ

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑