人に興奮 飛びつき吠える犬

公開日: : 第二話 ツムギ, 社会化

お泊りから帰ってきたツムギは、私達が近付くと逃げるようなしぐさを見せましたが、それもなくなりました。

ツムギを連れてお散歩に行きました。

住宅街の狭い道から大通りに出ました。

左折したところ、歩道の上で腰が曲がり手押し車を押しながら歩く、年配の女性と鉢合わせました。

右側には駐車車両(こら~!道の角付近に車を停めるな~!!)がありました。

うっ!

どうしよう!

と思ったものの、車と年配女性の間を人一人と犬一頭ですれ違えると判断しました。

なるべくツムギを自分の側へ寄せ、少し後ろを歩かせました。

無難にすれ違え

良かった!

と思った瞬間

ツムギったら、手押し車を押す女性の手をペロッとしやがった!

慌てて手を引っ込める女性。

「すみません!!」

平謝りに謝る私。

「犬は嫌いじゃないから大丈夫よ」

とその女性は言ってくれましたが

ツムギさん!なんてことしてくれるのよ!!

気を取り直し散歩を続け、もうすぐ自宅というところで前方から60代くらいの女性が歩いてきました。

普通にすれ違える距離なので、ツムギをHeelの位置で歩かせました。

リードは短く持ちましたが、たるみはありました。

知らない人でしたが目が合ったので会釈をして、すれ違いました。

そして、すれ違いざまにその方はツムギを見てニッコリ。

その瞬間、ぴょ~ん!!

つむたん、スイッチ入っちゃった。

穏やかにいいこに歩いていると思って油断がありました。

一瞬ですからね~。

瞬間湯沸器ツムギ。

ツムギが飛びついちゃったので、リードをゆるめてチョンと引き、2歩くらい後ろに下がりながら

「ツムギ、Come」

来てくれたので「Sit」と言いましたが、一度で座ってくれず三回も「Sit」と言いツムギを座らせ、すみませんでした。

と女性に謝りました。

「大丈夫よ、もう亡くなったけどうちにもラブがいたからね」

などと言ってくださっている間に、座っていたツムギは勝手に伏せました。

ツムギの場合は、伏せても飛びつく機会を伺っていたりして決しておりこうさんではないのですが、一般に伏せる=おりこうさんと思われるみたいで、その女性もツムギが落ち着いたと思い

「おりこうさんね~」

とニコニコしてくれました。

でも、さすがに最初にいきなり飛びつかれて嫌だったのでしょうね。

なでたり触ったりはしてくれませんでした。

次の瞬間ツムギは

わん!わん!

伏せたまま尻尾を振りながら、二回吠えました。

「あ!」と言いましたが、もう遅かったです。

これ、要求&興奮吠えなんですよね。

声を掛けてくれて、自分を見てくれるのに構ってくれない

こういう状況の時に、じれて吠えちゃうことがあるんです。

しかし・・・

伏せたまま吠えたのは初めてだったな~。

カンナちゃんの卒業式の時に、富士宮の訓練士さんに相談したところ

「吠えさせないことよりも、飛びつかせないことを優先してください」

というご指導でした。

お泊りのお迎えの時、神奈川の訓練士さんも

「ツムギの吠えは意図的ではないので、吠えは気にしなくていいので飛びつかせないことを練習してください」

というご指導でした。

しか~し!

飛びついちゃった上に伏せたまま吠えちゃって、ダメダメじゃん・・・。

もしかして、「人が見てくれた♪わ~~い♪♪」の興奮炭酸がシュワシュワしたところに「Sit」と蓋をしてしまったので、ポンと弾けて「わん!」となってしまった?

興奮炭酸のシュワシュワを鎮めないといけないのでしょうけど・・・。

難しいなあ。

つむたん

人に対していきなりペロするし、飛びつくし、吠えるし

最低!

なかなか人に対しての好ましい行動をツムギに伝えることが出来ず、ヘコむ私でした。

PB192545

「だってだって、構って欲しいんだもん」

ツムギは神奈川の訓練士さんに

「だってだって・・・」

が多いって言われたなあ・・・。

反抗期続行中~。

根気よくやっていきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
子犬と遊ぼう ボール遊び
NEXT
8回目 最後のパピーレクチャー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. くるみ より:

    つむたんとチョコは、似ていますね…

    チョコも、自分が気になった人、好きな人には、すぐ抱きついていこうとします。好きな人に会うと、嬉しくて大興奮…飛び立つ瞬間の飛行機ちゃんになります(ToT)みんなが、可愛いとか、見て笑ってくれるんでテンション上がります(>_<)

    困ったものです

    • gd.vol より:

      くるみさん
      飛び立つ瞬間の飛行機ちゃん(笑)
      確かにぃ~。

      すごく素直なので、みんな自分のことを可愛がってくれると思っているんですよね。
      それ自体はいいのですが、ツムギは大型犬ですからね~。
      自制してもらわないと・・・。

  2. あーーー!わかります!わかります!
    ウォルターも飛びつきあります。吠えもあります。(苦笑)
    犬なので仕方ないところもありますが、やっぱりなおしてあげたいって
    思いながら気長にやってますが・・・
    難しいですよねー。

    ウォルターの場合は吠えです。要求吠え、文句吠え!
    なんでなんで・・・・
    一緒だなーってしみじみ思いました。

    まだパピーだから、なんでなんでって仕方ないんでしょうね。
    今日も、なんでだーーーってわんわん吠えてます(苦笑)

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      パピーの心の成長も必要なので、お互いに根気よくやっていきましょうね~。

  3. サナ父ちゃん より:

    つむたん、まだ10ヶ月齢でしたよね。
    同じくらいの頃のサナもそんな感じだったかな。

    シーズンを境にサナも変わったように思いますし、まだまだこれからですよ。

    まだまだ日にちはあります。
    つむたんとの日常、目一杯楽しんでくださいねっ♪

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      人や犬が好きで本人は友好的なつもりなのですが、表現方法が・・・ね。
      心の成長を待ちながら気長にやっていきます。
      毎日を楽しんで過ごしていきますね♪

関連記事

未来に乾杯 育てたパピーがキャリアチェンジになり譲渡先が決まりました

島根でのツムギとの面会から早2か月余り。 関連記事→笑顔をその胸に焼きつけて 日本盲導犬

記事を読む

生後6か月齢の忘備録

ツムギは生後6か月を迎えました。 体重は20kgを超えてきました。 5か月齢になった頃は

記事を読む

4回目のパピーレクチャー

7月12日、T-13胎とY-13胎の合同レクチャーでした。 レクチャーの内容は 夢中作

記事を読む

委託5日目の抱っこでお散歩

日本盲導犬協会では、1回目のワクチンを接種してからパピーウォーカーに委託になります。 2回目の

記事を読む

子犬と遊ぶ かごめかごめ 待てを強化できるかも?

先日の3回目のレクチャーの時に、Y-13胎(3か月齢)のあるパピーウォーカーさんがやっていた遊びです

記事を読む

子犬の社会化 芝生を体験

家から歩いて30分くらいのところにある市営の公園に行ってみました。 ここは芝生の上もわんこOK

記事を読む

お泊り保育終了

お泊り保育が終了し、15日にツムギを迎えに行ってきました。 訓練士さんに連れてこられたツムギは

記事を読む

夏祭り

お盆の間に地域の夏祭りがありました。 露店、盆踊り、花火という定番の小さなお祭りです。

記事を読む

慎重さと大胆さと

ツムギは慎重な仔だと思うのですが、思いがけず大胆な一面を見せたりします。 水は怖がるかなあと思

記事を読む

君は誰? 子犬に傘を見せてみる

ツムギは見慣れないものにびっくりすることがあります。 この前は取り込んだ洗濯物をたくさん抱えて

記事を読む

抱っこをせがむ犬

ウェルシーは日差しのある時間帯は、日の当たる場所で日向ぼっこをしながら

生後8か月のウェルシーへ

ウェルシーは、12月14日で生後8か月になりました。 体重は

言うことを聞かない犬に苛立つ自分が恥ずかしくなった日

ここのところ寒いのですが、お天気に恵まれているので毎日ウェルシーとお散

ボールの持ってこい遊びにもマイブームがあるらしい?

お昼寝から目覚めたウェルシーに寝起きの排泄をさせると ねえねえマ

犬の身体にとって階段の昇降は負担 階段を怖がるのは当然かも

好奇心旺盛でイケイケタイプのウェルシーですが、一方で怖がりな一面もあり

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑