犬の死因ワースト3はガン、心臓病、腎不全、健康診断は必要?どんなことをするの?

公開日: : 健康管理

私たちがパピーウォーカーから繁殖犬ボランティアになって、心掛ける視点が変わったところがあります。

パピーの頃は「教育」でした。

愛情いっぱいに育てるのはもちろん大切なことですが、盲導犬の候補犬としてのパピーウォーカーの役割というところを、多少は意識していたと思います。

足元ダウンする犬

愛犬の健康と長寿のために

繁殖犬を迎えた今は、繁殖犬ママ犬なので当然

元気な子犬を産めるように。

というところが目先の目標ですが

できるだけ元気で長生きして欲しい。

という気持ちが強く「健康管理」に視点が移っていることを感じています。

振り向く犬

犬の死因ワースト3

私が子どもだった頃などに比べると、犬の寿命はとても延びています。

そのため、犬も人と同じような病気にかかることが増えています。

犬の死因のワースト3は

1位.ガン

2位.心臓病

3位.腎不全

だそうです。

予防には、日頃から犬の様子をよく観察するに限りますが、犬は人間の4~5倍のスピードで歳をとります。

なので、病気なのか老化現象なのか分かりにくいと思われますし、病気の進行もとても早いことでしょう。

犬は言葉で不調を訴えることもできません。

病原菌による病気はある程度ワクチンで防げますし、心臓の病気の一部はフィラリアの薬で防ぐことができますが、病気を予防するのはとても難しい気がします。

健康診断の種類

病気は早期発見と早期治療が大切になるので、健康診断はした方がいいと個人的には思っています。

「けんしん」には

  • 体を全体的に診て、何か異常や不調がないか調べる「健診(健康診断)」
  • 特定の病気を見つけるためにピンポイントで検査する「検診」

の二つの意味がありますが、病気の予防となる「健康診断」について調べてみました。

動物病院で健康診断

犬の健康診断で最も一般的なのが、動物病院での検査です。

検査内容は病院によって異なりますが、基本的なものとして、身体検査、血液検査、便・尿検査などがあります。

また、必要に応じて、レントゲン検査や超音波検査なども行います。

犬の年齢や体の状態に応じて受ける検査は変わるので、どの検査を受けるか獣医さんと相談しましょう。

ドッグドック

これは人間ドックと同じように、通常の健康診断よりも検査項目が多く、犬の健康状態をより詳しく検査する方法です。

通常の健康診断の内容にプラスして、エコー検査や甲状腺ホルモン検査、腎臓機能検査、がん検診などが行われます。

シニア犬に受診させる場合が多いですが、若いうちから愛犬の状態を把握し、変化を見ていくことが大切なので、若いうちから受診することがお勧めなのだそうです。

検査にかかる費用

健康診断にかかる費用は、検査内容によって異なります。

簡単な検査は数千円〜。

一般的な検査は1万円程度〜。

精密な検査やドッグドックなどは1万5千円〜3万円程度。

ということです。

検査の頻度

6歳くらいまでは年に1回程度。

7歳を超えたら、獣医さんと相談しながら決めていくと良いと思います。

病院で様々な検査を受けることは、犬にとってはストレスになるので健康チェックとストレスのバランスを含めて、獣医さんと相談していきたいですね。

まとめのようなもの

幼犬から老犬へと変化していく中で定期的に健康診断を受けて、経過観察をしっかりとしていれば、些細な病気の兆しにもすぐに気づき、早期治療ができます。

一方で病院での検査は、犬にとってはストレスになりやすいものです。

メリットもデメリットもあるので、うちのこの状態を獣医さんと相談しながら考えていくことが大切だと思いました。

万一病気になると高額な費用がかかることもあるので、貯金やペット保険に加入するなどして備えておきたいです。

関連記事→大型犬の治療費は高額!ペット保険に入るべき?

日常でできる健康チェックの記事です。

関連記事→犬の健康チェックと健康診断を心掛けよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬の記憶力はどのくらい?楽しい記憶で脳内を満たしてあげよう
NEXT
犬連れよしみコスモス祭りと道の駅いちごの里よしみ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

体表腫瘤 完治しました

10月の上旬ごろ、シオンの左の太ももにポツッとしこりのようなものが出来ているのを発見しました。

記事を読む

犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

だんだん気温が下がってきて、日向ぼっこの季節になってきました。 夏の間は太陽の位置が高いので、部屋

記事を読む

わんこのお手入れ 眠くなったところでブラッシング

シオンはお手入れ系は割合大丈夫のようですが、人が手に持つものには何にでも興味を示し、何でもおもちゃだ

記事を読む

犬の下痢は兆候があったらふやかしフードを与えて様子を見よう

少し前の話になりますが、8月29日の夜12時近く、ウェルシーはケージの中でツーをしてしまいました。

記事を読む

犬を健康的に太らせる!ウェルシー体重UP計画

ウェルシーだよ♪ 最近、メディカルチェックのため、神奈川訓練センターに行く機会があったよ。

記事を読む

日向ぼっこをする犬

大型犬の治療費は高額!ペット保険に入るべき?

犬も生き物ですから、病気になったり怪我をすることもあります。 ペットの治療費は全額自己負担になりま

記事を読む

狂犬病予防注射は毎年しないといけないの?ワクチン接種義務の根拠と費用

春になると狂犬病予防接種のお知らせが自治体から届きます。 ウェルシーも狂犬病の予防接種を受ける

記事を読む

おいしいノミダニ駆除薬

ノミダニ駆除薬をもらいに動物病院に行ってきました。 今まではフロントラインという滴下タイプのお

記事を読む

犬のシャンプーのやり方は?頻度・最適なお湯の温度・洗い方のポイント

3回目のワクチンが終わって1週間程度経つとお散歩が全面解禁になります。 ノミダニの駆虫薬を投与

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがありました。 犬は保護団体

記事を読む

石門
犬連れ昇仙峡 紅葉の秘境を楽しもう

ウェルシーだよ♪ 昇仙峡(山梨県)に連れて行ってもらったよ。 昇仙

座る犬
犬も寒暖差で体調を崩す 季節の変わり目は体調管理に気をつけよう

11月を過ぎて朝晩めっきり冷え込むようになりました。 1日のうちでも

石神井公園
犬連れ都立石神井公園散策

ウェルシーだよ♪ 東京都の石神井公園(しゃくじいこうえん)に連れて行

コスモスと犬
人が大好き大興奮!他人様に甘噛みしちゃう犬も少し落ち着きが出てきました

ウェルシーは人が大好きで、人に可愛がってもらうと興奮が上がり、人に飛び

挨拶するアヒルと犬
友好的な犬とアヒル アヒルの飼育員に学ぶ「本物」の愛情

ウェルシーは、人にも人以外の動物にもとても友好的です。 小さい頃は、

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑