シアトル発わんこのお話 アメリカの盲導犬育成システムにも言及

公開日: : 雑感

アメリカのシアトルで生活していらっしゃるナオミ・シェラーさんが、シアトルの日本語情報サイト「JUNGLE CITY.COM」に寄稿された記事があります。

寄稿は全六回です

こちらは2014年の寄稿なのですが、この度ナオミ・シェラーさんに私のブログでこの寄稿をご紹介させていただきたい旨をお願いしたところ、快諾していただけました。

ナオミ・シェラーさんありがとうございます。

ナオミ・シェラーさんのプロフィール→こちら

P9201765

第一回

日本では「パピーウォーカー」という呼び方が定着してきていますが、もちろんこれは英語ではありません。

「子犬と一緒に歩く(歩む?)人」というような意味合いでつくられた造語です。

英語ではパピーレイザー(Puppy Raiser)です。

シェラーさんがパピーレイザーをはじめたきっかけや、アメリカのガイドドッグ(盲導犬)育成システムなどが紹介されています。

第一回 ガイドドッグ(盲導犬)パピー育成ボランティア

第二回

犬育ては家族全員で取り組むことが必要です。

盲導犬の育犬は家庭犬にも当てはまることが多いです。

だって、盲導犬だってお仕事をしている時以外は、ユーザーさんご家族と一緒に暮らす「家庭犬」ですから・・・。

私が個人的にいいなと思ったのは「NO」は使わない。

代わりに 「That’s enough 」を使う。

というところです。

叱るのではなく「それは違うよね」と伝え、正しい行動を教えていくという感じでしょうか?

日本盲導犬協会では「NO」を使いますが、それは日本人が英語で指示を出すという特殊性があるので「NO」が言いやすいためかと思います。

訓練士さんは「NO」は「Good」を輝かせる言葉と言います。

まず、正しい行動を犬に教えてあげて、正しくない行動をとった時に「それは違うよ」という意味合いで「NO」を使い、正しい行動に犬を導いて「Good」で終わる。

このようにご指導をいただいています。

しかし、やはりそこは未熟者で、つい「ダメ!」という意味で「NO」と言ってしまい、言いっ放しになってしまうことがあり、「NO」の使い方のスキルをあげたいと思っています。

第二回 犬の躾け

第三回

ドッグパーク(日本で言うところのドッグラン)の紹介です。

ドッグランでは犬がリード無しで自由に遊べますが、無礼講ではありません。

マナーを守り、楽しく利用するのは日本でも同じことですよね。

盲導犬候補パピーがドッグパークに行くことは禁止されているところは同じですが、ペットショーや動物園も禁止ということです。

第三回 ドッグパークで楽しむ

第四回

グッド・シチズン(優良市民犬)検定についてとイエローリボンについて紹介されています。

イエローリボンというのは「この犬をそっとしておいてください」というものです。

この二つが日本でも普及すればいいなと思いました。

第四回 犬のグッド・シチズンとイエロー・リボン・プロジェクト

第五回

おでかけやイベントの紹介です。

日本でも犬と一緒に楽しめるイベントなどがありそうですよね。

お出かけするためには、やっぱり犬に人社会でのマナーを教える必要がありますね。

第五回 犬とのお出かけ

最終回

日本でも犬と一緒に入れる施設が増えてきました。

しかし、飼い主さんと犬のマナーが悪いと制限が増えてしまうと思いますし、ひいては

盲導犬だって犬は犬でしょ(迷惑だよね)

ということになり、ユーザーさんが肩身の狭い思いをすることになるかもしれません。

犬を連れて出かけるときは、犬の安全と共に周りの人への配慮も大切にしたいですね。

最終回 犬との旅

まとめのようなもの

あなたのもとで暮らすことを選んだのは、犬でなくあなたです。

愛犬の生涯を「幸せな思い出」でいっぱいにしてあげてください。

犬の喜びは、あなたにとっても十分に「幸せな思い出」になるはずです。

という文章が心に響きました。

o0400030013057941859[1]

犬の寿命は、人に比べれば短いものです。

利己的ではない愛情を持って犬を慈しみ、周りの人への配慮を忘れずに、犬も人も共に幸せな生活を送っていけたらいいなと思います。

<追記>

JUNGLECITY.COM→こちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PREV
3回目のワクチン接種 耳のトラブルも気を付けてね
NEXT
お散歩と夏を快適に過ごすアイテム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Comment

  1. サナ父ちゃん より:

    ありゃ、ドッグラン禁止でしたっけ…
    今さらですが、ドッグランはよく入り浸ってました…(笑)。

    お友達がいっぱいでサナも
    「わ~い♪」
    と、他のワンコ達といっぱい遊んでしまいました…

    まぁ、いろいろと結果オーライと言うことで(笑)。

    • gd.vol より:

      サナ父ちゃんさん
      ありゃ!
      訓練士さ~ん
      こんなこと言っている人がいますよ~。

      ドッグランはいろいろな犬と飼い主さんがいて、実際、噛傷事故も起きていますからね~。
      マナーがいいところだったのかな?
      事故がなくて良かったです。

関連記事

父親を亡くしました

犬とは関係のない話題です。 実父が亡くなり、17日に見送ってきました。 実は4月

記事を読む

犬に嫌われる人は男性に多い?

うちの仔、男の人が苦手なんだよね~。 という話を時々聞きます。 わが家にやってきたパピー

記事を読む

インスタグラム 始めました

流行のものに疎い私。 流行っているらしいことは知っていましたが、IT音痴が災いしてなかなか踏み

記事を読む

NHK「助けて!きわめびと」に多和田訓練士が出演します

本や映画になっている「クイール」で知られる盲導犬訓練士の多和田氏が、NHK「助けて!きわめびと」に出

記事を読む

拡散希望です

拡散希望です。 遺棄された秋田犬 黒い彗星ガイル「坊やだからさ」 少しでも多くの人

記事を読む

愛犬が15歳で亡くなり寂しいのでパピーウォーカーをやってみたいけど

愛犬を亡くした友へ わんことの暮らし、楽しかったよね。 愛情をたくさんかけて毎日

記事を読む

犬の黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」

ウェルシーだよ♪ みなさんは犬の黄色いリボン「イエロードッグプロジェクト」を知ってる?

記事を読む

お年玉は何歳から何歳まであげる?年齢別の金額相場は?あみだくじにしたよ

ウェルシーだよ♪ お正月はお客さんが来たよ。 お客さんが来ると大勢になるから、いつもテー

記事を読む

多和田訓練士が語る「盲導犬の訓練って?」

日本盲導犬協会のホームページに、多和田訓練士が語る盲導犬の訓練についてのコーナーが誕生しました。

記事を読む

別れと出会い そしてありがとう

2016年も私達にとって別れと出会いの1年になりました。 年明け早々にツムギが入所し、島根へ旅

記事を読む

犬は幸せだと胴が長くなるらしい

先日、飼い主の女性が16歳のラブラドールのお腹を蹴るというニュースがあ

犬との関係づくりを考える 自己主張の強い犬が聞きわけが良くなった

ウェルシーは2月14日で、1歳10か月になります。 ウェルシーが

犬育て初心者が迎えたばかりの子犬の育て方で心掛けたいこと

日本盲導犬協会では、盲導犬の候補犬は概ね56日前後で、パピーウォーカー

うっすら雪が積もった日に雪に慣れていない犬とお散歩に行ったよ

ウェルシーだよ♪ 強い寒気が流れ込んだ2月の第2週の週末。

犬が散歩で引っ張る理由と引っ張りを直すしつけ2つの方法

ウェルシーだよ♪ ママと一緒にお散歩に行ったよ。 この日は

→もっと見る

  • follow us in feedly
  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑