子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

公開日: : D‐18胎ワトソン*ウェルシー仔

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。

子犬たちはすくすく成長しています。

生後30日目に面会に行きました。

生後1か月頃の子犬の様子

生後3週の終わり頃から、子犬用のミルクを与え始めたということです。

スタッフさんに写真をいただきました。

ミルクを飲む子犬

最近は廊下デビューも果たし、トコトコ歩いたり遊んだりしているようです。

日本盲導犬協会の公式ブログ→子犬の成長だより Vol.88

母乳も飲みながら離乳食も増やしている段階です。

面会

この日、ウェルシー母子のお部屋にお邪魔すると、ウェルシーは尻尾をブンブン振って大歓迎してくれました。

前回はそっけなかったのに面白いですね。

母子のお部屋に入るのには専用のサンダルに履き替えるのですが、すぐに子犬たちが集まってきて、サンダルやズボンの裾をカジカジし始めます。

足元に集まってくる子犬たち

ウェルシーの子犬たちは一般見学エリアで生活しているので、一般の方も外から見ることができます。

スタッフさんが子犬を1頭抱っこして見学のみなさんの近くに行くと、ウェルシーは大急ぎでスタッフさんの後を追いました。

そしてSitして、スタッフさんを見上げます。

一般客に子犬を見せるスタッフ

母犬はどうして大急ぎでこっちに来たのですか?

見学者の質問に、スタッフさんは

私がこの子を連れてきてしまったので心配しているんですよ。

子犬がおとなしいので、今はそれほどでもありませんが、子犬が鳴いたりすると母犬はものすごく心配します。

この仔は初めての出産ですが、誰に教えてもらわなくても子犬を守ろうとするんですよ。

と説明していました。

見学の方から

偉いものだね~。

という声が上がりましたが、私も本当に母性って偉大だなあと思います。

腕白になってきたよ

ウェルシーの子どもたちはお部屋だけの生活から、廊下デビューをしたそうで、この日も廊下に出ました。

スタッフさんがフェンスを開けて呼ぶと、子犬たちはトコトコ外に向かってやってきました。

トコトコ歩く子犬たち

しかし、お部屋と廊下の境にある溝でちょっと躊躇しました。

溝を超えられない子犬たち

スタッフさんが毛布を敷いてくれると

廊下へ出る子犬たち

トコトコ廊下へ出てきました。

スタッフさんがおもちゃを置いてくれたので、子犬たちは楽しそうに遊び始めます。

おもちゃで遊ぶ子犬たち

滑り台もヨッチヨッチと登っていきます。

滑り台に上る子犬

さっきスタッフさんが敷いてくれた毛布も格好のおもちゃになっています。

毛布を引っ張る子犬

お水だって上手に飲みます。

水を飲みに行く子犬

こらこら!

これはママのごはんだよ!

フードを食べる子犬

手まで入れちゃってぇ~!!

フードを食べる子犬

もう離乳食は始まっているので、これが食べるものだということはわかるのでしょうか?

スタッフさ~ん!

パピーたちが盗み食いしてま~す!!

ウェルシーは、現在フードを1日に2000g食べているそうです。

2000g?

2㎏じゃないですか!

お米2㎏を想像してください。

あの量を1日で食べてしまうそうです!

フードは、ウェルシーが食べたいときに食べたいだけ食べられるように置いてあるそうですが、ウェルシーは自分なりに1回の量を調整して小分けに食べるそうです。

でも

遊んでお腹がすいてくると子犬たちがこうですもん。

ウェルシーも、すぐお腹がすいちゃいますよね。

お乳を飲む子犬たち

こうして見るとみんな大きくなったものです。

伏せてお乳を与える母犬

遊んで、お腹もいっぱいになり、子犬たちはうとうと。

眠る子犬

うとうと。

眠る子犬

あのう

それ、私の足なんですけど。

眠る子犬

可愛すぎてお持ち帰りしたくなります。

ウェルシーも久しぶりにパパに遊んでもらって嬉しそうでした。

おもちゃで遊ぶ母犬

おもちゃで遊ぶ母犬

あんなに食べているのに、気の毒なくらい太れませんね。

子犬たちも大分歯が生えてきていましたし、断乳までもう少しですね。

ウェルシー、頑張ろうね。

まとめのようなもの

まだ、これからどう成長していくのか分かりませんが、生後1か月の段階では、みんな元気いっぱいに動き回り、子犬らしいやんちゃさを見せてくれました。

この頃は母犬の愛情をたくさん受けながら、兄弟姉妹と遊び、人とも関わりあって生きていく知恵を身に着けていく時期なのでしょうね。

パピーの体についている赤や青のマークは、個体識別マークです。

日本盲導犬協会では下の図のように、マニュキアでマークを付けています。

個体識別マーク

また面会に行ったら成長の様子を記事にしますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)
NEXT
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

無心に母乳を飲む子犬たち

子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬の

記事を読む

ウェルシーと子犬たち

盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、12月15日に無事に初出産を終え

記事を読む

フードを食べる子犬

【動画】子犬のお座りの教え方のコツ

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちは順調に離乳食も進み

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬

母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。 なので、母犬の子育てなど見たこ

記事を読む

カートで運ばれる子犬たち

盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託されました。 生まれたときは30

記事を読む

子犬生後1か月

【動画】母犬が子犬を噛むのはなぜ?母犬は実践で教育する

ウェルシーは去年(2019年)の12月に富士ハーネスに里帰りして、初めての出産をしました。 子犬に

記事を読む

子犬と遊ぶ母犬

子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちはすくすく育ち、生後

記事を読む

桜のはなびらと犬
犬が言うことを聞かない?犬の気持ちを尊重してあげないからじゃない?

以前からこのブログを読んでくださっている方は、理解してくださっている

ぬいぐるみと犬
愛犬のかかりつけ動物病院の選び方 見るべきポイントは?

獣医さんは、犬の健康面でのアドバイス、診療、治療などを行ってくれる頼

すねる犬
甘え?わがまま?犬のトイレのしつけをやり直しています

盲導犬候補犬は、パピー時代は部屋でも外でもコールで排泄ができるように

立ち止まる犬
犬の毛艶が悪いのはなぜ?愛犬の毛艶を良くするためには?

ウェルシーは、周りの人に 綺麗な犬だね。 毛がツヤツヤしているね。

見送りする犬
犬を飼いたい!犬なんて簡単に飼ってはいけない!

先日、ウェルシーと公園に出かけました。 30代後半くらいの女性に 犬

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑