犬がトイレを失敗する原因と対策

子犬を迎えたときから始まるトイレトレーニングですが、なかなかうまくいかないことも、できていたのに最近失敗するなあということもありますね。

盲導犬のトイレ事情は家庭犬と少し違うので、犬が室内でも屋外でも勝手に排泄をしないよう、指示語で排泄ができるようにしつけていきます。

家庭犬も基本は同じ 2か月くらいの子犬のトイレのしつけかた

トイレを設置して犬に「ここがトイレだよ」ということを覚えてもらいます。

排泄をしたくなるタイミングは寝起き、ごはんを食べた後、水を飲んだ後、遊んだ後などが多いので、タイミングを見計らってトイレに連れて行きます。

日本盲導犬協会の場合は「ワンツー」ですが「トイレ~」でも「チー」でもいいので声掛けをして排泄を促します。

上手にできたら褒め、失敗しても叱らず淡々と片付けます。

人間の子どもに、トイレを失敗したからと叱っても

次は失敗しないように頑張ろう!

とは思えないですよね?

排泄そのものが「いけないこと」と思ってしまうリスクもあります。

犬も同じで失敗を叱っても効果は無く、できることを褒める方がうまくいきます。

日本盲導犬協会では、パピーウォーカーに排泄記録を付けるように指導をしています。

1か月くらい排泄記録をつけていくと

  • だいたい何時ごろ?
  • 何時間くらいもつ?
  • ごはん食べると排泄することが多いよね?

など、その仔のパターンがわかってくるので、お薦めです。

トイレの場所も重要です。

犬の習性として、寝る場所を汚したくないということがあるので、できればトイレとケージは離した方がいいそうです。

わが家の場合は生活の都合上

ケージの横がトイレ。

しかも窓際なので落ち着かない。

というダメ見本です。

子犬にトイレの場所を選んでもらうという方法もあります。

トイレを覚えるまでは行動範囲を制限し、犬の行動範囲の全てにペットシーツを敷き詰め、排泄をしない場所のペットシーツを片付けていき、最終的に犬が好んで排泄をする場所をトイレにします。

人が決めた場所でも犬が決めた場所でも、犬がここがトイレと認識してくれて自ら向かい、他の場所で排泄をしなくなれば、家庭犬ならトイレトレーニングは成功ですね。

今までできていたのにトイレを失敗する理由

しつけはできているはずなのに失敗が続くこともありますね。

理由としては

  • 病気や怪我
  • 失敗した場所ににおいが残っている
  • 恐怖や不快感
  • 興奮して
  • かまって欲しい
  • 分離不安

などがあります。

病気や怪我は体調を整えることが必要ですし、失敗した場所はきれいに掃除して消臭する必要があります。

わが家ではこちらを使っています。

洗面台やキッチンにマットを使っていると「そこもトイレ」と認識してしまう場合もあるので、その場合は失敗が無くなるまでマットを片付けておきます。

恐怖や不快感

外の音が怖いとか気になって落ち着かない、ペットシーツの感触が嫌い。

など、原因をみつけて改善してあげます。

興奮して

興奮しすぎる仔は、人が穏やかに落ち着いて接してあげるようにして、クールダウンさせる必要があります。

お留守番をしていて、人が帰ってくると嬉しくておもらしをしてしまう仔は、日頃からなるべく興奮させずに穏やかにコミュニケーションを取る時間を増やしていくことで、徐々に改善する場合もあります。

ごはんが出てくると嬉しくておもらしをしてしまう場合は、ごはんの回数を増やすと改善する場合もあります。

行動の根底には、愛されたい、かまって欲しいという気持ちがあるので、そこを満たしてあげます。

かまって欲しい

コミュニケーションは足りていますか?

犬が「かまって」という前に、人の方からコミュニケーションを取ってあげて、しっかり愛情を伝えてあげましょう。

うちも失敗こそしませんが、トイレサークルの前に立つことで「かまって」と表現するのはどの仔もしました。(写真はシオンです)

大きくなってもコミュニケーションは大切ですね。

反省!!

分離不安

飼い主さんと離れることが不安になり、不安からトイレを失敗してしまうので、コミュニケーションをたくさんとり、しっかり愛情を伝えるようにします。

その上で、少しずつ離れる時間をつくり

大丈夫。

と思えるようにしていきます。

一進一退の時期が続くことも多いので焦らないこと。

関連記事→分離不安症~ビターアップル事件~

極度の分離不安症の場合は、専門家にご相談されることをお薦めします。

まとめのようなもの

犬がトイレを失敗するのには理由があります。

  • 失敗しても叱らないこと。
  • 犬の心を満たしてあげること。

犬はみんな家族が大好き。

叱らず、犬の気持ちを満たし、愛情いっぱいに接してあげましょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
拾い食い改善中 いろいろ体験中
NEXT
警戒心が強い犬の警戒を解く方法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

気を引きたいの!

最初 大変かな? と思ったシオンのトイレトレーニングですが、まずまず順調に進んでいます。

記事を読む

ワンツーベルトなんて嫌い 頑固さを見せる犬

ウェルシーは1月21日から27日まで、訓練センターで預かり訓練に行っていました。 ウェルシーは

記事を読む

いたずらっ子のわけは・・・不安で落ち着かないから

パピーの委託前に、子犬は何にでも興味を示し齧って家具などを破壊したり、口に入るものを何でも食べてしま

記事を読む

ギャングエイジ

2013年12月 イズモは生後6か月になりました。 5か月を過ぎた頃から甘噛みはほとんど

記事を読む

真夜中のツー事件

2013年11月 秋も深まる11月8日未明。 イズモのケージでカタカタという音が・・・

記事を読む

盲導犬 トイレのお話 パピーウォーカーも募集中

つむたん地方は、昨日は雨の朝でした。 土砂降りの雨だったので、朝の散歩はお休みにしました。

記事を読む

犬 思春期の処方箋

そんなものはありません(笑) ただね 初めて犬を育ててみて、犬も人間も成長過程は同じなん

記事を読む

ツムギのゴールデンウィーク

ツムギだよ~♪ なんだかみんなお出かけしているみたいなの。 「なんで?」ってママに聞いた

記事を読む

公園でボール遊びと自由散策

ウェルシーと一緒に大きな公園に行ってみました。 残暑の厳しい日でしたが、木が多く日陰があり、芝

記事を読む

ストライキ 寝るなんて・・・やだ!

寝る前にいじけるイズモです。 まずはトイレ編です。 夜、その日最後のトイレ。 トイ

記事を読む

パピーウォーキングいよいよ終盤へ

わが家でお預かりするパピーたちは、いまのところもれなくパパが好き。

お姫様ベッド?で日向ぼっこする犬

2月も半ばを過ぎ、外は寒くても日差しが力強くなってきました。 晴

子犬の社会化 いろいろな足裏感触に慣れていこうね

ウェルシーとお散歩に行きました。 最近、拾い食いがだいぶ減ってき

えぇ~!座布団が怖いの?足裏敏感な犬

もうだいぶ前のことなのですが、わが家にお客さんがありました。 私

W-15胎 8回目のパピーレクチャー

2月18日 W-15胎、10か月齢のパピーレクチャーでした。

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑