富士ハーネス見学 その1 パピーレクチャー

公開日: : 盲導犬ボランティア

3月13日に富士ハーネスに行ってきました。

富士ハーネスでは現在3組の母犬とその子犬たちが生活しています。

富士ハーネスに着いて、子犬たちがいるお部屋に行ってみると、みんな部屋の中にいました。

部屋の外から見学することができます。

可愛い♪

可愛い♪

と言いながら見ていると、スタッフの方が1頭抱っこして外へ出てきてくれました。

CIMG0264

きゃ~!!可愛い!!

早くもテンションMAXな私達です。

あ・・・右の後足が・・!!

この仔は協会ブログで紹介されていた、後足に黒い毛があるサンゴ仔ですね。

こちら→子犬の成長だより

ちなみにガラスの向こうが子犬たちのお部屋です。

パピーレクチャー

この日の午後のパピーレクチャーは、4月3日に入所を迎えるW-13胎の最後のレクチャーでした。

内容は

①パピーとパピーウォーカーさんの成長の発表

②視覚障がい者の歩行手段を体験してみよう

でした。

パピーの成長発表の一コマです。

この仔はウォーム君かな?

Waitをご披露です。

2016年3月16日修正

パピーの名前はワールド君だそうです。

間違えてしまって申し訳ありません。

CIMG0268

パピーウォーカーさんに集中しています。

CIMG0269

Sit

CIMG0270

Down

Wait

ちょっと心細気なお顔。

だって

CIMG0271

パピーウォーカーさん、こんなに離れていっちゃうんだもの。

一番右の方がパピーウォーカーさんですが、一生懸命パピーウォーカーさんを見て集中していますね。

そして

CIMG0272

Come!

椅子に座ったパピーウォーカーさんに向かって一目散に走って行きました。

Good Good♪

写真だとわかりにくいのですが、走り出す時になぜかリードを咥えて走って行くのが可愛かったです。

引きずって行くのが嫌なのかな?

それぞれのパピーウォーカーさんたちを見ていると、ここ上手!と思ったり、ここで犬を褒めてあげるともっといいなと思ったり、いろいろなことを感じました。

自分は出来ていないなと思うこともたくさんありました。

自分達が犬をお預かりしていない時に他の胎のレクチャーを見学するのも、自分だったらどうするだろう?などと考えながら客観的に見られるので、とても勉強になることに気付きました。

②視覚障がい者の歩行手段を体験

パピーウォーカーさんたちは部屋を出て、廊下でアイマスクをして白杖やPR犬での歩行体験をしました。

パピー達は部屋で「Stay」(待機)です。

パピー達にとっては待つこともお勉強のひとつです。

パピーウォーカーさんたちは壁にあるフックにリードを繋ぎ、パピーを残して部屋を出ていきます。

がら~ん!(訓練士さんが一人残ります)

パピーたちは皆一様に不安そうに、パピーウォーカーさんたちが出て行ってしまった扉を見つめています。

心細くなって、ピーピー言いはじめる仔もいます。

でもそのうちに、みんな伏せて大人しくしていました。

日向のポカポカが気持ち良かったのか、こんな仔もいましたよ。

CIMG0274

ドテッと横倒しになってくつろぐウィンダム君。

そのうちすやすや眠ってしまいました。

パピーもパピーウォーカーさんたちも、ものすごく成長した1年だったのでしょうね。

あと3週間

パピーと楽しい時間をたくさん過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
パピーウォーカー 第三話が始まるよ
NEXT
富士ハーネス見学 その2 子犬たち

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. ウィンダムPW より:

    ウィンダム、アップしていただいてありがとうございます~♪

    家でも、こんな風にやってよ~
    (笑)

    どんどん時間が過ぎていく気がします・・・あんなに小さかったのにね。

    色々と行きたい場所があるけれど・・・自宅でまったりしてるこの瞬間が好きって言って欲しいなぁ~。なんて、ワガママかな?

    修了式までに、あの沢山の書類をなんとかしなきゃ・・・でも、なかなか気がむかないものですね~。

    • gd.vol より:

      ウィンダムPWさん
      本当にどんどん時間が過ぎていきますよね。
      いろいろと行きたい場所もあるけれど、おうちの周りのお散歩も楽しんで歩けば犬も人も満足ですね。

      おでかけも、おうちでまったりもどっちも好きな欲張りウィンダム君なのでは?(笑)

      あのたくさんの書類
      本当に書きはじめるまでに気合が要りますね。

  2. ケインママ より:

    サンゴ仔ちゃん、かわゆいですね〜♡
    イエローラブに黒い毛がある仔って珍しいですよね。
    ママさんのところにはどんな仔が来るのでしょう。
    もう,委託日が待ち遠しいですね〜♪

    レクチャーの見学も、いい勉強になりますよね。
    次のパピーが来たら、ああしよう、こうしようって色々刺激になったのではないかしら。

    • gd.vol より:

      ケインママさん
      子犬を見ていると和みますね~♪
      イズモも肩に黒い毛が10数本まとまってありましたが、これほどはっきり模様になっている仔は、かなり珍しいでしょうね。

      他の胎のレクチャー見学って、結構発見がありますね。
      自分の犬がいないと落ち着いて見学できるので、とても楽しかったです。

      今度はどんな仔が来るのでしょうね?
      みんなそれぞれなので、とても楽しみです。

  3. イザベルマミー より:

    ウォルターがお休みした唯一のレクチャーだったんですよー。
    残念久しぶりに会いたかったです!

    ウエイトしている写真の仔は
    ワールドですねー。
    ウォームは雄で唯一パパに似て茶色が強いんです。
    ワールド、ウィンダム、ウォルターは
    ママに似て真っ白。
    その中でも一番白いのがワールドなんですよー。

    イザベル体験歩行にいたと思いますが、会われましたか?

    ウォルター兄弟のPWのみなさんは、私がいるので皆さんにイザベルに会ったことが無かったんです。
    私が来る日はイザベルは表にでてこないので(^^;;
    だけど、皆さんにイザベルに会って頂けてすごく嬉しかったです!

    • gd.vol より:

      イザベルマミーさん
      マミーちゃんにも、ウォルター君にもお会いしたかったですね。

      パピーの名前、ご指摘ありがとうございます。
      なかなか1度で覚えられなくて・・・。

      イザベルは見ましたけど、会ってはいません。
      真剣に歩いているのをパピーが待機している部屋から見守らせていただきました。
      お仕事の邪魔をしないようにね(笑)
      みなさんに触れ合ってもらえて良かったですね。
      可愛いイザベル
      頑張ったよね~♪

関連記事

盲導犬ユーザーとボランティアの方に送別会を開いていただきました

ウェルシーも、もうすぐ1歳の誕生日を迎えます。 1歳ということは・・・ そうです。

記事を読む

盲導犬PR犬アッサムの卒業式に行ってきました

富士ハーネスで行われたキャンドルナイトの2日目には、PR犬アッサム君の卒業式が行われました。 機会

記事を読む

2018 キャンドルナイト 富士ハーネス

ウェルシーだよ♪ 12月15日に富士ハーネスで開催された、キャンドルナイトに連れて行ってもらったよ

記事を読む

盲導犬PR犬カンナの卒業式に行ってきました 

秋晴れの11月1日 富士ハーネスのPR犬カンナちゃんの、最後のデモンストレーションと卒業式に行って

記事を読む

座る犬

コロナ禍で寄付金減少の盲導犬協会その取り組みとネット民の反応

長引くコロナ禍は、私たちの生活に多大な影響を与えています。 その影響は、盲導犬協会も例外ではありま

記事を読む

盲導犬になれなかった犬はどうなるの?

日本盲導犬協会では、育てたパピーがキャリアチェンジになった場合、原則としてパピーウォーカーが引き取る

記事を読む

子犬たち

母犬の子育ての違いは子犬の性格形成に影響するの?

先日、日本盲導犬協会のボランティアや賛助会員に向けて発行している会報誌の「盲導犬くらぶ」がわが家に

記事を読む

動画 とある盲導犬の引退~出会い、そして涙の別れ~

盲導犬関連の動画は探すといろいろあるのですが、私のお気に入りの1本をご紹介しますね。 タイトル

記事を読む

盲導犬ユーザーが感じた委託修了式

2018年5月13日、私達は4頭目パピーのウェルシーを送り出しました。 ウェルシーたちW‐15

記事を読む

散歩する犬

盲導犬は信号が分からない!交差点を渡るのは大変なのです

ウェルシーは、交差点では自分の前を横方向に通過する車があると、交差点で自ら止まります。 右折や左折

記事を読む

ロープで遊ぶ子犬
犬と楽しく遊ぶ方法!犬とは全力で向き合おう

ウェルシーは5歳ですが、遊ぶのはパピーの頃から大好きです。 お散歩の

伏せる犬
犬のしつけ「無視」はイジメ?無視の方法と犬を無視することが効果的な場面

犬のしつけの方法の中で「犬を無視する」というものがあります。 好まし

散歩する犬
犬を吠えさせる飼い主は犬が可哀想だと思わないのかな?

犬は吠える生き物です。 なので、犬が吠えるのは自然なことで問題行動で

座る犬
犬がよだれをポタポタ垂らしているけど大丈夫?病気の心配は?

ある日、これといった理由も見当たらないのに、ウェルシーがよだれをポタ

横顔ラブラドールレトリバー
犬の飼い主あるある?うちの犬は自分のことを人間だと思っている!それって問題なの?

昭和の頃の犬は外飼いで、その役割は番犬でした。 知らない人が来ても吠

→もっと見る

  • follow us in feedly


    PAGE TOP ↑