「体験談」トイレが外派の犬が家の中での排泄に成功!

公開日: : 盲導犬式トイレトレーニング

愛犬のトイレは

外派?

おうち派?

どちらでもOK派?

多くの犬は外での排泄を好むので、人が付き合ってあげればいいだけのことではありますが、トイレが外派のわんこの飼い主さんで

  • 大雨の日は大変だから室内でできたらいいな。
  • うちは大型犬なので、老犬になったらトイレのたびに抱っこで外に出すのは大変だし、室内でできたらいいな。

という人もいるかもしれませんね。

暑そうな犬

トイレが外派のわんこを室内トイレにしました

以前、犬が外トイレを好む理由や、室内トイレへの持って行き方の一例などを記事にしました。

関連記事→外でしかトイレをしなくなった犬を室内トイレにしたい

実際に室内トイレに成功した人から朗報が届いたので、ご紹介させていただきますね。

1.排泄するまで散歩に行かない

根競べですね。

実践された方のわんこは8歳です。

8歳わんこママさんからのメールによると、ずっと外派でしたが家から外に行くのに階段があり、いずれ昇り降りが辛くなるであろうと考え、室内で排泄するようにしたかったそうです。

室内で排泄をしてもらうため、排泄をするまで外には行かないことにしました。

1日半くらいして室内で排泄してくれたということでした。

1回室内でできてしまったらもう大丈夫ということでした。

丸1日は排泄をしなかったんですよね。

犬も人も辛かったことでしょう。

よく頑張りましたね。

わんこも

外に連れて行ってくれないということは、どうしたらいいのだろう?

と一生懸命考えたのでしょうね。

もっと歳を重ねたら排泄の介助が必要になるかもしれませんが、近い将来おぼつかない足取りで階段を昇り降りさせるより、家の中で排泄ができたほうが犬も人も負担は減りますよね。

ブレない態度で人の要望を伝えることも「愛情」なのだと思いました。

8歳わんこママさん、ありがとうございました。

2.納得させる

もうひと方は、ツムギさんです。

ツムギはおうちに迎えた当初から排泄は外派だったそうです。

盲導犬パピーは訓練センターに帰ると、排泄は「排泄グランド」です。

屋根はありますが外みたいなものです。

なので、外派になる仔がほとんどなのではないかと思います(どうでしょう?)

今まで何度も

家の中で排泄ができたらいいなあ。

と思うことはあったそうですが

お外がいいもん!

とツムギに言われ、ついつい

まあいいか。

になっていたそうです。

しかし最近「決意!」

以下、いただいたメールです。

今朝は激しい雨で目が覚めました。

雨に濡れるのが好きではないツムギさん。

しかも朝。

(排泄の)タイミングとしては最高♪

あとは場所・・・。

今まで玄関の土間や人間のトイレの中、トイレと脱衣所の間の廊下でしたがツムギさんは

こんな所じゃやだもんね~!

でした。

ママさん(私のことです)のアドバイスの

犬は清潔好きで家を汚したくないもの。

ということがずっと頭に残っていました。

ツムギさんにとって、汚してもいい場所は???

あっ!

大嫌いなシャンプーをされるお風呂場だ!!!

ツムギが本当にそう思ったかどうかは確かめようがありませんが、お風呂場に誘われるけどシャンプーではなく、排泄のお願いだと理解してくれて躊躇することなく入室。

そして入念にシートをチェックして無事に着陸~♪(添付していただいた写真には、人工芝もひとつ入れてありました)

排泄後は得意そうなお顔をしていました。

ツムギさんはやっぱり「納得」がキーワードですね。

無理矢理でもなく

いいよ、やるわ。

という感じでできて良かったです。

成功するまでの間には

  • ペットシーツを散歩に持って行って、まずは外でペットシーツを条件にして排泄を試みる。
  • 協会のPRイベントに出かけたとき、人工芝に排泄できたことを思い出し、人工芝を使ってみる。

など、ツムギの排泄の条件をさぐり、それを外で使って徐々に中へ条件を持って行くことを試みました。

今までの積み重ねがあって、ツムギも納得して「お風呂場排泄」を受け入れることができたのだと思います。

本格的に決意してから1か月くらいかかったのではないでしょうか?

焦らず、叱らず、諦めず、根気よく伝えていくことが大切なのだなと思いました。

ツムギ母さん、ありがとうございました。

まとめのようなもの

後日、再びツムギ母さんからメールをいただきました。

ツムギの場合は、全く新しいことを覚えてもらうのではなく、家で排泄していた経験があり、記憶がある上での挑戦です。

ツムギにとって

言われていることは理解しているけど、私はお外がいいもん!

だったので、拗ねるとかムッとするとかのギリギリのラインを探りながら、彼女と話し合いながらやりました。

その仔その仔で、時間をかけたほうがいい仔、短期集中の方がストレスがかからない仔、いろいろだと思いますが参考になればと思います。

散歩する犬

2人の方から「体験談」を聞くことができましたが、どちらの方法も人(飼い主)の忍耐が伴います。

犬にとっても習慣を変えることは大変なことでしょう。

犬もそれぞれに個性があるので、排泄に限らずしつけは「全ての犬に万能な方法」というものはありません。

今回ご紹介させていただいた方法以外にも、良い方法はあるかもしれません。

「うちのこ」の気持ちを考え「うちのこ」に合う方法を見つけていけたらいいですね。

(写真は1枚目ウェルシー、2枚目ツムギです)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
富士大石ハナテラスで犬と一緒にゆったり過ごそう
NEXT
うちに来てくれてありがとう「うちの子記念日」

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

委託から2週間 生後2か月のトイレトレーニング状況

家に迎えたばかりの子犬には、まずトイレのしつけが課題になると思います。 ウェルシーは家に来て2

記事を読む

盲導犬パピー トイレトレーニング WAIT ONE TWO

ウェルシーは、今月の14日で生後4か月になります。 委託から生後2か月齢の間に サークル

記事を読む

盲導犬パピー 排泄の悩みそれぞれ

5回目のレクチャーの日、ゲームの後に「排泄のお悩み」座談会をしました。 パピーを迎えた日から毎

記事を読む

盲導犬 トイレのお話 パピーウォーカーも募集中

つむたん地方は、昨日は雨の朝でした。 土砂降りの雨だったので、朝の散歩はお休みにしました。

記事を読む

ワンツーベルト練習中 実際に使ってみる

生後7か月を迎え そろそろ練習してみてください(無理のない範囲で) と訓練士さんに促され

記事を読む

見上げる犬

盲導犬御用達ワンツーベルトを使うことにしました

今さら感がありますが、ウェルシーの屋外での排泄に盲導犬が使うワンツーベルトを使ってみようと思いました

記事を読む

生後3か月齢 トイレトレーニングの進捗状況

パピーを迎えるとその日から始まるトイレトレーニングですが、わが家では今まであまり苦労したことがありま

記事を読む

トイレのしつけ

子犬がやってきてすぐに必要な躾けの一つがトイレの躾です。 わが家ではケージの横にペットシーツを敷き、

記事を読む

盲導犬パピー(ウォーカー) トイレの失敗!

ある日のことです。 お気に入りのぬいぐるみ、とらじろうとたくさん遊んだツムギ。 遊び疲れ

記事を読む

子犬のトイレのしつけに苦戦中

子犬を家に迎えてすぐに始めなくてはいけないのがトイレのしつけ。 今まで迎えたパピーには、3日でしつ

記事を読む

わんちゃんバイバイ
ラブラドールレトリバー2歳7か月 少しおとなになったかな?

ウェルシーは人が大好きで、自分に関心を示してくれる人にはすぐにテンシ

コスモスと犬
犬の性格は生まれつき?育て方で変えられる?人懐こい犬に育てるには

犬は飼い主に似る。 なんてよく言いますよね。 わんこの性格を育て方

石門
犬連れ昇仙峡 紅葉の秘境を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 昇仙峡(山梨県)に連れて行ってもらったよ。 昇仙

座る犬
犬も寒暖差で体調を崩す 季節の変わり目は体調管理に気をつけよう

11月を過ぎて朝晩めっきり冷え込むようになりました。 1日のうちでも

石神井公園
犬連れ都立石神井公園散策

ウェルシーだよ♪ 東京都の石神井公園(しゃくじいこうえん)に連れて行

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑