盲導犬とパピーウォーカー

日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて、年4回発行されている会報誌「盲導犬くらぶ」がわが家にも届きました。

盲導犬くらぶ

ウェルシー仔盲導犬デビュー

2019年の12月にワトソン君とウェルシーの間に生まれた、D18胎のディアナちゃんが盲導犬デビューして、会報誌に掲載されました。

盲導犬デビュー

ディアナ、進路決定おめでとう♪

2歳前にデビューしちゃうなんて、君はせっかちだねぇ(笑)

ユーザーさんの生活の助けになって、ユーザーさんに可愛がられて楽しい生活を送れるよう祈っています。

盲導犬とパピーウォーカー

パピーウォーカーは、協会のマッチングでどの仔が来るのか分からないので、子犬を見て自分で選ぶことはできません。

お預かりしたパピーが盲導犬になるかならないかは、ほぼ持って生まれた気質によって決まります。

この「ほぼ」の意味をいつも考えているのですが、以下私の勝手な解釈です。

1.盲導犬にならなかった場合

お預かりしたパピーが盲導犬にならなかった場合、例えば虐待したり、極端に協会からの飼育方針を守らないなどのことが無い限り、パピーウォーカーに責任はありません。

たとえ、どんなに盲導犬としての資質に優れた両親犬から生まれたとしても、全ての子犬がその資質を全部受け継ぐわけではないからです。

同胎の兄弟姉妹でも、見た目も性格も1頭1頭それぞれです。

たまたま盲導犬に向く資質を持って生まれてこなかったら、後付けはできないので、パピーウォーカーがどう育てても(家庭犬として暮らしやすい犬に育てることはできますが)訓練士さんがどんなに訓練しても、盲導犬にはなりません。

2.盲導犬になった場合

一方盲導犬になった場合は、パピーウォーカーさんのお手柄だと、私は勝手に思っています。

子犬が完璧な盲導犬センスを持って生まれてきたとしても、訓練ができる1歳前後までの日々を訓練センターで犬舎生活を送っていたら、盲導犬になるのは難しいのではないかと思います。

パピーウォーカーの家庭で、日々愛情を注がれ、家族と一緒に楽しい経験の中でいろいろなことを学ぶからこそ、人を信頼し、人が大好きな犬に育ち、訓練を進めることができるのだと思うのです。

繁殖犬飼育ボランティアの気持ちとか

盲導犬候補パピーは

  • 盲導犬に向く気質。
  • 家庭で家族の一員として愛情をもって育てられること。
  • 適切な訓練。

それらが全て揃って盲導犬になれるのだと思います。

盲導犬になるならないにかかわらず、パピーウォーカーさんが大切に育ててくれるからこそ、人の家庭で楽しく暮らせる犬に育っていきます。

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合に、パピーウォーカーが引き取ることはできない決まりになっているので、ほぼどの仔も育った家と別の家庭で暮らすことになります。

ウェルシー仔CC犬

上の写真は、新しいご家族のもとで楽しい毎日を過ごすD18胎のパピーの1頭です。

D18胎の仔の中には、パピーウォーキング中に足の関節にトラブルが見つかり治療を受けた仔がいます。

協会サイドの適切な治療ももちろんですが、パピーウォーカーさんが献身的にケアして育ててくださったお陰で、パピーは日常生活を普通に送れるほどに回復してくれました。

しかしその仔は、委託終了後は訓練せずキャリアチェンジ犬として一般家庭に譲渡されることが、パピーウォーキング中に決まりました。

訓練することも無い。

自分が引き取ることもできない。

そんな中で、別離のためだけに大切にパピーを育ててくださったパピーウォーカーさんの心情を思うと胸がいっぱいになります。

ウェルシー仔CC犬

その仔も現在は新しいご家庭で幸せに過ごしているので、パピーウォーカーさんには感謝しかありません。

まとめのようなもの

ワトソン×ウェルシー仔の中の1頭が盲導犬デビューしました。

犬の幸せは、一緒に生活する人によって決まります。

子犬たちがどんな進路を選んでも、幸せであってくれることが一番の願いです。

一方で「盲導犬繁殖犬」としてウェルシーをお預かりしているので、ウェルシーが産んだ子犬の中で盲導犬になってくれる仔がいてくれて

少しでも盲導犬を必要としている人のお役に立てて良かったな♪

とホッとした部分もあります。

パピーウォーカーさん、改めてありがとうございます。

子犬たちがどんな進路を選んでも、パピーウォーカーの家庭での温かい暮らしは子犬たちの力になっているはずです。

まだ訓練中の仔も、きっと自分に合う道を選んでくれると思いますが、その先で出会う人にたくさん可愛がってもらえますよう願っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
繁殖犬=嫌な言葉だ!可哀想?盲導犬繁殖犬の実態
NEXT
出産後の母犬のケアと母犬の様子

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

フードを食べる子犬

【動画】子犬のお座りの教え方のコツ

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初めての出産をしました。 子犬たちは順調に離乳食も進み

記事を読む

立ってお乳を飲む子犬

母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。 なので、母犬の子育てなど見たこ

記事を読む

薬師神社前

盲導犬パピーママ犬に会う!母子はお互いを覚えているのかな?

ウェルシーとワトソン君の子犬たち(D-18胎)は2020年12月15日に1歳の誕生日を迎えました。

記事を読む

カートで運ばれる子犬たち

パピー委託式|盲導犬パピー1回目の別れと出会い

ワトソン*ウェルシー仔たちは、2月8日にパピーウォーカーさんに委託されました。 生まれたときは30

記事を読む

子犬生後1か月

【動画】母犬が子犬を噛むのはなぜ?母犬は実践で教育する

ウェルシーは去年(2019年)の12月に富士ハーネスに里帰りして、初めての出産をしました。 子犬に

記事を読む

【繁殖犬飼育ボランティア】子犬を産む母犬との暮らし 喜びや楽しさをこれから

暮れの大掃除も、お正月の準備も、何も進んでいないウェルシーママです。 もう、寒くて何もしたくない。

記事を読む

シーズン中の犬のある日の様子

ウェルシーだよ♪ 日差しがポカポカだけど風が強いよ。 2月も3週目に入って、だんだん暖か

記事を読む

抱っこされる子犬

子犬の1歳の誕生日はパピーウォーカーにとって特別なもの

昨年の今日(2019年12月15日)ウェルシーは初めての出産をしました。 オス5頭、メス4頭、合計

記事を読む

眠る子犬

子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬たちはすくすく成長しています。

記事を読む

無心に母乳を飲む子犬たち

子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬の

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑