動画 とある盲導犬の引退~出会い、そして涙の別れ~

公開日: : 盲導犬ボランティア

盲導犬関連の動画は探すといろいろあるのですが、私のお気に入りの1本をご紹介しますね。

タイトルに「涙」がついていますからね。

涙もろい方はハンカチをご用意くださいね。

やや長いので、じっくり腰を据えてごらんになってくださいね。

ユーザーさんとずっと一緒にいられるといいのに・・・。

と思ってしまいますが、ユーザーさんが次の盲導犬を迎えると、歳を重ねお留守番がちにならざるを得ない先住盲導犬はストレスになります。

大好きなユーザーさんが自分ではなく、他の仔と毎日楽しそうにお出かけしていくなんて!!

私だったらグレます(笑)

ユーザーさんの身を切られるような切なさが伝わってきますね。

引退した盲導犬が、必ずパピーウォーカーのおうちに帰って来るわけではないのですが、この仔はパピーウォーカーさんのおうちに帰ってきたのですね。

引退後は育った家庭でのんびり過ごしていくのでしょう。

盲導犬についてはいろいろな考え方があるかとは思いますが、現実に盲導犬を得て生活の幅が広がり、社会で活躍できる人もたくさんいますよね。

盲導犬とユーザーさんを温かい目で見てくださると、ボランティアをしている者として嬉しいです。

<追記 補足>

イッパイアッテナさんからのコメントで、動画のナレーションの中で「厳しい訓練」という表現が残念というご指摘をいただきました。

そうなんですよね。

「厳しい」の内容を具体的にアナウンスしていなくても、どうしても「厳しい」という言葉から犬が失敗したら叱責するとか、人によっては体罰を用いるのではないかと連想してしまいますよね。

盲導犬にはユーザーさんの安全を確保するために的確なお仕事が求められますが、それを犬に教えて確実に出来るようにするために、訓練士さんは犬が楽しんで学べるように訓練をしています。

訓練をストレスに感じる仔は、無理に盲導犬にせずキャリアチェンジして、その仔に合った道に進んで行くことになります。

厳しい訓練に耐える犬というよりは、盲導犬のお仕事を楽しめる犬が盲導犬になるという方が現実的です。

ナレーションの中でもっと丁寧な説明があると良かったと思いました。

この動画ではユーザーさんの喜びや、引退させるときの切なさが素直に表現されていて、盲導犬を家族以上に大切にしていることが実感として伝わります。

盲導犬はユーザーさんにとってどういったものなのか、多くの方に関心を持っていただけたら嬉しいです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
盲導犬の繁殖犬と暮らしてみませんか
NEXT
パピーウォーカー 第三話が始まるよ

イザベルマミー にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. イッパイアッテナ より:

    盲導犬について、さまざまな誤解も多いですよね。
    仕事をしているのでストレスも多く、寿命が短いなどと思う人も多いと聞きます。
    今回、ご紹介いただいた映像の中にも「盲導犬は厳しい訓練に耐えられる犬でなければなりません」というナレーションがあり、そこだけは少し残念に思いました。
    盲導犬には確実な仕事が求めらますが、確実性を育むのは耐えねばならないような厳しい訓練ではないのですから。
    盲導犬訓練士の多和田悟氏は自著の中で「角・段差探しゲーム、障害物避けゲーム」を楽しめる犬ということをおっしゃています。
    こちらのblogにも「訓練というゲームを楽しむ」という表現があったように記憶しています。

    世の中には犬好きでない人も多くいますので、盲導犬の理解へのアプローチは「厳しい訓練を耐えて献身的に仕事をしている」というのもありなのかもしれませんね。

    かくいう私も犬に関する映像は大好きで、今回の映像以外にも、YouTubeの「盲導犬~奇跡の瞬間~ 」には何回も泣かされました。

    • gd.vol より:

      イッパイアッテナさん
      ナレーションが確かに、厳しい訓練という表現ですね。

      おっしゃるとおり盲導犬をアピールするのに
      厳しい訓練に耐え、難しい試験に合格した優秀な犬が、目の不自由な方に献身的に尽くす。
      みたいな方が、ドラマチックであまり関心の無い人にも、共感を得られやすいのでしょうか?

      作業の確実性と言う意味では、100%を求める厳しさかもしれませんが、犬が辛いと思う訓練ということではないので、その辺りの丁寧なナレーションがあるともっと良かったですね。

  2. この日記シェアさせてくださいね・・・。

    なんだかもう、自分で日記が書けないです。

    情けないです、またですよ・・・。(涙)

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      シェア、ありがとうございます。

      PWも犬とのお別れは寂しいですが、この仔は誰かを幸せにする仔だと思ってのさよならです。
      寂しくて辛くても、明日があるっていいですよね。

      ユーザーさんが盲導犬とお別れするときは、PWよりももっと辛いのではないかと想像しています。
      ユーザーさんの心に寄添えるPWになりたいと思いました。

関連記事

犬の温もりが人の心も優しくしてくれる

北海道盲導犬協会の2017年「スマイルカレンダー」をお持ちの方は、今月(2月)のページをご覧ください

記事を読む

日本ドッグトレーナー協会のイベントに参加しました

アニマルプラザ「犬のようちえん」白金教室で開催されたイベント 「盲導犬」について知ろう・考えよ

記事を読む

富士ハーネス見学 その1 パピーレクチャー

3月13日に富士ハーネスに行ってきました。 富士ハーネスでは現在3組の母犬とその子犬たちが生活

記事を読む

盲導犬ユーザーとボランティアの方に送別会を開いていただきました

ウェルシーも、もうすぐ1歳の誕生日を迎えます。 1歳ということは・・・ そうです。

記事を読む

2/26BSテレ東「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

ウェルシーだよ♪ 2月26日(火) BSテレ東「ポチたまペット大集合!」で盲導犬ストーリ

記事を読む

サプライズと協会お泊り

11月8日、募金活動に参加する予定でしたが雨天のため中止になりました。 その日、ひとつのサプラ

記事を読む

6/19BSジャパン「ポチたまペット大集合!」放送のお知らせ

6月19日、19時~ BSジャパン「ポチたまペット大集合!」にて、盲導犬ストーリーが放送されま

記事を読む

11/12 BSジャパン 運命の日ニッポンの挑戦者たち 盲導犬(後編)

2017年11月12日(日) 22時~ BSジャパンにて 運命の日 ニッポンの挑戦

記事を読む

盲導犬は可哀想な犬なのか?キャリアチェンジ犬ツムギのひとり言

みなさんお久し振り。 わ~~い! ツムギだよ~~~!! わたしはね、1月23日で3

記事を読む

2016 ボランティア夏祭り 富士ハーネス

7月30日に富士ハーネスで開催されたボランティア夏祭りに参加しました。 最初に、中庭にてPR犬

記事を読む

子犬生後1か月
母犬が子犬を噛むのはなぜ?母犬は実践で教育する

ウェルシーは去年(2019年)の12月に富士ハーネスに里帰りして、初

伏せる犬
犬の名前はどう付ける?名は体を表すかも?

名前は愛犬への最初のプレゼントになります。 これから犬を家族に迎える

立ってお乳を飲む子犬
母犬の子育ては合理的!お乳を立ち飲みさせる母犬

私たちは犬を飼育する経験すらパピーウォーカーが初めての経験でした。

眠る子犬
子犬生後1か月・生きていく知恵を学んでいく時期(備忘録)

ウェルシーは昨年(2019年)12月15日に初出産をしました。 子犬

無心に母乳を飲む子犬たち
子犬の出産から生後2週間の子育て(備忘録)

新年おめでとうございます。 ウェルシーは昨年(2019年)12月15

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑