母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

公開日: : D‐18胎ワトソン*ウェルシー仔

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

なので、母犬の子育てなど見たこともなく、わが家のお預かり犬ウェルシーの子育てを興味深く感じています。

立ったままお乳を与えるのは愛のむち?

子犬たちが小さかった頃、ウェルシーは横たわってお乳を与えていました。

富士ハーネスでの里帰り出産育児なので、面会の時間の中でという注意書きがつきますが、横になって授乳することがスタンダードだったのだろうと思います。

お乳を飲む子犬

生後30日目の面会のときは、お乳を立ち飲みさせる場面が何度もありました。

立ってお乳を飲む子犬

立ったままお乳を与えるんですね。

と言うと、スタッフさんが

こうすることで、頭のいい子に育つんですよ。

と言いました。

私も「母犬は子犬を教育する」という話の中で、子犬がちょっと努力を要するような場面を作ることで、子犬に困難を自分の力で克服することを学ばせる。

というようなことを聞いたことがあります。

昨年の夏頃はネットでこんな記事も見つけました。

こちら→母犬の「愛のむち」受けた犬、優れた盲導犬に育つ 米研究

なんでも

生後最初の5週間に母犬が子犬たちを甘やかせ過ぎず、自ら学べるように育てると、子犬は成長して他の犬より優れた盲導犬になるという。

母犬が子犬を溺愛すると、子犬は臆病に育って新たな状況を恐れがちになり、目の不自由な人々を支援するための厳しい訓練プログラム(原文訳のままです)についていけなくなる傾向がみられた。

のだそうで

成功のカギとなる尺度は、母犬が子犬に授乳させる際に立っているか横になっているかだった。

ということです。

詳しくは記事をご覧になってくださいね。

母性は素晴らしい

ネットやTVなどの話は、発信側の意図がありますから、鵜呑みにしてはいけないと私は思っています。

なので、この記事も

ほんとかいな?

と思いつつ読みました。

YouTubeなどで、授乳する母犬の動画を探すと、かなり立ち飲みさせている動画を見ることができます。

ってことは、多くの母犬は自然にやっていることなのではないか?

と感じます。

合理的なだけだと思う

生後3週間を過ぎてくると、子犬は歯が生えてきます。

私たちが面会に行ったのは生後30日目で、みんな可愛い乳歯が生えていました。

子犬の乳歯って小さいですが、尖っていて当たると痛いですよね。

お乳を立ち飲みする子犬

母犬が立ち上がって授乳するのは、(他にもあるのかもしれませんが)主に、噛まれると痛いのですぐに離れられるように。

といった純粋な理由なのではないか?

と個人的には思います。

結果として

  • 大きくなってきた子犬たちは、母犬が横になって飲ませるときのように、重なり合わずにお乳を飲めるので苦しくない。
  • 必然的にお乳にありつくために努力をし、脳が発達する。
  • 立つことで筋肉も発達する。

というような、子犬の成長に役立つことになるのだと思います。

ウェルシーが子犬を振り切って逃げる場面もあり、子犬たちは

ママ~!

待って~。

お乳を飲みたいよう~。

と追いかけていました。

兄弟姉妹と遊ぶことと同様に、ママを追いかけることで運動能力も発達していくのかもしれませんね。

また、母犬に「嫌」と言われることで、離乳も進み自立への道が拓いていくのかもしれません。

まとめのようなもの

ウェルシーは、別に子犬を「賢い子に育てよう」と思っているわけではないでしょうが、自然に子犬の心身の成長を促していることになっています。

母性は本能ですが、子犬を健全に育てることにおいて理に適っているのだなあと思いました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)
NEXT
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ケインママ より:

    私もパピーの面会に行った折、母犬が立ち飲みさせている場面を何度か見たことあります。
    母犬が近くに来るとパピーはすぐに寄ってくるので、大きくなると自然とそうなるのかなと思っていましたが、なるほど!そんな理由も考えられるのですね。
    人の子も子犬も、甘やかしすぎずに、自分で努力する子に育てるのがポイントなのかもしれないですね。
    ウェルシーちゃん仔も賢い子に育ちそう♪^^♪

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      お乳の立ち飲みをしている子犬たち、とっても可愛いです。
      多分、子犬たちが大きくなると母犬は自然にそうするのでしょうね。

      愛情を注ぎ、甘やかしすぎず、自分で生きている力を身に着けるように育てる。
      母犬の子育てを見習いたいものです・・・。

関連記事

ウェルシーと子犬たち

盲導犬繁殖犬ウェルシー初めての出産

12月の上旬に出産のため、富士ハーネスに里帰りしていたウェルシーは、12月15日に無事に初出産を終え

記事を読む

子犬と遊ぶ母犬

子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちはすくすく育ち、生後

記事を読む

眠る子犬

子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬たちはすくすく成長しています。

記事を読む

無心に母乳を飲む子犬たち

子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬の

記事を読む

子犬生後1か月

【動画】母犬が子犬を噛むのはなぜ?母犬は実践で教育する

ウェルシーは去年(2019年)の12月に富士ハーネスに里帰りして、初めての出産をしました。 子犬に

記事を読む

フードを食べる子犬

【動画】子犬のお座りの教え方のコツ

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちは順調に離乳食も進み

記事を読む

カートで運ばれる子犬たち

盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託されました。 生まれたときは30

記事を読む

部屋でくつろぐ犬
別れた子犬と母犬はお互いに覚えているのだろうか?

子犬を迎えると この仔は母犬のことを覚えているのだろうか? と思った

ロングリードで散歩する犬
母犬の出産後のケアと体調管理

ウェルシーは2019年12月15日に初めての出産をしました。 子犬た

カートで運ばれる子犬たち
盲導犬パピー1回目の別れと出会い パピー委託式

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託さ

子犬と遊ぶ母犬
子犬の生後6~7週は犬社会から人社会へ旅立つ大切な準備期

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。

洗濯かごに入れられる子犬
パピーウォーカーが巣立ったパピーの誕生日に思うこと

2月1日は、わが家の3頭目パピーのシオンの誕生日です。 S-14胎の

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2020年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑