犬の肉球は何のためにあるの?役割と構造は?弱点もあるよ

公開日: : 健康管理

犬の肉球って、ぷにぷにしていて可愛くて、ちょっと香ばしかったりして、ついついツンツンしたくなりませんか?

人間には無い、この「肉球」

何のためにあって、どんな構造をしているのでしょう?

抱っこされる犬

知っているようで意外に知らないわんこの肉球の秘密について、可愛すぎるので調べてみました。

肉球の役割

1.足への衝撃を和らげるクッション

歩いたり、走ったり、ジャンプしたりするときに、体重を支え足への衝撃を和らげるクッションの役割をしています。

また、肉球は厚い皮膚でできていて、地面の熱さや冷たさも和らげています。

言わば天然の「靴」のようなもの。

私のスニーカーより、ハイスペックかも!

2.足音を消す

狩りをしていた頃は、獲物にこっそり近づけるよう、足音を消すという役割もありました。

確かに、フローリングの上を歩いても爪の当たる音はしますが、足音はしませんよね。

足音に関しては、爪を引っ込められる猫の方が上を行っていますね。

3.地面の状態を感知する

肉球にはたくさんの神経や血管があり、触れた場所の感覚を人間の指のように感じ取っています。

ウェルシーは肉球センサーが敏感だったのか、パピーの頃は、例えばアスファルトの道から芝生に変わるなど、足裏の感触が変わるとびっくりしていました。

さすがに4歳の今は大騒ぎはしなくなりましたが、犬は肉球を通して地面の状態を感知していることが、よ~く分かりました。

肉球の構造

1.ぷにぷにの秘密は脂肪と繊維組織

肉球の外側は、角質化した厚い皮膚でおおわれています。

厚い皮膚の内側は、脂肪と弾性線維(エラスチン)、膠原線維(コラーゲン)が混在した、やわらかくて弾力のある皮下組織からできています。

4歳のウェルシーの肉球

ウェルシー、4歳の肉球♪

2.スパイク

犬の肉球の表面は、小さな円錐状突起の集まりでできています。

確かにツルツルではなく、ザラッとした触り心地ですよね。

これが、爪とともに、犬が地面を蹴って歩くときにスパイクの役割を果たしています。

雪道でも滑らず歩けるのは、この突起のおかげです。

さすがに、タイルや氷の上はツルンってなりますね。

ウェルシーは、ツルンと滑ると

怖いよ~。

って言います。

まあ、気持ちは分かるよね。

ちなみに、猫の肉球はツルツルした感じです。

3.汗腺

犬はほぼ汗腺が無く、汗をかくことができません。

暑いときは舌を出し、ハアハアとパンティングをすることで口から熱を逃がしています。

しかし、肉球と鼻の先には汗腺があり、汗をかくこともあります。

汗をかくとは言っても、人のようにそれで体温を調節できるほどのものではなく、肉球を乾燥から守っているということです。

4.寒さから守る

犬の肉球に通っている血管は静脈と動脈がくっついているので、血液が冷えにくい構造になっています。

犬の祖先は元々寒い地域に暮らしていたので、雪や氷の上を歩いても体が冷えないようになっています。

肉球の弱点

1.怪我をすると治りにくい

肉球は皮膚の再生能力が低く、ケガをすると治りにくいのだそうです。

中身は脂肪と線維組織でパツパツの状態にあるので、尖ったものなどを踏んで傷つけると、傷口が大きく弾けるように開いてしまいます。

表皮の硬い部分は血管が少なく、肉が盛り上がってくるのにも時間がかかります。

しかも、犬の体重を支えているため負担が大きく、ふさがりかけた傷口がまた開きやすいということもあります。

2.熱や乾燥に弱い

夏の灼けたアスファルトや砂浜を歩かせると、肉球がやけどをします。

犬の肉球がやけどする恐れがある温度は40℃以上とされています。

アスファルトや砂を触ってみたときに、お風呂の温度以上に熱いと感じる場合は、外出は控えたほうが良さそうですね。

肉球を濡らしたままにしておくと、皮膚を保護している油分を奪い、乾燥の元になります。

乾燥してカサカサになったり、酷くなるとひび割れてしまうこともあります。

わが家では、3頭目のシオンが肉球がひび割れてしまったことがあり、そのときはこちらのジェルが効果がありました。

寒い時期は、雪の上を歩く、水たまりを歩く、濡れた地面を歩く程度であれば凍傷の心配はほとんどありません。

しかし、肉球が冷えてしまうことから、体が冷えてしまい体調を崩すこともあります。

温めてあげたり、マッサージをしてあげるといいですね。

まとめのようなもの

肉球は人には無いものなので、可愛くもあり不思議でもありますよね。

私は

肉球って靴みたいなものだよね。

と思っていましたが、足音を消したり、地面の状態を感知するセンサーだったり、という役割もあるのですね。

その構造はとても合理的ですが、怪我をすると治りにくかったり、熱や乾燥に弱いことも分かりました。

肉球って、可愛いだけではなくて奥深いですね。

わんこの身体を支える大切な肉球、適切なケアをして健康を保っていきたいです。

<関連記事>

犬の肉球のひび割れ治療はワセリンでいいの?カサカサの原因は何?

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
犬連れ桜の飯綱山公園歴史の広場(富士見城跡)優美な小諸八重紅枝垂を楽しもう
NEXT
子犬が人の足を噛んでくるのはなぜ?私は普通に歩いているだけなのに

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

関連記事

犬の心の成長を感じた日 シャンプーから乾かすまで

ウェルシーだよ♪ クリスマスだったね。 よいこのみんなにはサンタさんが来たのかしら?

記事を読む

くしゃみをする犬

犬がくしゃみを連発する原因と対策!可愛いものから病気が原因のものまで

犬がくしゃみをする仕草は、可愛くて笑ってしまいますね。 可愛い犬のくしゃみですが、心配ないものもあ

記事を読む

狂犬病予防注射は毎年しないといけないの?ワクチン接種義務の根拠と費用

春になると狂犬病予防接種のお知らせが自治体から届きます。 ウェルシーも狂犬病の予防接種を受ける

記事を読む

ハウスは避難場所?

お手入れが嫌いなウェルシーは、爪切りも、歯磨きも、ブラッシングも、耳掃除も、みんな嫌いです。

記事を読む

座る犬

犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタポタ床に落としていました。 犬

記事を読む

犬のこんな咳はケンネルコフ!上部気道炎と診断されました

ケンネルコフとは、伝染性の呼吸器疾患の総称で「伝染性気管支炎」とも呼ばれる病気です。 ケンネルとは

記事を読む

歩くとポカポカ

犬の肉球が冷たい時は病気のサイン?冷え性は人だけではない!

雪が降っても大喜びの犬たち。 写真はイズモですが、楽しそうでしたね~。 足が冷たくなりましたけど

記事を読む

子犬に目薬を入れる

ツムギは瞼に小さいブツブツが出来ていて、目やにが出るので訓練センターの獣医さんから目薬を処方されてい

記事を読む

甘える子犬

体表腫瘤 愛犬の身体をどこでも触れますか?

10月の上旬ごろ、シオンの左後ろ足の太ももの部分に、プツッとしこりのようなものが出来ているのを発見し

記事を読む

3回目のワクチン接種 耳のトラブルも気を付けてね

7月16日に3回目のワクチン接種のために動物病院に行ってきました。 本格的なお散歩がはじまるよ

記事を読む

座る犬
自らストレスを解消する!うちの犬のストレス解消法と飼主の接し方

人もストレスを感じると神経質になったり、イライラしたり、眠れなくなっ

眠る子犬
家の中でいたずらばかりする子犬は運動が足りないの?

犬にも個性があるのでおとなしい仔もいますが、基本的に子犬って元気です

グレーティングの隙間から草をむしる子犬
子犬の社会化で初心者が失敗しがちなこと

子犬のときに十分な社会化を行うことで、人にとっての問題行動を減らした

ラベンダーと犬
犬連れたんばらラベンダーパーク|高原のお花畑をお散歩

ウェルシーだよ♪ 群馬県にある「たんばらラベンダーパーク」に連れて行

ひまわり畑
夏の絶景を楽しもう!日照時間日本一!犬連れ明野のひまわり畑

ウェルシーだよ♪ 夏の花と言えばひまわりを思い浮かべる人も多いかな?

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑