夏だけじゃない!冬も犬の脱水症に注意しよう

公開日: : 健康管理

*記事には広告が含まれていることがあります。

犬の脱水症というと、暑い時期に起こりがちだと思ってしまいますが、意外と冬も注意が必要です。

暑い時期は「喉が渇いた」と感じやすいのですが、冬は喉の渇きを感じにくくなります。

座る犬

喉が渇いていなくても、体は水分不足になっていることがあります。

冬も脱水症に注意しよう

地域によって違いはあるかと思いますが、ウェルシー地方の冬は晴れる日が多く、空気が乾燥します。

そして、冬はエアコンやストーブをつけるので、空気がさらに乾燥します。

ストーブに当たる犬

空気が乾くことで体の水分が奪われがちなのに、寒いため喉が渇きにくく、脱水状態になりやすいと言えます。

犬が1日に必要とする水分量は?

犬が一日に必要な水分の量は、季節や年齢、活動量などに左右されますが、「体重(㎏)×60ml」が目安になるそうです。

計算方法もいろいろあるようですが、一応目安としますね。

ウェルシーの場合は、27㎏×60ml=1620ml

500mlのペットボトルで3本強ですね。

暑い時期なら、そのくらい飲んでいそうです。

でも、寒い時期は…。

ごめんなさい!

500mlのペットボトルで、2本まで飲んでいないと思います。

水分が不足するとどうなるの?

水分は体の働きに大変重要なものです。

不足するとどんな影響があるのでしょうか?

1.血液の粘度が上がる

体の中の水分が不足すると血液の粘度が上がり、いわゆるドロドロ状態になります。

血液の流れが悪くなることにより、心臓への負担が増えます。

2.泌尿器系のトラブル

飲水量が少なくなると、おしっこが濃くなって結晶ができやすくなります。

そして、おしっこと一緒に体外に排出されにくくなるため、小さな結晶や結晶が固まった結石が、尿路をふさいだり尿路にたまったりする尿石症の症状が出やすくなります。

飲水量が減っておしっこの量が少なくなると、細菌が膀胱に長時間とどまりやすくなるため、細菌性膀胱炎になりやすくなります。

3.腎臓病

腎臓は、血液に含まれている老廃物をろ過するために水分を必要とするので、水分が不足していると代謝もうまく行われなくなる可能性があります。

腎臓に負担がかかり、腎機能が低下することがあります。

4.歯周病

口の中が乾きやすくなることで細菌が増え、歯周病になりやすくなります。

水分が不足しているときのサイン

犬が水分不足のとき、体にはどのようなサインが現れるのでしょうか?

1.おしっこの色が濃い

これが一番分かりやすいでしょうかね。

ウェルシーは、量も少なくなります。

長年付き合っていると、いつもの大まかな量や濃さが分かるので

いつもより濃いな。

とか

あれ?

少ない!

と思ったりします。

このような状態が続くと、代謝が悪くなり腎臓に負担がかかったり、膀胱炎など泌尿器系のトラブルを招いたりする恐れがあります。

2.便が硬い、便秘

便は健康のバロメーターですね。

体の水分が不足していると、便の量が少なかったり、硬かったり便秘になることもあります。

3.皮膚の弾力が無くなる

犬の首の後ろの皮膚をつまんで離すと通常はすぐに戻りますが、脱水状態になっていると戻りが悪くなります。

冬も水分を摂らせるには

わが家では、ウェルシーが新鮮な水を自由に飲めるように、排泄のたびに水入れの水を換えて置いてありますが、寒くなると水を飲む回数が減ります。

しかも、ごはんはドライフードなので水分量は無いようなものですよね。

1日2回のごはんのときには、フードに水(寒い時期はぬるま湯)を入れています。

正確に測ったことはありませんが、目分量でコップ2/3くらい、150ml前後でしょうか?

一応意識しているので、一般的な量より多いのではないかと思っていますが…。

その他、散歩のときには2~3回給水して、室内にいる間に自発的に飲む量を入れても寒い時期は500mlのペットボトルで、2本まで飲んでいないと思います。

水を飲む犬

ウェルシーが必要とするらしい1620mlは、寒くなるにつれて摂取できなくなっているのが現状です。

あくまで目安なので、あまり気にする必要は無いと思っていて、おしっこの量や色で判断していますが、どうしたら冬も水を飲ませられるでしょうか?

犬友さんの中には

  • 冬は冷たい水(室温でも)だと飲まないので、ぬるま湯を置いておく。夏は氷を一つ入れておく。
  • においに釣られて飲んでくれるので、水に肉のゆで汁やヨーグルトを少し垂らす(腐敗注意)。
  • 犬用ミルクや果物を与える。

という人もいました。

まとめのようなもの

夏は熱中症の心配もあり、水を飲む機会を増やしてあげていますが、冬は難しいですね。

飲みなさいね♪

と言ったところで飲んでくれないのが犬なので、工夫が必要ですね。

水分不足は、少しくらいならおしっこの量が少ないとか、濃いとかで済みますが、その状態が長く続くのは身体に負担がかかることなのだということが分かりました。

ドライフードを食べている仔は、慢性的に水分が不足しがちだと言います。

ウェルシーに合う工夫をして、水分不足に気をつけていきますね。

スポンサードリンク
PREV
カークランドシグネチャー(コストコ)ドッグフードをわが家なりに評価してみました
NEXT
いたずらばかりするうちの犬!誤飲の経験もあり!どうしつけたらいいの?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

栴檀の実

【せんだんの実】可愛いが毒あり!晩秋から冬の散歩は犬の拾い食いに注意

*記事には広告が含まれていることがあります。 わが家の周辺では、毎年寒さも本番になる1月頃になると

記事を読む

犬が日向ぼっこが好きな理由と日向ぼっこの効果

だんだん気温が下がってきて、日向ぼっこの季節になってきました。 夏の間は太陽の位置が高いので、部屋

記事を読む

犬の皮膚トラブルをケアするシャンプーとコンディショナー【脂漏症・膿皮症・アトピーなど】

ウェルシーは2023年4月16日に3回目の出産をしました。 出産の後はホルモンのバランスが変わった

記事を読む

暑い~。舌を出す子犬

本格的に暑くなる前に!わんこの暑さ対策を始めよう

今年の冬は寒かったです。 お彼岸の頃も寒かったので 今年の春はなかなか暖かくならないのかな?

記事を読む

犬が病院を嫌がる怖がる理由と病院の選び方

狂犬病ワクチン接種のため、ウェルシーを動物病院に連れて行きました。 ウェルシーは獣医さんが大好きな

記事を読む

初めてのシャンプー

3回目のワクチンが終わって1週間程度経つとシャンプーが解禁になります。 委託されてから身体を拭

記事を読む

眠そうな犬

ウェルシーまさかの夏バテ!犬の夏バテの症状とケア・やってはいけないこと

6月も1週間が過ぎました。 ウェルシー地方も雨の日が増え、梅雨入り間近ですね。 ここ数日のウェルシ

記事を読む

日向ぼっこする犬

健康な犬のダイエットとドッグフードについて獣医さんに聞きました

*記事には広告が含まれている場合があります。   ウェルシーは避妊手術のあと、お腹の中にしこりがで

記事を読む

歩くとポカポカ

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

雪が降っても大喜びの犬たち。 写真はイズモですが、楽しそうでしたね~。 足が冷たくなりましたけど

記事を読む

伏せる犬

犬がいても蚊取り線香や蚊取りマットを使って問題ない?

暑くなってくると悩まされるのが、天敵「蚊」ですね。 刺されたときの痒さはたまりませんね。 病原菌を

記事を読む

下りの段差
盲導犬PR犬が盲導犬について少しお話しするよ

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ あた

スロープデッキ
おだわら諏訪野原公園|犬の散歩と子どもとのお出かけに最高!

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ おだ

アルカディア広場
小田原フラワーガーデン|犬連れで1年を通して楽しめる植物公園

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 神奈

ピンク色の藤
犬連れふじの咲く丘~庚申山総合公園散策|群馬県の春を満喫しよう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 群馬

展望台から見る龍岡城五稜郭
犬連れ龍岡城五稜郭|展望台から美しい星を見よう

*記事には広告が含まれていることがあります。 ウェルシーだよ♪ 長野

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑